10代と20代に贈る、若ハゲを防止する為の対策や改善方法のまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

若ハゲやAGAはなぜ起きるのでしょうか。頭皮の脂?ストレス?考えられる原因はひとつではありません。

 

ここでは、主に考えられる原因と対策、また、改善方法についてご紹介します。

 

10代や20代で薄毛が気になりだした方は、参考にしてみてください。

そもそも若ハゲとは

頭皮マッサージやり方

 

誰しも、ある程度年齢を重ねれば髪が薄くなるのは当然のことと言えます。

 

では、の定義とはいったい何なのでしょうか?これは、具体的な定義はなく、一般的には10代の頃から発症、進行していくことを言います。

 

もともと、髪の毛が薄くなったり、生えてきても細く弱々しい毛しか生えなくなったりすることを男性型脱毛症」と呼びますが、若ハゲの場合は「若年性脱毛症」と呼びます。

今さら聞けない。AGAって?

 

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopeciaの略で、前述した「男性型脱毛症」のことを言います。

額の生え際または頭頂部のあたりから、髪が薄くなる状態を言います。

 

AGAの特徴としては、薄毛になっても産毛がまだ残っていることです。産毛がなくなってしまわない限り、まだ太く長く成長させられる可能性があります。もし今あなたがAGAの状態であっても、諦める必要はないのです!

若ハゲになる前にできる防止対策

 

若ハゲやAGAになる前に防止対策ができたら、それに越したことはありません。

ここでは、若ハゲとなりやすい原因と防止対策を見ていきましょう。

若ハゲになりやすい原因

原因はひとつではありませんが、主に外的要因内的要因に分けられます。

外的要因としては、頭皮の脂詰まりや過度の刺激が挙げられます。

また、ヘアカラーやパーマなどが頭皮に過度な刺激を与えてしまう場合があります。

 

 

内的要因はバランスの良くない食事や血行不良などが考えられます。

食事の栄養が足りていなければ、当然髪の毛にも十分な栄養が届けられません。逆に、脂っこい食事ばかりしていると頭皮も脂っぽくなりやすく、毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

 

また、血行不良になると、頭皮に必要な栄養素が運ばれにくくなります。血行不良の原因としては、ストレスや喫煙、運動不足が考えられます。

 

 

若ハゲの防止対策と改善方法

頭皮の脂詰まりは、髪を適切に洗うことで解消が期待できます。

 

たっぷりと泡立てたシャンプーで、指の腹を使い、頭皮をマッサージするようにしっかりと洗いましょう。

 

その後は、シャンプーが頭皮に残らないように十分に洗い流します。

 

ヘアカラーやパーマはできるだけ間をあけてするようにしましょう。

 

 

 

また、バランスの良い食事を摂ることを意識しましょう。

特に、髪や頭皮に良いとされるたんぱく質や亜鉛を含む食材を積極的に摂るようにしましょう。

 

 

さらに、たばこはなるべく控え、適度な運動で汗を流して代謝を良くすることが、血行不良にも効果的です。

ただし、過度なストレスのために脱毛している場合は、自分の力だけではどうしようもないときがあります。そんなときは、クリニックに相談してみることもお勧めします。

 

バランスの取れた食事と適度な運動は、健康面においても基本と言えますが、なかなかそうもいかないのが現実です。完璧を目指さなくても、少しずつ改善していくことを意識してみましょう。

Sponsored Link

コメントを残す

*