仮想通貨(ビットコイン)投資詐欺の手口とは?注意点まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「絶対儲かる!仮想投資術!」「一日〇〇万円稼げる仮想通貨投資!」と聞いて目に止まったあなた!

注意してください!

最近は、仮想通貨の人気に乗じた投資詐欺でお金がだまし取られる、架空請求などで仮想通貨が使われてしまいトラブルになったなど、ネットニュースで取り上げられることが増えました。

こうした、仮想通貨詐欺に遭わないために、私たちはどのように向き合っていくべきなのでしょうか。

横行する仮想通貨詐欺と手口

手口

仮想通貨人気は間違いなくお金が稼げるという観点から成り立っています。

一方で、詐欺によってお金をだまし取ろうとする悪い人たちの影が見えづらい現状です。

仮想通貨詐欺の手口とは。

PR

仮想通貨を利用した振り込め詐欺

振り込め詐欺

被害報告として、最も多いとされているのが振り込め詐欺です。

よくある手口は、架空請求などで振込先を従来のような銀行口座ではなく仮想通貨口座に指定し、仮想通貨を振り込ませるというものです。

インターネット上で送金が簡単に行えてしまうため、銀行で注意を受けることもありません。

なにより、ブロックチェーンの技術において通貨の種類によっては追跡が困難な場合があります。

仮にビットコインで振り込んでしまったとしても、別のコインに変えられてしまい、犯人を絞ることが難しい可能性があります。

仮想通貨の用語集まとめ!イナゴ?ガラ?ショートって一体何?
仮想通貨を始めたい!始めてみたけれどガラ、ショート、イナゴなんてわからない言葉が多すぎる!そんなあなたも知ればきっと楽しめる仮想通貨用語やスラングを意味から関連語まで例文を紹介しながら楽しく解説していきます!
仮想通貨の換金方法と仕組み、手数料や税金が発生するタイミングとは?
仮想通貨には日本円で直接購入できるものと、何か別の通貨に換金していくことで購入できるものがあります。この二つの種類の通貨によってどのように換金方法が変わってくるのか、タイミングや手数料についても解説します。

ICO詐欺

ICO詐欺

仮想通貨技術を応用して企業や団体が資金調達をする仕組みであるICO(イニシャル・コイン・オファリング)ですが、これも詐欺に利用されてしまう可能性が高いです。

いわゆる仮想通貨の中でも詐欺コインと呼ばれてしまうものが、このICOによって生み出されてしまうことがあります。

ICOとは新規公開仮想通貨のことも指すので、いわば有名な取引所に未上場のコインがほとんどです。

「いつかビットコインのように価格が上昇する。」と見込んだ購入希望者をターゲットに、良く作りこんだホームページやホワイトペーパーで誘い購入させるという手口を使ってきます。

そして、コインや技術の開発のために集めるべき資金を開発者が持ち逃げする。

ここで初めて、詐欺コインとして認められます。

手元には購入した仮想通貨は残りますが、開発者が不在になると価値がなくなることが考えられます。

仮想通貨投資詐欺

投資詐欺

恐らくも仮想通貨ブームの中で最も警戒されにくいのが仮想通貨投資詐欺です。

仮想通貨は儲かるものであるという前提思想を投資家に刷り込ませることで、投資案件を提示してきます。

確認されているものだと、「新規公開仮想通貨を限定販売する。」「集団投資を独自のプログラムで取引し、利益分配する。」などと謳って騙す手口です。

このような儲け話で仮想通貨や現金をだまし取ったり、マルチ商法の一端を担わされ不当な契約を結んでしまったりしてしまいます。

ビットコインの坪本英男って何者?尾藤健介との関係とは?
ビットコインに関連して坪本英男という人物の名前が上がるようになりました。一体彼はどんな人物なのか。そして、関わる尾藤健介とは。彼らの所属するトレード・コイン・クラブとは。ビットコイン投資を考える前にご覧ください。
仮想通貨トラブル急増中!2018年から増加した主なトラブルとは
仮想通貨ブームの2018年、儲かるという甘い言葉に踊らされていませんか?実は2018年にかけてトラブルが急増しています。消費者庁への相談も増加しているようです。今、私たちが仮想通貨を扱う上で気をつけるべきこととは。

仮想通貨詐欺に遭わないための注意点は?

仮想通貨と上手に向き合うためには、儲かるや稼げるというワードに惑わされないことが大事です。

仮想通貨ブームで儲かる人が多くいたために、誤解が生じているように見受けられます。

「私は詐欺に遭うはずがない。」そんな風に思っているあなたにも詐欺師の魔の手は迫っています。

PR

仮想通貨を購入、振り込む前に

仮想通貨を購入もしくは仮想通貨関連の話でお金を振り込むときに一度再確認すべきです。

手の込んだ手口であれば、小額からスタートさせ、成功報酬などを支払い警戒心を解くところから始めます。

自分が選び情報を精査するだけでなく、仮想通貨を扱う第三者に相談することも大事であると考えます。

ICOの情報を精査し判断する

情報判断

ICO自体が悪いわけではありません。

新たな資金調達手段として画期的な仕組みであるといえます。

ただし、その中に開発をやめてしまう、あるいはもともと開発する気のない人たちも混ざっているということは事実です。

最も質が悪いのは後者で、お金をだまし取るためにホワイトペーパーやロードマップが公開されています。

そのため、もっともらしいことが書かれている場合が多いです。

そこをどう判断するかですが、多くの取引所に上場している通貨と似ている内容であれば避けるというのがポイントです!

なぜなら似ている技術が確立されていれば、今後価値が上がる伸びしろがさほど大きくないと考えられるからです。

すなわち、他の通貨やICOと比較することが大切だということです。

バイナンスのアプリが開かない?アップデート&ダウンロード法まとめ
人気の海外仮想通貨取引所バイナンス(Binance)から登場したアプリ。使ってみたいけどApp Storeでは見つからない!ある時から開かなくなってしまった!ダウンロードからアップデートまで対処法をご紹介します!
SBI証券の仮想通貨取引所はいつから?ウワサの銘柄やコインとは?
SBI証券から設立した仮想通貨取引所、SBIバーチャル・カレンシーズはいつから使えるのでしょうか。サービス開始時期や取り扱いアルトコインの銘柄、登録が済んだ人もこれから始めたい人も知っておきたい情報を集めました。

仮想通貨のうまい話には注意!

うまい話

儲け話や勧誘は、詐欺やマルチ商法に直結している場合が多いです。

特にビットコインにはHIYPと呼ばれる高収益投資プログラムが数多くあり、ほとんどは運営元が海外になっています。

現在ビットコインは日本で最もポピュラーな仮想通貨であるため、この市場を狙う手口の投資詐欺が増えているという実態があります。

大前提として、仮想通貨は必ず儲かるものではない!ということです。

そして、仮想通貨は現行法上金融商品ではなく、取引による損失などの消費者保護の法整備がされていません。

そのため、むやみに投資案件に乗ってしまうと、リスクマネジメントが難しいというデメリットがあります。

仮想通貨(ビットコイン)詐欺のまとめ

仮想通貨詐欺に遭ってしまう人の特徴は、儲け話が好きなところでしょう。

そしてリスクマネジメントが念頭にないことが考えられます。

たとえリスクを考慮している人でも、一度話に乗ってしまえば、儲からないというマイナスイメージを排除しようとしてしまいます。

この暗示にかかってしまえば、誰でも詐欺に遭ってしまう可能性が考えられます。

最も安全に仮想通貨と向き合い詐欺に遭わないためには、資産の運用は他人任せにせず、投資リスクを理解しておくことが必要です。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*