女性を虜にする方法や言葉とは?男なら女をメロメロにさせろ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の女性が色めき立つような男になりたい、意中の相手をメロメロにさせたい。

男性であれば一度はそんな心理になったことはあるはず。

ただ女性を虜にするなんて自分には…なんて皆さんそう思ってはいないでしょうか。

実は虜にするポイントさえ抑えれば、誰しもが女性を虜にできる可能性を秘めているのです。

そこでここでは女性を虜にする方法や言葉を紹介していきます。

「相手を褒めることから」

女性を虜にする方法として自分の良さをアピールして売り込むやり方、女性の心理からすれば実はそれほど効果的ではありません。

もちろん特別な経歴高収入はメロメロにさせる武器ともなりますが、自分のことばかりを鼻高々に見せびらかすように写ってしまう危険もあり、相手の女性が冷めてしまう事も考えられます。

それよりも、さりげなく相手の良いところを探して褒めるということ、いわば相手のアピールポイントを買うという事が女性を虜にする方法として効果的です。

ちょっとしたときでも「目がキレイ」「服装が似合っている」といったような、シンプルな褒め言葉に女性の誰もがいい気分になって、その快楽を求め少しずつあなたにメロメロになっていくのです。

もちろん、そこでわざとらしさが出てしまえば折角の言葉も台無し、いかにさりげなく相手の女性を褒めるかがカギになります。

PR

「女性から必要とされること」

よくテレビや映画で「俺にはお前しかいない」「お前が必要なんだ」のような言葉を耳にしたことはないでしょうか。

たしかに聞こえは格好良く思えますが、それはフィクションでの話。

現実ではそんな言葉は使用しない方がいいでしょう。

女性はより強い異性に惹かれやすいという心理的な特性があり、大勢の女性から求められている男性の方が魅力的に感じる傾向にあります。

そんな心理を考えると先述したような言葉は、自ら男性としてのレベルが低いと言っているような発言とも捉えかねません。

女性をメロメロにさせるには、男性が優位に立たなければなりません。

つまり男性が女性を必要とするのではなく、女性が男性を必要とする関係を作り出すことで、心理的に相手をメロメロにさせることが出来るということになります

デートで告白するのは何度目がベストなの?1回目?2回目?
女性と付き合うためには告白という二文字が付きまとうことになりますが、どのタイミングで告白するかで成功する確率も変わるもの。例えばデートで告白する場合は1回目?それとも2回目?告白するのは何度目のデートがいいのでしょうか?
付き合ってもすぐ別れる女は飽きるのが早い?冷めるのが早い?
付き合ってもすぐ別れる・長続きしない原因が男性であるあなただとばかり考えてはいませんか?実は女性のほうが飽きる・冷めるなど付き合ってもすぐ別れる特徴があるんですよ。男にはどうするこもできないその特徴をまとめました。

「居心地のいい包容力をもつ」

女性を虜にする方法に必要不可欠なのは「包容力」

女性は居心地のいい男性に依存しやすいという心理があるからです。

しかし、女性の言うことは何でもハイハイと聞いて、ただ相手を喜ばせればいいという簡単なものではありません。

それも行き過ぎればただの都合のいい男、女性を虜にする方法とは少し違います。

決して女性の言いなりになるのではなく、自分の考えを持ちつつ女性の考えを尊重できるような男性。

女性の立場や気持ちになって物事を考えられ、相手が話しやすいような聞き役でいられる。

また常に笑顔を絶やさず、女性だけでなく周囲の人にまで優しく接するような心のゆとりがある人、それが包容力というものなのです。

そんな大きな包容力があれば、どんな女性もあなたにメロメロになるはずです。

「女性を肯定してあげる」

「肯定すること」も女性を虜にする方法の1つとして挙げられます。

女性はそれが正しいか間違いかには関係なく、自分が言っている事に対して誰かに同調してほしいという心理を持っていることが多いのです。

その為、女性が思っている事に対して「肯定」をしてあげる、「よく分かるよ」「そうだよね」そんな言葉を投げ掛けてあげればOK。

そうする事で女性は「私の事を理解してくれる」と言う心理から男性へと好意を寄せ始め、いつかは女性をメロメロにさせることも出来るでしょう。

だからといって、相手の言葉にただ頷いてばかりという事も駄目です。

毎回同じような反応では、ちゃんと聞いてくれていないと相手が感じることもあります。

自分の見解も持ちつつ肯定してあげる事が女性を虜にする方法で、自分の事を認めてくれているのだと言う好意へと繋がっていくのです。

PR

「スマートなエスコートでメロメロにさせろ」

大抵の女性が例外なく、男性に大切にされたいという心理を持っています。

つまり、男性の特別な存在になりたいということです。

そういった心理を上手く利用するには気遣いを見せる事、つまりはエスコートしてあげることも女性を虜にさせる方法の一つとなります

行動と言葉で相手を優しく気遣いエスコートすることで、「私は特別な存在なんだ」という心理が芽生えます。

そうすると一緒に居たいという思いから、離れたくないほどにメロメロにさせることも出来るというもの。

女性を虜にする方法に特別なエスコートは必要としません。

ドアを開けてあげる、荷物を持ってあげる、寒くないかなど気遣いを見せる、躓かないようにと言葉を掛ける、そんな単純なもので大丈夫なのです。

反対に気を遣いすぎると相手は居心地の悪さを感じてしまい、一緒に居ても疲れてしまうと感じてしまいます。

大げさな事ではなく、日常生活の中でできる「さりげないエスコート」が女性を虜にする方法の秘訣、紳士的態度と優しさにメロメロになり易くなります。

キャバクラの種類とは?男性にキャバクラ行った事あるか聞いてみた
男性なら一度は経験してみたいキャバクラ遊び!でも料金システムが不安だし遊び方もわからない。そんなあなたのために!どんな人がキャバクラに行っているのかアンケート!キャバクラの種類についてまとめてみました!
女性を褒める言葉集!お世辞抜きで本当に喜ばれる誉め言葉とは
女性との恋愛をうまく発展させるためには誉め言葉はとても重要です。だけどお世辞と言われないような自然なフレーズって難しいですよね。そこで全国の女性への調査をもとに女性を褒める誉め言葉集を作ってみました!

「会話上手がメロメロの秘訣」

とりあえず女性と楽しく話しました、でもその後が進展していかない。

こういう場合は間違いなく、面白くない会話しか出来てなかったはずです。

女性側の心理としてはそんな男性にメロメロになるはずもなく、反対に愛想をつかしてしまうでしょう。

モテる男性が女性を虜にさせる方法として共通して持っているもの、それは会話を楽しませる巧さなのです。

でも自分は口下手だからという方もいるかと思いますが、そこはご安心ください。

重要なのは会話の得手不得手ではなく、なにを話すのかという内容に因るところが実は一番大きいのです。

自分のことばかり話をする男性や、反対に相手のことばかり聞いてしまう男性。

愚痴や不満ばかりの内容、また場違いな話題や汚い言葉遣いなど、そんな会話内容では女性が楽しめるはずもありませんよね。

細かい部分に目を配り話題と言葉を選んでいくことで、知らず知らずの内におのずと会話に弾みがついてきます。

そんな楽しい時間を提供することが出来れば、相手の女性は驚くほどあなたに依存してくることでしょう。

女性が告白!飲み会でガッカリした会話、キュンとした言動とは?
女の子との飲み会を成功させる必須テクニック!それすなわち会話を制すこと!だけど失敗経験がある男性もいると思います。そこで、女の子が飲み会の会話でガッカリしたこと、キュンとした男性の言動をアンケート調査してみました!
アゲマン女の意味や特徴とは?手相や人相、ほくろで判断が可能?
アゲマンの意味や、アゲマンと呼ばれる女性の特徴を性格・手相・人相などから紹介していきます。雰囲気やほくろの位置でも、アゲマンの素質があるか判断できるんです!素敵なアゲマン女性を手に入れたいと思っている男性は必見!

「女性を虜にする方法や言葉とは?まとめ」

いかがでしたでしょうか。

特別な行動や言葉の必要がないので、自分でもできると自信がついたのではないでしょうか。

具体的な女性を虜にする方法は、男性や相手の女性の環境によって変わりますので一概にはお伝え出来ませんが、上記女性を虜にさせる方法の中で自らが出来る事をしっかり実践すれば、ゆくゆくはあなたにメロメロになる女性が現れることも。

自分には無理…と諦めるのではなく、ぜひ自信をもって意中の相手をメロメロにさせてください。

異性との出会いは待っていても絶対に始まりません

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

異性との出会いがないから諦めている。本当にこのまま出会いがあるまで待つつもりですか…?

異性との出会いは絶対に待っているだけでは見つかりません。そろそろ重い腰を上げて自分から新しい出会いを見つけてみませんか?

18歳未満は利用禁止ですが、今はインターネットの時代。コミュニティサイトですぐに新しい出会いを見つけちゃいましょう。

必ず年齢確認だけして利用して下さい。出会えた確率74.5%の有名なハッピーメールなら、あなたも必ず異性と出会えます。


すぐに出会いを見つける

あなたへのオススメ

コメントを残す

*