加熱式電子タバコACE(エース)に害や発がん性物質はある?副流煙は?

ACEの有害性
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイコスなどの加熱式タバコは紙巻タバコに比べて有害性が少ないとされていますが、実際アイコスの互換機になると何らかの害があるかも…と疑ってしまいますよね?

と言うことで、今回は今話題になっているアイコス互換機の加熱式タバコACE(エース)の有害性について調査していきたいと思います!

発がん性物質や、有害性が有るなら…例え良い製品でも使いたくはないですよね。

ACEの発がん性物質とアイコスとの有害性の差なども詳しく調べてみました!

今人気のアイコス互換機ACE(エース)

加熱式タバコの中心になっているアイコスですが、少々使い勝手が悪いという点があり、いまやアイコス互換機の方が主流になりつつで、2台持ちをしている人が多くなっています。

1回の使用で充電が必要になりチェーンスモークができなかったり、加熱部分のブレードが汚れたり折れてしまったり、ヒートスティックが刺さらなかったり…何かと不便です。

そんな、アイコスの痒い所に手が届いた商品達がアイコスの互換機なのです。

中でも最新機器として登場した加熱式タバコACEは今、アイコス互換機の中でも最も注目されています!

アイコス互換機エース(ACE)とイーフォス(EFOS)を比較してみた
アイコスの互換機の中でも使い勝手が良く、更に日本製品と言うことで注目を浴びたイーフォスに後継機が登場!その名もACE(エース)。この二つはどんな違いがあるのでしょうか。先行機であるイーフォスと後継機エースを比較!
加熱式電子タバコのエースを構造が似ているグローと比較してみた
2018年9月に最新のアイコス互換機「ACE(エース)」が発売されました!見た目や大きさは「glo(グロー)」にとてもそっくりなので、どこが違うのかiQOS(アイコス)や他の加熱式電子タバコと比較してみました。
PR

ACE(エース)に有害性はあるのか?

有害性を調査

紙巻タバコに含まれている有害性物質は200種類以上にも上ると言われ、中でも発がん性物質になっているのがタール・一酸化炭素です。

タールと一酸化炭素は副流煙にも多く含まれており、周囲の人へも有害性を振りまいています。

体に有害だとわかっていてもタバコを吸ってしまう原因にもなっているニコチンもタバコの有害性物質の一つですね。

加熱式タバコはタール・一酸化炭素が発生しにくく、ニコチンのみを喫煙できる器具となっていますが、果たしてACEもそうなのでしょうか…?

アイコスを今すぐ捨てて「アイコス互換機」を持った方がいい理由
アイコスには有害性がある?何かと使い勝手の悪いアイコスに今変わって人気なのが、アイコスの上位互換機『アイスモーク』です。アイスモークを使ったらもうアイコスには戻れないとまで言われているアイスモークの威力を一挙公開!
iSMOKEの評判まとめ!アイコス互換機の中でもおすすめな理由
今、加熱式タバコで使用するタバコスティックを使用して喫煙することが出来る互換機が人気なんです!今回はアイコスの互換機の中でも、おしゃれで連続喫煙が可能なiSMOKEの評判やおすすめポイントをまとめました。

タールの発生温度は500℃以上

温度でタール発生

タールが発生するのは、タバコの葉が500℃以上に熱された時といわれています。

加熱式タバコはその性質状500℃以上になる事は殆ど無く、タールは基本的に発生しないとされています。

ただし、燃えカスがスティック差し込み口などに溜まると徐々に有害性を貯蓄してしまい、発がん性物質が発生することも考えられるので、100%発生しないとは言い切れませんが、使用方法さえきちんと守れば、主流煙にも副流煙にもタールが含まれている事はほぼありません。

一酸化炭素は火を使わないので発生しない

タール発生は500℃

続いて発がん性物質を含んでいる一酸化炭素ですが、こちらも加熱式電子タバコの性質上ほぼ発生しないとみられています。

一酸化炭素が発生するのは、タバコ葉を巻いている紙が不完全燃焼することが原因となっています。

加熱式タバコの吸い殻を見てわかるように、加熱式タバコに使用したタバコスティックは原型をとどめた状態になっているので、燃えていません。
つまり、紙巻タバコに比べると一酸化炭素の発生はかなり抑えられていることがわかります。

一酸化炭素もタールと同様にホルダーに汚れが溜まってしまうと発がん性物質や害のある物質が出てきてしまうので定期的なクリーニングが必要になってきます。

ニコチンは副流煙に含まれない

副流煙に含まれない

加熱式タバコは基本的に、ニコチンのみを喫煙できるものです。

ニコチンは発がん性物質はなく、脳に作用して快楽物質を発生させタバコを手放せない状態にしてきます。

が、ニコチンは水溶性なので吸って吐き出した時には唾液で溶かされ副流煙には混じってないと考えられているので、吸っている本人に有害なだけで副流煙による周囲の人への有害性はないと考えて良いでしょう。

また、ニコチンが含まれた副流煙を吸ったから中毒になるといったことは一切ありません。

加熱式タバコの有害性はまだ謎に包まれている

研究段階

加熱式タバコの有害性って実際まだどんなものがあるのか証明されていないのが事実です。

最近主流となってきたばかりのタバコなので、長年使い続けるとどんな影響があるのか紙巻タバコのように証明されていないのです。

ただし、タバコから出る有害性物質が発生するタイミングや原因から考えるに、加熱式タバコからはタールや一酸化炭素等が発生しないだろう。と考えられている段階です。

少しずつ研究は進んでいますし、紙巻きたばこよりも有害性が強いという事はないでしょうから、健康思考なら加熱式タバコに切り替えた方がいいのは確かだと思っています!

加熱式電子タバコACE(エース)の口コミ&評判!安い販売店はどこ?
最新の加熱式電子タバコACE(エース)はどんなアイコス互換機なのでしょうか?使用している人の口コミや評判を集めてみました!また、購入できる店舗で一番安い販売店も見つけてみたので是非参考にしてみてください。
加熱式電子タバコACE(エース)の充電方法とクリーニングのやり方
アイコスの互換機として知られる加熱式電子タバコACE(エース)の充電方法やクリーニング方法を隅から隅まで調査してみました!ランプが点滅しているのは故障の合図なのか、故障してしまった時の対処方法もまとめてみました。

アイコスよりもACEの方が有害性が少ない?

アイコスとエース

アイコスよりも、アイコス互換機として登場したACEの方が有害性が低いのでは?とされているのですが…それは一体何故なのか、ちょっとご紹介しますね。

アイコスよりも使い勝手がいいと言うのは、実は発がん性物質・有害性物質の排除の一躍を担っていたのです!

PR

3Dベーキングシステムによって全体的に熱される

加熱方法

ACE独自の加熱方法3Dベーキングシステムはアイコスや他の互換機のように中心に熱ブレードが使用されていない造りになっています。

ブレード式だとどうしても中心部が他の部位よりも強く熱されてしまい、有害性物質の発生を促してしまいます。

が、ACE(エース)の3Dベーキングシステムのように外側から中央に向かってゆっくりと熱することでムラなく、全体的に熱を加える事ができるようになります。

熱が一部的に集中しないので、温度も一定に保たれた状態で発がん性物質の発生を抑えてくれます。

掃除のしやすさで有害性も削減!

掃除する

ブレード式の加熱方法だと、中央に突起物がついているため掃除がしにくいという欠点があります。

ブレードに付着したタバコ葉を掃除しようにも、力を入れ過ぎると折れたり・曲がったりと言った故障に繋がってしまうので、しっかり掃除することができませんでした。

ブレードにタバコ葉が付着しているとそのうち炭となり、発がん性物質や有害性を持つようになってしまいます。

一方で、3Dベーキングシステムを採用しているACEなら、ぽっかりと開いた状態になっているので掃除が楽々ですし、タバコ葉が直接加熱部に付着することもありません。

綿棒などで軽く拭いてあげるだけでクリーニング可能なので、アイコスと比べて不純物の少ない状態で喫煙できるのがACEの特徴ともいえるでしょう。

間違った使用方法で有害性が出る場合がある

倒れる

どんなに有害性少ないと言っても、使用方法次第では発がん性や有害性を誘発してしまう可能性が考えられます。

ですが、使用方法さえ気を付ければ有害性の発生を十分抑えることができるという意味にもなりますので、シッカリと確認して守るようにしてみてください!

本体が熱くなっている状態でのチェーンスモーク

本体の熱

アイコスとは違いACEはチェーンスモーク可能になっています。

本数は3本程度ですが、チェーンスモーク可能と言うのはかなりありがたいですよね!

しかし、コンパクトな本体で何百度と言う熱を発生させている機械です。使用すればするほど本体内に熱が溜まることになります。

3本と言うのは、この熱量を耐えられる本数になっているので、それ以上のチェーンスモークや本体が熱くなりすぎた状態での喫煙は危険です。

一酸化炭素やタールと言った発がん性物質の発生を誘発してしまうので、本体温度には気を遣うようにしましょう。

クリーニング不足

掃除のしやすさ

先ほどご紹介したように、使用しているうちにタバコホルダーや加熱部に微量ながらタバコ葉が溜まる事があります。

これらを放置してしまうと徐々に炭になり、有害性物質を発生させる原因となります。

ACEはブレード式ではないので比較的溜まりにくい造りになってはいますが、20本~40本に1回以上クリーニングを行うことで有害性物質を出にくくするほか、味が劣化しにくくなるので1箱吸い終わったら掃除をする等習慣をつけるようにしましょう。

加熱式電子タバコACE(エース)は楽天・アマゾンより公式販売店がお得?
加熱式タバコであるアイコスの互換機として今話題になっている『ACE(エース)』はどこで購入するのが一番お得なのでしょうか?楽天やアマゾンなどのネット販売店で購入できるエースですが、一番おすすめなのは公式販売店?
加熱式電子タバコACE(エース)の使い方・値段・故障時の対処法まとめ
加熱式電子タバコACE(エース)は最新のアイコス互換機として今話題になっている機器です。今回はそんなACEの詳しい使い方と、購入時の値段、更には故障したときの対処方法迄ドドンとご紹介していきたいと思います!

ACEの発がん性物質や副流煙の害を調査!まとめ

ACEだけでなく、アイコスやグロー・プルームテックに至るまで、加熱式電子タバコの有害性については認められていないのが現状です。

紙巻タバコの三大有害物質の内2つはほぼ発見されていない調査結果にはなっていますが、タバコ葉を加熱することで今度はどんな有害性が発生するのか、互換機だから何かが違うという事はあるのかと言った点は証明されていません。

それでも加熱式タバコの有害性が気になるのであれば、そもそもタバコを止めましょうw

タバコが吸いたいけど少しでも発がん性物質が少ない機器が欲しいというのなら、アイコスの互換機ACE(エース)を使用してみるのも一つの手ではないでしょうか?

あなたへのオススメ

コメントを残す

*