頭頂部・てっぺんハゲ

頭頂部は男性の頭の中でも最も薄毛になりやすい場所であり、早期に育毛対策を行うことが必要になります。

頭頂部にはつむじがあり、つむじは頭皮が見えやすい場所にありますが、つむじから薄毛が進行する方も多く、他の場所はハゲていないのにつむじだけ目立ってしまうつむじハゲも存在します。頭頂部は目視しにくい場所でもあるので、気付いたらてっぺんハゲという事にならないように気を付けましょう。

頭頂部のハゲの原因で一番多いのがAGAです。AGAは頭頂部や前頭部に存在する受容体とDHTと呼ばれる男性ホルモンの一種が結びつくことで起こり、髪の毛の成長サイクルを乱し薄毛を進行させます。そのため、前頭部や頭頂部は他の頭の部位に比べて薄毛になりやすいです。てっぺんハゲが多いのもそのためであり、AGA治療薬の成分にはこのDHTを抑制させる成分が含まれているものもあります。

メンジムでは頭頂部のハゲであるてっぺんハゲについて、世間の噂から育毛に効果のある改善方法まで記事をまとめております。薄毛治療は諦めたら終わりですので、てっぺんハゲを改善し、てっぺんハゲにならないためにもメンジムの記事で対策を確認しておきましょう。

誰も薄毛になりたくて薄毛になる訳ではないですが、生活習慣の乱れや食生活の乱れは薄毛の進行を促進させてしまうことになり、間接的に自ら薄毛を進行させている場合もあります。

頭頂部のてっぺんハゲの原因はAGAが主ですが、円形脱毛症などのストレスで起こることもありますし、遺伝が関係していることもあります。遺伝では受容体の結合のしやすさなどが関連しており、もし遺伝により受容体が結びつきやすい状態だった場合、より生活習慣の見直しが必要となってくることになります。この遺伝による受容体の結びつきやすさは今の時代、簡単に検査することができます。

女性も頭頂部が薄毛になりやすく、ボリュームが無くなってきたことでウイッグを使用するCMを見たこともあると思います。このように男女ともてっぺんハゲとなりやすい頭頂部はいかに効果的に育毛を行うかが今後の進行を抑制する結果となります。今はハゲていないからといって安心するのではなく、今後の知識としてメンジムでまとめた記事を読んでみてはいかがでしょうか。