アイコス互換機エース(ACE)とイーフォス(EFOS)を比較してみた

比較
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

加熱式タバコのアイコス互換器に新機器登場のニュースが!

新機器はなんと…アイコス互換機の中でも注目が大きかったイーフォスの後継機として登場するそうです!

その名もACE(エース)

今回は、アイコス互換機として登場した先行機イーフォスと、最近登場した後継機ACE(エース)の違いを見比べながら機能を比較してみたいと思います!

アイコスの互換機を使用するメリットとは

アイコスstop

正規品と言えどもの申したい!

アイコスってちょっと使い勝手悪くないですか!!

ヒートスティックは上手く刺さらんわ、掃除は面倒だわ、しょっちゅう不具合起こすわ、壊れるわ!

モヤっとムカッとするのが度々…。こんなにイライラするなんて自分もオジサンになったな…とおもう筆者です。

アイコスのこのちょっとしたイライラ、共感してくれる人いませんか?いますよね!いてください!一人でクレーマーになりたくない

まぁ、そんなアイコスのイライラを解消してくれるのがアイコスの互換機というわけです。

前置きはこのくらいにしてアイコス互換機EFOS(イーフォス)ACE(エース)を比較していきます!

アイスモークはタバコの代わりになる?アイコス互換機の評判まとめ
アイスモークとは、今注目されているアイコスの代わりにヒートスティックを差し込んでタバコを吸えるアイコス互換機と言われるものです。アイコスよりも使い勝手がいいそうですが、口コミや評判はどんなものがあるのでしょうか?
アイコス離れが止まらない!?アイコスを止めたその理由とは?
【アイコス離れが加速中】紙タバコ⇒電子タバコへのブームの火付け役だったアイコスでしたが、アイコス(iQOS)を止めたというユーザーを最近よく聞きます。アイコス離れの原因、アイコスを止めた理由は何なのか?アイコスユーザーの筆者が調査しました。

イーフォスとエースの性能の違いを比較!

アイコス互換機として国産メーカーから登場したイーフォス、そしてそのイーフォスの後継機として登場したのがACE(エース)です。

互換器では珍しい国産メーカーであるということ、チェーンスモークができたり、使い勝手の良さから注目を浴びた商品でした。

そんなイーフォスの後継機!興味ありますよね?ありますよね??

先ずは、イーフォスとACE(エース)の主な機能を比較してみました!

加熱式電子タバコACE(エース)の口コミ&評判!安い販売店はどこ?
最新の加熱式電子タバコACE(エース)はどんなアイコス互換機なのでしょうか?使用している人の口コミや評判を集めてみました!また、購入できる店舗で一番安い販売店も見つけてみたので是非参考にしてみてください。
加熱式電子タバコACE(エース)の使い方・値段・故障時の対処法まとめ
加熱式電子タバコACE(エース)は最新のアイコス互換機として今話題になっている機器です。今回はそんなACEの詳しい使い方と、購入時の値段、更には故障したときの対処方法迄ドドンとご紹介していきたいと思います!

イーフォスVSエースの主な機能比較

EFOS ACE
チェーンスモークの回数 5本 3本
満充電時最大喫煙本数 10本 20本
バッテリー容量 2000mAh 3200mAh
バッテリーの製造元 不明 パナソニック
耐久温度 -15℃~50℃ -7℃~60℃
カラーバリエーション 3色 4色
本体サイズ 103㎜×47.5㎜×24㎜ 100.8㎜×50.6㎜×26㎜

バッテリーが一番大きく変わってますね!

また、EFOS(イーフォス)の本体と比較するとACE(エース)の本体の方が縦に小さく、横と幅が大きくなり手にフィットしやすいサイズになっているみたいですよ。

加熱式電子タバコACE(エース)の充電方法とクリーニングのやり方
アイコスの互換機として知られる加熱式電子タバコACE(エース)の充電方法やクリーニング方法を隅から隅まで調査してみました!ランプが点滅しているのは故障の合図なのか、故障してしまった時の対処方法もまとめてみました。
加熱式電子タバコACE(エース)は楽天・アマゾンより公式販売店がお得?
加熱式タバコであるアイコスの互換機として今話題になっている『ACE(エース)』はどこで購入するのが一番お得なのでしょうか?楽天やアマゾンなどのネット販売店で購入できるエースですが、一番おすすめなのは公式販売店?

イーフォスとエースのバッテリー関連を比較

バッテリーを比較

上の表を踏まえて、イーフォスとエースの比較細かくしていきます。

まずは加熱式タバコの要であるバッテリーについてです。

後続機であるはずのACE(エース)が1部劣っているように見えますがもちろんちゃんと理由があっての改善です!

チェーンスモークの回数はACE(エース)で減った!

アイコス互換機の特徴でもあるチェーンスモークができるという点。

イーフォスとエースを比べると、エースの方がチェーンスモーク可能本数が減っている事が分かります。

先行機であるイーフォスは5本迄連続喫煙することができますが、エースは3本迄と決まっています。

劣ったのか?と思いますが、これは安全面を考えて連続喫煙本数を減らしたのではないかと思います。

バッテリーの容量と最大喫煙本数を比較しながらもうちょっと見ていきましょう。

最大喫煙本数とバッテリー容量が大幅アップ!

先行機のイーフォスのバッテリー製造会社はHPに記載がなかったのですが、ACE(エース)はなんと…!

パナソニックで製造されたバッテリーなのです!

すごくないですか?!

パナソニック製のバッテリーにしたことで、バッテリー容量が1.6倍になり、満充電時の最大喫煙本数が2倍の20本になりました!

チェーンスモークの回数が減ったのは、このバッテリーの容量が増えたことで本体が熱くなりやすくなってしまったのが原因だと考えられます。

また、パナソニックさん側の安全面を考慮した結果連続喫煙本数が減ったのではないでしょうか?

とは言え、5本チェーンスモークなんてそんなにしょっちゅうしませんし、3本で十分だと思います。
20本も喫煙できるんですし、そこまで劣ったと感じることはないと思います。

加熱式電子タバコのエースを構造が似ているグローと比較してみた
2018年9月に最新のアイコス互換機「ACE(エース)」が発売されました!見た目や大きさは「glo(グロー)」にとてもそっくりなので、どこが違うのかiQOS(アイコス)や他の加熱式電子タバコと比較してみました。
アイコスを今すぐ捨てて「アイコス互換機」を持った方がいい理由
アイコスには有害性がある?何かと使い勝手の悪いアイコスに今変わって人気なのが、アイコスの上位互換機『アイスモーク』です。アイスモークを使ったらもうアイコスには戻れないとまで言われているアイスモークの威力を一挙公開!

イーフォスとエースの本体を比較

本体を比較してみる

イーフォスとエースの本体を比べてみると、高さだけが少々小さくなり、横幅と奥行きは長めに製造が変更されました。

あまり変更点が無いように見えるACE本体ですが、比較してみたら違いわかるでしょうか…?

サイズは大差なし?微妙な形状の違いが手にフィット!

アイコスのチャージャーの大きさは110mm×50㎜×15㎜と、イーフォス・エースと大差ないくらいです。

サイズ感についてはイーフォス・エースの違いはありませんが、持ってみる「お?」と思うはずです!

ACEの方が手にしっくりくるんですよね。

また、イーフォスとACE(エース)本体をよく比較してみると分かるのですが、イーフォスの方が丸みが強く、エースは手にフィットしやすい角の取れた丸みたいな形をしています。

両機器もっていないとわからない微妙な違いですが…このあたりは好みによるのではないでしょうか。

ACEはカラーバリエーションが増えた

イーフォスのカラーバリエーションは黒・白・赤なのに対し、エースのカラーバリエーションは黒・白・赤・青の4種類になりました。

イーフォスとエース…メタリックの入ったカラーで高級感がおしゃれですよね!

黒・白と言ったモノトーンもオシャレですが、青が選択肢として増えたのは何気に嬉しいです!

本体の耐久温度は熱に強く、寒さに弱くなってしまった?

アイコスの問題点でよく挙げられるのが熱すぎて・寒すぎてアイコスが起動しなくなったという問題です。

先行機であるイーフォスで、気温に対しての対策ができる機器を販売しており、その時の耐久温度が-15℃~50℃でした。

しかしACE(エース)になり耐久温度は-7℃~60℃に変更されました。

耐久温度がある時点で互換機としてすごいのですが、低温度の耐久が減り劣った?と思ってしまいますよね。

でも、実はマイナス値ってあんまり必要ないんですよね。

例え冷えすぎてもポケットに入れておけば体温で温められて常温に戻りますが、暑さって外出してるとき対処しようがないんですよ。

2018年の熱さで車の中に放置したアイコスがダメになった。と言う人がいたので、そういった点を考えるとACEの高温に特化させ60℃まで耐えられるのはありがたいと思います!

加熱式電子タバコACE(エース)に害や発がん性物質はある?副流煙は?
今話題のアイコス互換機ACEですが、いくら加熱式電子タバコと言ってもついて回るのが発がん性物質や副流煙に含まれている有害性についてですよね。そこで今回は、アイコス互換機ACEの有害性について詳しく見ていきます!
最新アイコス互換機のおすすめランキング!販売店を比較してみた
最新アイコス互換機のおすすめランキングTOP3を大発表!数あるアイコスの互換機の中で、性能やデザインに優れている商品を徹底比較してご紹介します。お得に購入できる販売店情報も公開しますので要チェックですよ!

ACEが一番すごいのは掃除のしやすさでしょう!

掃除のしやすさ

と、ここまでEFOS(イーフォス)とACE(エース)の主な機能について比較させてもらいましたが、一番比較したいのは掃除のしやすさっていう所なんです!

もはや、違いは喫煙本数とこの掃除のしやすさだけでもいい!ってくらい凄い技術を使っているんですACE(エース)は!

特許取得中のクリーンホルダーシステムが最強

アイコスや、アイコス互換器ってどうしても壊れやすいなんてイメージがありますよね。

ですが、ACE(エース)は長く使ってほしいと言う思いから、長く使うことを第一に考えられたホルダー構造を採用。

本体内部の汚れやすい所を丸ごと取り出すことができ、丸ごと水洗いできてしまうんです!

精密機器なのに!一部水洗い可能!これすごくないですか?

ブラシだけでは取れない汚れも徹底排除

他のアイコス互換機やイーフォスはヒートスティックを差し込んだ部分にブラシをつっこんで掃除する方式でした。

しかし、クリーンホルダーシステムを採用しているACEにブラシは必要ありません!

丸ごと洗うことができるため、汚れによる味の劣化が最小限まで抑えられるというのはエースならではの改善点と言えます。

掃除しやすいから使い続けられる

加熱式タバコの掃除ってやっぱり面倒くさいですよね。

匂いが少ないとはいえ臭うし、手が汚れることだってあります。

エースの普段の掃除はヒートスティック差込口を綿棒でクルリと撫で取るだけですし、不味いなと感じたら洗浄するだけなのでクリーニング時間を大幅に短縮し、長く使い続けることができます。

アイコスや他のアイコス互換器を使用していて味の劣化が気になる・掃除が面倒と思ったことがある方にACE(エース)はとてもおすすめできます!

【2018年10月】銘柄別タバコ値上げ価格一覧まとめ!
2018年の10月にタバコ税が改定。増税に合わせてタバコ事態の価格も銘柄によっては変わってくるそうです。さらに!加熱式タバコの筆頭アイコスまでもが値上がり決定!?2018年のタバコ値上げの銘柄一覧をまとめてみました。
【2018年最新版】おすすめ加熱式タバコランキング
普通のタバコよりも、アイコスなどの加熱式タバコの方が需要のあるように見える昨今の日本。今回は、2018年版・最新の加熱式タバコランキングを大発表!日本製で安心して使用できるのはどれなのか、まとめてみました。

イーフォスとエースを比較してまとめてみた

今回は国産アイコス互換機のEFOS(イーフォス)の後継機ACE(エース)の2機の違いを比較してまとめてみましたがいかがでしたでしょうか?

表だけ見ると、劣った?と思う部分がありましたが、何変更されたのかをしらべてみるとどれも納得できるものばかりで、結果的にかなり向上していることがわかりました。

不必要だった機能を無くし、必要性の高そうな機能を上乗せしたといった印象です!

これからアイコス互換機の購入を検討している方、ACE今なら公式サイトでお得に購入できますし、おすすめですよ(*´艸`*)

アイコス3もまだまだ最新のアイコス互換機には勝てない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイコス3・マルチよりも断然使い勝手が良く、壊れないアイコス互換機をアイコスと二台持ちしている方が多いのはご存じですか?

アイスモークはアイコス3マルチの連続10本吸いよりも多い13本連続喫煙可能なアイコス互換機で、どのアイコスよりも軽い30gの超軽量モデルです。

アイスモークがアイコスの上位互換品と呼ばれる理由としてはアイコスでよくある『不便な点』が全て改善されており、掃除も楽で独特な嫌な臭いがしないという所にあります。

※今時、アイコス単体だけを持っている人なんていません。先ずは公式サイトで詳細を確認してみて下さい。きっとアイコス互換機の素晴らしさがあなたにも分かる筈です。


アイコス互換機が凄い理由

あなたへのオススメ

コメントを残す

*