食事で若ハゲ改善が可能?若者はハゲになる前に食生活の改善をしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10代~30代でハゲてしまった場合に言われる言葉が

です。

人よりも早くハゲてしまった若ハゲ。

あなたは若ハゲと言われたいですか?

日本人はアジアではNo,1のハゲ大国と呼ばれております。しかし、世界のハゲ大国は欧米諸国が中心となっております。

この原因は人種的な違いなどもあるかもしれませんが、食生活も原因となっているのではないでしょうか?

欧米化の進んだ日本の食生活。今の若者はファストフードや肉食中心、インスタントな食事が中心だと思います。

欧米化の進んだ食生活をこのまま続けていくと、あなたも若ハゲの仲間入りするかもしれません。

そのため、食生活を改善することが若ハゲになることを抑制できるかもしれません。

そこで今回は、若ハゲの原因となる食事を改善し、新たな食生活を送るために必要な食事は何か調査してみました。

Sponsored Link

若ハゲの原因は食生活?髪の毛に悪い食事とは何?

油っぽい食事

若ハゲは食生活が原因ではないのか?と先に述べました。

なぜ食生活が原因かと思った理由に病気があります。

偏った食事は病気にもなりやすいですよね。例えば病院での食事が質素だと思うことも、必要な栄養を必要なだけ摂取することが目的になるからであり、病院の食事とはかけ離れている欧米化した食事やファストフードなどの普段の食事は、体に不必要な栄養を摂取しているということになります。

さらにもう一つ、髪の毛の有無で生死に関わるなんてことはほとんどありませんよね。でも、内臓などに栄養が行き渡らなかったら生死に関わってしまいます。食べ物で摂取した栄養は生死に関わる臓器に栄養をまず送り、一番最後に残った栄養が髪の毛に与えられるのです。

つまり、偏った食事や食生活は、髪の毛に栄養が行き渡る前に栄養が枯渇することになり、髪の毛にいらない栄養だけが髪の毛に与えられ悪い影響を与え若ハゲとなってしまう可能性が上がってしまうのです。

そのため、若ハゲを改善させるには食生活の改善が必要になるのです。

ハゲ・薄毛・抜け毛に効果のある食べ物、髪が増える食品ってあるの?
髪の毛がより太く長く成長するためには髪の毛に十分な栄養を行き渡らせなければなりません。人が成長をするには毎日の食事から栄養を摂取することで大きく成長していき...

若ハゲの原因となる食事【油っぽい食事】

ハンバーガー

油っぽい食事は中性脂肪を上げる原因になります。中性脂肪が高くなると、血液の粘度が高くなりドロドロとなります。髪の毛は毛細血管から栄養を貰っておりますので、血液の流れが悪くなると、髪の毛に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

また、脂質を代謝させるにはビタミンB群が必要となりますが、このビタミンB群、髪の毛の成長にも欠かせない栄養素でもあるので、脂質を代謝させることに多く消費してしまうと、髪の毛まで栄養が行き渡らなくなってしまいます。

脂質の多い肉料理やお菓子などは特に注意が必要となるでしょう。

若ハゲの原因となる食事【アルコール】

ビール乾杯

アルコールも髪の毛にはあまり良くはありません。適量であれば問題ないでしょうが、どうしても飲み過ぎてしまうのがアルコールです。

アルコールは肝臓でアセトアルデヒドと水素に分解されますが、分解されたアセトアルデヒドは脂肪の分解を抑制させてしまうため中性脂肪の合成を高めてしまいます。その後は油っぽい食事と同様な結果となります。

焼肉とビールなどは最高の組み合わせですが、アルコールと脂肪を同時摂取すると、それぞれ摂取するよりも中性脂肪の増加が長引いてしまうことになるので、より髪の毛に悪い原因となることでしょう。

若ハゲの原因となる食生活【就寝前の食事】

夜食を食べる男性

就寝中は髪の毛が一番成長する時間帯と言われておりますが、これは、体に重要な働きをする臓器の働きが収まるため、髪の毛に栄養素が送り込まれやすくなるからです。

しかし、寝る前に食事をしてしまうと、臓器が休まることなく働いてしまうため、体は休めても髪の毛に栄養が渡りにくくなってしまいます。

昔から食べて寝ると牛になると、行儀の悪いことを戒めた言葉ですが、食べて寝ると若ハゲになるに変えないといけませんね。

Sponsored Link

若ハゲを食生活で改善!髪の毛に良い食事とは?

いただきます

まずは、先に述べた髪の毛に悪い食生活や食事を行わないことが先決です。そして、バランスの良い食事を心がけることが重要ですが、その他、髪の毛にできるだけ栄養を送るために髪の毛に良い食事や食生活について紹介していきます。

【ハゲ驚愕】本わさびに育毛を促進させる成分が含まれている事が判明
「朗報!」ハゲしい人に新たなる活力を与える嬉しいニュースが舞い込んできました!愛知県は名古屋に本社を構える「金印株式会社」が、本わさびの成分から育毛を促進さ...

若ハゲを改善する食事【タンパク質を摂取】

タンパク質

三大栄養素のひとつであるタンパク質は肉類や豆類に多く含んでいる栄養素で、筋肉を鍛えている人がよく摂取しているイメージもあるのではないでしょうか。

タンパク質は20種類のアミノ酸から構成されており、筋肉以外にも髪の毛の材料としても使われます。髪の毛の主成分はケラチンと呼ばれるたんぱく質であることもわかりますね。

動物性タンパク質では、脂身の少ない赤身の牛肉や無脂肪牛乳、ツナ、植物性タンパク質では納豆や豆乳などがタンパク質を多く含んでいる食材となります。

若ハゲを改善する食事【ビタミンを摂取】

フルーツビタミン

ビタミンは食事から摂取した栄養素をしっかりと吸収させるために分解や新陳代謝に大いに働くものとなります。

ビタミンB群、特にビタミンB2は頭皮環境を改善させ皮脂の過剰分泌を抑制するなど髪の毛が生える頭皮の土壌を良くします。ビタミンB6は摂取したタンパク質をアミノ酸に分解するため、髪の毛の生成に欠かせないものとなります。

ビタミンCには抗酸化作用が、ビタミンEは血行促進などに働きかけます。

豚や牛のレバーにはビタミンB群が、フルーツにはビタミンCが、ナッツ類にはビタミンEが多く含まれております。

近年はレバーやフルーツを食べる方も減ってきているので、しっかりと食べるようにしましょうね。

若ハゲを改善する食事【ミネラルを摂取】

カキミネラル

ミネラルもビタミンと同じく髪の毛の生成をサポートする働きがあるため必要となります。

よく、髪の毛に良いと言われる亜鉛はタンパク質の吸収を高め健康的な髪の毛を生み出します。

鉄分は血中のヘモグロビンの生成を助けるため元気な血液が生み出されることになります。

魚介類や野菜は鉄分や亜鉛などのミネラルを多く含んでおりますので、好き嫌いなく摂取することを行いましょう。

発毛や育毛に効果があるとされるノコギリヤシは効果が無いって本当?
薄毛に悩む人たちの間で話題になっている成分「ノコギリヤシ」。 発毛や育毛に本当に効果があるのか気になりますよね? 今回は「ノコギリヤシ」によってどの...

食生活の改善は若ハゲを改善するだけじゃない!

薄毛ジャンプ

いかがでしたか?

食生活や食事の改善を行うことで、髪の毛に栄養、そして体にも悪影響を与えない結果となります。

髪の毛に届く栄養素は体に残った最後の栄養素となるため、食事から得られる栄養素の摂取が少ないとより髪の毛に届く栄養素も少なくなります。

また、余分な栄養素を摂取してしまうことも髪の毛に栄養が行き渡らなくなる原因となります。

毎日外食ばかりで偏った食事をしていませんか?

夜中まで起きててお菓子をつまみ食いしてから寝ていませんか?

若ハゲを改善する、若ハゲと呼ばれないようにするためにも、しっかりと体に摂取する栄養素を考えて食生活を送ってくださいね。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*