インフルエンザが潜伏期間中にうつる可能性は約何パーセント?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

主に冬の時期に流行するのがインフルエンザ

仕事や学校を休める(例外アリ)!…と思っても、症状は重く辛いものばかりですし、最悪の場合死に至る可能性もありますから、とにかくあまり感染したくないものです。

そんなインフルエンザですが、まだ症状が出ていない潜伏期間の内にうつる可能性は一体どのくらいあるのでしょうか?

また、潜伏期間だと疑わしい内にできるインフルエンザの対策も併せてご紹介します。

インフルエンザとは?

インフルエンザ1
PR

では、既にご存知の方も多いかとは思いますが、まずは改めてインフルエンザとはどんなものかという事を確認しておきたいと思います。

一般的なインフルエンザのイメージとしては、症状が辛くて感染力が強く、冬季に大流行するので予防接種を受けておいた方が良い…というものではないでしょうか?

インフルエンザの症状はキツい…

症状

恐らく今まで一度もインフルエンザに感染した事がないという方は少ないのではないでしょうか。

インフルエンザの症状は喉の痛み・咳・鼻水・くしゃみといった一般的な風邪の症状とも似ていますが、それに加えて高熱や全身倦怠感、筋肉痛、頭痛といった厄介な症状にも苛まれます。

また、インフルエンザの合併症としては、肺炎や気管支炎を始め、急性脳炎や重症肺炎が発症する可能性もあります。

つまり最悪死に至るケースもあるので、十分に注意が必要です。

インフルエンザの予防接種は大切

予防接種

そこで大切になるのがインフルエンザの予防接種です。予防接種を受けた事でインフルエンザウイルスの感染が防げる訳ではないのですが、予防接種を受ける事によってインフルエンザの発症を抑える事ができます

予防接種では感染力のないインフルエンザウイルスをワクチンとして体内に入れる事で免疫ができ、インフルエンザウイルスに感染しても免疫の力によって症状が起こらないか、かなり軽減する事ができるんです。

ですので、ワクチンを打ってもインフルエンザを発症する事はありませんのでご安心ください。

しかし、元々元気で体力があり、免疫も強い方はワクチンを打つと体が反応して熱っぽくなる場合もありますが、一晩で鎮静しますので問題はありません。

インフルエンザは重症化に注意

体温計

インフルエンザは重症化しやすい事にも注意が必要なのですが、特に気を付けて頂きたいのは高齢者の方や妊娠中の方、小さいお子さんや慢性的な疾患のある方

これらの方は感染した場合、重篤な症状が出やすいとされています。ですので、早めに予防接種を受けておく事をおすすめします。

妊娠中の方でもインフルエンザワクチンは安全に摂取する事ができます。

また、インフルエンザの症状が強く出やすいのは、体が弱い方よりも丈夫で体力がある方。免疫の反応が強く出てしまいやすいので、高熱なども出やすいという訳なんです。

【鍋料理】人気の具材ランキングと鍋の種類をランキングしてみた
肌寒くなると、暖かい料理が恋しくなります。最近ではすっかりスーパーの売り場も鍋の素が多くなってきましたが、一番人気の鍋の具材や素は何なのでしょう?今回は人気の具材ランキングと鍋の種類をランキングしてみました!
2018年仕事納め・2019年仕事始めはいつ?役所・病院・銀行は?
年末年始で嬉しいのは長めの正月休みではないでしょうか。また、役所や病院、銀行などのお休みの期間も把握しておきたいですよね。この記事では2018年から2019年にかけても仕事納めと仕事始めはいつなのかをチェックしてみます。

インフルエンザの潜伏期間はどのくらい?

インフルエンザ2
PR

それでは気になるインフルエンザに感染してしまった場合の潜伏期間についてもチェックしましょう。

インフルエンザが潜伏期間にうつる可能性はどのくらい高いのでしょうか?

インフルエンザの潜伏期間は?

潜伏期間2

インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1~2日ですが、3~5日、あるいは7日程潜伏期間がある場合があります。

ですので、インフルエンザに感染した事が疑わしい環境であったとしても、潜伏期間が長ければ直ぐに症状が出ない事もあるので油断はできませんよね。

しっかりと予防や対策をしておく事が大切です。

また、インフルエンザは感染すると、体内で8時間の内に100個、24時間経つと100万個程にまで増殖するそうです…増殖の急激さにも愕然としてしまいます。

潜伏期間でもインフルエンザはうつる?

感染

インフルエンザの恐ろしい所は、その感染力にもあります。

なんと、潜伏期間の1日目…つまり感染したその時から強い感染力があるという事。ですので、まだはっきりとしたインフルエンザの症状が見られない時からうつる可能性が高いんです。

これではどこからウイルスがうつるか分からないのでかなり怖い状況ですよね。

インフルエンザの感染力は発症から3日間程度が最も強く、その後1週間程度続くとの事。中々しぶとい様です…。

インフルエンザの感染経路とは

飛沫感染

インフルエンザの感染経路は、飛沫感染と接触感染です。

飛沫感染とは、ウイルスを持っている人が近くにいて、その咳やくしゃみなどから感染してしまうというもの。

また接触感染はそういったウイルスが付着している場所に手などで触れてしまった場合に起こるものです。

感染経路からみても、あまりインフルエンザはうつされたくないものですよね…外出時はマスクで予防するのも大きな手といえます。

冬のボーナス支給日は公務員と一般企業で違う?土曜・日曜の場合は?
冬のボーナス支給日はいつ!?12月の臨時収入である冬のボーナス支給日って公務員と一般企業で違うそうなのをご存知でしたか?公務員の場合毎年日程が決められていますが、支給日が土曜日・日曜日と被ったらどうなるのでしょう?
年越し蕎麦を食べるタイミングは何時?意味や由来を簡単にご紹介
年越し蕎麦を食べるタイミングって人や家庭によって違いますよね。正しいタイミングが何時なのか、めちゃくちゃ気になってしまったので年越し蕎麦を食べるタイミングが何時なのかを年越し蕎麦の由来や意味から調べてみました!

インフルエンザの潜伏期間にできる対策は?

対策

そんなインフルエンザは本当に誰がウイルスを持っていてもおかしくないものなので、事前にしっかり予防や対策をしておきたいものですよね。

何しろ、自分が既に感染していて、潜伏期間中である可能性も充分にあります。

外出時のマスクも勿論の事、簡単にできるインフルエンザ予防・対策をご紹介します。

手洗い・うがいは欠かさない

手洗い

これは昔から耳にタコができそうなくらい言われている事ですが、家に帰ってきた時や、外から職場に入ってきた時は最初に手洗いやうがいをしっかりする様にしましょう

これをするだけでもかなり有効な予防となります。ウイルスや様々な菌は目には見えないものですので、十分に手洗いやうがいをして洗い流す事は大切です。

また、水洗いだけではなく、かならず手洗い用の石鹸やうがい薬を使う様にしてください。

部屋の加湿・換気をする

換気

空気が乾燥しているとウイルスにも感染しやすくなるものです。

加湿器や濡らしたタオルなどを使用して部屋の乾燥を防ぎ、なるべく加湿をする様にしてください

また、冬場は気温が低いので部屋の窓もしっかりと閉めておくものですが、定期的に換気をする事も大切です。

しっかりと休息を取る

休息

また、疲労などで体が弱っていると、それだけウイルスに感染しても抵抗力が下がってしまいます

そういった時にはインフルエンザにもかかりやすくなってしまうので、ぜひしっかり休息を取って体調を整える様にしてください。

同様にストレスを溜め込んでしまうのも体調が低下する一因なので、インフルエンザ予防としてはストレス解消もおすすめします。

体を冷やさない

冬服

特に冬場は体が冷えてしまいがちですが、体温が下がると免疫力が落ちます

体温が例え1℃下がっただけでもかなりの免疫力が低下してしまいますので、とにかく体を冷やさない事が肝心です。

平熱が低めの方はより気を付けておくと良いでしょう。

お年玉は何歳から何歳まで?相場やお金の入れ方・折り方をご紹介!
お正月といえばお年玉!そろそろお年玉を貰う立場から渡す立場へと変わった方も多いはず。そこで今回はお年玉は何歳から何歳までの子に渡すべきか、相場やお金の入れ方・折り方といったお作法や、お年玉の由来や意味もお伝えします。
2019年の年賀状はいつまでにポスト投函すれば元旦に届くの?
年賀状はいつまでにポストへ投函すれば、元旦に届くのでしょうか?2019年は平成最後の年賀状になります!折角なら元旦に届くように送りたいですよね!と言うわけで、今回は年賀状と日付についてご紹介していきたいと思います。

インフルエンザは潜伏期間にもうつる可能性がある?まとめ

という訳で、インフルエンザは恐ろしい事に潜伏期間にでも十分感染する可能性が高い事が分かりました。

しかも感染しているかどうかも傍目からは分からないので余計に用心しておくべきですよね。

インフルエンザが流行する季節はもう間近ですので、なるべく早めに予防・対策をする様にしてください。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*