除湿と冷房の電気代の違いとは?寝るときは使い分け必須?

エアコン 電気代
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

暑い夏に大活躍してくれるエアコン。

今年の夏は特にエアコンがないと生活できないほどの気温に…。特に、寝るときに冷房を付けないと人体の影響もあるなんてニュースになりました。

しかし、気になるのが電気代ですよね…。気づいたら一ヶ月の電気代がすごいことになっていることも…。

冷房機能よりも除湿機能の方が何となく電気代が安いのかななんて思っているのですが、この二つにはどんな違いがあるのでしょうか?

今回は夏のお供エアコンの冷房・除湿について調査してみました!

エアコンの冷房と除湿の違いはどこにある?

冷房の設定

エアコンには冷房除湿(ドライ)の機能がありますが、この二つの機能使い分けられていますか?

涼しくなればどっちでもいいや~と適当に冷房・除湿を遣うのは間違い!

先ずは、冷房と除湿機能の違いについて学んでいきましょう!

PR

冷房機能の効果

冷房効果

先ずは一番使用者も多いであろう冷房機能です。

冷房昨日は部屋の温度を下げる事を目的としています。

室内の空気をエアコンが吸い取り、空気中の熱を逃がし、涼し空気のみを室内に戻すことで部屋の温度が下がっていきます。

除湿機能の効果

除湿の効果

除湿(ドライ)機能はその名の通り、空気中の湿度を下げる事を目的としています。

水分を多く含んだ空気をエアコン内に吸い込み、空気を冷やすことで空気中の水分を追い出し水分を取り去ったサラッとした空気が室内に戻されることで湿度を下げています。

都会の夏は湿気が多いため、気温がそこそこでもジトジトと熱く体感温度が高く感じてしまいます。

逆に、田舎や軽井沢などの避暑地は比較的湿度が低く、カラッとしているので気温が高くても体感的にはそうでもありません。

冷房と除湿の違いは『目的』

冷房と除湿機能の大きな違いはその目的です。

どちらも似たように空気を取り込み不要な部分を外へ逃がし、余分な熱や水を取り去った空気を部屋に戻すという動作が行われています。

冷房は室温を下げる
除湿は湿度を下げます。

暑い…寝れない…そんな時に試したいエアコン無し対策とは?
暑すぎて寝れないと、寝不足の方もいるのではないでしょうか?日本でも41度が観測されるほどの灼熱の大地を生きながらも、まだエアコン無しで過ごしたいだって?しょうがない!とっておきの扇風機などの対策を紹介していきますよ!
【熱中症対策】経口補水液の簡単な作り方!熱中症予防には効果あり?
熱中症対策は絶対知っておこう!毎日猛暑で嫌になるからこそ、熱中症の予防法と対策法はしっかり知っておくべきです。今回は熱中症について解説すると共に経口補水液の簡単な作り方をご紹介します!熱中症はこんなにも恐ろしい…!

除湿(ドライ)機能には2種類ある

除湿機能

実は、除湿機能には2種類あるのを知っていましたか?

筆者走らなかった!

弱冷房除湿再熱除湿と言う2種類の除湿機能ですが、この2種類にも違いがあり、電気代を抑えたい!と思っている方にとっては重要なポイントになってきます。

弱冷房除湿と再熱除湿の違い

温度計

弱冷房除湿は部屋の温度を下げながら湿度を下げる効果があり、湿度を下げる際に冷やされた空気が冷えた状態で排出されることである程度室内も涼しくなってくれます。

一方で、再熱除湿は除湿の際に冷えてしまった空気を一度温めなおし排出することで室温が下がらないように湿度を下げると言う効果があります。

除湿の段階でどうしても空気が冷えてしまうので室温を変えたくないなら再熱除湿を使用したり、気温も同時に下げたいなら冷房除湿を使用すると使い分けするのが良いようです。

冷房・弱冷房除湿・再熱除湿の使い分け方

エアコンに搭載されて居るこの3つの機能をうまく使い分けることで、梅雨から夏にかけてを快適に過ごす事ができるようになります。

例えば、真夏程暑くはならないけど湿気が多くてジメジメしている日には除湿(ドライ)機能で涼しく過ごす。

気温が高く、蒸し暑い日には冷房機能を使って快適に過ごす。

といった風に今の室内の状態に合わせて使い分けてあげてみてください。

それぞれの機能の電気代の違い

エアコンの電気代

使い分けるという事は分かったけど、ただでさえエアコンの可動率が高い夏。

できるだけ電気代を抑えたいですよね。

冷房・弱冷房除湿・再熱除湿の電気代はどのようになっているのでしょうか?

PR

電気代が一番高いのは『再熱除湿』

ズバリ、一番電気代が高いのは再熱除湿です。

再熱除湿は、弱冷房除湿と違い空気を冷やして水分を取り除いた後に空気を温めなおすと言う動作が必要になります。

エアコンの内部で冷房と暖房を繰り返しているようなものです。

この温めなおすという動作が、冷房や弱冷房除湿よりも電気代がかかる要因とされています。

日射病と熱中症の違いは頭痛や熱、下痢などの症状だけ?
熱中症、日射病はただの頭痛と甘く見ていると最悪死んでしまいます。夏になるとニュースでもよく耳にしますよね。ところで熱中症と日射病の違いってご存知ですか?この記事ではそんな熱中症と日射病の症状についてまとめています。
【2018】夏のサマーセールはいつからいつまでの時期で開催?
夏の一大イベントサマーセール。オシャレアイテムをお安く購入する、夏らしい激熱のチャンス!そんなサマーセールのいつからいつまでかご存知ですか?2018年のセール時期とサマーセールの正しい買い物の仕方をまとめました!

電気代が一番安いのは『弱冷房除湿』

電気代が高いのは『再熱除湿』では、電気代が一番安いのは冷房・弱冷房除湿どちらでしょう?

電気代が一番安いのは弱冷房除湿といわれています。

弱冷房除湿は、水分を取るために空気が冷やされそのまま排出されているので、再熱除湿に比べると電気代は安くなります。

冷房機能は水分ではなく熱を取り去るため、弱冷房除湿よりも少々電気代が高くつきます。

寝るときはどの機能がおすすめ?

睡眠時のエアコン

エアコンに使用する電気代が大まかにわかったところで、では、寝るときはどの機能を使用するのが正しいのかと言う話をしていきましょう。

それぞれの機能の違いと電気代の違いを理解していれば使い分けもきっと楽になるはずです!

寝るときは冷房ではなく除湿機能で!

除湿機能

寝るときのエアコンの設定って悩みますよね。

冷房だと体が冷えすぎてしまうし、だからといってタイマーを使用すると暑さで中途半端な時間に暑さで目が覚めてしまったり…。

そんな時には除湿機能を使用しましょう。

除湿機能の使い分けでさらに快適に

冷房と除湿の使い分けだけでなく、除湿の2つの機能を使い分けることで寝るときの室温を最適化することができるようになります。

ある程度部屋は冷やしておきたいけど、冷房のように強いのは嫌

      ⇒弱冷房除湿がおすすめ

寒いのは嫌。適温の状態で快適に寝たい

      ⇒再熱除湿がおすすめ

と言ったように、寝るときにどんな環境で居たいかと言うのが選ぶポイントになってきます!

再熱除湿は不要?そんなことはない!

再熱除湿で快適に寝る

電気代も高く、使い方がよくわからない再熱除湿ですが、不要な機能かと言われたらそんなことはありません!

例えば、寝る直前まで低い設定温度で冷房を可動。寝に入る時は涼しく快適かもしれませんが寝るときずっと寒い部屋の中だと風邪をひきやすくなったり、体調を崩すことがあります。

特に冷房が苦手な女性等ですね。

弱冷房除湿はどうしても冷たい空気が排出されるのでエアコンの直下だと寒く感じます。

そういった時に、再熱除湿を使用すれば、冷たい空間は保たれつつも適温の風が排出されるので体調を崩しにくくなります。

再熱除湿にする前に、冷房で部屋を十分に冷やしてから切り替えるといいでしょう。

【メンズ】この夏おしゃれにキメたい扇子ブランドはどこが人気?
扇子はどちらかというと女性が持っているイメージがありますが、男性が持っても全然問題ありません!てなわけで扇子でおしゃれに夏を乗り切りましょう!この記事ではメンズから人気を集める扇子ブランドについてまとめています!
2018年の夏におすすめの髪型と髪色でモテるメンズの仲間入り!
いよいよ来ました、夏!今年も彼女がいない夏を過ごすんですか?否!今からでも間に合います!今回は2018年夏におすすめの髪型と髪色を紹介していきます。おすすめのヘアスタイルもリンクを貼ってありますのでどうぞ!

除湿と冷房の電気代の違いと寝るときの使い方まとめ

今回はエアコンについて除湿と冷房の効果の違い電気代の違いそして、寝るときの使い分け方などをご紹介させていただきました。

筆者はエアコンの冷気が苦手なのでもっぱら除湿機能で過ごしています。

最近のエアコンの機種によっては、弱冷房除湿よりも冷房の方が電気代が安いという事もあるようなので、一概には言えません、

冷房がきつくてエアコンを付けたり消したりを繰り返している人は一度、再熱除湿や弱冷房除湿を使ってみてはいかがでしょうか?

エアコンの電源を付けたり消したりするのが一番電気代のかかる行為なので、切り替える程度にとどめて、適温で夏を最後まで迎えてください!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*