持ち運べる液晶モニター「Vinponk Split」とは一体。実際に使ってみた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんはパソコンはどんな環境で使っていますか?

あまり場所を取りたくないので自宅でノートパソコンを使う人もいれば、効率重視目指して2~3枚の液晶モニターつなぐのが容易なデスクトップパソコンを使う人もいると思います。

デスクトップの欠点は外で使うことができないので、外での作業がしたくてもできないのが現状です。

その点ノートパソコンは持ち運べるので外でも使えますが、モニターは通常1枚のみです。さらに2枚のモニターを使いたい為にパソコン用の液晶モニターを持ち歩くのも非現実的です。

ところが、その現状を変える便利なグッズが登場します。

今回は、外でも使える液晶モニターVinpok Splitを紹介します。

PR

「Vinpok Split」とは?

Vinpok Splitは、画面サイズは15.6インチの持ち運べる液晶モニターです。

小型で持ち運びを前提としていますが、自宅利用でも十分可能なちょうどいいサイズ感になっています。

どこがすごい?

まず目を引くところは、画面サイズが大きい割には635g程と軽量だというところでしょう。

iPadなどのタブレットを携帯しているような感覚でパソコンのモニターを携帯できると考えれば、カバンに入れやすそうですね。

画面解像度も1080Pで表示されるので、動画などもきれいに表示できることが期待できますね。

さらにタッチパネルも搭載。このVinpok SplitにWebブラウザなどを表示させればブラウザをタッチ操作して、タブレットを使ってるような感覚でパソコンを操作することもできます。

接続方法は?

接続方法は、一般的なパソコンについてそうなHDMIで接続する方法と、USB-Cで接続する方法の2種類があります。

USB-Cに対応しているパソコンを使って接続すると、なんとUSB-Cのケーブル1本ですべての接続ができるのです。

これならたくさんのケーブルを持つ必要がないのでかばんの中もすっきりしそうですね。

USB-Cに対応していないパソコンでも、miniHDMIケーブルとUSBケーブルを接続することによって使うこともできるので、パソコンの対応を考えず接続することが出来そうですね。

さらに、HDMIは一般的な規格なので、パソコンだけではなく、ゲーム機などの様々な機器にだって接続することができます。活用例は販売ページ内で様々な方法が書かれているので一度チェックしてみてください。

どこで売ってるの?

現在このVinpok Splitは、GRREN FUNDINGにてファンディングを実施中です。

3月20日現在、一番安いVALUE PLUSを選択すると33750円で購入することが可能です。

それ以外にも接続に必要な各種純正ケーブル類も同サイトで購入可能ですので、接続に必要なケーブル類も同時に購入するのが良いでしょう。

貼り付けるスピーカー「TOUGH BEAT」とは一体!?レビューしてみた!
持ち歩きに便利な貼り付けるスピーカーとは一体何なのでしょうか。防水にもなり、みんなで音楽を聴くには必須なスピーカーを小型化し、しかも大きな音が出やすくなっているこのTOUGH BEAT、実際に製品をお借りして素材によってどんな音が出てくるのか検証してみました。
Lenovoスマートウォッチがおすすめ!実際にガジェットを使ってみた
Lenovoのスマートウォッチがクラウドファンディング『GREEN FUNDING』で今だけお得に購入できる情報を入手!2つのスマートウォッチを使ってみたレビューを紹介しながら機能について詳しくまとめてみました!

実際に使ってみた

今回は特別にこの発売前のVinpok Splitをお借りすることができましたので、実際に私が使っているThinkPad X1 Extremeに接続してみて、使ってみました。

PR

15.6インチでも十分な快適さ

普段作業する自宅のスペースに液晶モニターを繋いでいますが、今回はあえて自分のノートパソコンとVinpok Splitのみで使ってみました。

このノートパソコンはUSB-Cの端子がついているので、USB-Cのケーブルを接続して使ってみました。

すると、接続してすぐ画面が写りました。追加のドライバーも求められず、タッチパネルも問題なく使うことが出来ました。

普段繋いでる液晶は24インチなので、サイズ的な不安はありましたが実際使ってみると意外と作業が出来るので個人差はあると思いますが僕は特に問題ないと感じました。

タッチパネルの恩恵がすごい

普段はクラウドワーカーとして自宅でコード書くことが多いので、接続してる液晶で調べごとをしながらノートパソコンの画面でコードを書くのですが、ブラウザをスクロールするのにいちいちマウス持っていくのが時々めんどくさく感じることがありました。

しかし、Vinpok Splitにはタッチパネルが搭載しているので、マウス操作をしなくても液晶を直接タッチして、ブラウザをスクロールすることが可能です。

何気ないこのようなスクロール操作もタッチにするとすごく楽に感じました。

この液晶そのものも、指紋が目立ちにくく指を滑らせやすい仕立てになってるので、かなり使いやすく出来ています。

PCゲーム初心者におすすめのゲーミングPCはスペックで選ぶべし!
PCゲームをしてみたいけど、初心者だからどれを選べばいいか分からない…ゲーミングPCにはどのくらいスペックがいるんだろう?周辺機器は何を買えばいいんだろう?そんな疑問を解消する、推奨、おすすめまとめです!
インエアーイヤホンとは?耳に入るスピーカーをレビューしてみた!
インエアーイヤホンと呼ばれる新型のイヤホンは、『耳の中に入れるスピーカー』と言われるほど、質のいい音を届けます。そんなINAIRはどこで購入できるのでしょうか?モテる男必見!最新ワイヤレスイヤホンを大公開しちゃいます!

持ち運びは思ってたよりも楽

いくらタブレットくらいの重さといっても、普段はタブレットを持ち歩かない私としては結構かさばるんじゃないかと思っていました。

しかも15.6インチなので、実は持ち歩くのは大変なんじゃないかと思うこともありました。

でも実際にかばんの中に入れてみたら、薄く出来ているので私が普段入れるかばんには難なく入りました。

でももう少し小さいかばんを普段使っている人ならそもそも大きいので、入らないってことがあるかもしれませんね。

自分が持っているかばんのサイズを一度確認しておくと良いかもしれませんね。

実際に出先で作業してみた

持ち運べるのなら、やはり自宅以外の別のところで実際に使ってみたいですよね。

そこで、実際に外で作業してみて使い心地をチェックしてみました。

長時間の作業するのにノートパソコンの充電器も必須になってくるので、極力持ち運びのケーブルを少なくしたいと思うところでしょう。

Vinpok Splitなら、私の場合はケーブルが1本で済むので、1本だけケーブル持っていけば済むのは大きなメリットだなと感じました。

15.6インチですので、カフェなどの1人席ではデスクの上に乗り切らないかもしれませんので、併売されているSpritクリップを使って浮かせると良いでしょう。

自宅にいるときと同じ快適さを出先でも体感

実際にしばらく使ってみると、出先でも液晶が2枚あるので、普段と変わりなく作業することが出来ることに驚きでした。

今まで外では1枚しかないことで、作業効率も落ちていたのですが、これならどこでも自宅にいるような感覚でいられます。

タッチパネルも乗っているので、これに慣れてしまえばもしかしたら自宅にいるときより効率上がるかもしれませんね。

Vinpok Split自体の電気はパソコンから供給されるので、それに伴ってバッテリーの消費も大きくなります。充電しながら使うのをおすすめします。

実際に使ってみて

数日お借りして使ってみましたが、外出先でも自宅でも画面を追加して作業できるので、場所を選ばず効率的な環境が手に入ることは大きなメリットです。

普段からデスクが無いところでノートパソコンを使っているような人でも、Vinpok Splitなら片付けるのも簡単なので手軽にモニターを増やすことが出来そうですね。

このVinpok Splitのファンディングは、3月31日まで開催中です。25%OFFで入手できるのは今のうちですので、興味が出てきたら是非チェックしてみてください。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*