【2019年】鏡開きの日はいつ?やり方や意味・由来を徹底解説

鏡開き
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月に行う行事、鏡開き。お正月気分が抜けるころに飾っていたお餅を下げてお雑煮やおかきにして食べるの幸せですよね…。

我が家では鏡開き用の餅と食べる用のお餅を分けて毎年年始は餅が主食です( ˘ω˘ )

ところで、鏡開きっていつどんなやり方で食べるのが正しいのでしょうか?2018年と2019年では鏡開きの日が違う?

そもそも鏡開きを行う意味、由来はなんなのかを調べてみました。

鏡開きとは?

鏡餅

お正月に飾る二段のお餅とその上にあるミカンはお正月の象徴の一つとも言えますね。

実は、鏡餅はお正月の間年神様の依り代になっているもので、松の内の間は飾り松の内が過ぎたら下げて鏡開きを行って食べる行事です。

鏡開きはお餅を下げる事、お餅を食べる日。と考えている人が多いですが、実際はお餅を供えて、開いて食べる事に意味を持っています。

PR

鏡開きを行う意味とは

松の内

神様の依り代であった鏡餅を、なぜ松の内が終わった後食べるのか

それは日本古来からの考え方にありました。

日本では、古来から神様にお供えしたものを食べると神様との繋がりを強くし、神様の力やパワーを頂けると考えられており、鏡開きを行うことで無病息災の願いが込められています。

その為、ただお餅を下げるのではなく、食べて神様のパワーを取り込むというのが大切になっています。

2019年も、2019年の間無病息災で居られますようにと願いを込めて鏡餅を備えて開きましょうパッカーン

お年玉は何歳から何歳まで?相場やお金の入れ方・折り方をご紹介!
お正月といえばお年玉!そろそろお年玉を貰う立場から渡す立場へと変わった方も多いはず。そこで今回はお年玉は何歳から何歳までの子に渡すべきか、相場やお金の入れ方・折り方といったお作法や、お年玉の由来や意味もお伝えします。
2019年の年賀状はいつまでにポスト投函すれば元旦に届くの?
年賀状はいつまでにポストへ投函すれば、元旦に届くのでしょうか?2019年は平成最後の年賀状になります!折角なら元旦に届くように送りたいですよね!と言うわけで、今回は年賀状と日付についてご紹介していきたいと思います。

鏡餅・鏡開きの由来は?

鏡開きの由来

お餅なのに鏡。(´・ω・`)なんで?
鏡餅を鏡と言うのにはちゃんと由来があります。

昔、鏡は青銅製の丸い形をしたものが使用されており、鏡には神が宿ると考えられ、神事等で使用されていました。

神話の時代に天照大御神が瓊瓊杵尊に与えた三種の神器の内の一つ八咫の鏡(やたかのかがみ)の形をかたどったものが鏡餅と言われているそうです。

PR

鏡開きと言う名前にも理由がある

末広がり

鏡開きって、何を開いているんだ?と疑問に思ったことがある方、筆者だけじゃないと思うんです。

鏡開きはもともと武家から始まった行事の為、鏡餅に刃物を使うのは切腹を連想させるので無礼とされていました。

その為、手で割ったり木槌で割るのやり方が定着しましたが、割るという表現の仕方は縁起が良くないと考えられた結果、末広がりを意味する『開く』という言葉が使われるようになったとされています。

鏡餅はいつから始まった?

平安時代

鏡餅は歴史がとても長く、平安時代にはすでにあり、源氏物語にも鏡餅が登場します。

ですが、お正月に供えれるようになったのは室町時代以降と言われています。

鏡開きは江戸時代の初期に武家の間で広まっていきました。

このとき、武家の間で広まったため刃物ではなく木槌で割ることになり、鏡開きと呼ばれるようになったんですね。

2019年の鏡開きはいつ行う?

鏡餅を割る

鏡開きの日は、毎年同じ日になっており1月11日とされています。

これは変わるものではないので2019年も同様に2019年1月11日が鏡開きで間違いありません。

しかし、地域によっては1月15日だったり、1月20日だったりと鏡開きがいつの日なのかが違う場合もあります。

関東と関西で鏡開きの日が違う

関東関西

鏡餅は、松の内以降に下げます。

関東での松の内は1月7日なのに対して、関西の松の内は1月15日であり、それによって関西の鏡開きは1月15日か20日に行われることが多くなっているようです。

関東も関西も元々松の内は1月15日、鏡開きは1月20日とされていましたが、江戸時代に徳川三代将軍家光が慶安4年4月20日に亡くなったことで、徳川幕府のお膝元関東では『月命日の20日に行事を行うのは避けよう』となり、鏡開きは1月11日になったとされています。

1月11日は関東ではまだ松の内だったのですが、神様がいる間に鏡開きを行うのは無礼だ。となったことから松の内を1月7日に変更されました。

関東ではこの風習が広まっていきましたが、関西などの遠くの地域までは広がらなかった結果地域によって鏡開きがいつなのか違うということになってしまったようです。

1年の行事を急に変えるのは徳川幕府も難しかったんですね…。

寝正月は危険!今年こそ正月太りにならない対策を身につけよう!
正月はおせち料理やお酒で食生活が荒れ、テレビの特番や気温の寒さなどから家に引きこもり生活習慣も乱れてしまう時期です。そこで気になるのが「正月太り」。正月太りの原因を知って予防策や、もし太った際の対策を知って、寝正月を健康に過ごしましょう!本ページでは、正月太りの原因から解消策まで具体的に紹介して...
【初詣】お寺と神社の違いとは?正しい参拝のやり方まとめ
正月に行く初詣、神社とお寺どっちに参拝に行くのが正しいのでしょうか?お寺と神社の違いはどこにあるのかまた、日本人として知っておきたい神社とお寺でそれぞれ違う参拝の正しいやり方等を詳しくご紹介していきます!

鏡開きの正しいやり方とは?

鏡餅正しい

鏡開きのやり方と言うやり方はありません。

神様にお供えしたお餅を食べてご利益を得ましょうという風習なので、やり方と同様に食べ方も特に決まりはありません

お雑煮やおかき、きな粉餅やあんころ餅等好きな食べ方でいいですが、鏡開きを行う際に注意したい点もあるのでご紹介します。

ご利益にあやかるためにいつまでも放っておかない

鏡開きは神様のパワーを貰うという考えのほかに神様の魂を分けていただくという考え方もあります。

鏡餅を鏡開きの日以降いつまでも置いておくと、年神様が授けてくれたパワーや魂、ご利益にあやかることができなくなってしまいます。

いつまでも放置せず、鏡開きの日である11日に食べて福を分けてもらうようにしましょう。

ツイートの方はこれ…完全に不良品にあたってしまってますね。。。

鏡開きでは刃物を使用してはいけない

鏡餅を切るのはダメ

武家から伝わったも為、切腹を連想させる刃物を使わないというのも一説ですが、鏡開きの際に使用する鏡餅神様の依り代です。

その依り代に包丁などの刃物を向けるのは罰当たりになってしまいます…。

刃物で鏡餅を切り分けるのは鏡開きのマナー違反とされいてるので注意しましょう。

その為、昔から鏡開きは木槌などでたたき割るもしくは手でちぎるのが正しいやり方とされています。

真空パックのお餅でも鏡開きはするべき!

真空パックの鏡餅

鏡餅と言っても最近では本物のお餅を置いておく家庭も少なくなり、真空パックされた簡易鏡餅が主流になってきています。

鏡餅…確かに衛生的にもアレですし…何より乾燥してカチカチになったのを木槌で叩くのなんて、現代社会では少々難しいですしね。

真空パックの鏡餅で鏡開きはした方が良いです!ただし、たとえ真空パックでもハサミや包丁を使って開けるのはNGです。

きっと神様も時代に合わせて対応してくれてる(と思う)ので、どんな形でも鏡開きで福を得るようにしましょう。

【7柱の神】七福神とは?名前や由来を簡単にイラスト付きでご紹介
年末年始になるとよく見かける『七福神』という神様。七福神がお祀りされている各地の神社仏閣を順番にお参りする、御朱印帳巡りも人気ですよね。そこで今回はそんな七福神の神様の名前や由来をイラストと共に簡単にご紹介いたします!
2018年仕事納め・2019年仕事始めはいつ?役所・病院・銀行は?
年末年始で嬉しいのは長めの正月休みではないでしょうか。また、役所や病院、銀行などのお休みの期間も把握しておきたいですよね。この記事では2018年から2019年にかけても仕事納めと仕事始めはいつなのかをチェックしてみます。

2019年の鏡開きはいつ行う?正しいやり方まとめ

2019年も鏡開きの日は変わらず、関東は1月11に、関西は1月15日、20日に来ます。

いつやるのかは、その土地の風習に合わせてくださいね。

鏡開きの正しいやり方はありませんが、放置しない・刃物を使わないという点だけ気にしておきましょう。

あとは好きな食べ方で食べて、2019年も無病息災で、健康に過ごせるように願いながら美味しくいただきましょう!

筆者は細かく砕いて油で揚げたおかきが一番好きです。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*