電子タバコは国際線と国内線で機内持ち込み可能?機内で吸える?

電子タバコ機内
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

電子タバコは機内持ち込み可能なのでしょうか?

先日、アイコスユーザーの友人が海外旅行へ出かけた際、アイコスを手放して紙巻きたばこを吸っており不思議に思って聞いたところ

『海外に持ってったら捨てられるからリスクを下げたい』とのこと…。

紙タバコは機内持ち込みすることが可能だったはずですが、電子タバコは機内持ち込みはできないのでしょうか?

国際線と国内線で機内持ち込みの規定が違うのか、もしかしたら、電子タバコは周りに有害性がないから機内で吸えるなんてことがあったりするのか調べてみました。
※ここでは、電子タバコと加熱式タバコを一律して『電子タバコ』と書いています。

※2018/09/19最新の情報に更新

今はアイコス互換機が熱い!

電子タバコ・加熱式タバコなど機器(デバイス)を使用したタバコが人気ですが、国内線・国際線とでは持ち運びに対して大きく違いがあるようです。

その詳細はこの下から見ていくとして、もし持ち運びできるならできるだけコンパクトなほうがいいと考えるのは誰しもが思うこと。

アイコス互換機である【アイスモーク】わずか30gの大きさで連続吸いができるデバイスなんです!

つまり、アイコスで言えばチャージャーいらずのホルダーだけで13本連続吸いができてしまうってことになります。

純正以上の使い勝手の良さは2018年人気No,1のアイコス互換機になっています。

アイコスを今すぐ捨てて「アイコス互換機」を持った方がいい理由
アイコスには有害性がある?何かと使い勝手の悪いアイコスに今変わって人気なのが、アイコスの上位互換機『アイスモーク』です。アイスモークを使ったらもうアイコスには戻れないとまで言われているアイスモークの威力を一挙公開!
iSMOKEの評判まとめ!アイコス互換機の中でもおすすめな理由
今、加熱式タバコで使用するタバコスティックを使用して喫煙することが出来る互換機が人気なんです!今回はアイコスの互換機の中でも、おしゃれで連続喫煙が可能なiSMOKEの評判やおすすめポイントをまとめました。

電子タバコの機内持ち込みは可能?

悩む
PR

愛煙家にとって機内や、旅行先にタバコを持っていけるのかどうか重大な問題になってきますよね。

電子タバコは火を使わず、電熱で煙を吸引します。

匂いや煙の発生が抑えられている為、喫煙者本人にも、周囲にも有害性が少ないものです。

しかし、電子タバコに有害性が無くてもタバコと同類として捉えられていることが多く、禁煙となっているところでは使用ができないとされています。

では、電子タバコは機内持ち込み及び、使うことができないのでしょうか?

国内線での電子タバコ機内持ち込み

国内線ターミナル

国際線での電子タバコ機内持ち込みはできます!

搭乗前の保安検査でも、電子タバコを持っていたことで搭乗できなかったなんてこともなく、電子タバコであると説明すれば問題なく搭乗することができます。

特に特別な検査もなく搭乗することが可能なので、神経質にならなくて大丈夫です。

国際線での電子タバコ機内持ち込み

国際線

国内線では電子タバコの機内持ち込みが可能ですが、国際線では話が変わってきます。

電子タバコの規制が国によって違うため、国によって電子タバコを持つことによって罰せられるという可能性もあります。

機内持ち込みをできたとしても、行く先の国の検問所で廃棄させられる可能性があるので、移動先の国の電子タバコの規制がどうなっているのか事前に調べておくことが重要です。

【2018年10月】銘柄別タバコ値上げ価格一覧まとめ!
2018年の10月にタバコ税が改定。増税に合わせてタバコ事態の価格も銘柄によっては変わってくるそうです。さらに!加熱式タバコの筆頭アイコスまでもが値上がり決定!?2018年のタバコ値上げの銘柄一覧をまとめてみました。
加熱式タバコも値上げ(増税)決定!価格はいくらになるの?
2018年10月にタバコが値上がりするのはご存知でしょうか?その勢いで日本3大加熱式タバコのアイコス・グロー・プルームテックも値上げされてしまいます…。この記事では加熱式タバコの増税後の価格がいくらなのかまとめています

電子タバコは機内で吸える!

機内持ち込み

なんてことはありません。

電子タバコといえど、紙巻きたばこと同等に扱われているので、基本的に国際線でも国内線でも吸えるということはありません。

もちろん、トイレの中にも煙検知器や火災報知器がついているので絶対に吸わないようにしてください。

国内線内で電子タバコは吸える?

国際線機内

日本では、様々な航空会社がありますが、国内線でも国際線でもほとんどの機内で電子タバコの機内使用を禁止しています。

匂いや害が少ないとしても、周囲に不快な思いをさせる恐れがあることと、機内でタバコを吸っていると誤解されてしまうため、基本的にはタバコ同様喫煙禁止となっています。

国際線内で電子タバコは吸える?

国際線機内

国際線も、国内線同様で機内で吸えるということはありません。

また、ターミナル内でも吸えるスペースは限られているので、事前に確認しておくようにしましょう。

喫煙所の位置が搭乗口から遠く喫煙できない、搭乗に間に合わない可能性も考えて行動するように心がけてください。

PR

電子タバコは預けることができないって本当?

お断り

電子タバコは原則機内持ち込み可能ですが、荷物と一緒に預けることができないことを知っていましたか?

一般的な紙巻きたばこは、荷物として預けることがでますが、電子タバコや加熱式タバコは、預け荷物の中で誤って作動し、電熱線が発火・発熱する可能性があるため、預けることができません。

必ず、手荷物として機内持ち込みを行うようにしましょう。

リキッド式電子タバコ機内持ち込みの注意点

注意点

リキッド式の電子タバコを手荷物として機内持ち込みをする場合には、リキッドが漏れないようにすることが大切です。

また、ショートしないように購入時の小売り容器に収納、もしくはむき出しの端末をテープで保護など、バッテリーを絶縁するようにしましょう。

機内で電子タバコを充電する行為は禁止されているのでご注意を。

使い捨て電子タバコも人気

日本で広まっている電子タバコの種類として、アイコスをはじめとする加熱式タバコ、リキッドを注入水蒸気化させ吸うVAPE、そして使い捨ての『C-tec』などがあります。

主に電子タバコといえば、VAPEが該当するのですが、このC-tecは使い勝手が楽なことで人気なんですよ。

1回の充電で約400回吸引することができ、火もリキッドも必要なく買って直ぐに使用することができます

見た目もおしゃれなので、試しに購入してみたいですね!

シーテック(C-Tec)の販売店で一番安く購入出来るのは公式?
話題の電子タバコ、シーテック(C-tec)。今回の記事では、シーテック(C-tec)に今まで触れた事がない、詳しくないという方の為に、シーテック(C-tec)の魅力をご紹介します!販売店の中で一番安く購入できるのはどこ?
シーテック(C-Tec)の味でおすすめなのは?一覧でまとめてみた
電子タバコのシーテック(C-Tec)には魅力的なフレーバーが7種類もあるんです!充電式電子タバコなのにこのラインナップの多さは嬉しい所。そこでこの記事ではシーテック(C-Tec)のおすすめの味について一覧でご紹介します!

ニコチンガムならOK

乗務員

紙巻きたばこ・電子タバコの機内持ち込みはできますが、吸えるということはありません。

しかし、ニコチンガムの使用はできます。

国内線ならまだしも、国際線だと1日中搭乗し続けることもあるので、喫煙できない状況でのイライラや集中困難といった症状を緩和するためにも、どうしてもタバコを吸いたくなった時のために、ニコチンガムをぽっけに忍ばせておくのも一つの手です。

水素を吸う電子タバコKENCOS(ケンコス)の効果・口コミ・評判
電子タバコなのに水素が吸えるという新しい機器、ケンコス。これはいったい何なのでしょうか?健康にいい効果があるなんて言われているケンコスの口コミや評判を調査!タバコはもう古い?これからは水素が吸えるケンコスが主流!
海外へのタバコの持ち込み制限とは?免税されるのはワンカートン?
海外へのタバコ持ち込みに制限はある?国や乗る飛行機による制限の違いを調査してみました!タバコを海外に持っていくなら免税店での購入がおすすめらしいですが、その理由とは?海外旅行へ行く予定の喫煙者さん必見です!

まとめ|電子タバコは国際線と国内線で機内持ち込み可能?

いかがでしたでしょうか?

愛煙家なら気になる国内線、国際線でタバコを吸えるのかどうか、機内持ち込みができるのかどうかという点を詳しくご紹介させていただきました。

折角の海外旅行で電子タバコを失うことがないように、事前に確認しておくことが大切です。
また、航空機トラブルにならないよう、搭乗中は決して喫煙しないようにしましょう。

多額の賠償金を請求され旅行が最悪の思い出にならないように気を付けてくださいね。

あのJTも投資したプルームテックと同技術の電子タバコ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数を占める、日本でも確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*