加熱式タバコも値上げ(増税)決定!価格はいくらになるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【悲報】加熱式タバコも値上げ

2018年10月にタバコ全体が増税により値上げされることは、愛煙家の皆さんであれば既に知っていることだと思います。

しかしなんとその中に加熱式タバコも含まれてしまっているんです(´;ω;`)

日本で利用されている3大加熱式タバコである、アイコス・グロー・プルームテック全て値上げですハイ…。

というわけでこの記事では加熱式タバコの増税後の価格がいくらなのかまとめていきます!

電子タバコは増税後も値上げされない!

紙巻きタバコも加熱式タバコも増税後の値上がりが痛い…。

しかし電子タバコであれば、いくら増税しようと価格に影響がないです。ついでに禁煙も出来るし一石二鳥なのではないでしょうか?

そんな電子タバコのおすすめはやっぱり、『C-tec』なんです。

C-tecは吸引するとニコチンの煙の代わりに水蒸気が出てくるため、喫煙者でもしっかりとした吸いごたえを感じることが出来るでしょう!

有害物質が一切なく、吸いごたえが抜群。しかもタバコ税の増税の影響を受けない…あれ?C-tecに乗り換えるときが来た?

シーテック(C-Tec)の販売店で一番安く購入出来るのは公式?
話題の電子タバコ、シーテック(C-tec)。今回の記事では、シーテック(C-tec)に今まで触れた事がない、詳しくないという方の為に、シーテック(C-tec)の魅力をご紹介します!販売店の中で一番安く購入できるのはどこ?
シーテック(C-Tec)の味でおすすめなのは?一覧でまとめてみた
電子タバコのシーテック(C-Tec)には魅力的なフレーバーが7種類もあるんです!充電式電子タバコなのにこのラインナップの多さは嬉しい所。そこでこの記事ではシーテック(C-Tec)のおすすめの味について一覧でご紹介します!

加熱式タバコの値上げはいくら?

3大加熱式タバコ
PR

2018年10月にその他紙巻きタバコたちと同じように増税により価格が上昇する加熱式タバコ

気になるのはその増税後の価格でしょう。

というわけで、いきなりでありますが日本の3大加熱式タバコのアイコス・グロー・プルームテックの増税後価格はいくらなのでしょうか?

【2018年10月】銘柄別タバコ値上げ価格一覧まとめ!
2018年の10月にタバコ税が改定。増税に合わせてタバコ事態の価格も銘柄によっては変わってくるそうです。さらに!加熱式タバコの筆頭アイコスまでもが値上がり決定!?2018年のタバコ値上げの銘柄一覧をまとめてみました。
人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル(VITAFUL)』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いも良い人気のビタフルを購入したい!という訳でどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!

アイコスの増税後価格はいくら?

アイコスフレーバー

項目 内容
ヒートスティック マルボロ
種類 全9種
本数 一律20本
増税前価格 一律460円
増税後価格 一律500円(+40円)

日本で一番シェア率の高い加熱式タバコであるアイコスですが、2018年10月から+40円で吸う羽目になります。

せっかく健康を考えて、ニコチン量が少ないアイコスに変えたのに増税で気分落ち込んじゃいますよね(´;ω;`)

ちなみに紙巻きタバコのマルボロは増税後は+50円なので、まだアイコスの方が安いです。

いやまぁ10円だけなんですが、チリも積もればなんとやらですよ!と喫煙者は気持ちを強く持つしかないのである…。

グローの増税後価格はいくら?

グローのフレーバー

項目 内容
ネオスティック KENT、neo、KOOL
種類 全15種(KENT10種NEO4種KOOL1種)
本数 一律20本
増税前価格 420円
450円(KOOLのみ)
増税後価格 460円(+40円)
490円(KOOLのみ+40円)

国内加熱式タバコシェアNo.2のグローですが、2018年8月30日に滑り込み値上げ申請をしてしまいました…。

というわけでグローも増税後は+40円で堪能することになります。

フレーバー種類の多さとアイコスと比べて元々40円安いことがグローの利点だったのに、値上げの影響で従来のアイコスと同じ価格になってしまいましたね(´;ω;`)

ま、まぁアイコスユーザーよりは影響は少ないですけど、痛いっちゃ痛いですよね。

プルームテックの増税価格はいくら?

プルームテックのフレーバー

項目 内容
たばこカプセル MEVIUS
種類 全6種
個数 一律5個
増税前価格 一律460円
増税後価格 一律490円(+30円)

1つのカプセルに6本分のタバコが詰まっているため、カプセル5個でもタバコ30本分楽しめるプルームテックも増税後は値上げです。

ただ他の加熱式タバコと比べると増税額は少なく+30円となっております。

プルームテックは連続吸いがしやすくついつい多く吸ってしまっている方には+30円でも痛手です…。

タバコを吸う量を自分で調整できるというプルームテックの利点を生かし、今後はちょっとずつ吸っていく必要があるかもしれませんね(゚Д゚;)

PR

加熱式タバコの値上げのシステムは?

右肩上がりの図

加熱式タバコの値上げ額を見て皆さんどう思いますか?やはりお財布へのダメージが気になるところですよね。

ダメージを負っている中、更なる打撃を一つ…。加熱式タバコはこれから5年間毎年値上げが繰り返されます。と言えばどう思いますか?

え?マジ?っと思った方、大マジなんです。そんな加熱式タバコの値上げのシステムについてみていきましょう。

【タバコ税】値上げの歴史を紐解く!今まで幾ら値上げされた?
タバコの値上げはいつから行われていた?タバコの価格の歴史を調査してみた結果、値上がりの原因はタバコ税や消費税の増税だった!日本タバコ産業のタバコを中心にタバコの価格変動をまとめてみました。歴史でみると今年の値上げは…
加熱式電子タバコACE(エース)の使い方・値段・故障時の対処法まとめ
加熱式電子タバコACE(エース)は最新のアイコス互換機として今話題になっている機器です。今回はそんなACEの詳しい使い方と、購入時の値段、更には故障したときの対処方法迄ドドンとご紹介していきたいと思います!

加熱式タバコはこれから段階値上げされる

階段を昇る人

2018年10月の加熱式タバコの値上げは言ってしまえば一時的なものです。

これから5年間かけて段階値上げされていきます\(^o^)/オワタ

5段階スライド式増税とも言われるこの増税方法で気になるのは、やっぱりいくら値上げされるのかでしょう。

これはその年代の消費税やタバコ増税の計算式によって変わってくるので、現段階では一概には言えません。

しかし200~300円以内、ないしはそれ以上の値上げが予想されています。2019年10月頃に消費税10%になるのは確定してますし…。

仮に5年間で300円値上げされたとして、アイコスだと1箱760円…。いてぇ…いてぇよ…(´;ω;`)

加熱式タバコは価格と重量で値上げ額が決まる

重さを測る人たち

ちなみにですが加熱式タバコの値上げ額の決め方なんですが、紙巻きタバコの値上げ額の決め方とは少し異なります。

通常の紙巻きタバコは1本に付き+3.5円のような形で1本ごとの価格が値上げされるのに対し、加熱式タバコは元々の価格と製品の重量で値上げ額が決定されます。

本数で決めてしまったら、プルームテックめっちゃ安くなりますから妥当と言えば妥当なのかもしれませんね(笑)

ちなみに重量にしたところで、プルームテックが圧倒的に軽いというわけでプルームテックの増税だけ+30円になっているというわけですね。

値上げされ続けるタバコ、もう禁煙してしまう…?

値上げされても俺は加熱式タバコを吸い続けるぞ!とタバコと生涯付き合い続ける覚悟をしている方もいるかもしれません。

しかし増税による影響を受け続け、1,000円近い価格の物を知人らから毛嫌いされながら吸うのは結構シンドイとは思いませんか?(´;ω;`)

そうなる前に『C-tec』という電子タバコで禁煙にチャレンジしてみませんか?

このC-tecにはニコチンやタールなどの有害物質が一切入っていないだけではなく、フレーバーの数が7種類もあり大切な人に気嫌いされずにむしろ一緒に楽しむことだって可能です。

ちなみにビタフルは一般のディスカウントストアや雑貨屋さんでも販売されていますが、公式サイトが一番お得に購入できます♪

シーテック(C-Tec)はコンビニで購入可?楽天より安い販売店は?
電子タバコのシーテック(C-Tec)を購入するなら、一体どこの販売店がベストなのでしょうか。どうやら楽天でも買える様ですが、コンビニではどうなのでしょう?電子タバコ本体やカートリッジを安く買えるのは果たして…。
シーテック(C-Tec)充電式の使い方を徹底的に調査してみた
シーテック(C-Tec)は、バッテリー充電式で専用カートリッジを交換しながら繰り返し何度も使える電子タバコです。今回はそのシーテック(C-Tec)の使い方を詳しくご紹介します!実はとってもシンプルで簡単って本当?

加熱式タバコの値上げ価格はいくら?まとめ

上司に嫌味を言われる人の図

今年の加熱式タバコの増税後価格は+30~+40円ということになりました!紙巻きタバコの増税とあまり変わらないですね。

そして大事なことが『今年の』ということ。これはつまり来年以降も値上げがあるということなんです。

この記事で取り上げた加熱式タバコは5年間のスライド式値上げが確定済み。ちなみにですが紙巻きたばこも3年間のスライド式値上げも確定しています。

うーんやっぱり増税による値上げはいくら少しずつとは言っても厳しいですよね…やはり禁煙の道を歩むしか喫煙者に道は残されていないのだろうか…。

アイコス3もまだまだ最新のアイコス互換機には勝てない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイコス3・マルチよりも断然使い勝手が良く、壊れないアイコス互換機をアイコスと二台持ちしている方が多いのはご存じですか?

アイスモークはアイコス3マルチの連続10本吸いよりも多い13本連続喫煙可能なアイコス互換機で、どのアイコスよりも軽い30gの超軽量モデルです。

アイスモークがアイコスの上位互換品と呼ばれる理由としてはアイコスでよくある『不便な点』が全て改善されており、掃除も楽で独特な嫌な臭いがしないという所にあります。

※今時、アイコス単体だけを持っている人なんていません。先ずは公式サイトで詳細を確認してみて下さい。きっとアイコス互換機の素晴らしさがあなたにも分かる筈です。


アイコス互換機が凄い理由

あなたへのオススメ

コメントを残す

*