男の厄年の年齢と厄払いをする時期、タイミングはいつがいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは「厄年」についてどんなイメージをお持ちですか?

厄年はなにか不吉な予感がする、悪い事が起きるといった印象が強いのではないでしょうか?

実際に厄年に悪い事が起きてしまう方もいるようですので、ここでは男の厄年に関する情報や厄払いについてまとめていきたいと思います。

そもそも厄年ってなに?

そもそも厄年ってどんな年の事?

厄年(やくどし)は、厄災が多く起こると言われている年齢のことで、科学的な根拠はないものの、昔から根強く信じられている日本の風習です。

平安時代にはすでにあったようで、この厄年になるとなにかしら悪い事が起きたり、前厄・後厄などでも何かが起こると言われています。

PR

男の厄年・大厄の年齢は?

厄年・大厄

男の厄年の年齢についてですが、男の場合は数え年で25歳・42歳・61歳としていますが、特に42歳が大厄と言われる年齢で、自分に災難な出来事が起こる可能性が非常に高く、注意するべき年齢であります。

また、厄年・大厄だけでなく、それらの年の前後にも前厄・後厄があり、この前後の年も注意する必要があると言われています

参考までに以下が男の厄年の参考表です。

前厄 本厄 後厄
24歳 25歳 26歳
41歳 42歳 43歳
60歳 61歳 62歳

男の後厄とは一体いつまで続くもの?お祓いや厄払いは不必要?
男性の後厄情報について。後厄とは本厄の1年後の年で、気が緩みやすく、油断しやすい年となるので注意が必要です。後厄でも油断しない事が大切ででしっかりと気を引き締めましょう。ここでは後厄の不安解消の為になる情報をご紹介。
 

厄払いをする必要性は?

厄払いをする必要性

結論から申しますと男・女関係なしに、無理に厄払いする必要性は無いと思います。

前述している通り、厄年に関して科学的根拠やその他の根拠が明確になっているわけではありません。

結局のところ迷信・風習と言ってしまえばそれまでです。

男の場合、25歳・42歳・61歳になってもなにも起こらない方もいれば、その前後の年を含めてとにかく自分にとって災難が続いてしまうという方もいます。

しかし、強要されていないとは言え厄年というだけで不安を感じたり精神的にネガティブになってしまう方も多いですし、実際になにかあってからでは遅いので、一応厄払いはしたほうが良いのではないかと思います。

また、厄年を全く信じていない方は厄払いや厄除けをする必要は無いと思いますし、そもそも厄年を把握していない方も意外と多いです。

少し話がゴチャゴチャになってしまいましたが、必要性と言われると難しいところでもありますが、厄払い・厄除けはできるならばやっておくべき事だと言えるでしょう。

厄払いの方法や時期は?

厄払いについて少しずつ理解できてきたところで、実際に行こうと思っている方はどのタイミングで行けば良いの?と思っていることでしょう。

果たして厄払いに時期やタイミングは関係あるのか?こちらも調べてみましたのでぜひ参考にしてみてください。

・年始から節分までの時期

・元旦から大みそかまでの時期

・新年明けてから早々に...etc

と、いろんな情報サイトを参考にしてみましたが、だいたいは元旦から節分までの時期という意見が多かったですね。

時期はあまり指定がされていないみたいですが、年明けから半年経っていたり年末にいってもあまり厄除け・厄払いの効果も期待できなそうなので、できる限り年明けのタイミングで行くようにしましょう。

参考までに、厄年の方は、元旦の初詣と同じタイミングで厄払いする方も多いみたいですね。

PR

全国の厄払いで有名な神社

厄払いで有名な神社

という事で男の厄年に関して、やっぱり厄除けはやっておきたいという方のために、全国の厄除け神社を紹介しておきましょう。

なかなか遠方で行きにくという方もいるので、近くの神社で済ませてしまう方も多いかもしれませんが、厄除けでも有名な神社を紹介したいと思いますので、行ける方はぜひ厄払いにいっておきましょう。

【関東地域】

・千葉神社・寒川神社・西新井大師・川崎大師・観福寺大師堂・佐野厄除け大師・青柳大師・川越大師・目黒不動尊・千葉厄除け不動尊・飛不動尊・妙法寺...etc


【東海地域】

・法多山尊永寺・国府宮神社・三嶋大社...etc


【近畿地域】

・石清水八幡宮・八坂神社・平安神宮・清荒神清澄寺・門戸厄神東光寺・大聖観音寺・多井畑厄除八幡宮・立木山寺・信貴山千手院・鷲峰山金胎寺・松尾寺...etc


【中国地域】

・由加山・和気神社...etc


【四国地域】

・薬王寺・遍照院・弥谷寺...etc


【九州地域】

・若八幡宮(厄八幡)...etc

男の前厄とは一体いつ?厄年でもないのに厄払いやお祓いは必要?
男性の前厄に関する情報をご紹介。前厄とは?自分の前厄はいつ?お祓いや厄払いはどこですれば良いの?など厄年の気になる情報をまとめています。2018年・2019年・2020年の早見表や六曜との関係などに関してもご紹介。
 

厄年にやってはいけない事

厄年NG

厄年になると皆さんいろんなことを気にしてしまいますよね?

もちろん、本厄だけでなく前厄・後厄も注意が必要ですが、では 実際に厄年になったとして、どんな事に注意しておくべきなのでしょうか?

男が厄年にやってはいけない事、又は注意しておくべき事をまとめてみましたので、今年が厄年。今年が前厄。今年が後厄という方はぜひ参考にして、以下の事に注意して行動するようにしておきましょう。

・新しい事に挑戦する。

・新しい仕事を始める。転職する。事業をする。

・家を建てる。マンションを購入する。引っ越し。

・結婚。

・健康に気を付ける。

などなど、パッと見た感じだととにかく新しい事にチャレンジしたり、環境の変化には気を付けたほうが良さそうですね。

気にしないと言えばそれまでですが、実際に厄年にこれらの事をした方で、不幸な出来事が起きてしまった方がいたり、体調を悪くしたり病気にかかってしまったという方も多いようなので、注意しておきましょう。

厄年の過ごし方

厄年の過ごし方

厄年だからと言ってなにもしないで1年間を過ごすのは非常に難しい事です。

ニートでもない限りなにもしないというのはほとんど不可能に近いでしょう。

ですが、厄年と言えど1年間ではいろんな事が起こります。新しい出会い・チャンレジ・きっかけはいつ来るかわかりません。その時に厄年だからといって逃してしまってはその後の人生にも大きく影響する可能性があります。

なので、新しい事をチャンレジするなとまでは言いませんが、何事にもいつも以上に注意を払ったり、健康面を意識して人間ドックを受けたり、早めに厄払いして気持ち的にもスッキリした状況を作っておくことが大切です。

特に自分の身体は1つしかありません。自分が体調を崩したりすることで迷惑をかけたり、心配をかける事もあるでしょう。

思い切って厄年を良い方向に考え、人生の分岐点、健康の見直しなど、ポジティブシンキングで普段は気にしないような事にも慎重になって考えてみるのも1つの過ごし方です。

健康診断や厄払いなどは早めに済ませて、1日1日を大切に過ごすように心がけてみましょう。

意外と知らない「数え年」について

数え年

さて、男の厄年についてはだいぶ理解が深まり、自分の考え方も少しずつ整理されてきたのではないでしょうか?

ここで、意外と知らない数え年に関する情報も紹介しておきたいと思います。

「数え年?なにそれ?」と思う方も多いと思います。

誕生日から大晦日までの期間は「満年齢+1」、それ以外の期間は「満年齢+2」で計算する。

なお「数え年」の加算日は神社によって異なり、グレゴリオ暦(新暦)1月1日とするもの、立春の日(通常は2月4日[3])とするものがある。

Wikipedia参照

このように、少しわかりにくいですが、数え年とは、今現在の自分の年齢とは異なります。

生まれた年を1歳として考え、その後、年が明けるたびに1歳を加えた年齢の事です。前述してる通り、加算日に関しては神社によっても異なるみたいですね。なかなか昔の風習と言うのはわかりにくいものです。

厄払いはやっておこう

いかがでしたか?

男の厄年について紹介させて頂きましたが、厄年に対する考え方は変わりましたか?

今まで気にしていなかったのであれば、そこまで気にする必要もないかと思いますが、それでも意外と厄年を気にする男性は多いです。

不安要素を振り払うためにも、しっかりと厄払いをしてから1年間を過ごすようにしてみてはいかがでしょうか。

あなたの家は事故物件かも?『大島てる』で物件確認した事ある?
一人暮らしの男性がたま~に気になるのが「このマンションが事故物件かどうか」。不動産業者は特に何も言ってなかったけど、過去どうだったかは気になるところ。そういった時には全国の事故物件が掲載されている『大島てる』で検索して確認してみましょう。
 
あなたへのオススメ

コメントを残す

*