あなたの家は事故物件かも?『大島てる』で物件確認した事ある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一人暮らしをしていて、たま~に気になるのが、

住んでいるこの家が事故物件かどうか。

たま~に「パキッ!」ってラップ現象があるし、金縛りになったりするけど、賃貸するときに不動産の方は何も言っていなかったし・・・

そんなときに利用してほしいのが『大島てる』です。

「ふぁっ!!大島てる??人の名前??(°Д°≡°Д°)?」

今回の座間で起きた9遺体事件でも注目された大島てるですが、いったいどんな仕組みなのか調査してみました。

全国の事故物件を調べることができるサイトが『大島てる』

パソコンで調べて驚く

6畳の男部屋を女性にモテる部屋に変化させるおすすめインテリアとは
狭い部屋でもステキに見せることができるおすすめのインテリアと、コーディネートのテクニックをご紹介します。自分でも揃えることができるので、モテたい男性のみなさんは必見です!自慢できる部屋に変えると、生活も変わってくるかも!?
 

『大島てる』とは、2005年に作成された全国の事故物件を閲覧できるサイトです。

2011年からはユーザーが事故物件かどうかの情報を投稿できるようになり、現在でも年間1万件以上事故物件が追加されております。

大島てるは1日平均100万PVの閲覧があり不動産関係者も日頃からチェックを入れているサイトで全国津々浦々の情報を閲覧できるようになっております。

閲覧方法は、サイトを訪問すると、「Google Map」で日本地図が掲載されており、住所検索若しくは目的の場所へズームしていくと事故物件が閲覧できるようになっております。

事故物件場所は炎のマークで印されており、炎マークをクリックすると詳細を確認することができます。

例えば、あなたが住んでいる住所を検索したときに、炎のマークがあればその建物は事故物件で、なければ事故物件ではないということです。

PR

あの有名事件も直ぐに掲載される「大島てる」

逮捕

今回の座間9遺体の事件現場となったアパートも直ぐに事故物件として掲載されました。

また、過去大きくニュースになった事故物件も掲載されております。

もちろん、ニュースになった事故物件以外にも、火災によって亡くなった方がいる事故物件や自殺、自然死なども事故物件として掲載されております。

特に田舎の事故物件の場合は火災や自然死などが多く掲載されていますが、繁華街など人が多く集まる場所は変わった事故物件が多く掲載されております。

30代の独身男性で実家暮らしは高確率で結婚出来ないってマジ?
30代になった男性にとってそろそろ結婚の二文字に焦り出すことになるでしょう。そんな結婚したい30代独身男性ですが、女性にとって実家暮らしの30代独身男性はアウトのようです。なぜお一人暮らしは良くて実家暮らしが合うとなのか調査しました。
 

全ての事故物件情報が正しいとは言えない

家を調べる

ユーザー投稿は匿名でもできるため、信憑性の欠ける投稿も少なからずあります。そのため、投稿と合わせて「事実ではない」という削除要件も毎日上がっております。

「大島てる」では、削除要求のあった場合は一度情報を凍結し調査後に真実であると判断した場合再掲載しているようですが、どうしても情報にはタイムラグが発生してしまうため、新しい事故物件情報は真偽を自分で確かめることも必要となってくるでしょう。

とはいってもひとつのサイトで全国の事故物件を調べられることは、借りる側や購入する側のユーザーにとって利便性はとても高いものではないでしょうか?

私も過去10回ほど全国で引っ越しを行っており、今まで住んでいたマンションやアパートなどが事故物件であったかどうか調べてみたりもしました。(事故物件はありませんでした。)

特に、都心などは田舎と比べても圧倒的に事故物件が多いので、都心で働く一人暮らしの方などは一度確認してみるのも面白いと思いますよ。

PR

そもそも事故物件って何?

引っ越し物件探し

一人暮らしのワンルームでもモテる?モテ部屋をつくるコツとは?
女性を部屋に招き入れたいけど、こんなワンルームじゃモテ部屋じゃないし~(泣)って嘆いていても始まりません!まずは断捨離しモテるインテリアを購入し演出する方法を考えましょう!今回は一人暮らしの男性がモテ部屋へと変えるためのコツを紹介します!
 

事故物件とは、アパートやマンションを賃貸借契約をしたり、土地・建物を購入する不動産取引をする場合などに、その物件の本体や共有部分などで以前の居住者等が死亡したことがある物件が該当します。

しかし、死亡原因での明確な判断基準はなく、殺人や火災などの事件性の死亡事項だけでなく、事件性のない自殺や孤独死なども事故物件として該当するようです。

事故物件について不動産業者は告知をする事務があるようですが、告知をする年数や事故があった後に他の入居者があり特に瑕疵がなかった場合などは明確な告知義務がなくなってしまうため、あなたが一人暮らしをしようとマンションを探しているときに知らぬ間に事故物件に住んでいることもあり得るのです。

あなたの一人暮らしのマンション・アパートは本当に事故物件ではないですか?

一度、『大島てる』で確認してみてはいかがでしょうか?

あなたへのオススメ

コメントを残す

*