あなたはいくつ当てはまる?女性に嫌われる男の共通点とは?

嫌われる男の特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昔からなぜか職場や、学校など男女グループでの集まりで、

女性に嫌われるんだよな…

という方はもしかしたら、女性に嫌われる男の特徴を持っているかもしれません。

女性から嫌われる男にはこんな共通点があった?当てはまったら要注意!

こんな男は嫌だ!トップ3と、性格や特徴をそれぞれまとめてみました!
逆に、共通点に当てはまらない男性はイケメンじゃなくてもモテるかもしれませんよ…?

清潔感がない

清潔感

やはり一番女性に嫌われる男の特徴として挙げられるのがこちら、清潔感がない人です。

やけに爪が長かったり、頭にフケがついてたり…
いつもよれよれの洋服を着ている方や、面倒でいつもシャワーで済ませる方は要注意!

職場でも嫌に目立ってしまう不潔な男性は、噂が噂を呼び、余計女性に嫌われる男になってしまいます。
毎日の努力と気遣いを心がけるようにしましょう。

イケメンじゃないけどモテる男はどんな努力が必要?モテる共通点とは
イケメンじゃないのになぜかモテる男性ってあなたの周りにいませんか?顔は全然イケメンじゃないのに周りに女性が集まる男性には見た目以上の魅力があるのかも知れません!!今回は女性限定アンケートからイケメンじゃないけどモテる男性の魅力に迫ります!
 

弱い立場の人に態度がでかい

イラつく

ファミレスや、コンビニなどの店員に、タメ口だったり、お礼を言わなかったり更には、暴言を吐く男性

男性は、無意識に自分は強いんだ!と女性に見せびらかすために下の立場の人間に対して態度がでかくなりがちですが、そんな男性は女性に嫌われる男の特徴なんです。

職場などで後輩相手に態度がでかい人も女性に嫌われる男の人の共通点なので要注意。
誰にでも礼儀正しく、誠実な人こそが女性にモテるモテ男の共通点です。

PR

だらしない性格

だらしない

だらしない性格をしている男性も、女性に嫌われる男性の共通点の一つです。

だらしない性格と言っても種類は様々ですが、

・女性にだらしない浮気性の男
・お金にだらしない借金や無駄遣いが多い男
・時間にだらしなく遅刻が多い男
・生活がだらしない

などだらしない性格の種類は様々です。

どれもこれも女性に嫌われる男性の共通点であげられる特徴ですし、もし、職場の上司や同期がこんなだらしない性格の持ち主だったらどんなにイケメンでも距離を置きたくなります。
自覚がある方は早いうちに治しましょう。

いい男とは中身が一番大事!性格イケメンの特徴を知りモテモテに
性格イケメンの特徴を知ることで、今後あなたもモテモテのいい男になれるかもしれません。性格イケメンは見た目のイケメンと違い誰にでもなれるチャンスはあるのです。性格などの中身は自分の意志で変えられるものですので、ブサメンのあなたも直ぐに実践できますよ!
 

女性に嫌われる男の共通点 ”性格”

嫌い

女性に嫌われる男にはこんな性格共通点があるのをご存知ですか…?
少しでも自分の事かも!と思ったら改めてくださいね。

女性に嫌われる男性の特徴がこちら!

優柔不断

優柔不断

デートの行先も女性任せ、ご飯屋さんに行ったらどれにしようか悩む時間が長い。

そんな優柔不断な性格の男は女性に嫌われる男の特徴です。

普段から優柔不断な男性を見ているとイラつきますし、きっと付き合った後、本当に大事なことに対しても悩まれるんだろうと、思われてしまいます。

やたら神経質

几帳面

何に付けても一言多かったり、いちいち細かいこと指摘してくるやたら神経質な男性は女性に嫌われる男の共通点としてよく挙げられます。

いわゆる、潔癖症も女性に嫌われる男の特徴ですよね。

職場ならまだしも、自宅やデート中にも自分のルールがありすぎる男性と一緒にいるのは女性としても疲れちゃいます。

好きな相手だからと少し妥協をしてあげたり、相手の価値観を知っていくようにしましょう。

女心のわからない鈍感

鈍感

女性は好きな相手や、嫌いな相手に対し無意識に何らかのサインや仕草を発しています。

それらの行動や仕草を見極め臨機応変に対応できるのがモテる男の共通点、逆に女性のサインを読み取れない男性は女性に嫌われる男の特徴です。

自分の悩み事を聞いてほしいだけの女性に対して無駄にアドバイスや、いらない助言をしてくる男性もNG!

面倒な女心をわかってくれるからこそ、その相手を好きになるものです。

女心のわからない鈍感男性は、もしかしたら気づかぬ間に職場で女性にセクハラじみたことをしている可能性もあるので女心を学びましょう。

マイナス思考

マイナス思考

自分に自身が無く常にマイナス思考・ネガティブ思考な男性というのも、女性に嫌われる男の共通点です。

マイナス思考の男性には、女々しい、卑屈になって情けないといった印象が強くなります。

職場でそんな男性がイライラしますし、女性というのはリードしてくれる男性が好きなものです。

なるべくネガティブワードを控え、嘘でも前向きな言葉を使うようにし、自信を持ってるように見せましょう。

職場だけでなく、友人と遊ぶときなどにも自信を持った行動を取るように心がければ自然と女性は寄ってくるようになります。

PR

話すと女性に嫌われる男の特徴はコレ!

嫌われる男の特徴

女性とお近づきになりたいなら、この人とお喋りしたいと思わせる言動をとることです。

職場でも女性に嫌われる、友人同士のグループでも女性に嫌われる男はもしかしたら話をするときにこんな姿を見せてしまっているのではないでしょうか?

自覚がない方は一度、友人に自分はこんな喋り方をしていないか確認してみるのもよさそうです。

モテる男の話し方にはある法則が!逆にモテない男の話し方とは?
人とコミュニケーションを取るには会話は不可欠。ところで、モテる男はどうして会話が面白くて聞きやすいのでしょうか?今回はモテる男の話し方にはどんな法則があるのか徹底解説します!これを読めば、明日からの女性との会話が弾むかも!?
 

上から目線の態度

上から目線

職場で上の立場だからって、プライベートでも女性に対して上から目線の態度を取っていませんか?

自信がなく弱々しくても女性に嫌われる男になってしまいますが、上から目線の男性はもっと女性に嫌われる男に認定されます

職場でも、プライベートでも一歩下がって、威張りすぎないように心がけてみましょう。

上から目線の言葉だけでなく、話をする時の立ち振る舞いや、手の仕草なんかも女性は意外と見ているものです。
自分の仕草の癖が相手に不快に思われていないか一度チェックしましょう。

いきなりタメ口

タメ口

親しき中にも礼儀あり。という言葉があるくらいです。

職場の上下関係ならまだしも、初対面でいきなりタメ口で話しかけられたら女性からしてみればドン引きです。

タメ口で話をしたいときには段階を踏むようにし、相手から許可を得てからタメ口を使うようにしましょう。

やたら自分の事ばかり話す

自慢話

会話を楽しみたい女性にとって、最初から最後まで自分の事ばかり話す男性は女性に嫌われる男の特徴としてあげられます。

普段あまり自分のことを語らない男性が、たまに自分のことを話すのはギャップとして◎

自分のことばかり話していると、自慢したがり、ナルシストと思われることもあるので要注意です。

話すのが苦手、自慢話しかないと言うのであれば聞き手に回るようにしましょう。

人の目を見て話せない

目を見ない

目と目を合わせて会話することは社会人として当たり前の行為です。

職場やプライベート問わず、人の目を見て話せない男性というのは、女性に嫌われる男の特徴です。

目線がとっ散らかった状態で話していても「この人は誰と話しているんだろう」「ちゃんと話を聞いているのか」と、不安にさせてしまいます。

それだけでなく、相手を嫌っているように見えてしまいますし、挙動不審です。

なるべく人の顔を見て会話するように気を付けてみましょう。

どうしても目を見て話すのが苦手という方は、相手の眉の間や、を見て喋るようにして克服してみてください。

悪ノリやいじりが激しい

飲み会

女性に嫌われる男の共通点として挙げられるのが悪ノリやいじりが激しいという男性です。

職場の飲み会や、大学のコンパなど場を盛り上げようと思ってやっているのであっても、いじられた相手が傷つくのであればそれはただのいじめです。

そのような行為を嫌いとする女性がほとんどなので控えるようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?
女性に嫌われる男の特徴をご紹介させていただきましたが、これでもほんの一部です。

少しでも思い当たりがある方は一つずつでも改善するように行動してみてください!

異性との出会いは待っていても絶対に始まりません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異性との出会いがないから諦めている。本当にこのまま出会いがあるまで待つつもりですか…?

異性との出会いは絶対に待っているだけでは見つかりません。そろそろ重い腰を上げて自分から新しい出会いを見つけてみませんか?

18歳未満は利用禁止ですが、今はインターネットの時代。コミュニティサイトですぐに新しい出会いを見つけちゃいましょう。

必ず年齢確認だけして利用して下さい。出会えた確率74.5%の有名なハッピーメールなら、あなたも必ず異性と出会えます。


すぐに出会いを見つける

あなたへのオススメ

コメントを残す

*