初心者におすすめのダーツフライトの種類や選び方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダーツのフライトは、ダーツの安定性やグルーピング性能の関係する重要なパーツで種類も豊富で選び方にもコツがあります。

そして、大きく分けて4つあるダーツパーツの中でも、最も目立つパーツがこのフライトです。

機能だけでなくファッションとしても楽しめるのがフライト。

そんな”フライト”の種類や機能について勉強して、貴方だけのフライト選びの参考にしてください!

ダーツのフライトって何?

ダーツは4つのパーツ「ティップ」「バレル」「シャフト」そして「フライト」で構成されています。

フライトは矢の羽にあたる部分。形状でダーツの空中姿勢や飛び方が変化するとても重要なパーツ。

また、4つのパーツの中でも目立つパーツなのでカラーやデザイン性が高いフライトが多く出回っており”こだわり”を楽しめるパーツです。

店に置いてあるハウスダーツから、MYダーツにランクアップするなら、他人とは一味違うフライト選びで「個性」をアピールしてみてはいかがですか?

ダーツのフライトの種類は?

フライトの種類は技術や素材の進化で非常に多くなっていますが、主に3種類仕様と5種類の形状があります。

また、パーツの中はティップに次いで消耗度が高く交換を伴うパーツです。

まずは自分のスタイルに合わせたパーツ選び方の為に、仕様・形状の概要を勉強をしましょう。

フライトの仕様

フライトの仕様は主に3種類「折り畳みフライト」「成型フライト」「シャフト一体型フライト」があり、下記の様な特徴があります。

折り畳みフライト・・・携帯性が高い。デザインが豊富。耐久性が低い紙製が多い。

成型フライト・・・投げ心地にバラつきが無い。プロモデルなど種類が豊富。最も人気が高い。

シャフト一体型フライト・・・接触などがあってもフライトが脱落しない。グルーピングに有利。

※グルーピング=狭い範囲にダーツを集中してHITさせるスキル。

フライトの形状

スタンダード・・・浮力が高く低速。大きく放物線を描くよう飛ぶので軌道の確認・修正がしやすい。

シェイブ・・・スタンダードよりやや浮力が低い。プロでも使用する選手が多く最もポピュラー。

カイト・・・今回紹介する5種のなかで中間的な性能。

ティアドロップ・・・浮力がやや低めで直線的で速く飛びます。中級~向け。

スリム・・・直線的に鋭く飛びます。面積が小さくグルーピングに非常に有利。上級者向け。

形状に関しては市場でよく見受けられる上記以外にも、ブレットとよばれる上級者向けや、ねじれを有したメーカオリジナルの特殊形状があります。

初心者でも使いやすいフライトは?

沢山のフライト_2

おすすめの仕様は折り畳みフライト

ダーツは初心者の内は安定した飛ばし方が出来ず的に弾かれ落下。衝撃でフライトが壊れてしまう事もしばしば。

高価な一体型・成型フライトは、初めの内は避けるのが無難です。

折り畳みフライトは非常にデザインが豊富でキャラクター物から渋めなモノグラムなど目で楽しめるアイテムが非常に多いのもポイント。

おすすめの形状はスタンダードorシェイプ

この二つは低速で放物線を描くので、自分の投げたダーツの軌道を目で確認して修正が容易

正しいフォームを身に着けたり自分のテイクバック(ピッチャーで言う振りかぶり)の深さを見つけ出すのにも適しているフライトです。

フライト選びのポイントは? 

刺さったダーツ

最初の内はダーツを真っすぐ飛ばすのも難しいはず。

面積の大きなフライトの“スタンダード”や”シェイプ”は空気との接点が多く、放たれたダーツを真っすぐ飛ばす様に働きかけてくれます。

まずは、ダーツをまっすぐ飛ばす技術を補ってくれる”スタンダード”や”シェイプ”から始めて、安定して飛ばせる自信が付いてきたら”スリム”や”ティアドロップ”など、より直線的に力強く飛び、小さい面積でグルーピング(集弾性)に有利なフライトを試すのをおすすめします。

フライトで重要な形状とは?

三本のダーツ

形状はダーツの「軌道」「空中での姿勢」「速度」「グルーピング性能」に大きく影響します。

面積が大きい程、低速で軌道は放物線を描き、安定した姿勢を保とうとします。

上記5種類でスタンダードが最も安定性を発揮し初心者向きのフライトです。

グルーピングとは、狙った場所にダーツを集中さる技術。

面積大きなフライトはBULLなど狭い範囲に集中させる場合、1投目のダーツが2投目以降の邪魔になってしまいます。

上記5種類では面積の一番小さいスリムが最もグルーピング性能が高く上級者向けとなっています。

フライトだけじゃなく、シャフトも選ぶべき?

答えはイエス

シャフトはバレルとフライトを繋ぐパーツですが、ダーツのバランスやフライトの効果を調整する機能も備えています。

一般的に長いシャフト程、フライトの姿勢制御の恩恵を受けやすく、安定性が増す特徴があります。

フライトとシャフトは組み合わせで”飛び味”が変わってくるので、まずは平均的な長さの”インビト”から試す事をおすすめします。

自分のスタイルが見えてきたら、ショート(低安定・高速)かロング(高安定・低速)も検討してみましょう。

また、シャフトが回転するタイプも人気があります。狭所を狙うグルーピングの際、フライト同士がぶつかって起きる”弾じき”をシャフトが回転する事で軽減する事が可能です。

少しだけ高価ですがフライト程、消耗の激しいパーツではないので視野に入れて選ぶといいでしょう。

初心者向けフライトの特徴とは?

燃えるダーツ

初めてマイダーツをセレクトするなら安定性が特徴の面積の広いフライト、スタンダード・シェイプは初心者向きと言えます。

ダーツにおける安定性とは手を離れて的に当たるまでの飛行姿勢なのですが、投げるフォームを体得するまではなかなか安定しません。

飛行姿勢の悪いダーツは的に刺さらず落下してしまったり、既に刺さっているダーツに弾かれるリスクが高まってしまいます。

この重要な姿勢制御に特化したのが面積の広いフライトであるスタンダードやシェイプです。

特にシェイプはプロの大会でもよく見られるポピュラーなフライトです。

ダーツのフライト選びのポイントまとめ

空中のダーツ

ダーツのフライトは空中での姿勢・速度・グルーピング性能に影響を及ぼすパーツ。

・面積が広い(スタンダード・シェイプ)=高い安定性だがグルーピング性能は低い。

・面積が狭い(ティアドロップ・スリム)=高いグルーピング性能だが安定性は無い。

と覚えておけば間違いないでしょう。

又、ダーツのパーツの中でも一番目立つパーツでもあるフライト。

デザインも豊富で、ネットや店頭で眺めてるだけでも楽しいパーツです。

星の数ほどあるフライトから、あなたに合った一品を見つけ出して遊び仲間や気になる女の子に他との「違い」をアピールされてはいかがでしょうか!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*