ハゲたら坊主かスキンヘッドにすればOK?メリット、デメリットは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんに質問です。

薄毛(ハゲ)が進行してきた場合、一体どうしますか?

育毛剤を使う、AGA治療薬を使用する、クリニック(病院)に行くなど、意見は様々だと思います。

そんな中、潔く坊主かスキンヘッドに髪型を変更するという選択肢も残されており、今回坊主やスキンヘッドのメリットとデメリットについてお話していきたいと思います。

ハゲたら坊主かスキンヘッドにする人は意外と多い?


実は私の友人のおじさんも2人ほどスキンヘッドがいるのですが、気になって友人に連絡を取りスキンヘッドにした詳細を聞いてみた所…やはり髪の毛が薄くなってきた時に思い切ってスキンヘッドにしたというお話を聞く事が出来ました。確かに、かすかに覚えがあったのですが、余り髪の毛の量は多くなかったという事を今になって思い出す事が出来ました。

ですが、やはりスキンヘッドにするのはとても勇気が必要な行為だと思いました。

普段からの印象がガラッと変わってしまう事から日常生活において大きな影響を及ぼすという事は容易に想像出来てしまいますし、学生ならまだしも社会人の場合は職場の仲間たちからどんな目で見られるかわかりません。ましてや営業のお仕事をしていたらお客さんも驚いてしまうかもしれませんよね。


それでもスキンヘッドや坊主にする人は後を絶えず…全ての髪の毛を剃ってしまうので確かに薄毛だったという事は分からなくなりますが、メリットはあるのでしょうか?

スキンヘッドにするメリット


潔くて逆に好感度がUPするかもしれない

薄毛で悩んでいる方に多いのは、分け目を不自然にしていたり、頭がバーコードや、薄毛の部分を極端に隠している方が多い印象があります。気持ちは良く分かるのですが薄毛を恥ずかしがっているという事が髪型に表れてしまっているようにも思えてしまい、余計に目線が頭に向けられてしまう事もあるのではないでしょうか。

でも、もしもスキンヘッドだったら?頭の髪の毛を剃っている訳ですから変にごまかすよりも好印象になるかもしれません。海外では多く見かけるスキンヘッドは最近日本でも目にする事が多くなってきたように思います。


髪の毛を切りに行かなくても良くなる

という事は?お金も浮きますし時間も浮く事になります。

安い散髪屋さんに通っていても案外散髪代は年間を通して見ると馬鹿にならないんですよね。

大体カットだけでも年間約5万円くらいの費用が掛かると言われています!

ですが、スキンヘッドにしてしまったら髪の毛を切りに行く必要が一切ありませんし、ワックスや育毛剤ともおさらばできます。

髪の毛のセットや髪を切りに行く時間も別の事に使えるので時間を有効活用できそうです。


自分でカットできてしまう

こちらもなかなかのメリットではないでしょうか?

美容師さんと会話をする楽しみはあると思いますが、無料で自分でカットできてしまうので様々な無駄が省ける事になります。

お手入れもシェービングフォームを頭に塗り、ひげ剃りのついでにカミソリで毎日剃るだけです。

カミソリは出来るだけ刃が多いものを使うと頭皮を痛めにくくなります。


寝ぐせとサヨウナラ

寝ぐせがつくばかりに、朝シャンをしないと一日が始まらないという方は多い筈。

スキンヘッドは髪の毛が一切ないので寝ぐせとは無縁の関係になります。

また、帽子をかぶって寝ても大丈夫です。スキンヘッドにして初めて思う事は特に冬場は頭が寒くなってしまう事。その為、スキンヘッドの方は冬場に帽子をかぶって寝る事が多くなります。

髪の毛がある状態で帽子をかぶって寝るなんて寝ぐせがとても酷い事になりそうですが、スキンヘッドの場合は寝ぐせの事が気にならなくなるので起きてからの時間も有効活用できそうです。

タオルで拭くと一瞬で乾きますし、お風呂から出てドライヤーも使わなくなるのでとても便利です。


気持ちが前向きになる

薄毛が完全に治るという訳ではないので、薄毛の悩みが取り払われる訳ではありませんが、確実にスキンヘッドにする前の自分と比べて気持ちが前向きになる筈です。初めてスキンヘッドにした時はツルツルの頭を見て慣れずに戸惑ってしまうと思いますが、知り合いや友人から明るくなった!と言われる機会も増えるように思います。今まで薄毛に悩んできた事が嘘のように自信もついてきます。

薄毛になると髪が水に濡れたり、汗をかいたり、風が吹いたりすると髪の毛が乱れてしまって頭皮がより露出してしまう為に、事前にそうなる可能性がある遊びや運動は避けるようになってしまいがちです。ですが、スキンヘッドにする事により、これらの悩みからも開放されてレジャーの幅も広がる事になって健康的な生活を送る事が出来るようになります。

スキンヘッドにするデメリット


頭を剃るのに時間がかかってしまう

剃る前に頭にお湯をかぶり、ふやかす訳ではありませんが、ある程度お湯を頭に浸透させておかないと上手く剃れない事があるので、その間に身体を洗います。そして剃っても良い頃になったら、ヒゲから剃るのか頭から剃るのか順番は決まっていませんが全ての工程を合わせると約20分くらいかかってしまう事になります。1日に1回剃るという訳ではありませんし、スパンとしては5日に1回くらい剃れば良いものだと思っているので、こちらは小さなデメリットになるかもしれません。


夏場と冬場に帽子が必要になってしまう

夏場は日差しが強く、髪の毛が無い状態で直射日光が直に当たるので熱中症になってしまい易いです。

そして何といっても頭が熱くなってしまいます。その為、夏場には帽子が必須になります。

また、寝ている時に汗をかくと直接枕に汗が付くので枕がベトベトしたりする事もあります。


冬場の場合でも髪の毛が全く無いだけでこれだけ寒いのか、と思わされるようになります。

外に出ても風が吹けば頭だけがとても冷たく感じますし、就寝する際にも帽子がないと寒く感じてしまう事が多々あるので、冬は頭の防寒対策が必須になりそうです。


周りの冷やかしや周りの目

スキンヘッドにした場合、学校や職場で必ず冷やかされる事になります。先ず周りが慣れるのに3日はかかるでしょう。『どうしたの?』『何かやらかしたの?』『何があったの?』これらの言葉が投げかけられる確率は相当高く、時間が解決してくれる事を願うしかありません。


また、スーツを着たり、サングラスをかけるとこちらもかなり高い確率で怖い人だと思われてしまう可能性が高いです。カジュアルな服装なら問題はありませんが、黒いスーツなどを着ると周りに緊張感を与えてしまう事になるかもしれません。ただ、周りの目がデメリットからメリットに変わる事もあり、変な人から声をかけられなくなったりする事があるかもしれません。

スキンヘッドに一步勇気を踏み出して


坊主とスキンヘッドを比べると圧倒的に多い髪型が坊主ですが、スキンヘッドのメリットとデメリットを見てあなたはどう感じましたか?こうして見ると薄毛で悩んでいる方がスキンヘッドにするという方法はメリットの方が圧倒的に多く、デメリットを見てもそこまで気にするレベルではないので薄毛で悩むくらいなら一歩勇気を踏み出してスキンヘッドに挑戦をしてみても良いかもしれません。


これから先、薄毛を隠し悩んで生活を送るよりも、抱えてきた髪の悩みから開放される事になり、気持ちも前向きになる事は間違いないのでスキンヘッド、検討してみる価値はありそうです。

コメントを残す

*