女性の黄色い声がこだまする職場でモテる男の5つの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

かならずどの職場でも女性が集まってくる男性っていますよね。

ひとりくらい分けてくれたっていいのに(怒’Д´)pブーブー

って怒り心頭のあなたと職場でモテる男の違いってなんなのでしょうか?

そんな職場の女性から飲みに声をかけられたり、職場の女性の黄色い声の主役となる職場でモテる男性の特徴について調査してみました。

1.にくめない笑顔

笑顔のスーツ男性

やはり、笑顔は誰にでも好かれるものです。

憎めない純粋無垢な笑顔をつくることができる男性は職場でモテる男となるでしょう。

仕事場とは常にプレッシャーが掛かっているものです。

そんな仕事のプレッシャーを解放してくれる男性の笑顔は女性の癒しとなることでしょう。

さぁ、あなたも鏡の前で笑顔の練習から始めませんか?

Sponsored Link

2.平等に接する姿勢

みんなと会話

女性との接し方を外見や年齢、地位で判断せず、誰にでも平等に接する姿勢は、職場の多くの女性から指示を得られ職場でモテる男となるでしょう。

職場の若い女性ばかり話かけるのではなく、年配のお局女子や主婦、パートの方などとも平等に分け隔てなく接することがあなたにはできますか?

特に職場の主婦層の女性を平等に接して味方につけていると、若い女性を紹介してくれるきっかけつくりにもなるので、接し方はとても重要ですよ。

モテる男の話し方にはある法則が!逆にモテない男の話し方とは?
女性と会話するのって、難しいですよね。「女性とは無縁だから…」と思っている男性も、会社の飲み会や仕事中などにどうしても女性と会話する機会があるかと思います。仕...

3.助け合い精神を持ち合わせている

テーブルトーク

職場で誰かがミスをした場合に気軽にフォローすることができる男性は職場でモテる男となるでしょう。

また、女性には負担の掛かる力仕事や高いところのものを取ってあげるなどの行動も女性支持を得られやすいですよ。

もし、そんな場面で女性から「ありがとう」の言葉を掛けられたら、

『また、今度ごはんでもおごってね♪』

って軽く言えることができたら、あなたの株もうなぎのぼりでしょう。

さぁ、あなたも鏡の前でセリフの練習してみませんか?

Sponsored Link

4.聞き上手

聞き上手

話が大好きな女性にとって、会話を聞いてくれる男性は職場でモテる男となるでしょう。

お昼休憩であったり、職場での移動中などちょっとしたときに仕事の愚痴や恋愛相談などのはけ口として乗ってくれるだけでも女性はまた、あなたに話しかけようと思ってくれます。

話やすい男性は女性にとって仕事での安らぎとなり頼りになる男性になります。

結果がでる回答を差し出してあげるよりも、同情できる気持ちになって聞いてあげることを最初は意識してあげるのが女性と繰り返し話ができることになりますよ。

失恋をして元カノが忘れられない時は何をすれば簡単に忘れられる?
自分と気が合わなくてから振った彼女…。月日が経つと、なんで彼女を振ったのかわからない。過去に別れた元カノがどうしても忘れられない。振った相手でも、振られたい相...

5.とにかくイケメン

イケメンポーズ

最後はイケメンです。

正直イケメンには勝てません。

イケメンであれば、ちょっとした仕事のミスも可愛げのある男性ともとれ職場では無双状態でしょう。

イケメンの仕事での行動はとにかく職場の女性からチェックされております。

職場で何をするのか?今日はどんなスーツを着てきたのか?Yシャツとネクタイの色は?など噂の種となります。

あなたは職場の女性からちゃんと見られていますか?

服装や髪形などを意識することも職場でモテる男性には必要ですよ!

好きになるのが怖い・遅い・めんどくさい女性の特徴を知って落とせ!
ある調査では女性の約45%が「恋愛をすることが怖い」と感じているそうです。「人を好きになるのが怖いのは、傷ついたときの思い出がずっとトラウマになるから…」等々、...

あなたはどの特徴をいかせますか?

スーツ男子スマイル

今回、職場でモテる男の特徴を5つ紹介しましたが、あなたが一番特徴をいかせるのはどれでしたか?

どれもいえることですが、常に女性の立場になって行動することが必要なことになります。

もちろん、男は語らず背中を見させる行動だ!っていうことも素晴らしい特徴だとは思いますが、仕事中にちょっとしたギャップを女性に見せてあげることで、職場の女性はあなたについていくことができるでしょう。

いつも仕事では仏頂面でいたりしませんか?

たまには笑顔を見せてあなたの違う一面の特徴をだして女性と接してみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメントを残す

*