グローのニコチン量は何mg?アイコス・プルームテックと比較してみた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加熱式タバコは、含まれている有害物質量が大幅に抑えられてる事でも有名ですよね。

ですが、有害物質の量は抑えられていても、全く含まれていない訳ではないのも事実。ニコチンの含有量なんかも気になります。

そこで今回は、人気の加熱式タバコであるグローに焦点を当てて、そのニコチン量はいかほどなのかを調べてみました!

アイコスやプルームテックと比較するとどれくらい量に違いがあるのでしょうか?

今、アイコス互換機がアツい!!

今話題のアイコス互換機iSMOKE(アイスモーク)は既にチェックされていますか?

このismokeが本家アイコスを上回る便利さ・使いやすさで大人気なんです!アイコス互換機なので、お手持ちのたばこスティックをそのまま使えるのも魅力的。

無理に銘柄を変えたり、好みじゃないないタバコを吸う必要もありません。またアイコスよりもコンパクトで、大きく重たいチャージャーを持ち運ぶ必要もないんです!

互換機でありながらも、超・優秀なiSmokeにあなたも乗り換えてみませんか?

アイコスを今すぐ捨てて「アイコス互換機」を持った方がいい理由
アイコスには有害性がある?何かと使い勝手の悪いアイコスに今変わって人気なのが、アイコスの上位互換機『アイスモーク』です。アイスモークを使ったらもうアイコスには戻れないとまで言われているアイスモークの威力を一挙公開!
iSMOKEの評判まとめ!アイコス互換機の中でもおすすめな理由
今、加熱式タバコで使用するタバコスティックを使用して喫煙することが出来る互換機が人気なんです!今回はアイコスの互換機の中でも、おしゃれで連続喫煙が可能なiSMOKEの評判やおすすめポイントをまとめました。

加熱式タバコって?

PR

以前から何かと話題になっている加熱式タバコですが、グローだとかアイコスだとか色々あって、違いがよく分からないという方もいらっしゃるかも知れません。

そこでまずは簡単に、加熱式タバコと今回のテーマであるグローについておさらいしてみましょう。

加熱式タバコは水蒸気を吸うもの!

水蒸気

今まではタバコと言えば、火を付けて燃やし、発生した煙を吸う…というものでしたよね。

燃やしているタバコの先から出る副流煙などが問題となって社会的に取り上げられる事も度々ありました。

そこで数年前、新たに登場したのが燃やさない加熱式タバコでした。

専用の機器を用いてタバコスティックを加熱し、煙ではなく、発生した水蒸気を吸う物です。

この点が従来のタバコとの大きな違いです。

加熱式タバコは有害物質の量が抑えられている

ニコチン

加熱式タバコは燃やさない為、タバコが燃える事で発生する発がん性物質のタールが大幅に削減されています。

また、周囲にとって迷惑をかけてしまう副流煙が出ないのも大きいですよね。

タバコの健康面への懸念は昔から強く言われているものですが、とはいえ禁煙しようとも中々難しいものもありますよね。

そんな中で、加熱式タバコは健康面を考えても、燃焼式よりアドバンテージがあると考えられています。

加熱式タバコの利点

では、加熱式タバコの利点を簡潔にまとめてみましょう。

・有害物質の量が9割程度削減されている

・副流煙が出ない

・臭いも抑えられる(体感により個人差あり)

・健康を考えるなら燃焼式よりも加熱式

やはり、従来のタバコにあった欠点をより改善する為に開発されたものが温熱性タバコと言えそうですね。

加熱式タバコの欠点

しかし、やはり温熱性タバコも完全無欠という訳ではありません。反対の欠点も挙げてみましょう。

・初期投資(機器の購入)が必要

・機器が故障してしまう事も多い

・機器によっては連続で吸えない

・タバコの銘柄は機器によって固定されてしまう

一番のポイントは、タバコを吸うのに専用の機器が必要という事ですね。これがメリットでもあり、デメリットにもなっています。

加熱式タバコに害はある?アイコス・グロー・プルームテックを比較
アイコスやグロー・プルームテックと言った加熱式タバコ今や主流となりつつあるこれらのタバコは紙巻きたばこと比べて有害性が少ないとのことで話題になっていますが、本当に有害性はないのでしょうか?今回は深いとこまで追求!
アイコス離れが止まらない!?アイコスを止めたその理由とは?
【アイコス離れが加速中】紙タバコ⇒電子タバコへのブームの火付け役だったアイコスでしたが、アイコス(iQOS)を止めたというユーザーを最近よく聞きます。アイコス離れの原因、アイコスを止めた理由は何なのか?アイコスユーザーの筆者が調査しました。

加熱式タバコのうち、グローとは?

グロー
PR

それでは、幾つかある温熱性タバコ専用機器の1つ、グローについて見ていきましょう。

グローはブリティッシュ・アメリカン・・ジャパン(BAT)社が発売している温熱性タバコ機器です。

タバコの銘柄としては、ラッキーストライクやケント、クールが有名な会社ですね。

以前は日本でも仙台での限定販売だったのですが、2017年10月から各都市に実店舗が登場したり、他店舗やオンラインストアでの全国展開もなされています。

グローの特徴はこんな感じ

グローの特徴としてはこういったものが挙げられます。

・フレーバーの種類が11種類と豊富

・連続して吸う事ができる

・専用タバコスティックが細長い

・本体とバッテリー(チャージャー)が一体型

・スティックの周りを360度加熱するのでムラがない

アイコスやプルームテックは機器が細長いのに比べて、グローはアップル社製品の電子機器の様な、オイルライターの様な見た目と形状をしています。

また、アイコスの欠点を意識しているかの様な機能性になっているため、連続で吸えたり、バッテリーが一体になっていたりする仕様になっているんです。

グローの使用感で気になるところ

パックジュース

人気を集めているグローなのですが、人の好みはそれぞれである様に、使用感によってやはりユーザーの好き嫌いは分かれている様です。

グローの気になるポイントとしてよく挙げられているのは、味の好みが賛否両論だったり、アイコスやプルームテックに比べて臭いが気になったりするところ。

タバコを吸う時の見た目も、スタイリッシュ感に欠けてしまうという意見もあります。いわば紙パックのジュースを飲んでいる時の様な

確かに、アイコスやプルームテックのデバイスは細長い形状をしている為、従来のタバコと比べて見た目の違和感が少ないんですよね。

ちょっと行ってみたい…グローのお店

グローの専門店が札幌・仙台・青山・横浜・梅田・広島店・福岡天神と全国7か所に展開されています。

こちらの店舗は完全予約制で、公式ウェブページに会員登録し、来店予約をしなければ店舗を訪れる事ができません

そして、いずれのお店も人気なので中々予約が取れにくくなっているのだとか。

この実店舗、店内撮影は禁止されているので資料は少ないのですが、店舗によっては凄く近未来っぽい、ワクワクする内装なんだそう。

お店では機器の限定色が購入できるだけでなく、普段は味わえない非日常感が体験できるかも?!

見た目はグローなアイコス互換機

グローっていいんだけど、もう少し吸い応えが欲しい。けどアイコスはちょっと・・・

って方におすすめするのがアイコス互換機なんですが、上で紹介したアイスモーク以外にもおすすめがあるんです!

それが、ACE(エース)です。

見た目はグローですが、アイコスのヒートスティックを吸うアイコス互換機で、さらに特許出願中の加熱方法により、吸い応えはアイコス以上!

水洗いできる内部ホルダーもなかなかですよ。

加熱式電子タバコACE(エース)の口コミ&評判!安い販売店はどこ?
最新の加熱式電子タバコACE(エース)はどんなアイコス互換機なのでしょうか?使用している人の口コミや評判を集めてみました!また、購入できる店舗で一番安い販売店も見つけてみたので是非参考にしてみてください。
加熱式電子タバコのエースを構造が似ているグローと比較してみた
2018年9月に最新のアイコス互換機「ACE(エース)」が発売されました!見た目や大きさは「glo(グロー)」にとてもそっくりなので、どこが違うのかiQOS(アイコス)や他の加熱式電子タバコと比較してみました。

ニコチンってなんだっけ?

有害物質

さて、温熱性タバコとグローの紹介も済んだところで、今回の本題のニコチンについてです。

ニコチンって何となくは聞いた事があるし、体には良くないイメージは有名ですが、あまり詳しくは知らない方も多いのではないでしょうか。

そこで、グローやアイコス、プルームテックに含まれているニコチン量をチェックする前に、ニコチンについて軽くお勉強しましょう!

ニコチンとは…実はこんなに恐ろしい

ニコチン2

ニコチンとは、タバコに含まれているアルカロイドという物質の1つです。

無色の油状の液体で、独特の臭いがあり、揮発性が高く空気に触れると茶色に変色する性質があります。

猛毒があって、神経を興奮・麻痺させ、血圧を上昇させます。強い依存性がある事でも有名ですね。

毒性は恐ろしく、農業用の殺虫剤にも使用されているくらいです。

改めて見てみると、かなり恐ろしい物質である事がよく分かりますね…。

ニコチン量でタバコの味が決まる

銘柄

タバコの風味を決定しているのは、含まれているニコチンやタールの量です。

タール量やニコチン量が多いほど、重たく深い、コクのある味わいがするとの事。

確かにその様な濃い味もタバコの魅力であるとも言えますが、当然ながらニコチン量やタール量は健康被害へも直結します。

ニコチンにしろタールにしろ、人体にとって強い毒である事に違いはありません。

タバコの濃い味はその分死へのリスクが高いという訳なのです…。

温熱性タバコにはニコチン量の記載がない!

煙草の箱

さて、既に温熱性タバコユーザーの方ならお分かりでしょう。

グローにせよアイコスにせよプルームテックにせよ、タバコスティックのパッケージにはニコチン量とタール量の記載がないのです。

燃焼式タバコのパッケージには必ずニコチン量とタール量が記載されていますよね。それによってどのタバコを吸うか決める事もできます。

しかし、記載がなかったら、一体味がどう違うのか吸ってみなくては分かりませんよね。どうして記載がないのでしょうか?

書いていない理由は『義務がない』から?!

驚き

実は、加熱式タバコスティックのパッケージには、今の所タール量やニコチン量を記載しなければならないという義務はないんです。

そんな理由で記載がなかったとは…いえ、理には適ってはいるのですが。

また、同時に温熱性タバコのタール量・ニコチン量を測定するきちんとした規格がまだ存在していないのも理由の1つ。

これらは、法律が新たに制定されるなどの今後の展開次第では、パッケージにきちんと表記がなされる事があるかもしれませんね。

温熱性タバコは機器ごとに銘柄が決まっている?

タバコの味

タバコの銘柄には様々なものがありますが、ここで注目なのはタバコメーカーが温熱性タバコも開発・販売しているという事です。

つまり、グローやアイコス、プルームテックを発売している会社が作っていたタバコの銘柄が、そのまま温熱性タバコのスティックにも反映されているんです。

メーカーによって味わいや使用感がある程度決まっているのは、食品や日用品などの他の様々な製品とも同じですね。

ニコチン量やタール量の記載がなくて味の判断が付かなければ、販売元の会社やブランドを確かめてみるのも手です。

glo(グロー)の新フレーバーneoシリーズの発売日は7月9日に決定
人気電子タバコグローから新フレーバー登場!7月から順次発売される新フレーバー『neo』はおすすめ出来るようなフレーバーなのでしょうか?発売日から新フレーバーの感想、通販で購入できるのかまで詳しく調べてみました!
低温加熱型プルームテックプラスのおすすめの味と種類をランキング
プルームテックプラスは何種類の味があるのでしょうか?人気のプルームテックプラスの味をおすすめ順にランキングにしてご紹介!フレーバーごとの味の特徴やおすすめポイントを筆者の独断でご紹介していきたいと思います!

調査!グロー・アイコス・プルームテックのニコチン量は?

ニコチン量比較

さて、それでは気になるグローのニコチン量について見てまいりましょう!

…ですが、パッケージに載っていないという事は、公式での正確な発表がないという事。

なのでどうしても個人の体感、吸ってみた感じでこのくらい…という比較だったり、第三者による非公式の測定になってしまったりしています。

その為に完全に正確なデータとは言い難いところもあるのですが、今回はタバコメーカー以外の機関が独自に測定したニコチン量を紹介いたします。

グローのニコチン量は?

グロー

韓国にある機関、食品医薬品安全処が調査した所によると、グローに含まれているニコチン量は、1本当たりの平均で0.1㎎との事です。

同程度のニコチン量を含む燃焼式タバコの銘柄としては、マイルド・セブン・ワンやフロンティア・ライト・ワンなどがあります。

ニコチン量0.1㎎はタバコの含有量の中でも最も低い方ですので、グローはニコチン量がかなり低減されていると言えます。

アイコスのニコチン量は?

アイコス

グローと同じく、韓国の食品医薬品安全処の調査結果では、アイコスのニコチン量は1本当たりの平均で0.5㎎だそうです。

こちらは加熱式タバコのマイルド・セブン・スーパーライトやホープ・スーパーライトと同程度のニコチン量という訳です。

銘柄にスーパーライトと付いているだけあって、タバコの中でも比較的軽いものと同じくらいなんですね。

プルームテックのニコチン量は?

プルームテック

こちらはモノクラ~ベというテレビ番組での非公式の検証結果として出されていたものです。

それによると、プルームテックのニコチン量はなんと平均して0.05㎎なんだとか!

確かにプルームテックはかなり軽めの味わいだと評判だったのですが、その口コミも納得のニコチン量という訳ですね…。

グロー・アイコス・プルームテックを比較すると…

ニコチン量に比較

改めて、グロー・アイコス・プルームテックの3つを比較してみましょう。

最もニコチン量が少なかったのは、プルームテックの0.05㎎、最も多かったのはアイコスの0.5㎎という比較結果になりました。

グローは3つの中では真ん中の0.1㎎なので、プルームテックの2倍のニコチン量という事ですね。

また、アイコスは3つの中で比較して最もニコチン量が多かったとはいえ、加熱式タバコと比較するとかなりニコチン量が抑えられている事が分かります。

非公式かつニコチン量の測定方法もバラバラではあるのですが、確かに体感と比較しても、この結果は大体の目安として納得できそうですね。

プルームテックプラスの発売日は2019年3月に決定!吸い応えは?
従来のプルームテックよりも吸い応えが良くなった新商品『プルームテックプラス』電子タバコと加熱式タバコの中間に位置するこの商品、当初の発売日は年末年始とのことだったのですが、2019年3月までに発売すると決定しました。
プルームエスはコンビニで購入可能?口コミと評判をまとめてみた
プルームエスはコンビニで購入することができる?コンビニ以外ではどこで購入可能になるのでしょうか?プルームテックの最新機器、プルームエスの評判や口コミを詳しく調査!高温加熱型はやっぱりすごかった?プルームエスの人気の秘密に迫ります!

グローのニコチン量は?アイコス・プルームテックとの比較まとめ!

比較まとめ

グロー・アイコス・プルームテックに含まれているニコチン量の比較でした。

やはり、加熱式タバコは燃焼式タバコよりも有害物質が抑えられているというのは本当だった様です。

しかし、大幅に低減されているからといって、ニコチンなどの有害物質の量はまったくのゼロという訳では決してありません

改めて言うまでもない事ですが、タバコを味わう時は健康への被害もしっかり考えてくださいね!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*