カツラ

カツラといっても頭に乗せる「ヅラ」と呼ばれるものだけがカツラではありません。現在では、自毛と一緒にすることでカツラの存在がわからないウィッグ系のものや、自毛1本1本取り付ける増毛タイプもあります。また、人口毛を皮膚に張り付けるタイプのものもあります。

昔はカツラといったら、全体的なカツラでも部分的なカツラでも乗せるものが多かったと思います。そう考えると増毛タイプやウィッグ系などの進歩があり、カツラとは見分けがつかないほどになっております。カツラ業界も一昔前の「ヅラ」というワードの雰囲気よりも明るいイメージの会社も多く、芸能人を多数イメージキャラクターとして使用しているのが現状です。

それもあってか芸能人では多数の方がヅラ着用疑惑が上がっております。噂はあがるけれども真実は分からないほど巧妙で、カツラやウィッグ技術の発展が想像できます。

人は加齢に伴って容姿は変化していきます。もちろん髪の毛も減っていきます。そういった容姿の変化は周囲の印象を変えてしまう事になるため、女性の場合は化粧をしたり、美を一定に保とうと努力しますが、男性はカツラを着用して若さを一定に保とうとします。

若いうちにスキンヘッドにしてしまえばカツラの着用はなくなるかもしれませんが、そのきっかけを無くしてしまったら今後あなたもカツラを直用することになるかもしれません。

あたたが将来カツラやウィッグを着用することになるかどうかは、ハゲてみないとわかりません。遺伝的な要素はなく、AGAの発症原因が少なく維持出来た場合、将来的にハゲることはないかもしれません。また、ハゲ始めたとしても増毛や治療薬が有効に働き、発毛して髪の毛を維持することができるかもしれません。

しかし、薄毛や抜け毛の進行が早すぎた場合、治療薬も効果は弱くなってしまい、なかなか発毛しないこともあります。七・三で分けていた髪型も周囲からみたらバーコードに見えているかもしれません。カツラ(ヅラ)は増毛やAGAの治療段階の方の発毛するまでの繋ぎから、ハゲ散らかしてどうすることもできない方まで、昔の鬱陶しいほど髪が生えていた時期と同じ髪型を蘇らせることができる最後の手段となります。

その為、カツラやウィッグはそんなに安く購入できるものではありません。「ヅラ」という言葉で軽蔑して、ハゲてから知識を得るよりも、まだハゲていない今からカツラの知識を得ることで、カツラに至るまでの有効な道となるようにメンジムでは情報を公開していければと思っております。