頭皮が乾燥すると抜け毛も進行?乾燥を防ぐおすすめの保湿対策とは?

頭抱える男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ボリボリボリッ

なんか頭が痒いと思って気がついたら掻きむしっていませんか?

頭皮を不衛生にしているとより頭が痒くなる原因となりますが、逆に頭皮を綺麗に保とうと洗い過ぎてしまっても痒みは出てしまいます。

それは頭皮の乾燥です。

頭皮が乾燥してしまうと痒みを発生させる原因となり、頭皮環境を悪化させてしまいます。

もちろん抜け毛にも影響することでしょう。

そこで今回は、頭皮の乾燥を防ぐための保湿対策について紹介したいきます。

頭皮が乾燥し抜け毛の原因になるのはどんなこと?

頭髪の毛子供

頭皮が乾燥してしまう原因はどんなことがあるのでしょうか?

頭皮の乾燥が進行してしまうとかゆみの原因だけでなく、抜け毛の原因になってしまうかも。

いくら保湿対策を行っても原因となる乾燥を防げことができなければいずれ乾燥頭皮になってしまうことになります。

抜け毛の原因となる頭皮乾燥【温度変化】

暑い寒い

夏の暑さや冬の寒さなどの気温の変化などは頭皮が乾燥する原因となります。

冬の寒さは空気中の湿度が低くなるため乾燥しやすいことはみなさんもよく知っていると思います。特に顔や手などが乾燥しクリームを塗って保湿対策を行っている方も多いと思います。

しかし、頭皮はどうでしょうか?

もちろん頭皮も乾燥しやすいですが頭皮に保湿対策を行っている方はいますか?

また、夏は紫外線が頭皮の乾燥の原因となってしまいます。そして、クーラーなどで冷たい風を頭皮にあててしまうことも乾燥の原因となりますよ。

抜け毛の原因となる頭皮乾燥【洗い過ぎ】

シャンプー

頭皮を清潔に保とうと洗髪を繰り返し洗い過ぎてしまうことも頭皮を乾燥させることとなります。

シャンプーによって頭皮の皮脂を汚れと合わせて取り除きますが、皮脂は頭皮のバリア機能を持ち合わせているため、シャンプーで皮脂を取り除き過ぎてしまうと、頭皮のバリア機能がなくなってしまい、水分を保持できず乾燥してしまいます。

特に水仕事を行っていなくても手荒れや肌荒れがひどくなる方は、頭皮も荒れやすいので洗浄成分の強いシャンプーは控えるようにしましょう。

抜け毛の原因となる頭皮乾燥【常在菌の活性化】

常在菌

皮膚や頭皮の常在菌は、通常であれば皮膚を正常に保つ働きをしますが、常在菌が増え異常繁殖してしまうと頭皮が過剰な刺激を受けてしまい皮膚が炎症し脂漏性皮膚炎となることもあります。

頭皮は炎症を抑えようと新しい頭皮組織を作ろうとターンオーバーを活性化させ正常に戻そうとします。しかしバリア機能が整っていない新しい頭皮はとても乾燥しやすいので悪循環になってしまいます。

頭皮の乾燥を防ぐ保湿対策をして抜け毛予防しよう!

腕組み頭男性

さて、頭皮の乾燥の原因がわかったところで、次に乾燥した頭皮の保湿対策を行わなければ症状はよくなりません。

ここでは、頭皮の保湿対策を紹介していきます。

頭皮の乾燥を防ぐ保湿対策【シャンプーを変える】

シャンプーセット

頭皮の乾燥を感じたら、シャンプーの方法や種類を変えることを行いましょう。

硫酸系や石鹸系のシャンプーは皮膚への刺激が強いほうなので、もしそのようなシャンプーを使っている場合はアミノ酸系などが使用されているシャンプーに変更しましょう。

シャンプーの方法もできるだけシャワーの熱などを低めに設定しぬるま湯に変更したり、頭皮に刺激を与えないように、爪を立てず指の腹で優しく洗うことを心がけましょう。

頭皮の乾燥を防ぐ保湿対策【保湿系ローションを使用する】

化粧水する男性

頭皮も顔や手のように保湿系ローションを使用して頭皮に潤いを与えましょう。

頭皮専用のローションを使用することはもちろんですが、顔などに使用する化粧水や乳液なども問題ありません。ただ、アルコールを多く含む蒸発しやすいローションや毛穴が詰まりやすいクリーム系などは避けたほうが無難でしょう。

オリーブオイルは椿油なども皮脂の変わりの頭皮の保護膜となるので使用してもよいでしょう。

頭皮の乾燥を防ぐ保湿対策【生活習慣の見直し】

すっきり女子

食事や日常生活を見直すことも頭皮の乾燥を防ぐ保湿対策となります。

頭皮によいビタミン系や髪の毛の生成に必要なタンパク質やミネラル系などの栄養素をしっかりと摂取したり、夜更かしせずしっかりとした睡眠も重要となります。

また、紫外線が直接頭皮にあたらないように防止を被ったりUVケアできるアイテムを使用したりすることも保湿対策となります。

普段から保湿対策することが頭皮の乾燥や抜け毛を防ぐ

笑顔の男性

顔などは鏡を見ることで肌荒れや肌乾燥を感じることができるので早期ケアをすることが可能となります。また、人に見られることにもなるので早く治療しようと対策を講じることでしょう。

しかし、頭皮は髪の毛に覆われいることで、多少の痒みくらいでは対策しようと思わない方が多く、ひどい症状になって初めて頭皮の乾燥を対策し始めることになります。

それでは、治療が長引くことにもなり、頭皮がダメージを受けて抜け毛が進行していしまうことにもなってしまいます。

一番は普段痒みを伴ってからではなく、普段から乾燥に注意し保湿対策を行うことです。

まだまだ若いからと対策を怠っていると、直ぐに取り返しのつかないことになってしまいますよ。

Sponsored Link

コメントを残す

*