母方の父がハゲていると遺伝で薄毛になるという噂は本当か調べてみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ハゲって遺伝するのか?たとえ今ハゲていなくても、ハゲに関するこの噂にビクビクしている人は多いはず。

 

調べてみると、実父がハゲていても遺伝しないことがわかりました。母方の遺伝子と関係があったのです!

 

その理由を見ていきましょう。

 

母からしか遺伝しないわけとは?

 

ハゲの遺伝というのは、男性ホルモンの分泌量が遺伝するというわけではなく、X染色体内にある「アンドロゲンレセプター」が遺伝すると言われています。

 

ジヒドロテストステロンという男性ホルモンが、アンドロゲンレセプターと呼ばれる毛乳頭に存在する男性ホルモン受容体と結びつくと、増殖抑制因子である「TGF-β」に変化します。

 

TGF-βは、髪の毛の成長を止める指示を毛乳頭に出すため、指示された毛乳頭が髪の毛を成長させることを止めてしまい、髪の毛が成長せずに抜け落ちてしまうという現象が起こるのです

 

そして、このハゲの原因遺伝子は染色体のX遺伝子でのみ遺伝します

染色体というのは男性がXYで女性がXXを持っています。

 

男性のX染色体は母方からしか遺伝しないので、ハゲ遺伝子は母親からしか遺伝しないということになります。ですので、気になる方は母方の祖父母や兄妹にハゲている人がいないかを確認するとわかりやすいかもしれませんね。

遺伝しているのかを知る方法とは?

 

とりあえず自分で調べたい方は、まず自分の母方の親族に薄毛の人がいないか、自分の髪の毛に元気はあるか、細い毛が増えてはいないか、朝起きた時に枕に抜け毛はたくさんついていないかなどを調べてみてください。

 

当てはまるものがある場合はAGAである可能性が疑われますが、自分の判断だけでAGAだと言い切ることはできません

 

どうしても心配な方や、早く治療を受けたいと考えている方は、病院に行って薄毛遺伝子検査を行うと良いでしょう。病院で行う場合、毛髪を採取し、結果が出るまでに少し時間はかかりますが、その後の治療なども含め、きっちりと対応してもらえるので安心感があります。

 

そこまで本格的に検査したくないという方や、今はハゲていないけど今後に不安があるといった方は、自宅で行える検査キットを使うのもひとつの方法です。この場合は毛髪ではなく口内の粘膜を採取し、書類を郵送するという形が多いようです。気軽に検査が受けられて、病院よりも安く行うことができるのが魅力的ですね。

父からの遺伝は本当にないのか?

 

父がハゲていて、自分もハゲているから絶対に父からの遺伝だ!と思っている人も少なくないでしょう。それは遺伝ではなく、生活環境が似ているから髪の状況も似てきてしまうのです。

 

AGAの原因は遺伝だけではなく、悪質な生活環境も関係してきます。酒、たばこをこよなく愛し、不規則な生活をしていては髪に良いわけがありません。髪の毛を気にするのなら、睡眠をしっかりとって、できるだけ栄養バランスのとれた食事をすることを心がけましょう。

 

母方から遺伝するのは確実なようなので、気になる方は、まずは母方の親族のハゲ具合をチェック!そして、どうしてももっと知りたい方は病院か自宅で遺伝子検査をしてみてください。遺伝子検査を一度すれば結果が変わることはないので、今後の治療などに役立ちますよ。

コメントを残す

*