加熱式タバコの健康被害や健康影響は人体にどれくらい影響がある?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

燃焼式の紙巻きタバコが人体に対して様々な面で有害ある事は広く知られています。

そしてその健康へのリスクを考えた結果、健康被害が抑えられていると謳われる新型の加熱式タバコへ移行する方も増えていますよね。

しかし、加熱式タバコは本当に健康被害や人体への影響が低減されていて安全度が高いのでしょうか?

この記事では、加熱式タバコは実際にどれくらいの健康リスクがあるのかについて迫ります。

加熱式タバコは従来のタバコとどう違う?

アイコス
PR

ではまず、加熱式タバコは従来のタバコと比較してどのような点が異なっているかを改めておさらいしてみたいと思います。

加熱式タバコは確かに従来のタバコよりも健康被害や人体への影響が抑えられている様に思えますが…。

燃やさないからタール量が少ない?

プルームテック

加熱式タバコの利点の1つが、燃やさないからタールが発生しない事と言われています。

加熱式タバコの宣伝文句としては『有害物質がほとんど出ない』とか『有害物質量が紙巻きタバコと比べてかなり少ない』なんて言われていますよね。

しかし、最近はそれが根拠のない宣伝だとして指摘されている事もあります。これに関しての詳細は後程述べたいと思います。

含有ニコチン量が少ない?

ニコチン

一方で加熱式タバコにもニコチンが含まれているのは周知の事実ですが、問題はその量。

加熱式タバコのニコチン量は紙巻きタバコに比べて少ないとされています。

量としては、紙巻きタバコの中でも特に軽いものに含まれているのと同じ位の0.05~0.5㎎程度なんだとか

タバコの吸い応えはニコチンやタールの量で変わりますので、この辺りからも加熱式タバコは比較的軽い=健康被害や人体への影響が少なめ…と解釈されそうです。

臭いが比較的少ない?

臭い

他にも、大きな特徴の1つとしてはタバコ特有の臭いが少ない・抑えられている、という所があります。

確かに加熱式タバコユーザーの声としては、紙巻きタバコの臭いがキツく感じてもう戻れない、というものも。

とはいえ加熱式タバコが完全に臭いが気にならない、という訳ではなく、ポップコーン臭と呼ばれる独特の臭いがあったり、非喫煙者からすると加熱式タバコの臭いもキツい、と言われたりもしています。

唯一プルームテックは非喫煙者の方からもそんなに臭いが気にならないとも言われるそうです。

アイコス互換機エース(ACE)とイーフォス(EFOS)を比較してみた
アイコスの互換機の中でも使い勝手が良く、更に日本製品と言うことで注目を浴びたイーフォスに後継機が登場!その名もACE(エース)。この二つはどんな違いがあるのでしょうか。先行機であるイーフォスと後継機エースを比較!
加熱式タバコに害はある?アイコス・グロー・プルームテックを比較
アイコスやグロー・プルームテックと言った加熱式タバコ今や主流となりつつあるこれらのタバコは紙巻きたばこと比べて有害性が少ないとのことで話題になっていますが、本当に有害性はないのでしょうか?今回は深いとこまで追求!

加熱式タバコは本当に『安全』なのか

危険
PR

では、これらの加熱式タバコの特徴も踏まえて、加熱式タバコは本当に安全なのかという点について探ってみましょう。

量が抑えられている?とされているとはいえ、有害物質が全く0でない事は明らかなのですが…。

実はタール量も紙巻きタバコと変わらない?

紙巻きタバコ

韓国の食品医薬品安全処という機関があります。日本でいう消費者庁に当たる機関です。

こちらの調査によると、加熱式タバコのタールの量は紙巻きタバコと変わらず、それどころか紙巻きタバコよりも多いという結果が出ています。

具体的な数字で言うと、アイコスが9.3㎎、グローが4.8㎎との事。日本で販売されている普通の紙巻きタバコのタール量は平均して6.9㎎との事なので、確かに決して少なくない量と言えます。

ちなみに分析方法はISO法とHC法という国際的に使用されているものなので、信頼度もある程度高いです。

タバコ会社の見解は甘め?

注意

確かに、従来のタバコよりも健康被害や人体への影響が少ないという事がウリになっているのであればこれは問題ですよね。

タバコ会社の分析と第三者機関の調査方法が異なっているから、という可能性もありますし、お互いの調査結果が100%正確であるとも限りません

ですが、実は加熱式タバコも健康面では紙巻きタバコと大差ないという事であれば製品が売れなくなってしまいますから、タバコ会社の見解が甘いのか、本当は分かっているのかは不明です

アイコスはアメリカでは許可が下りていない

アメリカ

アイコスはアメリカのフィリップ・モリス社の製品です。しかし、お膝元のアメリカではまだ発売されていません。というよりも、アイコスの販売許可が国から下りていません

理由は、加熱式タバコが完全に安全だからとは言い切れない所にある様です…ですので、安全性が確立されるまでは認可できないという事でしょうか。

この様な対応を行っている国はアメリカ以外にも幾つかありますが、日本はその辺りの規制がかなり緩い様です…大丈夫なのでしょうか?

最新アイコス互換機のおすすめランキング!販売店を比較してみた
最新アイコス互換機のおすすめランキングTOP3を大発表!数あるアイコスの互換機の中で、性能やデザインに優れている商品を徹底比較してご紹介します。お得に購入できる販売店情報も公開しますので要チェックですよ!
加熱式電子タバコACE(エース)に害や発がん性物質はある?副流煙は?
今話題のアイコス互換機ACEですが、いくら加熱式電子タバコと言ってもついて回るのが発がん性物質や副流煙に含まれている有害性についてですよね。そこで今回は、アイコス互換機ACEの有害性について詳しく見ていきます!

加熱式タバコに危惧されている健康被害や人体への影響

健康被害

加熱式タバコが思っていたよりもきな臭くなってきた感じもありますね…。

安全かそうでないのかの判断は少々難しい所もありますが、である以上、加熱式タバコにも有害性があるのは確かに事実でしょう。

最後に、加熱式タバコによってどんな健康被害や人体への影響がもたらされるのかを考えてみたいと思います。

加熱式タバコはまだ研究が進んでいない

研究

加熱式タバコが販売され世間に浸透してきたのは、まだここ数年の事。その為、加熱式タバコがもたらす健康被害や人体への影響についての研究はまだまだ未発達です

検証をしようにも日が浅く、症例を取るのも難しいという所でしょうか。

経過観察をしようにも結果が出るのは数十年後になってしまいますし、加熱式タバコだけを吸っていたという方もまだごく僅かだと思われます。

その為、加熱式タバコだけで人体に悪影響があるとは断言しにくい状況であるのもまた事実なんです。

しかしニコチンやタールの量から考えると…

危険性

とはいえ、タバコによって人体への健康被害が大きい事は既に証明されていますので、同様に考えれば加熱式タバコも…という事になりますよね。

加熱式タバコにもニコチンだけでなくタールが含まれている可能性も大いにありますし、その他の有害物質が0でないという保証もない訳です

ですので健康の事を考えるのであれば、本当は喫煙自体をしない事が最善です…言うまでもない事ではありますが。

また、タバコは自分だけでなく周囲にも健康被害や人体への影響がある事を鑑みると、やはりおすすめはできにくいものと言えますね。

加熱式タバコの害は日本人で実験されている…?!

雑踏

また、噂の範疇を出ない事ではありますが、加熱式タバコの有害性は日本人で人体実験されているのではないか、という見方もある様です…恐ろしいですね。

しかし確かに、安全性を確かめるまで加熱式タバコの認可が下りないという諸国があるのであれば、まず認可が下りている日本での様子を見てみよう、という事もできる訳ですよね。

日本はタバコへの規制が割と緩いので十分あり得る話ではあるのかも知れません…誰だって毒見は自分ではやりたくないものではありますし。

こう考えると加熱式タバコが結構恐ろしくなってきましたね…

加熱式タバコも値上げ(増税)決定!価格はいくらになるの?
2018年10月にタバコが値上がりするのはご存知でしょうか?その勢いで日本3大加熱式タバコのアイコス・グロー・プルームテックも値上げされてしまいます…。この記事では加熱式タバコの増税後の価格がいくらなのかまとめています
【2018年最新版】おすすめ加熱式タバコランキング
普通のタバコよりも、アイコスなどの加熱式タバコの方が需要のあるように見える昨今の日本。今回は、2018年版・最新の加熱式タバコランキングを大発表!日本製で安心して使用できるのはどれなのか、まとめてみました。

加熱式タバコの健康被害や人体への影響はどれくらい?まとめ

という訳で、この記事では加熱式タバコによってどれくらい健康被害や人体への影響があるのかについて探ってまいりました。

安全性が謳われてはいますが、ちょっとそれもどうなんだろう…という見解がちらほら出てきて怖くなっている筆者です。

加熱式タバコが有害かどうか、それは正確にはまだ答えが出ていません

ですので、どんなタバコにせよ喫煙する時は本当によく考えて行うのが身の為だと言えそうですね…。

アイコス3もまだまだ最新のアイコス互換機には勝てない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイコス3・マルチよりも断然使い勝手が良く、壊れないアイコス互換機をアイコスと二台持ちしている方が多いのはご存じですか?

アイスモークはアイコス3マルチの連続10本吸いよりも多い13本連続喫煙可能なアイコス互換機で、どのアイコスよりも軽い30gの超軽量モデルです。

アイスモークがアイコスの上位互換品と呼ばれる理由としてはアイコスでよくある『不便な点』が全て改善されており、掃除も楽で独特な嫌な臭いがしないという所にあります。

※今時、アイコス単体だけを持っている人なんていません。先ずは公式サイトで詳細を確認してみて下さい。きっとアイコス互換機の素晴らしさがあなたにも分かる筈です。


アイコス互換機が凄い理由

あなたへのオススメ

コメントを残す

*