七草粥とは?いつ食べるべき?意味や由来、七草の種類を徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

段々と今年も終わりに近付いてまいりました。

日々仕事に追われる中、年末年始のお休みが待ち遠しいという方もきっといらっしゃるかと思います。

そんなお正月でも終わり頃に食べる七草粥はすっかり日本人の習慣にもなっていますよね。

では、そんな七草粥の由来や意味とは一体どんなものなのでしょうか?

いつ食べるべきかというタイミングや、七草それぞれの種類も併せてご紹介します。

七草粥の意味や由来とは?

宮廷
PR

それではまず、七草粥の意味や由来から見ていきたいと思います。

日本の文化は古来より中国から伝わり、日本独自の形で定着したものが数多くありますが、七草粥もその1つです。

かつて五節句という重要な行事があった

宮廷

日本には五節句と呼ばれる重要な宮中行事がありました。今でも桃の節句や端午の節句と言ったりしますよね。その節句がこれです。

この五節句も元々は中国の陰陽五行説に由来するもので、それが日本に定着しました。

節句とは季節の変わり目を意味し、この時期に神様にお供えして無病息災や五穀豊穣を祈る、という行事です。

また、節供というのがこの時にお供えされた食べ物の事で、これが実は正月のご馳走、おせちの由来でもあります。

1月7日は人日の節句

陰陽

そしてこの五節句のうち、1月7日を人日(じんじつ)の節句といいます。その年の五穀豊穣と無病息災を祈るのがこの日でした。

中国では奇数が陽で縁起が良く、偶数が陰で縁起が悪いとされていました。そして奇数と奇数を足すと偶数になりますよね。

五節句の日は『1月7日・3月3日・5月5日・7月7日・9月9日』と決まっていて、どれも数字の揃った奇数の日ですよね。

ですのでこの節句の日に魔や邪気を払う行事が行われていて、それが日本にも伝わったんです。

新暦になって五節句は廃止されたが…

中国

明治時代に暦が新暦に変わる際、五節句は廃止されましたが、年中行事や風習としては今なお残っています。

そして中国では、七種菜羹という7種類の野草を入れた料理を食べてその年の無病息災を祈るという行事が毎年1月7日に行われていました。

それが日本で年初に行われていた若菜摘みという行事が合わさって、今の七草粥に繋がったとされています

【初詣】お寺と神社の違いとは?正しい参拝のやり方まとめ
正月に行く初詣、神社とお寺どっちに参拝に行くのが正しいのでしょうか?お寺と神社の違いはどこにあるのかまた、日本人として知っておきたい神社とお寺でそれぞれ違う参拝の正しいやり方等を詳しくご紹介していきます!
【2019年】鏡開きの日はいつ?やり方や意味・由来を徹底解説
鏡開き2019年はいつ行うのが正しいのでしょうか?今回は、新年の行事である鏡開きについて、名前の由来や、正しいやり方また何気に知らない鏡開きのルール等について詳しく調査してみました!詳しく調べてみると面白いものです。

七草粥はいつ食べるもの?

カレンダー

七草粥の意味や由来が分かったので、次は七草粥はいつ食べるものなのか?という所に迫ってみたいと思います。

一般的に知られている日は皆さん何となくご存知かもしれませんが、実は場所によってはその風習も異なっていたんです。

基本は1月7日に食べる

正月

先程の七草粥の意味や由来をご紹介する際に少し触れましたが、七草粥はいつ食べるのかというと基本は1月7日の朝です。

この日は節句の日でもあると同時に、お正月の最終日でもあります。

基本的には、この日に七草粥を食べるという習慣が現代にまで伝わっていますので、よく宣伝されている七草粥の日は1月7日だという事が知られていますよね。

7日だから七草粥なのではないか、と思われていた方もいらっしゃるかとは思いますが、実はそうではなかった事が分かって頂けたのではないかと思います。

お正月のご馳走で弱った胃腸を整える為に…

薬草

そして、この日に七草粥を食べるというのは伝統というだけではなく、理に適っている事でもあります。

お正月は味の濃いご馳走を食べる事が多く、新年も7日になってくると流石に胃腸が疲れてくる頃です。

そこで、体調を整える為にも、体に良い七草の入ったお腹に優しい粥を食べる事で、胃腸機能の回復効果も期待されていたんです。

実は地方によって七草粥は違う

汁物

そんな七草粥ですが、実は地方によって風習が異なっています。また、必ずしも1月7日に七草粥や汁を食べる地域ばかりではありません。

例えば東北地方などでは気候によって七草が摘めないので、根菜や蒟蒻などを入れて炊いた汁を1月7日に食べたり、そもそもこの日に七草を食べない習慣もありました。

また、温暖な地方であったとしても現在よく知られている七草を全て取り入れられている訳ではありませんでした。

有り合わせの葉野菜やその他の野菜、鶏肉、栗や餅、昆布や豆腐などを入れて粥や汁を入れて炊く地域も多くあり、中々バリエーションに富んでいるものである様です。

年越し蕎麦を食べるタイミングは何時?意味や由来を簡単にご紹介
年越し蕎麦を食べるタイミングって人や家庭によって違いますよね。正しいタイミングが何時なのか、めちゃくちゃ気になってしまったので年越し蕎麦を食べるタイミングが何時なのかを年越し蕎麦の由来や意味から調べてみました!
2019年の年賀状はいつまでにポスト投函すれば元旦に届くの?
年賀状はいつまでにポストへ投函すれば、元旦に届くのでしょうか?2019年は平成最後の年賀状になります!折角なら元旦に届くように送りたいですよね!と言うわけで、今回は年賀状と日付についてご紹介していきたいと思います。

七草の種類はこちら!

七草
PR

それでは、地方によって差があるものではありますが、代表的な春の七草をご紹介いたします。

有名な詩では『セリ ナズナ ゴギョウ ハコベラ ホトケノザ スズナ スズシロ これぞ七草』というものが有名です。某教育テレビの番組でも使われていましたね。

また、最近ではスーパーや八百屋さんなどに予め七草がセットになっているものが販売されていますので、手軽に七草粥を作る事ができます。

七草の種類 1.セリ

セリ

セリには胃や肝臓などの機能回復や冷え予防、解熱、食欲増進や血圧を下げる効果などがあります。

また利尿作用もあり、血中のコレステロールや老廃物を出してくれるという働きもありますので、お正月にご馳走を食べまくって弱った胃腸には最適ですよね。

加えてミネラルやビタミンCなども豊富に含まれているという特徴もあります。

ちなみに、数多くの新芽が『競り合って』育つからセリ、という名前の由来もあるそうです。

七草の種類 2.ナズナ

ナズナ

ナズナには利尿・解熱作用の他にも腹痛や便秘、下痢などに対して効果があり、血液循環を促進して消炎する作用もあるそうです。

また、このことからむくみの解消にも効果があるとされています。

ナズナは別名ぺんぺん草といい、割とよく見かける草なので皆さんも1度はどこかで見かけた事があるはずです。

花の下に生えている、茎から伸びている細い枝に付いた三角やハートの様な形の果実が特徴的です。

七草の種類 3.ゴギョウ

ゴギョウ

ゴギョウには内臓の回復や咳止め、去痰効果があります。また、喉の痛みや吐き気を止めてくれる作用もあるのだそう。

ちなみにゴギョウとは人形の意味で、別名ハハコグサとも呼ばれます。そして仏の体を表しているともされています。

昔は草餅と言えばこちらのゴギョウが使われていたそうですが、今ではヨモギを使ったものが最もポピュラーになっています。

七草の種類 4.ハコベラ

ハコベラ

ハコベラには鎮痛作用や整腸作用がある事から、古くから胃炎や腹痛薬の薬草として用いられてきました。

他にも利尿作用や歯槽膿漏に対して効果があるそうです。

また、含まれているたんぱく質やミネラルの量も多いとの事。

こちらも日本のあちこちに生えている草なので、知らず知らずの内に見かけた事のある方もきっと多いはずです。

七草の種類 5.ホトケノザ

ホトケノザ

ホトケノザは感じで書くと仏座。つまり草の生えている姿が仏様の安座に見立てられています。また、このホトケノザは一般的にコオニタビラコという植物の事を言います。

ホトケノザは食物繊維が豊富で、健胃・整腸の作用があります。また食欲を増進させ、歯痛止めにもなるという効果もあるんだとか。

ちなみにホトケノザという名前の植物はもう1つあって、今ではそちらの植物を指す名前とされています。

そちらのホトケノザもよく見かける、いわゆる雑草とも呼ばれるものなので、どこかでお目にかかったり、子供の頃に密を吸ったりした事がある方も多いはずです。

七草の種類 6.スズナ

スズナ

スズナとはいわゆる蕪の事です。利尿や便秘解消作用を始め、腹痛や風邪を予防する効果もあるそうです。

胃腸を整えたり消化を促進したりする作用はジアスターゼが含まれているからです。

また、スズナとは神様を呼ぶ鈴という意味も表しています。

神社の拝殿では鈴を鳴らす所もありますよね。

七草の種類 7.スズシロ

スズシロ

こちらスズシロも見た目の通り大根の事をいいます。スズシロとは『清白』と表し、汚れの無い清らかさを意味します。

大根が消化に良く、お腹の調子を整えてくれる事は有名ですよね。

また、血栓ができるのを防ぐ作用や、風邪の予防、解毒作用もあるとの事。

この様に七草とはどれも体に良く、消化機能の回復効果があるものばかりという事ですね。

2018年仕事納め・2019年仕事始めはいつ?役所・病院・銀行は?
年末年始で嬉しいのは長めの正月休みではないでしょうか。また、役所や病院、銀行などのお休みの期間も把握しておきたいですよね。この記事では2018年から2019年にかけても仕事納めと仕事始めはいつなのかをチェックしてみます。
除夜の鐘の回数「108回」の意味は煩悩の数?鳴るのは何時から?
除夜の鐘の回数が108回って本当なのでしょうか?煩悩の108と同じ回数なのは意味がある?と言ったふとした疑問から、何となく聞いている除夜の鐘が何時からなり始めているのかなど、除夜の鐘について調査してみました!

七草粥の意味や由来、種類とは?まとめ

今回は七草粥の意味や由来、いつ食べるのかという事や、七草それぞれの種類についてご紹介いたしました。

単なる古来からの伝統や風習というだけではなく、体の事を考えて伝わった行事だというのがよく分かりましたよね。

来年に七草粥を食べる時にはぜひ、これらの事を思い出してみて下さいね。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*