飛行機のマイルの意味って?貯め方とどれくらい貯まるのかまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

飛行機に乗るときによく耳にするマイルという単語。その意味がわからず、お金がかかったりするイメージを持っていたりしませんか?

マイルが貯まれば国内旅行はもちろん、最近また トレンド になりつつある海外旅行もできるんです!

今回は、マイルの意味とマイレージカードの作り方や貯め方・どのくらい貯まるのかを解説。たくさん飛行機に乗るサラリーマンはもちろん、普段のお買い物で 効率よく貯める方法をご紹介します。

マイルって何?

マイルって何?

旅行や出張などで移動するのに便利な飛行機。

その飛行機に乗ると貯まるのがマイルと呼ばれる、意味合い的にはスーパーやコンビニで買い物をすると貯まるポイントのようなものです。でもどのようにして貯まるのか、また貯まったら何に使えるのかピンとこないですよね。
まずはそのマイルを貯めるために必要なマイレージカードをご紹介します。

マイレージカードを発行している航空会社

日本ではマイレージサービスを実施している航空会社として代表的には全日空(ANA)日本航空(JAL)があります。他には福岡を中心に就航しているスターフライヤー、ソラシドエアなどがあります。

マイレージカードを作るならどちらの航空会社がいい?

基本的にはどちらでも良いのですが、1社に絞った方が貯まりやすいです。また、国内線をよく使うならJALを、国際線をよく使うならANAをおすすめします。就航路線の違いや、連携している他の航空会社が違うからです。

マイレージカードの作り方

インターネットで申し込むことができます。申し込みの仕方は各航空会社のWebサイトで簡単にできます。

届くまでにしばらくかかりますので、その間にどのようにしたら貯まるのか見てみましょう。

どうやったら貯まる?代表的な貯め方

飛行機に乗る時の貯め方!

飛行機に乗る時の貯め方!

マイルを貯めるには、基本的に飛行機に乗ることです。貯まる基準は乗った回数ではなく、距離と買った航空券の種類です。航空券を買う時に自分のマイレージ番号を入力する欄がどこかにあります。そこに入力して申し込むか、現地の空港カウンター・自動チェックイン機でも入力することができます。

クレジットカードを使う貯め方!

クレジットカードを使う貯め方!

インターネット通販をするときにはお馴染みのクレジットカード。最近ではコンビニや飲食店など、クレジットカードが使える店が増えてきましたよね。そのクレジットカードには利用金額に応じてポイントが付与されます。そのポイントをマイルに交換することで、効率よくマイルを貯めることができます。

マイルがたまるお店での貯め方!

クレジットカードを使う貯め方!

お店の入り口やレジ周りに、「マイルがたまる」というPOPを見たことはありませんか?
そのPOPも意味さえ分かればお得なんです!貼ってあるお店で店員さんにマイルを貯めたいと伝えると、マイレージ番号を記入する紙を渡されます。その紙に必要事項を記入して店員さんに渡すと、後日マイルが加算されます。ポイントとマイルの二重取りができますから、とても効率がよくなります。

飛行機に乗ったらどのくらい貯まるの?

飛行機に乗ったらどのくらい貯まるの?

飛行機に乗ってどのくらい貯まるのかは気になるところですよね。今回は日本の代表的な航空会社を例に見てみましょう。

ANAだとどのくらい貯まるの?

どのくらい貯まるのかは、距離と運賃の種類で決まります。
公式にするとこんな感じです。

距離×クラス・運賃倍率(150~30%)

よくわからないですよね、その意味を説明します。
距離は、遠くなればなるほど貰えるマイルは増えます。クラスは、座席クラス(プレミアムクラス・ビジネスクラス・ファーストクラス)に応じて変動します。運賃倍率とは、例えば割引額が大きいものや、セールで買ったものはパーセンテージが下がり、効率が悪くなります。

例えば、羽田から沖縄へ行くとします。
羽田から沖縄へのフライトマイルは通常片道984マイルです。
普通運賃(定価)は100%ですから、もらえるマイルは984マイルです。
これを同じ区間でセールである、旅割Xの時に買ったとします。
旅割Xは50%ですから、半分の492マイルとなるのです。
 

JALだとどのくらい貯まるの?

どのくらい貯まるのかはANAと同様に、距離と運賃の種類で決まります。

距離×クラス・運賃倍率(100~50%)

距離は、遠くなればなるほど貰えるマイルは増えます。クラスとはANAと同じ意味で、座席クラス(クラスJ・ビジネスクラス・ファーストクラス)に応じて変動します。利用運賃とは、例えば割引額が大きいものや、セールで買ったものはパーセンテージが下がり、効率が悪くなります。

例えば、羽田から沖縄へ行くとします。
羽田から沖縄へのフライトマイルは通常片道984マイルです。
普通運賃(定価)は100%ですから、もらえるマイルは984マイルです。
これを同じ区間で特便割引7の運賃で買ったとします。
特便割引7は75%ですから、738マイルとなるのです。

マイルってどんな使い方があるの?

特典航空券として使う

特典航空券として使う

マイルは航空券に変えて使うことができます。マイルで交換する航空券のことを「特典航空券」といいます。 必要なマイル数は距離や航空会社によって違いますが、国内線なら片道5000~11500マイル、国際線なら往復12000~180000マイルです。 シーズンや座席のクラスによって消費するマイルも変動するので、注意が必要です。

おすすめの使い方は国際線で使うこと!国際線の場合は、最も長い距離のマイル数が適用されますので、その間の乗り継ぎなどはカウントされません。また、空港を出ることもできる場合もありますから、いろいろな場所へ行くならとってもお得なんです。

使い切れなくても大丈夫!他のポイントに交換して使おう

マイルを貯めたものの、いざ出かける暇が無く航空券に交換出来ないのでは…?そんなこともあるかもしれません。
その時は他のポイントに交換して使うこともできるんです。例えば、ANAならセブンイレブンなどで使えるnanacoに、JALならPontaなどに交換することができます。これなら、うっかり有効期限が近くて使えない!なんてことも無くなりますよね。

マイルの意味はこれで一通り理解できたと思います。ここからは、さらに効率のいい貯め方や、特典をご紹介します。

たくさん飛行機に乗る人なら更に特典も!

よく、搭乗口で優先搭乗をしている人を見たことはありませんか?

身体に障がいのある方や、乳幼児を連れている方などが最優先で案内されますが、それ以外で搭乗している意味ってなんでしょうか。それは、出張などでたくさん飛行機に乗る機会が多いからです。乗る頻度が多いとマイレージ会員の中でも上級のステイタスを得ることができます。このステイタスを持っていると、いつもの遠出も少しリッチになりますよ。

例えば、ANAマイレージクラブ プラチナステイタス(金額換算でおよそ50万円~)になると
ANAラウンジの利用(同伴者1人までOK)
プレミアムエコノミーへの無料アップグレード(空席がある場合のみ)
国際線特典航空券の優先
優先チェックインカウンターが利用可能
手荷物受取の優先
専用保安検査場が利用可能
優先搭乗が利用可能
羽田空港駐車場の優先予約

などが受けられるようになります。手荷物が最初の方に出てきたり急いでる時こそ助かる専用の保安検査が使えるのはとっても便利ですし、効率よく時間を使えるようになりますね。

もっと貯まる!普段の買い物での貯め方

飛行機に乗ったらどのくらい貯まるの?

航空会社のクレジットカードを使うと、マイルがもっと効率よく溜まるんです。
他のクレジットカードに比べてマイルが溜まりやすいことが多く、利用金額100円ごとに1マイル貯まります。普通のクレジットカードやEdyは200円で1マイルですから、こちらの方が効率がいいですよね。

キャンペーンや搭乗回数などによってボーナスマイルがもらえたりするので貯め方をちょっと工夫すればさらに効率よく貯める事ができます。

まとめ

いかがでしたか?マイルの意味すら知らなかった人も、貯め方と使い方さえわかれば今日から貯めることができるようになります。さらに、クレジットカードやマイルがたまる店に行けばもっと効率よく、飛行機に乗らずに貯めることも出来ます。
マイルの意味を理解して、出張や普段のお買い物で旅行に行くことを目標に、貯め方を色々工夫してみてはいかがでしょうか?

あなたへのオススメ

コメントを残す

*