若ハゲ

近年若ハゲがよく取り上げられています。若ハゲとは10代や20代でハゲることを指しますが、30代でハゲることも若ハゲといえるでしょう。通常であれば、30代もまだまだ現役世代ですのでハゲる世代ではありません。しかし、最近では30代で髪の毛が薄い方をよく見かけると思います。

若ハゲの原因でまず外せないのがAGAだと思います。薄毛の原因の殆どはAGAとなり、日本の成人男性の4人に1人がAGAの症状を引き起こしていると言われています。もちろん、AGAの症状的には年齢が高いほど発症率が高いのですが、若い時にAGAの対策や改善を行っていないと他の人よりもハゲるのが早くなる、つまり若ハゲになりやすいといえます。

その他若ハゲの原因に考えられるのがストレスです。ストレス社会と言われる現代ですが、ストレスは体調不良を起こすだけでなく、その影響で髪の毛が薄毛になります。特に会社などの地位が確立されていない20代などは、上司からのプレッシャーなどストレスが溜まりやすいでしょう。円形脱毛症などもストレスが原因で起こりやすいので、若ハゲの原因をしっかりと対策を行い改善することが必要です。悩みがある方は是非メンジムの若ハゲの記事をみてください。若ハゲの原因を対策する記事があります。そして、あなたの若ハゲを改善することができるかもしれません。

10代・20代・30代に頭のどの部分がハゲたくないか調査してみた

いつまでもハゲたくないですよね。しかし、そんなことを言ってられるのも若いうちです。直ぐに薄毛は進行してしまいます。そこで今回は10代・20代・30代の男性にどうしてもハゲたくない頭の部分はどこか?アンケートを行いました。そ...

実際に若ハゲの人口は増えているのでしょうか?あるメーカーが世界の薄毛率を調べたところ、日本の薄毛率は世界第14位ですが、東・東南アジアの国々で見てみると、1位となっています。つまり、日本と同じような人種や地域でみると1番薄毛率が高いといえます。また、その他の資料では、日本の各年代の薄毛割合があり、20代の男性のAGA発症率はおよそ6%とのこと。もちろん年代的には一番低いのですが、実はこのデータは10年前にも同様に調べており、若い年代での割合は殆ど変わっていないとのこと。10年前と比較して薄毛の治療はとても盛んになりました。病院でも治療できるようになり、AGA治療薬の種類も増えました。それでも割合は意外にも変わっていないのです。

つまり、薄毛の治療が行える状況ができているのに若い世代でのAGAが減っていないという事は若ハゲになりやすくなっているという事ではないでしょうか?そう捉えると若ハゲにならないように髪の毛のある時期から原因や対策を調べ、改善していくことが必要になります。メンジムでは若ハゲ対策の記事がありますので是非参考にしてみて下さい。