JUULのSNSレビューまとめ!アメリカの次は日本で大流行する?

ジュールのレビュー調査
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで超絶人気を誇る電子タバコJUUL(ジュール)

ニコチン入りのリキッドが入ったカートリッジを付け替えるカートリッジ式電子タバコです。

ニコチンが入っているため日本での卸は行われていませんが、それでも個人輸入で所持している人もいる程、世界的に人気のデバイスです。

今回はこのJUULをわざわざ個人輸入の通販で購入する価値があるのかについてレビューを調査していきたいと思います!

PR

アメリカではシェア数5割越えの大人気!

アメリカで大人気のジュール

2015年から発売されて僅か3年ちょっとで電子タバコ市場のシェア数5割以上を達成したJUUL(ジュール)。

サイトによって情報がまちまちですが、あるサイトでは市場の7割でJUULが使用されているなんて言う調査結果もあるほど!

JUULは電子タバコの中でもPODと呼ばれるニコチンの入った電子タバコです。

手軽に使えてスタイリッシュと言う点で好まれ、ニコチン感の強い電子タバコということで紙巻タバコユーザーまでもを獲得し、その売り上げを伸ばしてきたJUULの波は日本にまで広がってきています。

日本では購入不可!

ジュール 日本で購入不可

アメリカを中心に凄い人気を誇るJUULですが、日本では販売されていません

日本国内のネット通販でも購入することができません。

というのも、PODのJUULの特徴であるニコチンがはいっているということが日本の薬事法で取引禁止になっているからです。

JUULを購入する場合には、海外の販売店から直接通販する個人輸入という形で購入することになります。

それでも広がるJUULの輪

ジュールの輪

海外から個人輸入しなければいけないとはいえ、日本人でも持っている人が増えています

個人輸入と言うと敷居が高いように感じますが、ネットが普及した今通販とさほど大差はありません。

Amazonで商品を買ってもたまに海外から発送されることがありますよね?それも個人輸入と言われている行為です。

もともと、電子タバコのリキッドにニコチンを混ぜる為に個人輸入を行っていた方も多いですし、それほど難しいものでもないというのが理由です。

電子タバコのジュール(JUUL)とは?日本で通販や個人輸入は可能?
今アメリカを中心に人気になっているタバコ『JUUL』ってご存知ですか?電子タバコのようでニコチンの入っている新しいタバコジュールは日本では個人輸入の通販でしか買う事が出来ませんが、世界中で人気になってきているようです。
JUULの使い方まとめ!吸い方や充電方法を徹底調査してみた!
アメリカで人気爆発中の電子タバコjuul。日本では個人輸入でしか購入することが出来ませんが、海外の人気アイテム持ってたらかっこいいですよね!と言うことで今回はjuulの吸い方や充電方法など使い方について細かくご紹介!

JUULが人気になった理由は?

3年で電子タバコ市場のトップに躍り出たJUUL。

電子タバコ市場自体が低迷している今、これほどの人気度は異常とまで言われているんですw

JUULがここまで人気になった理由を簡単にまとめるとこのような点がユーザーに刺さったとされています。

・強いニコチン感のあるニコチンソルトの使用
・使い勝手のいいデバイス
・コンパクトでスタイリッシュな本体
・バッテリー容量

ただ、これだけでなく、一番の理由としては優れたマーケティング力が一番人気の火付け役になったのではないかと言われています。

マーケティングが成功した

ジュールのマーケティング

人気の特徴は本体の使いやすさや使い心地は勿論だと思いますが、それ以上に発売前からのマーケティング戦略が成功したという点においてここまでの人気に発展したと考えられています。

日本でも、いきなり登場した加熱式タバコアイコスの火付け役になったのは人気番組であるア●トークからでしたし、宣伝の影響力が良かったのでしょう。

InstagramやTwitterなどのSNSを中心にマーケティングを行い、その結果爆発的な人気を得たのです。

PR

JUULの人気をレビューから調べてみた!

ジュールのレビューと口コミ

さて、これほどまでに人気の電子タバコJUUL。

日本で購入するなら個人輸入を行わなければいけません。つまりは、カートリッジが無くなる度に通販で個人輸入しなければいけないって事なんですよね。

筆者はアイコスなどの臭いが苦手ですし、わかばを愛用している程のニコチン狂なのでJUUL良いなぁと思う一方で面倒くささを感じるというのも事実なんです。

これから個人輸入してまで通販で買う価値があるのか、すでに持っている方たちのレビューを調査しながら見極めていきたいと思います!

ニコチン感についてのレビュー

JUULの特徴ともいえる強いニコチン感についてのレビューはかなりありました!

それは勿論…いい意味でも悪い意味でも…。

多すぎるニコチン感にノックダウン…

JUULのニコチンはそこそこキツイです。

紙巻タバコと比べると、量が違うので何とも言えませんが、この方は紙巻タバコよりもニコチンの量が多く感じた。と言う事でしょう。

確かに、10㎎とか5mg以下のタバコを吸っている人からしたらきついかも…。

体感的には8mg位?

キック感つえええええええらしい。

JUULはニコチンソルトと言う名前のニコチン成分の液体なので、吸引の仕方で濃度が変わるように感じられます。

体感的には8mgと言うと…可もなく不可もなく。高ニコチンの喫煙者でもそこそこ満足できる程度の量ですね。

8ミリってタバコが一番おいしく感じられる気がします。筆者は!

JUULはハマる!

JUULを使い始めてからハマった!と言う方もかなりいました。

このレビューではニコチン的な意味で補うことができないのか、臭いや煙の感覚でそう感じるのかはちょっと読み取れないですが(;’∀’)
自身の生活環境だったり、欲しいニコチン感が一致すると手放せなくなるほどのようです!

JUULを日本国内から簡単に通販で購入する方法【完全版】
VAPE大国アメリカで一大人気を博している電子タバコ【JUUL(ジュール)】。日本では店頭購入が出来ず、個人輸入という形での通販購入しか出来ないんです。最注目の電子タバコ、JUULの購入方法についてまとめました!
JUULのケース・スキン等のアクセサリはアマゾンで買うのがお得?
JUULのケースやスキンなどのアクセサリはどこで購入することができる?アメリカで人気の電子タバコジュールのアクセサリ類は日本でも購入することはできるのでしょうか?充電器が突然壊れた時はどこで買えばいいのでしょうか?

サイズ感についてのレビュー

ニコチン感だけでなく、コンパクトでスタイリッシュな本体もJUULの特徴になってます。

サイズ感に関しては、持っている人からの驚きのレビューがあり、さらに持っていない人からも『こんなにコンパクトなの良くね?』と言われている程!

手で覆い隠せるくらいの大きさらしいですよ…ちっさい…。

小さくてスリムは最高!

JUULは実際に手に持つとびっくりするくらい小さいです。
本当にこれでいいの?と思うほど…。

ポケットにスッっと入るくらいの大きさですし、2個持ち、3個持ちしてもかさばらないんですよ!

バッテリー容量が大きめなので2.3個持ちあるく必要ないと思いますけどねw

加熱式タバコと比べると一目瞭然

筆者正直に言います…。このレビューみて、JUUL映ってないじゃん。とおもいましたごめんなさい。

gloの隣ですね。ちゃんとあります。
写真からもわかる薄さと小ささ!凄くないですか?

大きさ的には紙巻タバコの横の部分くらいですかね…。薄さはアイコスの半分以下?うん…。もはや無くしそうな程小さいです…。

JUULのこんなところは微妙かも…

ジュール微妙

ニコチン感やサイズ感についてはかなり高評価を得ているということが分かると思います。

しかし、JUULを購入するなら個人輸入しなけれなりません
個人輸入も最近では普通の通販と同じような感覚ですが、敷居が高いと感じてしまうのも分かります…。

送料が高い・届くまで時間がかかると言った距離的な問題もあり、ここまでするならいらないかもな…。と感じてしまう人も多いのが現状です。

個人輸入の面倒さに関して、またそれ以外のJUULについて悪いレビューをまとめてみました。

止め時が分からない

JUULはフルーツやスイーツ系フレーバーを始め互換製品を合わせるとかなりの種類で展開されています。

中でもJUUL公式で販売されているマンゴー味は現地アメリカでもかなりの人気を誇り、日本に輸入する際には高額で販売されている程…。

かなり美味しいらしく、また1つのカートリッジで約200回吸引することができるので高濃度のニコチンに慣れている人からすればやめどきが分からないんだとかw

あまり長く喫煙を続けるとニコチンの過剰摂取にもなってしまうので、使いながら自分自身で適切な止め時を見つけておくようにしましょう…。

JUULのPODは何種類?味の詳細やセットで買えるか調べてみた!
電子タバコのJUUL。その風味の元となっているのが強いニコチンを含んでいるリキッド入りのPOD!今回は、JUULのPODの味や種類、セット購入やデバイス本体との購入が出来るのかなど、PODについて徹底的に調べました!
JUULのニコチンソルトの成分とは?ニコチン含有率はどれくらい?
JUULなどの電子タバコに使用される『ニコチンソルト』っていったい何?ニコチンと何が違うのか成分に違いはあるのか、またJUULpodへの含有率や成分のメリットデメリットなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

個人輸入のため届くのが遅い・面倒

個人輸入は時間がかかり、毎回取り寄せるのは面倒くさいというのはやはりレビューで見られました。

突発的にJUULが切れてそこからリキッドを購入するとなると1.2週間はお預けです(-_-;)
カートリッジのストックが切れないようになるべく多く輸入しておくのがいいかもしれませんね。

ただし、一度の大量購入は税関で止められる可能性もあります。
上限は1か月のうちにカートリッジ60個となっているので15箱が最大購入できる個数として覚えておきましょう。

レビューから分かる加熱式タバコにJUULが勝っている点

ジュールの方が加熱式タバコよりも勝っている

悪いレビューといってもそこまでではなかったですねw
このように日本人にもJUULが受け入れられつつあるのかなと感じました。

JUULのレビューというか、口コミを探していて思ったんですが、

JUULって加熱式タバコよりも勝ってないか?

って…。

サイズ感は勿論、ニコチン感や手間の無さなど、いままでちょっともどかしい。って思っていた点がすっかり解消されているんですよねぇ。

ニコチン感は加熱式タバコの非じゃない

ちょっと吸っただけで、ここまで思わせるってJUULすごくないですか?

プルームテックは殆どJUULと同じような造りになっています。
違いはタバコ葉を通るか、ニコチンソルトを使用しているかくらいなものです。

つまり、アイコスやグローのような臭いが無いのに、プルームテックよりもニコチン感が強くタバコを吸っているような感覚になれるという事!

電子タバコの臭いを解消し、物足りなさをも改善しているのがJUULと言う電子タバコってことです!

JUULはコスパもいい

個人輸入でしか手に入らない分、さぞ値段も高いだろうと思われていたJUULですが、意外にもJUULの方がコスパ良くない?というレビューもありました。

個人輸入の通販の場合、国際便を使用するので送料が日本国内と比べて高くついてしまうのは事実です。

それなのにコスパがいいとはいったいどういう事でしょうか?

JUULに入っているジュールソルトニコチンの吸収率が高いため紙巻タバコのように吸ってすぐにニコチンによる満足感を味わうことができます。

プルームテックやアイコス、その他の電子タバコでなかなかニコチン感を感じられず、ズルズルと喫煙回数が増えていってしまいますが、JUULならすぐにニコチン感を感じることができるため、短時間の喫煙で十分!

長い目で見た時にコスパが安い!と感じるようになります。

ニコチン摂取が目的ならJUULがいい!

実は、JUULのレビュー調べてみてもあんまりフレーバーについてのレビューをみかけなかったんですよね。

そこまでしっかり調べたわけでもないので仕方ないんですけど。

それよりも、JUULについて感想レビューを上げている方がいたのでツイートお借りしますね!

フレーバーについては、カートリッジによって違うので省きます✋

ニコチンソルトは、喉への負担が少ないというのも特徴的です。
そのため、喉越しが軽く、刺激を感じにくかったのだと思います。

加熱式タバコなどのエグッっとしたニコチン感が苦手な方などにもJUULはおすすめですね。

電子タバコなのでタールや一酸化炭素も発生しないですし、ただニコチンを摂取したいだけ!という人にはJUUL購入する価値ありだと思います。

JUULの通販方法まとめ!日本国内から通販はできないって本当?
電子タバコのJUUL(ジュール)は、アメリカを中心に人気になり日本でもジワジワと知名度を上げています。が、この電子タバコは国内での通販は禁止!と言うのもニコチンが入っているから。個人輸入でのみ通販が可能になっています。
JUULリキッドの味は不味い?美味しい?吸い心地も調査してみた!
電子タバコ界の新星ともいえるJUUL、今回はリキッドについて大特集しました!リキッドの吸い心地は良いのか、味は美味しいのか不味いか、JUULの純正PODで吸い心地がいいのはどれなのかもまとめてみましたよ!

電子タバコJUULの日本でのレビューまとめ

日本とアメリカ

JUULがここまで日本で広まっているとは正直びっくりしました。

日本では薬事法の観点から販売されることはないでしょう

しかし、加熱式タバコのような嫌な臭いを発生させず、紙巻きタバコのような有害性物質は発生しない。
にもかかわらず、紙巻きタバコユーザーからも認められるほどのニコチン量と吸いごたえを持っているJUUL。

嫌煙家の増えている日本に最適なタバコなのではないでしょうか?

JUULを作成している会社とプルームテックは関係をもっているという情報もあるので、いずれプルームテックを販売するJTがJUULを販売する…なんてことがあったら面白そうですね。

いずれにせよ、今はまだ個人輸入でしか購入ができませんが、日本語対応のサイトもありますし興味がある方は購入を検討してみてはいかがでしょうか!
筆者はJUULを購入する価値…ありまくりだと思っているので!

JUUL(ジュール)の個人輸入なら>>Beyond Vape Japan

あなたへのオススメ

コメントを残す

*