風邪に効くおすすめの栄養ドリンクは?風邪薬との併用も可能?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いたときにって効くの?

ここでは、栄養ドリンクと風邪薬の併用に関してや、風邪を引いたときに飲む栄養ドリンクについてご紹介!

オススメの栄養ドリンクや、疲れた時にはこれ一本!というような商品をまとめていきます。

滋養強壮や肉体的な疲労回復にも効果的なので、ぜひご参照ください。

風邪を引いたら、無理せずに体を休める事も大切です。

風邪に効く栄養ドリンクってある?

風邪に効く栄養ドリンク

風邪を引いたときって、体が怠くなったり、肉体的な疲労を一気に感じたりしますよね?

そんな時に効果的だと言われているのが栄養ドリンクです。

あまり栄養ドリンクに頼りたくないという方もいると思いますが、意外と栄養ドリンクには風邪に効果的な成分が含まれている事もあるのでオススメです。

ただし、むやみやたらに栄養ドリンクを飲んでも効果がでないので、風邪の症状や病中病後の肉体疲労に適した栄養ドリンクを飲むことがポイント。

という事で、まずは風邪を引いたときにオススメの栄養ドリンクをご紹介!

・ゼナシリーズ

・ユンケルシリーズ

・リゲインシリーズ

などがあります。

栄養ドリンクはこれ以外にもたくさんの種類があり、肉体疲労・疲労回復・滋養強壮・病中病後などに効果的な製品も多いです。

風邪を引いた時の食欲不振や栄養不足にもオススメです。

PR

風邪薬と栄養ドリンクの併用は可能?

風邪薬と栄養ドリンク

風邪薬と栄養ドリンクの併用には注意が必要です。

「風邪を引いたから栄養ドリンクで体力をつけないと」という方もいますが、これにはリスクを伴います。

必ずしもリスクがあるのかというとそうでもありませんが、風邪薬と栄養ドリンクは相性が悪いものもありますので、注意が必要という事です。

栄養ドリンクの多くにはアルコールやカフェインなどの成分が含まれています。

これらは、風邪薬とは相性が良いとは言えない成分なので、併用する事によって風邪薬の副作用が出やすくなったり、副作用以外にも体調を悪くしてしまう恐れがあります。

前項で紹介した栄養ドリンクの類も、風邪薬と併用でなければ飲んでも問題ありませんが、併用するとなると話は別なので、気を付けましょう。

ただし、栄養ドリンクの種類によっては風邪薬とも併用できて、体力の回復を促す製品もありますので、風邪薬を処方してもらった際に薬剤師さんに聞いてみると良いでしょう。

知っておくべき栄養ドリンク情報

栄養ドリンク情報

栄養ドリンクは風邪を引いていない時であれば、特に問題なく飲むことができますし、それなりに効果も期待できます。

ただし、栄養ドリンクと言えど、カフェイン・ビタミン・タウリン・植物エキスなどたくさんの成分が配合されています。

比較的、体が健康的な方が飲む分にはあまり問題はないと思いますが、持病を患っていたり、極端に体調が優れない場合には積極的に飲まないほうが良いかもしれません。

という事で、栄養ドリンクに関する注意点もまとめてみましたので、こちらも参考までにご覧ください。

栄養ドリンクの飲むタイミングは?効果的な時間帯と飲み方を検証
疲れた時や風邪気味のとき、精力を出したい時など栄養ドリンクって重宝しますよね。当たり前のように飲んでいる栄養ドリンクですが、飲むタイミングがあるって知ってました?今回は万能ドリンクの栄養ドリンクの効果的な飲み方や時間帯を検証しております。
ゼナを飲むタイミングはいつが効果的?本当に風邪に効くの?
ゼナの製品情報・特徴・成分・効果効能・飲むタイミング・種類についてご紹介。ゼナシリーズは大正製薬が販売元の栄養ドリンクで、滋養強壮・肉体疲労など体の疲れを癒したり、風邪や熱が出た際の体力低下などに対して効果的です。

カフェインの過剰摂取は注意

前述した通り、栄養ドリンクにはカフェインが含まれている事が多いです。

カフェインは程よい覚醒作用があり、目を覚ましたり、脳を活性化させるような働きがあります。

なので、仕事で集中したい時や重要な用事や行事がある際に飲むという方も多いのですが、カフェインの摂りすぎは体によくありません!

実際に、栄養ドリンクを摂取し過ぎたり、カフェインが含まれているエナジードリンクを過剰摂取したことで、死亡したというケースもあります。

それほどカフェイン中毒は危険なので、1日に何本も飲むことがないように注意してください。

アルコールとの併用について

アルコールとの併用

アルコールとの併用にも注意が必要です。

最近はあまり見かけなくなっていますが、居酒屋さんでエナジードリンクのカクテルや焼酎割を取り扱っているお店もあります。

栄養ドリンクにはアルコールやカフェインが含まれている事はご理解頂けたかと思いますが、お酒にはもちろんの事アルコールが含まれています。

なので、エナジードリンクや栄養ドリンクでお酒を割っている場合、アルコールの摂取量もそれなりに高くなりますので、注意が必要です。

また、栄養ドリンクに含まれているカフェインは、自分が酔っている事を感じにくくさせてしまう作用もあるので、いつもよりハイペースで飲み過ぎてしまうという事も考えられるのです。

成分や効果効能が大切

栄養ドリンク類に含まれている成分はある程度同じですが、製品によっては異なります

まずベースとしてビタミン類やカフェイン、アルコールなどが含まれています。それに加えて植物エキス、生薬、タウリンやその他の成分が豊富に含まれています。

もし、皆さんが持病や療養中で薬を飲んでいる場合、栄養ドリンクと言えど、含まれている成分によっては併用する際にリスクが伴いますので、注意しておきましょう。

風邪薬に限らず、医薬品類との併用はできる限り避けるようにしましょう!

PR

1日に何本も飲むと危険

栄養ドリンクはジュースではありません!

気軽に何本も飲むことは推奨されていませんので、疲れが溜まっているとは言え、一日何本も飲まないように気を付けましょう。

特にカフェイン入りの栄養ドリンクを飲み過ぎるのだけは避けてくださいね。

もちろん、製品によっては1日に2本まで、3本までと決まっているものもありますので、用量・用法を事前に確認してください。

オススメの栄養ドリンクはどれ?

オススメの栄養ドリンク

オススメの栄養ドリンクと言っても人によって使用用途が異なりますので、一概にコレ!と言ったオススメの栄養ドリンクを提示するのは難しいです。

結局のところ、栄養ドリンクを飲んだからと言って必ずしも体調が優れるか?と言ったらそうでもありません!

半ば気休め程度にしかならない事もあります。

なので、使用用途別に適した栄養ドリンクを紹介していきたいと思います。

ユンケルを飲むタイミングはいつ?効果と種類をまとめてみた
ユンケルの製品情報・特徴・成分・効果効能・飲むタイミング・種類についてご紹介。種類も豊富でそれぞれ異なる使用用途で、異なる成分を含んでいるのを特徴として、肉体疲労や滋養強壮・栄養補充などには十分な効果が期待できます。
朝仕事に行きたくない・やる気が出ない男子にオススメの対処法
仕事に行きたくない時や仕事に対するモチベーションが上がらない、やる気が出ない時の対処法をご紹介。週5勤務の週休2日なんて当たり前。そんな中でも自分なりに意識改善して充実したワークスタイルを手に入れましょう。

人によってはノンカフェイン

・リポビタンフィール・ママアップ

・アリナミンRオフ・タフマンV

・ユンケル黄帝L40DCF・リポビタンノンカフェ

カフェインの危険性はある程度分かって頂けたと思います。

なので、カフェインが気になる方にはノンカフェインの栄養ドリンクがオススメ!

ノンカフェインであれば、風邪薬と併用できるものもあります。

ですが、風邪を引いたときには栄養ドリンクに頼らずに風邪薬でしっかりと治してから、栄養ドリンクで体力回復を図るのがオススメ。

味付きの飲みやすい栄養ドリンク

・オロナミンC・リポビタンD

・アリナミンV・ユンケルローヤル・C

・チオビタドリンク

栄養ドリンクは苦みがある製品もいくつかあります。

飲んでみたいけど味付けが美味しくなさそうというイメージを持っている方も多いと思います。

そんな方には、味付けでも評判が良い栄養ドリンクがオススメです。

チオビタドリンクを飲むタイミングはいつ?カロリーや効果は?
チオビタドリンクの製品情報・特徴・成分・効果効能・飲むタイミングについてご紹介。主な効果は滋養強壮・栄養補充・肉体疲労・虚弱体質・体力低下などで、日々の疲れを癒したり、栄養が足りないと感じた時に服用するのがオススメ。
栄養ドリンク剤リゲインの効果とは?飲むタイミングはいつがいい?
リゲイン(Rrgain)の製品情報・特徴・成分・効果効能・飲むタイミング・種類についてご紹介。リゲインシリーズは1988年に販売開始。長年に渡って多くの方に愛用されている人気栄養ドリンク(エナジードリンク)です。

その他人気の栄養ドリンク

・エスカップ・ゼナ

・ゲキタミン・ビアタルト

・パルゲンキ・ビタロージャー

ノンカフェイン、味付けの良い栄養ドリンク以外にも種類はたくさんあります。

味覚は人によってバラバラですので、前項で紹介した栄養ドリンクが万人受けするかと言われればそうとも限りません!

自分が良いと思った栄養ドリンクを飲むようにしましょう。

「病は気から」という言葉があるように、「栄養ドリンクを飲んだから元気になった」という思い込みも一理あります。栄養ドリンクも気休め度に考えて飲むようにしましょう。

栄養ドリンクだけですべての栄養を補えるわけではありませんので、日々の食生活や生活習慣の見直しもしていきましょう。

栄養ドリンクと風邪薬情報まとめ

栄養ドリンクと風邪薬

ここでは、主に「風邪薬と栄養ドリンクの併用」「風邪に効く栄養ドリンク」などについて紹介させて頂きましたが、どうでしたか?

ある程度ご存知の情報もあったと思いますが、勘違いしていた方も多いと思いますので、改めて確認してみてくださいね。

栄養ドリンクは日々の食事では補えない栄養補充や肉体的な疲労感を回復させる事を目的としているものが多いので、使用用途や用量・用法に添って正しく飲むようにしましょう。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*