電子タバコのVAPEの種類は?おすすめのベープリキッドも大公開!

ベープ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

突然ですが、喫煙者の皆さんは何を吸っていますか?

昔から馴染みのある紙巻タバコ?それとも、今話題のiQOS(アイコス)などの”加熱式タバコ”?

タバコには様々な種類がありますが、どれも有害性物質が含まれていると非喫煙者に煙たがられています。

あるお偉いさんが『受動喫煙ゼロ』を掲げていたりと喫煙者の居場所が次々となくなっていく中、
欧米で中心に普及している電子タバコVAEP(ベープ)なら有害性もないし許されるのではないか。という声がありました。

iQOS(アイコス)やglo(グロー)といったタバコも電力で加熱することから“電子タバコ”と呼ばれていたこともありましたが、実際は加熱式タバコという別物なのです。

それでは、電子タバコVAPE(ベープ)は何なのか、VAPE(ベープ)を買おうか悩んでいる人に向けて電子タバコVAPE(ベープ)の種類について詳しくご紹介します!

電子タバコVAPEはおすすめ!他の種類のタバコとの違い

ベープ

今、日本では紙巻きタバコだけでなく、3種類のタバコが愛煙家の嗜好品として使用されています。

よく目にし、昔から親しまれている“紙巻きタバコ”
最近使用者が増加しているiQOSやgloといったニコチンのみを摂取することができる“加熱式タバコ”
今回ご紹介したい、タール・ニコチンを含まない蒸気を楽しむ“電子タバコ”

この3種類は似ているようで本体のフォルムから、使い方、含まれている有害物質や、販売店舗まで全然違うんです。

まずはこの3種類について詳しく見ていきたいと思います。

PR

3種類のタバコの中で一番オススメなのは電子タバコベープ?

電子タバコ

この3種類のタバコを比べたときに一番注目したいのはやはり、タバコに含まれている有害性についてかと思います。

紙巻きタバコに含まれている主な有害性物質のタール・ニコチン・一酸化炭素は、
タバコの三大有害物質とも言われています。

タール…発がん性物質を持つ有害成分
ニコチン…タバコへの依存性の原因である神経に作用する有害性物質
一酸化炭素…不完全燃焼によって起こり、動脈硬化や酸欠症状を起こす有害性物質

三大有害物質は、それぞれ上記のような有害性を持っています。

タール・一酸化炭素は、喫煙者自身にも、副流煙による受動喫煙者にも大きな被害を与えている有害性物質です。

電子タバコであるVAPE(ベープ)と、従来の紙巻きタバコ、iQOS(アイコス)などの加熱式タバコの3種類のタバコにそのタバコの三大有害物質が含まれているかを表にまとめたものがこちら。

タバコ有害

このように表にすると、有害性物質違いは一目瞭然ですね。

タールや一酸化炭素は、タバコの葉と巻いている紙が燃えることによって発生する有害物質のため、紙巻きタバコには含まれていますが、iQOS(アイコス)などの加熱式タバコには含まれていません。

発がん性や、動脈硬化のリスクが高まるこの2種類の有害性物質が含まれていないので、iQOS(アイコス)は安全なタバコと言われているのです。

同様に、火を使わない電子タバコにももちろん、タールや一酸化炭素といった有害性物質は含まれていません。

人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル(VITAFUL)』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いも良い人気のビタフルを購入したい!という訳でどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!
ビタフルの充電式フレーバースティック発売!使い方、口コミは?
2017年は電子タバコで盛り上がった1年でしたが、その中でもニコチン・タールフリーの電子タバコで人気だったのがVITAFUL(ビタフル)だったのではないでしょうか。11月には充電式も登場し口コミで話題となっております。

おすすめの電子タバコVAPEはタバコとは違う種類の嗜好品

嗜好品

ニコチンのみを吸引することができる加熱式タバコは、ニコチンというタバコの三大有害物質の一つが含まれているためタバコであることに違いがありません。

しかし、電子タバコVAPE(ベープ)はタール・ニコチン・一酸化炭素の有害性物質が含まれていません
特に日本では、ニコチンが混入しているリキッドを販売・譲渡してはいけないという法律があり、電子タバコは味のついた水蒸気を楽しむための嗜好品といった感覚です。

電子タバコVAPE(ベープ)は、有害性物質が含まれていないためタバコ製品という種類に該当しないそうです。

VAPE(ベープ)は、味や香りのついたリキッドを電力で水蒸気化させて、その蒸気を吸って楽しんだり、リフレッシュする嗜好品という立ち位置で、タバコの様に、水蒸気の煙を吸って吐くという行為からタバコと名付けられているタバコとしては種類が違うモノです。

海外には、ニコチンの入ったリキッドが販売されているので、個人輸入という形であれば日本でも電子タバコVAPE(ベープ)をタバコとして使用することもできますが、面倒な手続きやその他の有害性物質が混入していないとは言い切れないのであまりおすすめできません。

電子タバコVAPEには種類が様々!おすすめはどれ?

煙

欧米を中心に大流行している電子タバコVAEP(ベープ)は、形や使い方など色んな種類のものが展開されています。

VAPE(ベープ)の楽しみ方としては、

・爆煙(大量の蒸気)を楽しむ
・リキッドの味や香りを楽しむ

といったものがあります。

VAPE(ベープ)の種類によっては、爆煙に特化したものや、香りを楽しむのに特化したものなどがあり、好みによって購入することができます。

種類や形状・使い方によって手入れや吸い方が変わってくるので、電子タバコVAEP(ベープ)の様々な種類と、おすすめ・人気のVAPE(ベープ)をご紹介します!

自分にあったタイプの電子タバコをぜひ見つけてみてください。

電子タバコベープを買う時はココを見るのがおすすめ!

電気とバッテリー

VAPE(ベープ)本体には大きく分けて『アトマイザー』『バッテリー』の2種類のパーツに分かれています。

そのため、初めてVAPEを購入する際には、
アトマイザーとバッテリーをそれぞれ購入して組み立てるもしくは、スターターキット(アトマイザーとバッテリーがセット)を購入する

という、2通りの方法があります。

アトマイザーとバッテリーをそれぞれで購入することで、自分好みのVAPE(ベープ)を作ることができますが、バッテリーの相性や、互換性が誤った組み合わせだと美味しくVAPE(ベープ)を味わえなかったり、正常に作動しない場合があります。

最初のうちは、アトマイザーとバッテリーがセットになって販売されているスターターキットを選んで購入するのがおすすめです。

人気のVAPE(ベープ)の殆どはスターターキットが販売されていますし、スターターキットであれば、購入してすぐに、正常な状態のVAPE(ベープ)を楽しむことができます。

電子タバコVAPEの種類は好みの形で選ぶ

電子タバコの種類

VAEP(ベープ)には、様々な形のものがあり、その種類を大きく分けると、

・ペン型
・ボックス型
・スティック型

の3種類に分けることができます。

PR

おすすめの電子タバコVAPEの種類:ペン型

ペン型

使用者が多く、最もポピュラーなタイプのペン型電子タバコは、コンパクトなサイズで持ち歩きしやすい、携帯に便利な一台です。

シンプルな機能性で操作も簡単なため、初心者にもおすすめ!リーズナブルな価格帯なので最初の一台に購入する方が多い種類のVAPE(ベープ)です。

上部のアトマイザーにリキッドを注入し、細くなっている部分を咥えて煙を吸い込みます。
ペン型の電子タバコの殆どが吸引している間ボタンを押す必要があります。

電子タバコのジェイピーvapor(ベポ)は危険って本当なの?
未来型電子タバコとして話題の『ジェイピーvepor』はフレーバーリキッドを楽しむ嗜好品として人気です。ネット上で電子タバコは害があるという話があるけど、JPベポも危険?ジェイピーveporの使い方や危険性、使用感までまとめてみました!
人気の電子タバコemiliに害は一切無し?おすすめのリキッドは?
今人気の電子タバコemili(エミリ)は、加熱式タバコのアイコスよりも害がないのでしょうか?注目すべきはリキッド!ニコチンやタールなどの有害物質を一切無くしたemiliのおすすめリキッドをご紹介。健康のために禁煙を考えている方は必見です!

おすすめの電子タバコVAPEの種類:ボックス型

ボックス

ボックス型のVAPE(ベープ)は、上級者向けの多機能性と、高性能を求めている方におすすめの電子タバコです。

他の電子タバコと比べると値段が張りますが、大容量のバッテリーと、煙の出力量・温度をコントロールすることができる多機能性が特徴的で、長く使えるVAPEを探している方におすすめできる一台です。

パーツの交換など、自分で改造することもでき拡張性が高いことからも人気があります。

おすすめの電子タバコVAPEの種類:スティック型

スティック型

近年、日本で流行っているのが、ペン型の電子タバコVAPE(ベープ)よりも、さらに小型化、軽量化されたスティック型のVAPE(ベープ)です。

スティック型の電子タバコは、他のVEAP(ベープ)と比べても価格帯が安く、購入しやすいのが特徴的です。

紙巻きタバコとさほど変わらない長さと、20g程度の軽さが特徴的なスティク型VAPE(ベープ)は、使い捨てタイプの物や、ビタミンを吸引することができるタイプなど、さらに嗜好品としての効果が高いVAPE(ベープ)が販売されています。

スティック型のVAPE(ベープ)は、リキッドを使用しないタイプのものが多く、使い捨て、もしくはカートリッジ式なので手入れがとっても簡単なので、ちょっとだけVAPE(ベープ)を試してみたい。という方にもおすすめです!

電子タバコのグローに発がん性物質?害や危険がないかを調べてみた!
アイコスには発がん性があるという噂がありましたが、もしかしてグローにも有害性があるのでしょうか?加熱式タバコの第三勢力とも言われているgloはiQOSと同じような構造をしているそうです。今回は危険性を交えながらグローについてご紹介します!
吸うビタミンVITAFULの禁煙効果とは?離脱症状は大丈夫?
新しい電子タバコVITAFUL(ビタフル)で禁煙ができるのでしょうか?ビタミンを吸う新しい電子タバコVITAFULですが、ニコチン0のため禁煙に利用する方もいるそうです。しかし本当に禁煙効果があるのか?離脱症状を防げるのか?調べました。

電子タバコVAPE用おすすめリキッドの種類をご紹介

リキッド

電子タバコVAPE(ベープ)を楽しむうえで、VAPE(ベープ)本体の次に重要なのがリキッドの種類です。

基本的にVAPE(ベープ)は、どの種類のリキッドでも使用することができます。
本体の相性は特にないといわれているので、好みの味を選んでみましょう。

スターターキットを購入する際についてくるリキッドの種類をそのまま継続して使用するのも、使用している電子タバコのメーカーが製造しているリキッドを使用するのもいいですが、リキッドの種類によっては、他の物より煙量が多くなったり、味を強く感じることができたりするので、好みのリキッドを探してみるのもおすすめです。

リキッドの種類はとても多く、複数のリキッドを合わせてオリジナルフレーバーを作ることも可能です。

リキッドの主な種類は、

・タバコ系
・ドリンク系
・フルーツ系
・デザート系
・清涼系

などがあり、禁煙目的の方は、タバコ系を選んだり、リフレッシュ目的でVAPEを嗜みたい方は清涼系やドリンク系など、気分に変えて味を変えて楽しむことができるのもVAPE(ベープ)の特徴です。

個人的にオススメのVAPE(ベープ)用リキッドをご紹介!

電子タバコVAPEのリキッド種類の選び方

電子タバコベープ

リキッドを購入する際に明記されている【PG】【VG】という成分の比率を確認するのが大切です。

PGの量が多い・・・味を濃く感じることができる
VGの量が多い・・・煙量が多くなる

煙量が多く欲しい!味や香りを楽しむVAPE(ベープ)がいいという方はPGが高いリキッドを、爆煙のVAPE(ベープ)が吸いたい!という方はVG量が高いリキッドを選ぶなど、好みによって選択することができるので、色々な種類のリキッドを試してみるのもVAPE(ベープ)の楽しみ方です。

電子タバコVAPE用リキッドオススメランキング No.1

カミカゼ

KAMIKAZE 『スーパーハードメンソール』

純国内生産として人気の電子タバコVAPE(ベープ)用リキッド”kamikaze”の中でも一番人気がスーパーハードメンソールという種類のリキッド。

目の覚めるような爽快感のある刺激と、禁煙中でも満足のできる味わいが人気の電子タバコVAPE(ベープ)用リキッドです。

メンソール系のVAPE(ベープ)リキッドを探している方には一度は試してもらいたいおすすめのフレーバー。

電子タバコVAPE用リキッドオススメランキング No.2

カテマラ

5 Coffees 『ガテマラ』

本物のコーヒー豆から抽出して作成された電子タバコVAPE(ベープ)用のリキッドを製造している”5Coffees”はコーヒー豆本来の味を楽しめるリキッドです。

中でも、フレッシュな果実のような甘酸っぱさと、すっきりとした苦みが特徴的なガテマラがおすすめです。

若干の酸味と深煎りのコクを楽しめるVAPE(ベープ)フレーバーです。

朝の一服や、休憩中のリフレッシュにもおすすめ。

電子タバコVAPE用リキッドオススメランキング No.3

ビソ

BI-SO 『タバコメンソール』

電子タバコVAPE(ベープ)用リキッドの国産ブランドとして人気の”BI‐SO”から出ている紙巻きタバコから電子タバコに移行中の方にもおすすめなのが、タバコメンソールです。

しっかりとしたタバコの苦みと、ほんのりとメンソールを加えたフレーバーが初心者にもおすすめできるVAPE(ベープ)用リキッドです。

メンソールが加えられたことによってタバコのようなのど越しを味わうことができます。

VAPE(ベープ)は煙を楽しむものです。
本体や、リキッドを変えるだけで変化する煙をぜひ楽しんでください。

あのJTも投資したプルームテックと同技術の電子タバコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数を占める、日本でも確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*