栄養ドリンクと風邪薬はミスマッチ?気になる市販薬情報まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

風邪を引いた時、市販の風邪薬や栄養ドリンクで治療を試みる方もいると思いますが、果たしてこれらの併用にリスクはないのか、気になりますよね?

実は、栄養ドリンクや風邪薬は安易に併用すると体調を悪くさせる可能性もあります。

ここでは、市販の栄養ドリンクと風邪薬の併用に関する疑問とその回答をまとめています。

市販の薬で早めに風邪を治したいと思っている方は、ぜひご参照ください!

栄養ドリンクは風邪に効く?

風邪を引いたときに栄養ドリンクを飲む習慣を持っている人もたくさんいますが、本当に栄養ドリンクで風邪が治るのか?

先に結論を申しますと、栄養ドリンクで風邪を治すことはできません!

今更かよ!って思う方もいるかもしれませんが、意外と栄養ドリンクで無理やり治そうとしている方も多い印象がありますので、ここでハッキリと区別しておきたいと思います。

栄養ドリンクには風邪を根治させる成分が特別含まれているわけではありません。

もちろん、栄養ドリンクには栄養ドリンクとしていろんな成分が含まれていて、主に滋養強壮・疲労回復を目的とした成分が複数配合されています。

なので、栄養ドリンクを飲むことで、体力回復・疲労回復などを促すことは期待できますが、風邪の治療とは直接的な関係がないので、1本で風邪を治すのはちょっと難しいですね。

PR

栄養ドリンクと風邪薬はミスマッチ

栄養ドリンクと風邪薬

さて、ここが今回の一番の内容となりますが、「栄養ドリンクと風邪薬って併用しても良いの?」という疑問。

これに関しては、栄養ドリンクの種類によっても異なるので、一概に併用できるともできないとも言い切れません!

もちろん、併用可能な栄養ドリンクもあります。

しかし、一般的には栄養ドリンクと風邪薬の併用はミスマッチと言われていますので、その理由に関しても、もう少し詳しくまとめていきたいと思います。

毎日栄養ドリンクを飲み過ぎていると副作用で肝臓が悪くなる?
疲れた身体を癒したり、風邪を引いて食べれないとき、お酒を飲む時などに重宝するのが栄養ドリンクですね。そんな身体の助けになる栄養ドリンクを毎日飲み過ぎると実は肝臓は悲鳴を上げており副作用を発症してしまうこともあるようです。
栄養ドリンクの副作用で血圧異常・腎臓病・肝機能障害になる?
栄養ドリンクに関する副作用についてまとめています。下痢・腹痛・吐き気が起きたり、人よっては血圧、腎臓、肝臓などに対しても影響がでる場合も。たかが栄養ドリンクでそうならない為に副作用のリスク、飲む頻度についてもご紹介。

【理由1】アルコールが含まれている

栄養ドリンクと風邪薬の併用がミスマッチと言われえる理由その1は、栄養ドリンクに含まれている事の多いアルコールが関係しています。

アルコールが肝臓で分解されるのは皆さんもある程度ご存じかと思います。お酒を飲みすぎると肝臓に悪いなんてよく聞きますよね?

これと同じく、風邪薬も肝臓で分解されて薬の成分が体に浸透し、効果を発揮していくのです。

なので、もしこれらを併用した場合、アルコールの方が先に分解されてしまい、風邪薬がうまく分解されないという可能性が高くなるので併用は推奨できません。

【理由2】カフェインが含まれている

カフェイン

栄養ドリンクと風邪薬の併用がミスマッチな理由その2は、栄養ドリンクに含まれているカフェインにあります。

人の体はカフェインを摂りすぎると体調を悪くする可能性があります。

意外と知らない人も多いですが、カフェインの摂り過ぎによってカフェイン中毒になってしまう方もいます。

同じように風邪薬にもカフェインが含まれていますので、それぞれカフェインを含んだもの同士を併用するのは、決して良い事とは言えません!

なのでもし栄養ドリンクと風邪薬を併用するのであれば、カフェインの有無をしっかりと確認しましょう。

【理由3】有効成分が合わない

栄養ドリンクと風邪薬の併用がミスマッチな理由その3は、有効成分が合わないという事です。

そもそも、栄養ドリンクも医薬品・医薬部外品の部類にあるので、その点を十分に心得る必要があります。

栄養ドリンクや風邪薬の成分を改めて確認してみると、皆さんが知らないような成分も含まれている事があり、それらを併用してしまう事で、副作用を強く感じてしまったり、風邪を治すどころか体調を悪化させてしまうというリスクもあります。

PR

併用しないで別々に飲むのはOK?

別々に飲む

上記の事から、栄養ドリンクと風邪薬は、出来る限り併用しないようにする事を推奨します。

ただし、別々に服用したりする分には特に問題ありません!

また、風邪薬を服用している状態で栄養ドリンクが飲みたくなった場合、一番安全なのは専門医に相談して、了承を得られる栄養ドリンクを飲む事です。

個人の勝手な判断で併用する場合には、最低限、アルコールとカフェインが含まれていない栄養ドリンクを選ぶようにしましょう。

栄養ドリンクの注意点

・糖尿病、心血管疾患のリスクを上昇させる事がある。

・急性アレルギーのアナフィラキシーショックを発症する事もある。

・服用しすぎるのはカフェインの過剰摂取に繋がるので注意。

・肥満、肝臓への脂肪沈着。

風邪に効くおすすめの栄養ドリンクは?風邪薬との併用も可能?
栄養ドリンクと風邪薬の併用に関する情報をまとめています。処方された風邪薬や市販の薬局で購入した風邪薬などとは併用する事ができるのか?栄養ドリンクは風邪に効くのか?など、栄養ドリンクの気になる情報をご紹介。
おすすめの栄養ドリンクの飲み方!夜寝る前に飲む?朝飲む?
栄養ドリンクはいつ飲むのが効果的?ここでは、栄養ドリンクに関する情報をまとめています。夜寝る前に飲むのが効果的か?朝起きてからか?お昼くらいが良いか?など気になる服用のタイミングや、オススメの栄養ドリンクもご紹介。

栄養ドリンクの成分や作用

【アルコール】・・・興奮作用

【カフェイン】・・・興奮、覚醒作用、血圧上昇

【糖類】・・・興奮、覚醒作用

【アミノ酸】・・・栄養補給

風邪を引いた時にオススメの栄養ドリンク

オススメの栄養ドリンク

という事で、栄養ドリンクと風邪薬の併用に関する注意点やリスクなどは把握できたと思います。

栄養ドリンクにしろ、風邪薬にしろ、どちらかに絞って服用すれば問題ありません!

もし、風邪を引いた時に風邪薬を服用するのが嫌だという方は、風邪にもオススメできる栄養ドリンクで体力の回復を図ってみてはいかがでしょうか?

栄養ドリンク派の方のために、風邪にもオススメな栄養ドリンクをピックアップしてみたので、ぜひご参照ください。

ゼナ

ゼナ

ゼナシリーズは、豊富な30種類の生薬を使用したミニドリンク剤です。

9種類のシリーズから、自分にピッタリの商品を選ぶことができます。

特に生姜の生薬・ショウキョウを配合しているのが特徴なシリーズもあり、かぜや発熱などにも効果的とされています。

疲労回復、栄養補給、スタミナ不足などを感じたときにオススメです!

ゼナジンジャーなどにはカフェインも含まれていません。

リポビタンフィール

リポビタンフィール

リポビタンフィールは、指定医薬部外品でビタミンB1・B2・B6・タウリン・グリシン・イノシトールなどを配合しているビタミン剤です。

肉体疲労・病中病後・食欲不振・栄養障害・発熱性消耗性疾患などの症状にオススメで、15歳以上であれば服用することができます。

病中病後の体力低下時や、風邪っぽさを感じたときに服用することで体力の回復や滋養強壮効果が図れます。

日々の疲れにもバッチリですので、疲れからくるダルさや体の不調を感じるときに飲んでみましょう!

ユンケル

ユンケル

ユンケルも栄養ドリンク剤の1つで、薬局など市販でも購入できるので、体の不調を感じたときに服用することをオススメします。

ビタミン以外にも豊富な成分を含み、滋養強壮・疲労回復・病中病後の体力低下時などに服用する事ができます。

風邪薬との併用はオススメできませんが、病み上がりなどに服用すると疲れも吹き飛んでバッチリ回復できるでしょう。

栄養ドリンクの飲むタイミングは?効果的な時間帯と飲み方を検証
疲れた時や風邪気味のとき、精力を出したい時など栄養ドリンクって重宝しますよね。当たり前のように飲んでいる栄養ドリンクですが、飲むタイミングがあるって知ってました?今回は万能ドリンクの栄養ドリンクの効果的な飲み方や時間帯を検証しております。
朝仕事に行きたくない・やる気が出ない男子にオススメの対処法
仕事に行きたくない時や仕事に対するモチベーションが上がらない、やる気が出ない時の対処法をご紹介。週5勤務の週休2日なんて当たり前。そんな中でも自分なりに意識改善して充実したワークスタイルを手に入れましょう。

風邪を引いたら市販薬で早めに改善

風邪を引いたら、病院で風邪薬を処方してもらうのが一番無難ではありますが、人によっては病院に行く暇もないという方もいると思います。

そんな方は、市販でも購入できる風邪薬を1,2つは常備しておくと良いでしょう!

いつ風邪を引くかわかりませんし、市販の薬でも風邪薬には変わりありませんので、十分な効果が期待できます。

栄養ドリンクと併用する場合には、服用するタイミングだけ注意して、正しく安全に服用しましょう。

栄養ドリンク&風邪薬のまとめ

栄養ドリンク&風邪薬

栄養ドリンクと風邪薬の併用に関して、いかがでしたでしょうか?

しつこいようですが、できる限り併用は避けて、別々のタイミングでそれぞれ服用することを推奨します。

まずは風邪薬で体の調子を整えてから、栄養ドリンクで体力を回復させていくという流れが一番自然であり、ベストな服用方法ではないかと思います!

市販の医薬品・医薬部外品でも副作用が起きる可能性は十分に考えられますので、その点をしっかりと理解しておきましょう。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*