アイコスはタイに持ち込み禁止!逮捕or罰金で没収って知ってた?

アイコス持ち込み罰金
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本での喫煙者のうち半分ほどの人が使用している加熱式タバコ

紙巻きタバコよりも有害性が少ないとされているアイコスなんて、今や使用するのが当たり前なレベルに迄あります。

日本では主流になっているアイコスですが、タイなどの海外で持ち込み禁止とされており、持っているのを見つかると没収されて逮捕や罰金刑に処されることもあるそうです。

今回は、海外でのアイコスの持ち込みについて調査してみました。

アイコスの持ち込みで人生最悪の海外旅行に?

海外旅行タイへ行く

例え海外旅行に行くときでも喫煙者の必需品と言えばもちろんですよね。

タバコが無ければどんなに楽しい海外旅行でも楽しめない体に…((( ;゚Д゚)))

タバコと言っても、今の日本人なら紙巻きタバコではなく加熱式タバコを持っていくでしょうか?

しかしながら、アイコスを海外に持ち込んだことで折角の楽しい海外旅行が最悪の結果になってしまうこともあるそうなんです。

PR

アイコスの持ち込みで逮捕者が出た?

アイコス持ち込みで逮捕者

2017年中旬ごろから、タイにアイコスを持ち込んだことによる逮捕者が増加し、ニュースになりました。

日本で広く普及しているアイコスですが、海外だとまだく販売されていない国があります。

東南アジアは特に厳しく、中でもタイでは持っているだけで没収されたうえで逮捕・罰金刑に処されることがあります。

現地の人だけでなく、海外観光客も処罰の対象になっておりタイに持ち込んだ海外旅行者が実際に逮捕されたケースもあるようです。

アイコス離れが止まらない!?アイコスを止めたその理由とは?
【アイコス離れが加速中】紙タバコ⇒電子タバコへのブームの火付け役だったアイコスでしたが、アイコス(iQOS)を止めたというユーザーを最近よく聞きます。アイコス離れの原因、アイコスを止めた理由は何なのか?アイコスユーザーの筆者が調査しました。
電子タバコは国際線と国内線で機内持ち込み可能?機内で吸える?
電子タバコはタバコと違うので飛行機内でも吸える?電子タバコの機内持ち込みはできるのかどうか詳しくご紹介していきます。国内線と国際線では機内持ち込みの規定が少し違うのをご存じでしたか?また、機内持ち込みを行う際の注意点などもまとめてみたので、電子タバコを旅行に持っていきたいと考えている方は必見です!

タイではアイコスの持ち込み禁止!

アイコスの持ち込み禁止

ほほえみの国ともいわれているタイ。物価も安く、観光しに行く日本人が非常に多い国ですよね。

しかし、日本からタイ行きの旅行会社ではこのような勧告がされています。

禁止条例の概要は「輸入禁止」、「販売禁止」、「提供禁止」となります。
商売のための持ち込みだけでなく、本人の利用も禁止という解釈です。

日本海外ツアーオペレーター協会

本人の利用も禁止なので、持っているだけで罰せられる可能性があります。

アイコスを持っていることが見つかれば没収され、罰金や逮捕刑になることもあるそうなんです。

タイ国内ではアイコス・電子タバコ・水タバコが禁止

電子タバコは法律で禁止

タイではアイコスの販売は行われていません。

更に、2014年からは電子タバコが違法とされ、使用しなくても所持しているだけで没収され、逮捕からの最大10年の懲役もしくは電子タバコの5倍の価格の罰金刑に処されます。

罰金額は1,000バーツ~10,000バーツ程度と言われていますが、実際には10万円支払ったというケースもあるそうです。

電子タバコの中には、日本で言う加熱式タバコも含まれアイコスだけでなくグローやプルームテックも禁止ですし、水タバコやタバコに似せた喫煙具ビタフルなどのビタミン吸引機も禁止・没収対象になっています。

リゾート気分で喫煙具を持ち込むと規制対象になりますのでご注意を。

紙巻きタバコは許可されている

紙巻きタバコは許可

アイコスなどの加熱式タバコ、電子タバコの持ち込み禁止・使用禁止になっているタイですが、紙巻きタバコの使用は許可されています。

もちろん、喫煙許可エリアでしか喫煙することはできませんが従来の紙巻きタバコなら普通に吸えます。

タイでの紙巻きタバコ持ち込み規定量は1人につき200本(1カートン)となっているので普通に海外旅行を楽しむ分には申し分ない量持ち込むことができます。

アイコスに慣れてしまった今、紙巻きタバコに戻すのは難しいとは思いますが、諦めましょう。

飛行機のマイルの意味って?貯め方とどれくらい貯まるのかまとめ
飛行機に乗るときによく耳にするマイルという単語。その意味がわからず、お金がかかったりするイメージを持っていたりしませんか?マイルの意味と貯め方・どのくらい貯まるのか・日常生活での貯め方をご紹介します!
煙草が吸いたくなくなる?おすすめの電子タバコとその禁煙方法とは?
今回のアンケートは電子タバコについて200名の男性にアンケートを行いました。おすすめ電子タバコや電子タバコや禁煙方法となり得るのか?煙草を吸っているかなどのアンケートや密かにブームとなっている有害物質がない電子タバコなども紹介しております。

アイコスの持ち込み禁止、バレなきゃセーフ?

バレにゃい

アイコスの持ち込み禁止されているタイですが、ぶっちゃけバレなければ問題なくね?

なーんてこと思っちゃいます。
思っちゃいます。

事実、アイコス発見器なんてものが開発されていないですし、バレる可能性は非常に低いと思います。

アイコスの持ち込みは一体どんなシーンでバレるのでしょうか…。

PR

税関でのチェックを通ればセーフ?

税関のチェック

基本的にアイコスの持ち込みがバレるシーンというのは税関を通過するときです。

税関でチェックされるのはランダムで数人なので、間違えてアイコスを持ち込んでしまった場合自分が抜き打ちの対象にならなければセーフっちゃセーフ…なのかな?

税関で見つかったらアイコスは没収され、罰金を払うことになります。

この段階では逮捕・懲役刑にはならないと思います。

街中でもチェックされる恐怖

タイで職務質問

税関を通ればOK~なんて思っているのも束の間、タイでは海外観光客にも容赦なくポリスマンが話しかけてきます。

日本でいう職務質問と手荷物検査。

ここで持ち込み禁止のはずのアイコスがバレると面倒くさいです!
タイ語が分かれば弁明できるかもしれませんがそうはいかないですよね(-_-;)

没収に加えて罰金刑or10年以下の懲役決定です。

自分がすごく影が薄いとか、人に見つからない透明人間なら自己責任でどうぞご勝手に。
ですが、ただの人間なら多額のお金を用意してからアイコスを持ち込みましょう。

ホテルで一人っきりでならセーフ

タイのホテルで喫煙

税関もスルーでき、街中のポリスマンにも見つからなければ…ホテルでおとなしく吸う分には問題ありません

まぁ、その国では犯罪であることをしている自覚をして尚吸えるならの話ですが。

バルコニーや共用の喫煙スペースで吸ったら持ち込み禁止なのに持ち込んでいることがバレる確率がUPするので、吸うなら一人静かに部屋の中だけでどうぞ。

外へ外出する時もできればホテルに置いておいた方が安心ではありますが、ホテルのスタッフにバレれば没収されるので気を付けましょう。

電子タバコは禁煙チャンス?本当に禁煙可能か筆者が試してみた!
電子タバコは禁煙チャンス?タバコ大好きな筆者が実際に電子タバコで喫煙ができるのか試してみた結果をご報告します。果たして筆者は喫煙チャレンジに成功したのでしょうか?紙巻きたばこから電子タバコに変えた場合の金額の差もまとめてみたので『タバコ代がもったいないな』と少しでも思っているなら、禁煙チャンスな...
煙草をやめる簡単な方法とは?煙草をやめたら何が変わるのか?
ニコチン依存症は覚せい剤よりも依存性が高い薬物です。そのためなかなか禁煙を成功させることは難しいものです。様々な禁煙方法があるなか、煙草をやめる簡単な方法はないか?をまとめてみました。煙草をやめると何が変わるのか?メリットもまとめてました。

持ち込み禁止なのに持ち込んでる人がいる…

タイへ旅行を行った人の中には、『アイコスを吸っている人を見かけた』『普通にアイコス吸ってた』なんて情報を見かけますが…。

それはタイに持ち込み禁止なのを知らず、たまたま税関や警察にもバレることなく吸っているだけだと思います。

アイコス没収されてもいいや、10年懲役も罰金もなんでも払ってやんよーって方ならどうぞ自己責任で。って感じですが、基本的にはその国で禁止されている事というのを理解しましょう。

アイコス喫煙の日本人を狙い撃ちという噂も…

日本みたいに、タイではこの罪にはこの罰金!というのが決まっていないのか、人によってはアイコスが見つかり5万バーツ罰金というケースもあったそうです。

また、タイでもアイコスが取り扱われていたり、喫煙している現地人もいるようで、もしかしたら法律を知らない浮かれた観光客からガッポガッポしているのでは?なんて噂もたっています。

ちょっと裏筋の警察の人に見つかると恐らく、相場よりも高い罰金を要求されたり逮捕までが早いと言ったことが考えられるので、そういった危機を回避するためにもアイコスは日本に置いていきましょう。

タイにはアイコス持ち込み禁止って本当?まとめ

郷に入っては郷に従え。なにかが有ってからは遅いです!

海外旅行に行く前に、その国の法律やルールをしっかり理解して楽しめるように対策を取るようにしましょう。

ちなみに、タイだけでなく台湾・シンガポール・マレーシアと言った国でもアイコスの使用・所持・持ち込み禁止されているので要注意です。

娯楽品の持ち込みをして残念な結果になるくらいなら日本で悠々と喫煙していた方がよっぽどいいです。

海外旅行の醍醐味はその国を味わう事!おとなしくその国のルールにのっとって観光するようにしましょう!

どうしてもアイコスが吸いたいならアイコスが吸える国に旅行へ行ってみては??

あなたへのオススメ

コメントを残す

*