熱帯魚初心者におすすめの魚と水槽セットはどれを買うべき?

ネオンテトラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

仕事の疲れを癒すアイテム、女性を家に呼んだときのインテリアなどなど熱帯魚は様々な場面で間接的にモテるアイテムとして演出してくれます。

とはいっても生き物を飼うことになりますので、水槽や熱帯魚以外にもアイテムは必要で水換えなどのメンテナンスを行っていかなければなりません。

今回は熱帯魚を飼いたいけどよくわかっていない方のために、アクアリウム初心者におすすめの魚や水槽セットをまとめました。

水槽の選び方

アクアリウム

アクアリウムとは、水生生物を飼育することの総称となるのですが、このアクアリウムを始めるにあたってまずはどんな水槽にするか?を考えることでしょう。

大きさや材質などどんなものがいいのか?はわかりずらいもの。同じ大きさの水槽でも金額にばらつきがあるし何が違うのでしょうか?

水槽の大きさ

金魚鉢

一般的に水槽は横幅の長さを基準に設定されております。高さや奥行きが何cmであろうと横幅で基準を決めております。

その中で基準となる大きさが【60cm水槽】となります。

一番流通されている大きさでもあるため、付属品のサイズも一番揃っており、金額も種類もいろいろと選ぶことができます。基準以外のサイズを選んでしまうと、その他の機器を選びにくくなるので注意しましょう。

60cm水槽以外には【30cm水槽】【45cm水槽】【90cm水槽】【120cm水槽】が一般的な基準の大きさとなります。

水槽の大きさの選び方

水槽

初心者だから小さい水槽を選んだほうがいいの?って思いがちですが、それぞれ大きさによってメリットもデメリットも存在します。

水槽が大きくなるほど、水質が安定しやすくなるのでメンテナンスの回数を減らすことができます。また、いろいろな熱帯魚を選ぶ選択肢も増えますし沢山の熱帯魚を飼育することも可能です。

しかし、大きくなると設備費用が掛かることになりますし、水槽も重たくなるため、設置する場所が限られてしまいます。

【60cm水槽】の場合はどちらにも対応しやすい大きさとなることもあり基準となっております。

もし、場所がなかったりとりあえず小さいサイズで始めることを考えている方は、熱帯魚を元気よく維持するためのメンテナンスの回数が多くなることは頭に入れておきましょうね。

水槽の素材

熱帯魚

水槽の素材はガラスとアクリルの2種類に分かれます。

ガラスは傷に強く劣化しにくい反面、重量が重くなってしまいます。一方、アクリルの場合は強度が高い上に軽く透明感も高いのですが、値段も高く経年劣化しやすいことがデメリットとなります。

まずはガラス素材の水槽に慣れることが初心者にはおすすめになることでしょう。

また、上下にフレームがついたタイプの水槽は強度が増すことでガラス面を薄くすることができるのですが、鑑賞するときにフレームが気になってしまうことがあるため現在では主流ではありません。できればフレーム無しを選んだほうがよいでしょう。

透明度

熱帯魚

鑑賞することが目的のアクアリウムは水槽の透明感も金額によって差が出てしまいます。ガラスとアクリルの素材の違いだけでなく厚みやガラス自体の透明感、接着させる技術によっても変わってきます。

透明度は見ることでわかりやすいですが、ネットなどの写真では比較できないため、実際に見て判断するほうがよいでしょう。

また、メーカーによっては接着面で個体差が大きいものもあるため、できるだけ長く製造している品番はそれだけ人気があるということもいえるので選んだほうがよいでしょう。

水槽の金額の違いとは?

財布

上で述べたところが水槽の違いとなるのですが、

・同じサイズでも奥行きや高さの違いがある
・ガラスとアクリルによって異なる
・そもそも作りによって異なる

などが金額に差が出るポイントだと思います。

水槽セットはどれを購入すればよいのか?

水槽を選ぶ

アクアリウムを行うには水槽と熱帯魚だけではなく、照明やファン、ろ過装置など付属品を揃えなければいけません。とはいってもどこまで必要なのかは初心者にはわかりにくいですし、すべて単品で購入するしていくと金額も高くなってしまいます。

そんなときに初心者におすすめできるのが【水槽セット】です。

最低限必要なものが含まれているので何を購入すればいいかわからない人にはありがたいセットとなるでしょう。

アクアリウムに慣れていって「これ足りないな?」と思ってから揃えることもありですので、まずは水槽セットを選んでみることもいいと思います。

気になる車の臭いにおすすめの消臭剤・芳香剤ランキング!
人の車ってなんか臭いません?狭い密室となる自動車はどうしてもニオイがこもりがちになります。そんな臭いを快適にするアイテムが車用の消臭剤ではないでしょうか?今回はおすすめの消臭剤・芳香剤をアンケートしランキングにしました。
仕事ができない人の特徴とは?辛い、続かないには理由があった!
仕事ができない人の特徴をご紹介。会社内に1人は仕事ができない人がいると思います。ここでは、仕事ができない人の特徴やそれに対する対処法をご紹介。更年期やストレスが原因の場合もあるので、その人に合った改善策が必要です。

水槽アイテムの価格の目安

基本的なアイテム構成として、

【水槽】【水槽台】【ろ過フィルター】【照明】【ヒーターorクーラー】【CO2添加機器】

などがあり、どこまでセットにするかで大きく変わってきます。

それぞれの単品価格の目安として

アイテム 用途 金額
水槽 熱帯魚飼育 60cm水槽で3,000円~
水槽台 水槽の加重を支える フレームタイプ3,000円~
ろ過フィルター 綺麗な水質を保つ 外部フィルターなら7,000円~
照明 熱帯魚の生活のリズム
水草育成
           間接照明
外部フィルターなら7,000円~
ヒーターorクーラー 水温の調整 20,000円~
CO2添加機器 水草の育成 10,000円~

となっており、必要に応じて購入していくことになりますが、

最初のセットとしては、金額を抑えたいのであれば水槽とろ過フィルターのセットが必要となり、目的に応じてセットに追加していきましょう。

カルキ抜きや水温計、エアレーションなどの必須小物も追加してセットになっていたりもするので、必要に応じて選んでおきましょう。

ビジネスで使えるジャケパンスタイルは女性からの好感度もUP?
ここ5年ほどでジャケパンスタイルもビジネスの世界に深く浸透するようになりましたが、まだまだ挑戦していない方も多いのではないでしょうか?基本をマスターすれば好感度も上がりやすいスタイルですしユニクロコーデもしやすいです。
盗聴器を発見するには?アプリや自分で見つける事は可能?
テレビの特番で盗聴バスターとかやっていたりしますけど、盗聴器って意外と身近に存在するものなんですよ。今回は盗聴器を自分で見つける、発見する方法や盗聴器コンセントの見分け方、盗聴器発見アプリが使えるのか調べてみました。

初心者おすすめの熱帯魚とは?

猫

さて、ここからがアクアリウムを鑑賞する目的となる熱帯魚です。

初心者におすすめの魚を選んでみました。

アカヒレ

水温にとても強くヒーターやクーラーがなくても大丈夫な魚の代表格がこの【アカヒレ】です。

水の汚れや餌不足にも強い生命力の持ち主のため、一番最初に試される「パイロットフィッシュ」としてもよく利用されます。

水を変えるとタニシが動き出す? #アカヒレ#タニシ#水槽

アカヒレちゃんさん(@akahire_suisui)がシェアした投稿 –

ミナミヌマエビ

熱帯魚ではないですが、【ミナミヌマエビ】も非常に飼育しやすい生物となります。

日本の四季に対応できるため、水温対応力が高いですし、水槽内のコケも食べてくれるお掃除屋さんでもあります。

ネオンテトラ

こちらも熱帯魚としては有名な魚ですね。もちろん初心者にもおすすめの魚となります。

ある程度熱帯魚の飼育に慣れてきたら投入したい魚でもあり、群れで泳ぐ習性もあるため、何匹か水槽内で泳がせると一気に見栄えも変わることになります。

ハニー・ドワーフグラミー

長いヒゲが特徴の【ハニー・ドワーフグラミー】も初心者におすすめの魚です。ミナミヌマエビと同様に水槽内のお掃除屋さんとしても活躍してくれる熱帯魚です。

温和な性格のため、ほかの小型魚と混泳させても大丈夫でしょう。水質にも細かくないため飼育しやすいですよ。

akusa429さん(@akusa429)がシェアした投稿

女子ウケのいい靴ってどんな靴?女子から見たおしゃれな靴とは?
女子ウケのいい靴ってどんなジャンルの靴のことをいうの?モテるおしゃれな靴って男子と女子では考え方が違うはず。特に男性は靴をマニアのように集める「シューズマニア」なる方たちが多くおりますが、女子は靴をマニアのように集めることをあまりしませんよね?そういった考え方も大きく違っている要因だと思います。...
スノーボードでモテるコツとは?テクニック・モテコーデまとめ
スノーボードテクニックを学ぼうとする男性諸君にとって、どれだけゲレンデで女子ウケするかが一番の目的となることでしょう。そんなスノボテクニックやモテコーデをどうすればよいかなどのもてるコツをまとめてみました。

初心者におすすめの熱帯魚まとめ!

アロワナ

今回はアクアリウム初心者におすすめの魚・熱帯魚についてまとめてみました。

水槽の大きさの基準は【60cm水槽】となり、設置場所は環境に合わせて大きさを選んでいきましょう。小さいサイズの水槽の方が手軽と考えてしまいがちですが、長い時間水質や水温を維持することができないためメンテナンス回数が多くなることになります。

購入するときは水槽セットなどがお得に購入できるので、必要なアイテムに応じて購入セットを検討していきましょう。

初心者におすすめの魚・熱帯魚は小型のものとなり、水質や水温にうるさくない熱帯魚となっております。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*