おせちの具の意味や由来一覧まとめ!盛り付け方や詰め方もご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お正月に欠かせないものも1つがおせち料理。

お店などで市販のおせちを購入する方もいたり、毎年ご家庭でお重を詰める手作りおせち派の方もいたりと様々ですが、毎年のお正月のご馳走の1つとして楽しみにされているものですよね。

そこで今回はお正月が来る前にチェックしておきたい、おせちの具の意味や由来を一覧で解説いたします!

また、おせちの盛り付け方・詰め方も併せてご紹介しますので、手作りおせちにチャレンジしてみたい方はぜひ参考にしてみてくださいね。

おせちとは?その由来

おせちの由来
PR

まずはおせち料理そのものの由来について簡単にご紹介したいと思います。

おせちには実は歴史的かつ意外な意味や由来があった…?!

元々は宮中のお祝いの料理だった

節会

おせちの由来は遥か奈良時代の頃にまで遡ります。かつて宮廷で節目の日(現在でいう祝日)には節会(せちえ)という重要な儀式行事が行われていました。

その際に神様にお供えされた供御(くご/くぎょ)を『節供(せちく)』や『御節供(おせちく/おせつく)』といいました。

おせちとは、この『御節供』の略語なんです。ただし、この御節供は現在の様な豪華なお料理という訳ではなかった様です。

これが時代と共に一般の民間にも広まったのがおせちの始まりです。元来は全てのお祝いの料理の事でしたが、後々最も重要である正月のお料理の事を意味する様になりました

おせちがお重に詰められる訳は?

おせち1

では、このおせちがなぜお重に盛り付け・詰められているかというと、縁起的な意味の他にも実用的な事として考えられたようです。

まず、お重は重箱として重ねて使うもの。ですので、幸福や良い事、おめでたい事が重なるという意味で縁起が良いとされました。

おせちをお重に詰めるのがメジャーになったのは明治時代以降からという事だそうで、意外に重詰めおせちの歴史はそう長いものではなかった様です。

また、実用面としてはおせちは、お正月の3日間は食べ続ける事が前提であった為に、保存の利く重箱に詰めるという理由もありました。昔は冷蔵庫はなかったですからね。

おせちを作るのはかまどを休ませる為?

かまど

正月の3が日は予め作っておいたおせちを食べ続ける理由としては、お正月の火は神聖だから、火を使う料理の煮炊きはなるべく避けるべきという風習が由来だそうです。

また、正月くらいは女性を家事から解放させる為、という見方もあるそうですが、実際は来客などでそうもいかない場合も多いですよね…。

では、次の項目からは具体的なおせちの具を一覧でご紹介いたします。

重箱は正式なおせちでは4段(+1段)重ねとされていて、きちんと詰めるべき具の意味も決まっているんです。

【鍋料理】人気の具材ランキングと鍋の種類をランキングしてみた
肌寒くなると、暖かい料理が恋しくなります。最近ではすっかりスーパーの売り場も鍋の素が多くなってきましたが、一番人気の鍋の具材や素は何なのでしょう?今回は人気の具材ランキングと鍋の種類をランキングしてみました!
年越し蕎麦を食べるタイミングは何時?意味や由来を簡単にご紹介
年越し蕎麦を食べるタイミングって人や家庭によって違いますよね。正しいタイミングが何時なのか、めちゃくちゃ気になってしまったので年越し蕎麦を食べるタイミングが何時なのかを年越し蕎麦の由来や意味から調べてみました!

おせち料理の具一覧

おせちの具

それでは、一覧形式おせちの具の由来とその意味を順番にご紹介していきたいと思います。

おせちの一覧 数の子

数の子

おせちに必須の三つ肴(祝い肴)の1つ、数の子はその名前から、子宝に恵まれる子孫繁栄や五穀豊穣の意味が込められています。

また、数の子はニシンの卵なので、ニシンから『二親健在』という意味にも繋がっています。

ちなみに、数の子という名前の由来は、昔ニシンが『カド』と呼ばれていた事からカドの子⇒数の子と変化したものだそうです。

おせちの一覧 黒豆

黒豆

黒豆も三つ肴の1つです。黒は道教では魔除けの色とされています。

ですので黒豆の様に黒く日焼けするほど、まめに勤勉に働き、邪気を払って健康・無病息災の長寿を願う、という意味が込められています。

豆だけにまめに、というのが非常に日本語らしいと思います。

おせちの一覧 たつくり

たつくり

三つ肴の1つ、たつくりは別名ごまめとも呼ばれます。たつくりには意外にも五穀豊穣や豊作祈願の意味があります。

その理由は昔、カタクチイワシの稚魚を肥料として畑に撒いていた事からきています。

また、たつくりは見た目は小さくともしっかりと尾頭付きな所がポイントでもあります。

おせちの一覧 たたきごぼう

ゴボウ

たたきごぼうには豊作と息災の意味がある他にも、土深く根を張る事から家が長く代々続くという子孫繁栄の願いも込められています。

ごぼうも黒色なので邪気払いの意味もあります。

また、おせちにはその土地や家の習わしや伝統などによって微妙に異なる部分があって、三つ肴もその1つ。

関東の三つ肴は数の子・黒豆・たつくりですが、関西では数の子・たたきごぼう・たつくりが三つ肴となっています。

2018年仕事納め・2019年仕事始めはいつ?役所・病院・銀行は?
年末年始で嬉しいのは長めの正月休みではないでしょうか。また、役所や病院、銀行などのお休みの期間も把握しておきたいですよね。この記事では2018年から2019年にかけても仕事納めと仕事始めはいつなのかをチェックしてみます。
お年玉は何歳から何歳まで?相場やお金の入れ方・折り方をご紹介!
お正月といえばお年玉!そろそろお年玉を貰う立場から渡す立場へと変わった方も多いはず。そこで今回はお年玉は何歳から何歳までの子に渡すべきか、相場やお金の入れ方・折り方といったお作法や、お年玉の由来や意味もお伝えします。

おせちの一覧 紅白蒲鉾

かまぼこ

紅白蒲鉾はいかにもおめでたい見た目や色合いをしていますよね。

蒲鉾は半円形の形をしていますが、おせちにおいてはそれが初日の出の形や歳神様を表します。

またそれぞれの色は、赤が魔除けやお祝い事、白が神聖・清浄の意味を持っています。

蒲鉾はそのままおせちに詰めても良いのですが、飾り切りをする事でより見た目が華やかになります。

おせちの一覧 昆布巻き

昆布はそのまま『喜ぶ』という言葉と掛け合わせる意味でおせちの具となっています。

また、鏡飾りにも使われている事で、こちらも家の発展や子孫繁栄の願いがあります。

ほかにも昆布や昆布巻きの見た目や形から、おめでたい末広がりや、巻物に似ている為の学問や文化の象徴という意味合いも込められているんです。

おせちの一覧 伊達巻

伊達巻

伊達巻にも昆布巻きと同様、巻物の様な形から学問や教養、文化を持つ事という願いが象徴されています。

また、伊達巻という名前はその華やかな見た目から。伊達男という言葉の様に、伊達には粋やお洒落で華やかという意味がありますよね。

一説には、昔の伊達者達の着物に似ていた事から伊達巻という名前が付いた、とも言われています。

おせちの一覧 栗きんとん

きんとん

栗きんとんの栗は『勝ち栗』というもので、こちらも昔から縁起物として知られていました。

昔は戦の前や後に、勝利を願ったり祝ったりする三献の儀というものが行われており、その中で『敵に勝つ』という意味で食べられるのが栗だったのです。

またきんとん(金団)も縁起の良い金色で、金銀財宝の金運や蓄財に対する願いが込められたものなんです。

おせちの一覧 海老・鯛

海老は長い髭を持ち、腰が曲がっている姿から長寿を願われています

また、海老の脱皮を繰り返して成長する様子から生命の更新を表し出世を願うという意味もあります。

はそのまま『めでたい』という言葉が掛けられているものである他に、元々神饌(神様への供物)でもあった事から現在のおせちにも詰められています。

PR

おせちの一覧 紅白なます

なます

紅白なますはお祝い事で用いられる水引を象っているお料理です。

にんじんと大根で作られている料理なので色もめでたく、根菜の様に深く根を張るという意味も込められています。

ちなみに『羹(あつもの)に懲りて膾(なます)を吹く』という諺のなますがこれです。

おせちの一覧 煮物

煮物

煮物には数多くの具材が入っていますが、それぞれにも縁起の良い願いがあります。

例えば蓮根は穴が開いている事から、先が見通せるように。子芋が沢山つく里芋には子孫繁栄の意味があります。

また、八つ頭には頭として出世する様に、くわいには子孫繁栄や大きな芽が出てめでたい、という意味も。

少し地味な印象もある煮物ですが、こんなに縁起の良いものばかり使われていたとは驚きですね。

おせちの一覧 菊花かぶ

かぶを不老長寿と邪気払いの象徴である、縁起の良い菊の形に飾り切りし、赤く染めて紅白のおめでたい見た目の酢の物としたものが菊花かぶです。

見た目も華やかで目を引く上に、消化に良い栄養素が含まれているので体にも優しいお料理といえます。

おせちの一覧 錦玉子

玉子

白身と黄身の色合いが可愛らしくも美しい錦玉子は、金と銀を表します。

また、白と黄色の二色で錦と掛けて表しているともされ、正月らしい華やかさとめでたさが好まれるお料理です。

【7柱の神】七福神とは?名前や由来を簡単にイラスト付きでご紹介
年末年始になるとよく見かける『七福神』という神様。七福神がお祀りされている各地の神社仏閣を順番にお参りする、御朱印帳巡りも人気ですよね。そこで今回はそんな七福神の神様の名前や由来をイラストと共に簡単にご紹介いたします!
【初詣】お寺と神社の違いとは?正しい参拝のやり方まとめ
正月に行く初詣、神社とお寺どっちに参拝に行くのが正しいのでしょうか?お寺と神社の違いはどこにあるのかまた、日本人として知っておきたい神社とお寺でそれぞれ違う参拝の正しいやり方等を詳しくご紹介していきます!

おせちの盛り付け方・詰め方は?

おせちの盛り付け方

さて、代表的なおせちの具を一覧でご紹介しました。どれも食べた事がある方ばかりだと思いますが、意味までは知らなかったものも多いのではないでしょうか?

それでは、そんなおせちの具の盛り付け方や詰め方も一緒にご紹介したいと思います。

おせちの盛り付け方・詰め方 1.銘々盛り

まずはこちらの銘々盛りです。初心者の方はまずは簡単なこちらから盛り付けてみるのはいかがでしょうか?

また、おせちの盛り付け方・詰め方の基本としては、詰める具の種類は必ず奇数にする事

なぜなら奇数の方が割り切れないのでおめでたい数字とされているからです。

おせちの盛り付け方・詰め方 2.段詰め

こちらは縦横のラインを平行にきっちりと合わせる盛り付け方・詰め方です。

あまり配置のセンスを求められにくい、初心者の方にも易しい盛り付け方ではないでしょうか。

お重になるべく隙間なく、整然と綺麗に詰めたいという方におすすめです。

おせちの盛り付け方・詰め方 3.八方詰め

続いては、幸せが四方八方に広がる様にと、末広がりの意味が込められた八方詰めという盛り付け方。

見ての通り、八の形になっているのがポイントですね。

普通に詰めるだけでは味気ない、という方にもおすすめですし、初めての方でもそう難しくはない詰め方でもあります。

おせちの盛り付け方・詰め方 4.升形詰め

最後にご紹介するのは、重箱を升の形に見立てておせちを詰める盛り付け方、升形詰めです。

升とはお祝いの席で使われるもので、これでお酒を飲む事もありますよね。

少し難易度が高そうに見えますが、その分豪華さや華やかさを演出できる詰め方といえます。

【2019年】鏡開きの日はいつ?やり方や意味・由来を徹底解説
鏡開き2019年はいつ行うのが正しいのでしょうか?今回は、新年の行事である鏡開きについて、名前の由来や、正しいやり方また何気に知らない鏡開きのルール等について詳しく調査してみました!詳しく調べてみると面白いものです。
除夜の鐘の回数「108回」の意味は煩悩の数?鳴るのは何時から?
除夜の鐘の回数が108回って本当なのでしょうか?煩悩の108と同じ回数なのは意味がある?と言ったふとした疑問から、何となく聞いている除夜の鐘が何時からなり始めているのかなど、除夜の鐘について調査してみました!

おせちの意味と由来、盛り付け方や詰め方まとめ

という訳で、この記事ではおせちの具の由来と意味や、重箱への盛り付け方や詰め方をまとめてご紹介いたしました。

重箱へ綺麗におせちを詰めるのは少し難しそうにも思えますが、まずは基本的な詰め方をマスターすれば大丈夫。見た目も華やかにおせちを詰める事ができますよ。

来年のお正月に向けて、今年の大晦日は自分でおせちを詰めてみるのも良いのではないでしょうか?

あなたへのオススメ

コメントを残す

*