花粉症の症状と対策まとめ!花粉症に効く食べ物や薬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

花粉症の症状や改善方法について紹介します!

毎年2月、3月くらいになると花粉が飛び始めて、くしゃみや鼻水が止まらないという方も多いと思います。

花粉にもいろんな種類があり、人によっては単なる花粉症ではなく、アレルギー性鼻炎である可能性もあります。

ここでは、花粉症にオススメの薬や、花粉症の緩和に適した食べ物など対策方法をご紹介。日々、花粉症に悩まされている方はぜひご覧ください。

花粉症の症状について

まずは、花粉症の症状についてまとめていきましょう。

花粉症は大きく分けると2つの症状に分かれます。

・一次症状

・二次症状

主にこの2つの症状に該当する方が一般的には多いですが、その他にも花粉症には特徴がありますので、それらを含めて紹介していきたいと思います。

一次症状

一次症状

一次症状は花粉症を発祥した時に起こる代表的な症状で、主に4つの症状が現れ始めます。

・くしゃみ

・鼻水

・鼻づまり

・目のかゆみ

この中でも特に多い症状が「くしゃみ、鼻水、鼻詰まり」で、アレルギー性鼻炎の1種であり、花粉が飛ぶ時期に応じて発症する事が多い為、季節性アレルギー性鼻炎などとも言われています。

また、目のかゆみに関しては季節性アレルギー性結膜炎に分類されます。

Sponsored Link

二次症状

二次症状

二次症状は一次症状が少し悪化したような状態です。

人によっても症状の出方や、そもそも症状が異なる場合もあり、風邪と間違って病院に行ってしまう方もいるようです。

人によっては深刻な症状にまで発展する事があるので、十分に注意しながら薬で早めに症状を抑えることが大切です。

二次症状に多い例を挙げてみましたので、こちらも参考にしてみてくださいね。

・鼻詰まりの悪化によってニオイが分からなくなり、口呼吸がメインとなって喉を傷める事もある。

・喘息のような状態になる事もあるので、もともとの喘息持ちは注意が必要。

・頭痛や頭重感、微熱やダルさなど、全身に症状を感じる事もある。

・下痢・吐き気・腹痛など消化器症状が出る事も。

・睡眠不足、集中力欠如、イライラ感、食欲不振など、精神的に影響する事もある。

その他の症状・特徴

症状・特徴

一次症状・二次症状が花粉症における主な症状の例ですが、これらの症状に関しては人によって違いがあります。

鼻水が酷いタイプの人、くしゃみが酷いタイプの人など、症状の度合いが異なる場合もあります。

また、モーニングアタックと言われている「目覚めに症状が強く出る」人もいます。これは気温差による原因や自律神経の切り替えがうまくいかない人に起こりやすい症状とも言えます。

その他、滅多にありませんが花粉の種類や量によっては、アナフィラキシーショックを起こしてしまう場合もあるので、たかが花粉症と言えど侮れません。

イライラが止まらない時の原因とは?抑える方法や解消法はある?
イライラが止まらない人向けの情報をまとめています。若い年齢でイライラが止まらない場合、症状が進行すると睡眠障害やうつ病になるリスクもあります。ここでは効果的な解消法や抑える方法紹介していますので、ぜひご参照ください。
レッドブルを飲み過ぎると危険?カフェイン中毒で死者の噂とは?
世界各国で愛されているエナジードリンク「RedBull|レッドブル」に関する情報をご紹介。どんな成分が含まれているのか?いつ飲むのか?また、飲み過ぎによるリスクや注意点はあるのか?など、気になる内容をまとめています。

花粉症対策や対処方法

次に花粉症の対策方法を紹介していきます。

花粉症はアレルギーなので、必ずしも症状を抑えるとは言い切れませんが、薬などで症状を緩和する事は出来ます。

ここでは、主に

・食べ物で花粉症対策

・花粉症にオススメの薬

という内容で紹介させて頂きますので、辛い花粉症を少しでも押さえたい方は、ぜひご覧下さい。

Sponsored Link

食べ物で花粉症対策

食べ物で花粉症対策

まずは、花粉症の時に極力食べないほうが良い食材をまとめていきます。

・アイスクリーム・チョコレート・ケーキ

・アルコール・クリーム・コーヒー

・香辛料・カレー・ニンニク・ラーメン…etc

なにかを食べて花粉症を予防するというよりは、これらの食事を控える事で花粉症の症状が悪化しないようにするという方法です。

体が冷える食べ物は、体内のエネルギーが弱まってしまう事にもなり、花粉症の諸症状を押さえにくくなってしまいます。

また、体の解毒作用に関して重要なポジションとなる肝臓に負担をかけない事も大切。お酒や甘い食べ物もできるだけ避けるようにしましょう。

辛い系の食べ物もあまりオススメはできませんので、これらの食事の際には摂りすぎないように控える事を心がけてみて下さい。

花粉症にオススメの薬

花粉症にオススメの薬

2つ目は花粉症に効くと言われている薬の服用です。

薬局やドラッグストアなどの市販でもアレルギー用のお薬や鼻炎、風邪薬などが販売されていますが、花粉症の症状を抑えるには、アレルギー性鼻炎に特化した薬を服用する事がポイントです。

どうしても市販の薬で効かない場合には、病院に行って薬を処方してもらうようにしましょう。

~おすすめの薬~

【アレグラFX】
・・・アレグラは、アレルギー性鼻炎の方なら一度は試したことがあると思いますが、くしゃみ・鼻水・鼻づまりなどの症状を緩和してくれる作用が期待できるお薬です。花粉・ハウスダストなどにオススメです。

【アレジオン20】
・・・アレジオンは、アレルギー性鼻炎の諸症状にオススメの薬なので、花粉が始まった鼻水などが出てきたときに服用する事で症状の緩和が期待できます。

【アレルビ】
・・・アレルビは、アレルギー症状を緩和するためのお薬で、鼻詰まりやくしゃみなど花粉症やハウスダストなどにも効果的です。鼻炎や花粉で仕事に集中できないという人には最適。

風邪に効くおすすめの栄養ドリンクは?風邪薬との併用も可能?
栄養ドリンクと風邪薬の併用に関する情報をまとめています。処方された風邪薬や市販の薬局で購入した風邪薬などとは併用する事ができるのか?栄養ドリンクは風邪に効くのか?など、栄養ドリンクの気になる情報をご紹介。
おすすめの栄養ドリンクの飲み方!夜寝る前に飲む?朝飲む?
栄養ドリンクはいつ飲むのが効果的?ここでは、栄養ドリンクに関する情報をまとめています。夜寝る前に飲むのが効果的か?朝起きてからか?お昼くらいが良いか?など気になる服用のタイミングや、オススメの栄養ドリンクもご紹介。

花粉症の原因はいろいろ

花粉症の原因は人それぞれです。

が、そのほとんどの原因は植物の花粉と接触した事によって起こるものです。

花粉症を発症する原因にもいろんな仮説があり、遺伝的原因・環境要因・スギ・ヒノキ・排気ガス・栄養問題などなど、詳しい原因を断定させるのは難しいのかもしれません。

しかし、前項でも紹介した通り、花粉症の症状を緩和する事はできますので、できる限り花粉に接しないような環境作りと薬や食事での対策を意識するようにしましょう。

花粉が始まる時期を把握しておこう

花粉が始まる時期

花粉の始まる時期はその年によって異なります。

また、植物の種類によっても異なるので、一概にこの時期だけというのは言い切ることが出来ません。

すべての植物に対してアレルギー反応が出てしまう方は、一年中花粉に悩まされる可能性もあります。

しかし、だいたいの目安としては2月下旬~10月上旬までが一般的だと思います。

ハンノキ属・スギ・ヒノキ・シラカンバ属・イネ科・ヨモギ科など、アレルギーを持っている植物によっても時期が異なるという事を覚えておきましょう。

~主な花粉の種類~

・ハンノキ属(カバノキ科)・スギ・ヒノキ科・シラカンバ属(カバノキ化)・イネ科・ヨモギ科・ブタクサ属(キク科)・カナムグラ(アサ科)・

地域によって多少なり発症する花粉の種類も変わってきますが、だいたいのピークは2月~4月くらいなので、この時期の予防や対策の準備は怠らないようにしておきましょう。

毎日栄養ドリンクを飲み過ぎていると副作用で肝臓が悪くなる?
疲れた身体を癒したり、風邪を引いて食べれないとき、お酒を飲む時などに重宝するのが栄養ドリンクですね。そんな身体の助けになる栄養ドリンクを毎日飲み過ぎると実は肝臓は悲鳴を上げており副作用を発症してしまうこともあるようです。
野菜ジュースを飲み過ぎると下痢になる?何か良い効果はあるの?
野菜ジュースを飲み過ぎてしまった場合における注意事項やリスク、危険性などについてご紹介。「最近野菜不足に感じている」「野菜ジュースを毎日飲んでいる」という方に知ってほしい情報や参考情報をまとめています。

花粉症の治療方法(症状緩和)をご紹介

・抗ヒスタミン薬を使用したアレルギー薬の服用

・ステロイドの投与・注射

・抗原特異的アレルゲン免疫療法

・舌下免疫療法

・遺伝子組み換え米療法

・レーザー手術

・漢方薬、ハーブによる治療

など、今ではあまり主流になっていない治療法もありますが、病院ではこのような治療法もありますので、参考程度に覚えておきましょう。

市販の花粉症薬を服用しても症状が治まらない場合には、一度専門医に相談してみると良いでしょう。

花粉症の症状まとめ

花粉症の症状

いかがでしたか?

花粉症の症状は本当に辛いです。単なるくしゃみ・鼻水と侮ってはいけません!

今は花粉症になっていないけど、ふとした時に発症する可能性も十分にありますので、花粉症対策に関する知識はある程度知っておいたほうが良いでしょう。

辛い症状を抑えるには、まずは薬と食生活の見直しなどが気軽に始められることができる方法なので、毎年花粉に悩んでいる方は、これらの情報を参考にして、少しでも早めに対策しておく事を意識してみてはいかがでしょうか。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*