若ハゲ

近年ハゲネタとして若ハゲがよく取り上げられています。若ハゲとは10代や20代でハゲることを指しますが、30代でハゲることも若ハゲといえるでしょう。通常であれば、30代もまだまだ現役世代ですのでハゲる世代ではありません。しかし、最近では30代で髪の毛が薄い方をよく見かけると思います。

若ハゲの原因でまず外せないのがAGAだと思います。薄毛の原因の殆どはAGAとなり、日本の成人男性の4人に1人がAGAの症状を引き起こしていると言われています。もちろん、AGAの症状的には年齢が高いほど発症率が高いのですが、若い時にAGAの対策やヘアケア・頭皮ケアなどの改善処置を行っていないと他の人よりもハゲるのが早くなる、つまり若ハゲになりやすいといえます。

その他若ハゲの原因に考えられるのがストレスです。ストレス社会と言われる現代ですが、ストレスは体調不良を起こすだけでなく、その影響で髪の毛が薄毛になります。特に会社などの地位が確立されていない20代などは、上司からのプレッシャーなどストレスが溜まりやすいでしょう。円形脱毛症などもストレスが原因で起こりやすいので、若ハゲの原因をしっかりと対策を行い改善することが必要です。悩みがある方は是非メンジムの若ハゲの記事をみてください。若ハゲの原因を対策する記事があります。そして、あなたの若ハゲを改善することができるかもしれません。
驚くブブカゼロの効果に

ブブカゼロ(BUBKA ZERO)のメリット・デメリットまとめ

2018年最先端の育毛剤としてリニューアルしたのがブブカゼロ(BUBKA ZERO)です。2011年販売開始以来150万本を突破。髪の毛に悩む男性を救ってきました。今回はブブカゼロのメリット・デメリットを調べました。
ブブカゼロ

ブブカゼロ(BUBKA ZERO)の使い方を徹底的にまとめてみた

今大注目の育毛剤ブブカゼロ(BUBKA ZERO)の使い方をまとめてみました!ブブカゼロの育毛剤としての効果をより感じるには、正しい使い方が重要です!今回は、ブブカゼロの効果的な使い方や、口コミなど徹底追及!

BUBKA ZERO(ブブカゼロ)をアマゾンで買ってはいけない理由

BUBKA ZERO(ブブカゼロ)は、累計販売本数150万本を突破した超人気育毛剤!果たしてどんな効果があるのか気になるところ。しかもこの育毛剤、アマゾンなどの通販サイトで購入するよりお得なところがあるんだとか!
若ハゲ

ハゲたくない30代のハゲ予防法とは?すぐやるべき4つの改善策

30代に入ると、髪や頭皮のトラブルが急増します。例えば、髪質の変化や抜け毛の増加などです。将来ハゲてしまうのか、心配になっている人も多いでしょう。この記事では、はげたくない男性のための予防法・改善策を紹介していきます。

ハゲが遺伝する確率は100%?母方、父方どちらに遺伝する?

男達の永遠の宿敵、薄毛。ハゲの何が悪い!と言えるほど簡単ではないですよね。遺伝かも…?でも遺伝って父方、母方どちらが原因なの?遺伝の確率は?と心配な方も多いでしょう。今日は原因と予防策を学んで薄毛知らずになりましょう!

【発毛実感!】新宿AGAクリニックの口コミ・評判まとめ

新宿AGAクリニックの口コミ・評判・特徴・費用・施術内容に関する情報をまとめています。600パターンもある内服薬・外用薬メソセラピーを合わせた治療法の中から完全オーダーメイドの患者に適した治療を提案。

【AGA外来】東京ロイヤルクリニックの口コミ・評判まとめ

東京ロイヤルクリニックの口コミ・評判・特徴・費用・施術内容に関してまとめています。東京ロイヤルクリニックは、オンライン診療にも対応していて、自宅でスマホを利用して診察してもらいAGA治療薬を郵送してもらうことが可能。

【薄毛を改善】恵比寿美容クリニックの口コミ・評判まとめ

恵比寿美容クリニックの口コミ・評判・特徴・費用・施術内容についてご紹介。AGA治療薬、メソセラピー、HARG療法を使用しない独自の治療法。豊富な6つの検査と血流改善ガス治療・栄養補充で髪の毛の成長を促進し、薄毛を改善。

【男の悩み解決】大宮中央クリニックの口コミ・評判まとめ

大宮中央クリニックの口コミ・評判・特徴・費用・施術内容についてご紹介。AGA治療薬、メソセラピー、HARG療法など、患者に見合った治療法を提案。他県からも来院するほど人気で埼玉県の美容外科口コミランキングで1位を獲得。

実際に若ハゲの人口は増えているのでしょうか?あるメーカーが世界の薄毛率を調べたところ、日本のランキングは世界第14位ですが、東・東南アジアの国々だけで見てみると、1位となっています。つまり、日本と同じような人種や地域でみると1番薄毛率が高いといえます。また、その他の資料では、日本の各年代の薄毛割合があり、20代の男性のAGA発症率はおよそ6%とのこと。もちろん年代的には一番低いのですが、実はこのデータは10年前にも同様に調べており、若い年代での割合は殆ど変わっていないとのこと。10年前と比較して薄毛の治療はとても盛んになりました。病院でも治療できるようになり、AGA治療薬の種類も増え育毛サプリメントなども登場しました。それでも割合は意外にも変わっていないのです。

つまり、薄毛の治療が行える状況ができているのに若い世代でのAGAが減っていないという事は若ハゲになりやすくなっているという事ではないでしょうか?そう捉えると若ハゲにならないように髪の毛のある時期から原因や対策を調べ、改善していくことが必要になります。メンジムでは若ハゲ対策の記事がありますので是非参考にしてみて下さい。