一人で過ごすお正月の過ごし方まとめ!おすすめの過ごし方はコレ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは来年のお正月は誰と過ごしますか?

えっ__もしかして一人?つまりぼっちですk(

あんまり言ってると物凄い勢いでブーメランが刺さりそうなのでこれくらいにしておきマス…。

とにかく、今これを読んでいるという事は、お正月を一人でも満喫する方法が知りたいという事ですよね。

お任せください!今回はそんな寂しい独身の方でも満足できる(かもしれない)、楽しいお正月の過ごし方:一人身編をお送りします!

これさえ読んでおけば、もし急にお正月にぼっち確定してしまった時にも安心ですよ!

お正月の過ごし方 一人・独身編【おすすめ度:★】

正月1
PR

それでは早速、一人や独身の方でも楽しめるお正月の過ごし方をおすすめ度順にご紹介しようと思います!

まずはおすすめ度が少し低めのお正月の過ごし方。一人でも楽しめない事はないけど少しハードルが高いかな…という事も敢えて入れてみました。

条件が合うならチャレンジしてみるのもアリだと思います。

1.一人テーマパーク

遊園地

いきなり難易度が高そうなものをぶっこんでみました。筆者的には一人テーマパークは割とおすすめです、なんてったって自由が利きますから。年末年始イベントもありますし。

そりゃ確かに家族連れやら友達やらカップルでのお客さんが多いので、ふとした時に寂しさが襲ってくる事もあります

でも一人にせよ団体戦にせよ、それぞれにメリットとデメリットはあるもの。なので今回は一人テーマパークのメリット重視で推しています。

実際、ツウの方でも一人で行く人は行く様ですし、一人だからって何ら恥ずかしい事も、間違っている訳でもありません。(経験者は語る)。

2.ひたすら寝る

寝正月

いわゆる寝正月と言われるもの。欲望のままに眠り続ける正月を送るという過ごし方です。

日々仕事などで忙殺されている方はこちらも良いかもしれません。しかし寝正月の悪い所は、後から物凄い喪失感が襲ってくる事(筆者だけでしょうか)。

なんかこう、せっかくの正月なのにやっちまった感があるんですよね…。正月のお笑い特番を見逃してちょっと悔しい気もするというか。

それでも俺は敢えて正月は寝まくると決めている!という方は思う存分寝ちゃってください。

3.正月くらい食べまくる

ご馳走

そしてまたしても罪深い正月の過ごし方、暴飲暴食。最近は一人用おせちも人気です。良かった!正月ぼっちは自分だけじゃなかったんだ!

正月くらい好きなものやご馳走を食べまくってやれ!という心意気で臨む、行きはよいよい帰りは怖い…そんな仮初の楽園です。

だってねえ、思う存分食べて寝てを繰り返す正月を送った者の末路なんて決まってるじゃないですか。体重計は嘘をついてくれないんです

食べた分はちゃんと動いてプラマイゼロにするぜ!という方には偶の贅沢も良いのではないでしょうか。

2018年仕事納め・2019年仕事始めはいつ?役所・病院・銀行は?
年末年始で嬉しいのは長めの正月休みではないでしょうか。また、役所や病院、銀行などのお休みの期間も把握しておきたいですよね。この記事では2018年から2019年にかけても仕事納めと仕事始めはいつなのかをチェックしてみます。
冬のボーナス支給日は公務員と一般企業で違う?土曜・日曜の場合は?
冬のボーナス支給日はいつ!?12月の臨時収入である冬のボーナス支給日って公務員と一般企業で違うそうなのをご存知でしたか?公務員の場合毎年日程が決められていますが、支給日が土曜日・日曜日と被ったらどうなるのでしょう?

お正月の過ごし方 一人・独身編【おすすめ度:★★】

正月2
PR

それでは少しランクアップしまして、一人・独身だけどこういうのもアリなんじゃないかなぁというおすすめの正月の過ごし方をご提案します。

いや、実際全然問題ないと思うんですけどね。実行にはちょっとの勇気と億劫さを打破しなければいけないだけであって。

人混みに揉まれるのが苦手じゃない方、一人・独身だけど人の集まる所へ行って賑やかさを味わいたい…という方はぜひお試しください。

大切なのは一人の自由を楽しむという心意気です。

1.初売り参戦

福袋

敢えて戦地に飛び込んでみる。虎穴に入らずんば虎子を得ず。初売りで福袋をゲットするというお正月ならではの過ごし方もありますよね。

福袋と聞けば衣料品ブランドのものなんかが真っ先に思い浮かびそうですが、スタバやヴィレヴァンなどの福袋も有名です。

そこそこお値段がする割には福袋の中身は当てにならない事も多いですが(特にヴィレヴァン)、新年早々笑いの種や運試しにはなりそうなので、ある意味おすすめ。

一人だからこそ人混みの中に突入する気概のある方は…福袋、いかがでしょうか?

2.初詣

初詣

超・オーソドックスかつこれぞお正月のイベントともいうべき初詣。ぶっちゃけ一人で行くのは何ら問題ないです。独身の方は恋人祈願もいかがでしょうか。

そもそも、ある意味これがお正月で1,2を争うくらい大切な事の様な気もしますが…正直に言いましょう。初詣の激混みってかなり辛いんです…。

昔家族で初詣に行った時なんて一面人の海で、ほとんど前進すらままならなかったものです(全国的にかなり有名な神社というのも大きかったのでしょう)。

ですので、個人的には神様には申し訳ないのですが、初詣は正月の激混みが少しおさまった頃にお参りに行きます。皆さんも初詣はぜひ行きましょう

3.何か新しい事にチャレンジ

飛躍

これは結構おすすめなんですが、新しい事にチャレンジしてみませんか?実際お正月は何か新しい事に挑戦したり始めたりするのに最適な時期ですよね。

ですので例えば、新しい趣味とか勉強を始めてみるとか、目標を新たに設定してみるとか、そういう事をお正月にするのは身も心も引き締まって良い一年が過ごせそうです。

ぶっちゃけ寝正月とは真逆の過ごし方ですが、向上心のある方にもおすすめの過ごし方と言えますね。

せっかくの機会ですから、来年のお正月は何かにチャレンジして飛躍の年にしても良いのではないでしょうか。

【初詣】お寺と神社の違いとは?正しい参拝のやり方まとめ
正月に行く初詣、神社とお寺どっちに参拝に行くのが正しいのでしょうか?お寺と神社の違いはどこにあるのかまた、日本人として知っておきたい神社とお寺でそれぞれ違う参拝の正しいやり方等を詳しくご紹介していきます!
年越し蕎麦を食べるタイミングは何時?意味や由来を簡単にご紹介
年越し蕎麦を食べるタイミングって人や家庭によって違いますよね。正しいタイミングが何時なのか、めちゃくちゃ気になってしまったので年越し蕎麦を食べるタイミングが何時なのかを年越し蕎麦の由来や意味から調べてみました!

お正月の過ごし方 一人・独身編【おすすめ度:★★★】

正月3

さて、いよいよ筆者的にかなりおすすめな部類のお正月の過ごし方をご紹介します。

せっかくのまとまったお休みですから、しっかりと休みたい反面、何かに取り組むのも良い事です。

ですが、偶にはまったりと自分の好きな事に時間を費やすのもまたアリなのではないでしょうか。

1.映画観賞会

映画

年末年始の連休を利用して、お正月は見たかった長編映画やドラマをひたすら鑑賞して過ごす…という方も多くいらっしゃいます。

最近はわざわざレンタルショップに行かなくても、定額の各種配信サイトで映画やドラマが配信されているので、家にいながらでも大量のコンテンツを楽しめます(返し忘れの延滞料金の心配もナシ)。

実際、連日仕事から帰ってきてくたくたの状態では、長編映画を観る気力体力が湧いてこないことも多い筈。

ですので、連休の内に気になっていたコンテンツを一気に消化して思い切り楽しむのはおすすめです。

2.思い切って一人旅

旅

一人テーマパークよりも更に難易度が上がったな、と思われたでしょうか。ですが一人旅はそう珍しい事ではないので、一人テーマパークよりは意外と敷居も低いと思われます。

実は最近は旅行会社でもお一人様用のツアーが用意されているので、一人旅ではどこに行っていいか分からないという方はツアーの利用もおすすめです。

ツアーに来ている全員が一人参加なので、周りを見て変な焦燥感に駆られて楽しめないという事はありませんし、新しい友人ができる可能性も。

今年のお正月は思い切って一人旅に出かけてみませんか?

3.趣味に費やす

趣味

先程は映画観賞をお勧めしましたが、それだけではなく、いっそ趣味に費やしてみるのも大いにアリだと思います。

例えば読書やゲームをして積んでいたものを消化したり、プラモデルを組み立てたりと、趣味の幅は無限大ですよね。

日頃まとまった時間が中々取れなくて趣味を満喫できていなかったという方には特におすすめの過ごし方ですね。

逆に色々とやりたい事が多すぎて時間が足りないかもしれませんので、自分なりの有効な過ごし方を考えてみて下さいね。

お年玉は何歳から何歳まで?相場やお金の入れ方・折り方をご紹介!
お正月といえばお年玉!そろそろお年玉を貰う立場から渡す立場へと変わった方も多いはず。そこで今回はお年玉は何歳から何歳までの子に渡すべきか、相場やお金の入れ方・折り方といったお作法や、お年玉の由来や意味もお伝えします。
七草粥とは?いつ食べるべき?意味や由来、七草の種類を徹底解説
毎年お正月の終わり頃に食べる習慣のある七草粥。毎年の楽しみの1つという方もいらっしゃると思います。ではこの七草粥の意味や由来とは一体何なのでしょうか?また、いつ食べるべきかという日にちや、七草それぞれの種類も解説します。

一人・独身でも楽しい、おすすめのお正月の過ごし方まとめ!

今回は一人や独身の方でも楽しめる様な、おすすめのお正月の過ごし方についてご紹介しました!

こうして見ると、別に一人でも十分お正月は満喫できそうですよね。負け惜しみでも何でもなく。

ただし、よほどの事情がない限りは、偶には帰省して親に顔を見せるというのも大切ですよ!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*