男性ホルモン

男性だけでなく、女性にも男性ホルモンは影響を与えています。アンドロゲンとも呼ばれ、主に3種類の男性ホルモンが体内で活動し体つくりを形成しています。

男性ホルモンの90%がテストステロンと呼ばれる男性ホルモンで、思春期の第二次性徴のときに一番分泌が盛んになり、男性らしい体つきとして大人の体へと変化していきます。しかし、このテストステロン、30代頃から減少し始めていきます。テストステロンが減少してしまうと筋トレをしても筋肉の増加がしにくくなるだけでなく、男性機能の減少、糖尿病や体重増加などの影響を起こしやすくなります。

よく男性ホルモンを抑える記事などを見かけます。テストステロンや男性ホルモンを抑えることで薄毛改善などが書いてありますが、薄毛の原因は男性ホルモンにあり、正確にはテストステロンが原因ではありません。男性の薄毛や若ハゲの原因となる男性ホルモンはDHTと呼ばれるジヒドロテストステロンであり、テストステロンではありません。しかしテストステロンが全く関係ないということはないのです。この男性ホルモンの違いにより男性ホルモンを増やすほうがよいのか抑えるほうがよいのか、それぞれの理由をメンジムでは記事にて紹介しております。あなたの男性ホルモン、テストステロンは増やすほうがよいでしょうか?はたまた抑えるほうがよいでしょうか?
  • マカエンペラーは効果なしで効かない?口コミ&評判まとめ

    マカ・クラチャイダム・シトルリンと精力剤には欠かせない代表的な成分を含んだサプリメント「マカエンペラー」に関する情報をまとめています。口コミや評判などの情報を参考にしつつ、製品の基本情報や効果効能、飲み方などもご紹介。

    2019.02.01

  • 顔がベタつかない方法

    顔がベタつかない方法4選!洗顔してもダメならこれを試せ!

    顔汗をたっぷりかいた後は、どうしても顔がベタつくし、家に帰って洗顔しても何だかベタベタ…。そんな人は、もしかしたらオイリーな肌質であることが原因かもしれません!今回は顔がベタつかない方法と正しいスキンケアをご紹介!

    2018.06.30


  • 男性ホルモンの90%以上を占め、体毛やムダ毛などの原因となるテストステロンですが、本当に抑えるほうがよいのでしょうか?男性の体つくりの基礎となり、骨格や筋肉の発達に必要なテストステロンは男性にとってよい働きをするので必要なものだと思われます。男性ホルモンで抑えることが必要なものはDHTであり、このDHTが薄毛の原因となるのです。

    DHTはテストステロンから変化したものであるため、テストステロンを抑えることで薄毛に効果があると思いがちですが、テストステロンが減ってしまうと全体の男性ホルモンも減ってしまい、上記のような疾患になってしまうかもしれません。そのためDHTを抑制するにはテストステロンを抑えるのではなく、DHTへと変化させてしまう物質を抑えることが賢明となります。

    メンジムでは男性の悩みのタネとなる情報をまとめて記事にしております。男性ホルモンの増加によって目立った濃いヒゲや、体臭などのカテゴリーごとにわけられ、あなたの悩みをきっと解決してくれることでしょう。ここ男性ホルモンでもテストステロンについて、増やす方法や抑える方法などの記事がまとめられています。