多汗症

冬場でもワキから滴り落ちる汗。手や足も常にぐちょり。拭いても拭いてもおさまらない汗や、ワキガの原因は何?どうやって対策するの?

汗は身体の体温調節を行うために発汗します。暑い時にいっぱい汗をかくのはそのためです。汗をかくことで汗が皮膚の表面で気化するときの気化熱を利用し体温を下げ安定させます。つまり、汗を上手にかけないと、体温調節が上手に機能しなくなってしまいます。これだけ汗をかけるのは人間だけで、動物などは呼吸器から水を蒸発させることで体温調節を行っています。

汗はエクリン腺とアポクリン腺から出るのですが、多汗症の場合、エクリン腺からの汗が多量に分泌されます。体温調節に関わりなく発汗し、緊張や不安などを感じていない状態でも多く汗をかきます。エクリン腺の汗は99%が水分ですので、ほとんど臭いはしないのですが、アポクリン腺が存在するワキや股間、皮脂が多く分泌する頭などが多汗症となってしまうと混ざり合って臭いを発生したり、衣服にシミがついてしまったりもしてしまうので悩む方が多いと思います。下手したら強烈な体臭の原因にもなりかねない汗。そんな悩みを解決に導くように、メンジムでは多汗症の治療方法や改善方法、多汗症の原因などを記事にまとめて紹介しています。

顔の汗が異常なのは病気が原因?顔汗から見る病気の兆候とは

病気の兆候はたくさんありますが、顔の汗が異常な時はその兆候に該当するのでしょうか?すぐ治るといいですが、長期の場合は顔汗も出続けるのでその対処も必要です。顔の汗が異常な時は病気なのか?その原因と兆候についてのまとめ!

体や肌の悩みは尽きないものです。しかし、症状が現れていないときは全くの無関心ですが、一度症状を現れ始めると気になって悩むことになります。油っぽい汗だったりすると、見た目も臭いも悪くなりますし、ニキビや吹き出物などの肌トラブルの原因になりかねません。では、多汗症の原因は何か?どうやって対策するのか?治療方法はないのか?いろいろと調べることになるでしょう。

多汗症もまさにそれです。多汗症は男性ホルモンの影響や、他の病気の理由などで発症する場合もあります。また、それにより多汗症の原因となる病気が発見されることもあります。では多汗症の治療方法はと考えたときに、治療方法はさまざまあり、多汗症の程度によって異なったり、原因の病気の治療を改善することで治まったりもします。つまり、多汗症とはいつ発症してもおかしくない症状であり、治療方法や改善方法も人によって異なるということです。

多汗症など体や肌の悩みがないから気にしないでいいという考えではなく、何も悩みがないからこそ、症状を現れた時に上手に対処できるように、知識を入れておくことが必要ではないでしょうか?また、その知識は悩んでいる人の立場になって考えられるので原因は?対策は?治療方法は?と悩んでいる人の気持ちを理解できるようにもなるはずです。