【イライラMAX】簡単に嫌な事を忘れる方法なんて存在するの?

ハゲに悩む男性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

嫌な事って脳に記憶されてなかなか忘れられないですよね。

忘れようとすればするほど頭の中に残ってしまい、イライラがMAXに┗(`皿´)┛コノォ—

やがてはトラウマになり、ネガティブになってしまったり長引くとその後の生活にも影響したり。。。

簡単に嫌なことを忘れる方法があればイライラもせずストレスなく対応できるのに・・・

そんな対処法見つけてきました。

そもそも嫌な事は忘れにくい

悩む男性
PR

そもそも脳は嫌な事を忘れにくいつくりとなっております。

例えば、食べ物です。好き嫌いがある人も多いでしょう。また。辛いものや甘いものなど好みも人によって異なります。

それは脳が味を記憶しているから。

もし嫌いな記憶が直ぐに忘れてしまう脳であったら、ピーマンが嫌いな事を忘れて毎日ピーマンを食べては不味い思いをすることを繰り返すことになります。そんなことしてたら、ヾ(-д-;)ぉぃぉぃって周りから思われることになってしまうでしょう。

嫌いな食べ物って何年も昔から食べていないよって言われる方も多いのでは?

人は自分を自信を守るために痛みを感じ毒があるものを口にせず吐き出したりと防御本能が起こります。

嫌いな事も脳が同じ過ちを繰り返さない対処法としてあえて忘れないようになっているのです。

失敗を経験し成長する。

それも脳が嫌なことを忘れることをしないようにしているからですよ。

お酒を飲んで記憶をなくす女にろくな人間がいない件について
お酒を飲んで記憶をなくす女にはろくな女がいません。ここでは、お酒を飲み過ぎて記憶をなくした女との体験談、女側の体験談、その他、お酒で記憶をなくす原因やブラックアウトについてご紹介。クールな男を目指しましょう。
 

嫌なことを忘れる方法

可愛い女性

とはいえ、嫌な事はできるだけ忘れたいですよね。

些細な事になるほど気になってしまいイライラしてしまったりもします。

忘れようといろいろと考えるほど深みにハマったり、後悔の念が駆られてより嫌な事の気持ちが増大してしまう。

簡単な対処法があればいいんですけどね。

対応策を考える

ハートプレゼント

嫌な事が起こったときの対応策を考えましょう。

要は記憶の上書きです。

最後が悪い事で終わってしまったのでその事象を嫌な事という記憶で終わってしまっているのです。

例えば失恋。

失恋が引きずるには、今現在失恋した状態が続いているから。新しい恋に走り出会いがあれば過去の失恋も忘れることが多いです。

それは新しい恋のいい思い出によって過去の失恋が上書きされたからです。

全ての失恋の記憶を忘れていなくても、「あの失恋もいい思い出だなぁ」と記憶が嫌な事から嫌ではない記憶に変わったりもします。

新しく上書きする対応策を考えましょう。

記憶を変えてしまう

マッスルドクター

記憶を変えてしまう方法も対応策と一緒で記憶の上書き方法となります。

ただ、新しく実現させた記憶ではなく、偽の記憶に変えてしまうという方法です。

例えば、人前で恥ずかしいミスをしてしまった。

そのミスした人を別の人(身近な人よりも芸人などがよいです。)にすり替えて自分は第三者としてその現場を見ている(テレビをみているなど)に置き換えてみましょう。

そうすることで思い出す度に芸人の顔を思い浮かぶ。嫌な事なんかプッて笑ってしまうような記憶になりますよ。

忙しい環境を作り出す

徹夜男性

忙しい環境を作り出して、嫌な事を思い出させる暇をなくすことも嫌な事を忘れる方法としては有名ではないでしょうか。

一度に記憶できる量はある程度決まっております。どれだけ賢い方でも程度はあります。

常に別の事を考えなければいいけない状況を作り出すことで嫌な記憶は少しずつ脳から離れていきます。

忙しいとは”心を亡くす”と書きます。心を亡くすほど没頭すれば嫌な事なんて簡単に忘れることでしょう。

スポーツで発散する

スポーツ後爆睡

脳ばかりでなく、体も使うことで記憶の分散とリフレッシュをすることが可能となり嫌な事を忘れる対処法となります。

体を動かすには脳が考え行動しなければなりません。集中することで新しい自分の発見にもなります。

スポーツをネガティブにやる方はいないと思います。気持ちもポジティブになり、過去の嫌なことを吹き飛ばす、肉体の疲労が睡眠を誘発させ、夜眠れないイライラも解消させてくれることでしょう。

インナーマッスルとは?肩から腹筋にかけて体幹の効果的な鍛え方
インナーマッスルとは?筋トレや体感トレーニングを効果的に実践する方法をご紹介。インナーマッスルやアウターマッスルに関する基本的な情報や、体幹を鍛えるメリット、腹筋を割るためにオススメの方法などもまとめています。体を鍛えて女にモテたい、自信をつけたい男性必見です。肩や腹筋のインナーマッスルを効率よ...
 
PR

嫌な事を単純化させる

どうでしょう

嫌な事を思い出してしまうとき、

「あのときあぁすればよかった」「〇〇ちゃんはどう思っているのかな?」

など、現実を受け止めきれず悩んでしまうことで忘れられない事も多いです。

そんなときは嫌な記憶を単純化させて悩みを残さないようにしましょう。

「そういう出来事があった」という記憶だけを機械的に残すことで考えることをやめる。

後悔先に立たずという言葉があるように、次はミスをしないことだけにし、過ぎ去った事は考えないようにしましょう。

脳が緊張しているから忘れられない

禿げ頭

嫌なことを忘れないということは脳が常にその事象について緊張してしまっているからです。

脳の緊張をほぐしてあげることを行えば、記憶は残ったとしても嫌な事に抵抗を持たず受け止めることができるはずです。

今回紹介した嫌な事を忘れる方法も、そんな脳の緊張をほぐすための対処法だといえるでしょう。

誰かに相談する

机で相談する男性

独りで考えるほど嫌な事は忘れることができず残ってしまいます。

それは、最善な対処法が決めきれないことと、自分が一番の被害者だと思ってしまうからです。

誰かに相談することで、嫌な事のレベルを判断することができます。

「なんだそんな事か」と思えれば大したことではなくなりますし、対処法を相談相手が教えてくれることもあるでしょう。

また、口にすることでスッキリして思ったよりも簡単に忘れることもありますよ。

男の厄年の年齢と厄払いをする時期、タイミングはいつがいい?
男の厄年に関する情報をご紹介。厄年は人生で3回ほどあり、昔ながらの風習ではありますが、意外と厄年になると災難が訪れたり、病にかかってしまう方も多いです。ここでは厄払いの時期・タイミング・年齢・数え年などについてご紹介。
 

意識するなと思っても意識してしまう嫌な事

悩む女性

今回は嫌な事を忘れる方法、イライラ解消をする対処法などをまとめました。

まずは、嫌な事をしっかりと受け止めること。

どうにかしようと逃げることを考えるとより脳が緊張し忘れることができずイライラしてしまうことになってしまいます。

脳の緊張をほぐすために、記憶の上書きを行ったり、脳をリフレッシュさせたり、記憶を機械化させたりと、脳が休んでもよい状況を作り出すことが対処法だといえます。

それとは逆に脳を別の事で緊張させるために仕事を忙しくさせたりとすることも一番簡単な方法ともいえます。

考えれば考えるほど嫌な事は忘れないので、独りで考えることもできるだけ止めるようにしましょうね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*