電子タバコのグローに発がん性物質?害や危険がないかを調べてみた!

グロー害
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

iQOS(アイコス)に続けとばかりにコンビニで全国販売を開始した電子タバコのグロー。

加熱式の電子タバコという扱いですが、いまや加熱式という言葉が定着したため別扱いとなっています。

しかし、タバコ葉を使う電子タバコ全てに言えることは、発がん性などの害や危険性が全て明らかになっていないこと。

アメリカでも未だ販売されていない電子タバコグローの今分かっている発がん性の危険や害について調べました。

加熱式タバコは普通のタバコとどう違う?

Sponsored Link

そもそも、iQOSやこれから紹介するglo(グロー)などを電子タバコや加熱式タバコと呼ばれるものは、一般的にどういったものを指し、普通のタバコとどういった点で違いがあるのでしょうか?

普通、タバコと聞けば葉を直接燃やす紙製のタバコを想像しますよね。

そして、電子タバコと呼ばれるものは、水蒸気を吸う仕組みになっています。

厳密に言うと、電子タバコと加熱式タバコ、更に普通のタバコとでは種類や成分が全く異なります

加熱式タバコ・電子タバコ・普通のタバコの違い

まずは、加熱式タバコと電子タバコ、通常のタバコの主な特徴の違いを見てみましょう。


名称

主な特徴

紙タバコ

煙を吸う
葉を火で燃やす
発ガン性・依存性物質が多く含まれる
未成年は吸えない

加熱式タバコ

水蒸気を吸う
火は使わない
タバコの葉を加熱する
タールは入っていない
ニコチンは含まれている
未成年は吸えない

電子タバコ

水蒸気を吸う
ニコチンやタールを含まない
法律上では未成年も吸うことが可能

これだけ見ると、グローなどの加熱式タバコは通常のタバコより危険な成分が少ないとも言えますね。

ニコチンやタールを含まない電子タバコとは?

最近、加熱式タバコの人気と一緒に話題になっている電子タバコVITAFUL(ビタフル)をご存知でしょうか?

2018年3月現在で限定フレーバーを含め全12種類発売されている「ビタミンを吸う」というコンセプトの電子タバコです!

美容と健康にいいことから、SNSなどで女性ユーザー中心に広まったビタフルですが、今では「禁煙したい」「タバコの健康被害が気になる」という男性にもおすすめ。

使い捨てで衛生的な上に、吸う回数で計算すればコストも普通のタバコを買うのとほぼ同価格で済むのも魅力です!

加熱式タバコ・電子タバコ・普通のタバコの成分は?

名称

主な成分

紙タバコ

ホルムアルデヒド(発ガン性物質)
N-ニトロソノルニコチン(発ガン性物質)
ニコチン(依存性・中毒性がある物質)
タール(発ガン性物質)
等、多くの化学成分や有害物質を含む

加熱式タバコ

ニコチン
香料など
従来の有害物質を約90%削減されている

電子タバコ

エタノール
グアヤコール
プロピレングリコール
ベジタブルグリセリン
リキッドによってはニコチン入りもある

製品によって違いがありますが、主な成分でまとめてみました。

日本では電子タバコにニコチンやタールなどの有害物質を含んではいけないという法律があり、電子タバコは未成年でも法律上吸うことが可能です。

そして、通常のタバコと加熱式タバコには有害な物質が含まれています

しかし、電子タバコでも、海外からの個人輸入でニコチン入りのリキッドを購入して使用することも可能です。

もちろんそういった場合は人体へ有害な物質が含まれるため、未成年は吸うことは出来ません。


加熱式タバコ徹底比較!受動喫煙で健康被害は出るか研究結果も出た?
禁煙化の進んでいる日本で話題の「健康被害が少ない」と言われているアイコスや、グロー、プルームテックといった加熱式タバコは本当に受動喫煙者に害の少ないのでしょうか?加熱式タバコと紙巻きタバコを比較しながら有害性の研究結果を調べてみました。
人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているというリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いもいいと人気のビタフルを購入したい!というわけでどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!
 

グローにも発がん性物質や危険な有害性が…?

まずは、発がん性物質や害、危険性などは置いておいて、グローについてご紹介しようとおもいます!

グローは、アイコスやプルームテックといった“加熱式タバコ”の第三勢力と言われている今注目の加熱式タバコです。

仙台市で先行販売されたグローは、東京都・大阪府での販売を経て全国で販売されるようになりました。

iQOS(アイコス)でヒートスティックと呼ばれる咥える紙の部分はMarlboro対して、glo(グロー)の咥える部分は”ネオスティック”と呼ばれKENTで製造されています。

危険?グローはアイコスの噂みたいに発がん性物質がある?

アイコス

glo(グロー)は形こそは違うものの、構造はiQOS(アイコス)と同様、タバコ葉を加熱し【タバコベイパー】を発生させています。

アイコスと大きく変わるところと言えば、大きなバッテリーが一体化していて、次の1本のすぐに吸うことができ連続で約30本吸うことができる点です。

ネオスティックを取り付けないと何かの機器かな?とさえ思わせる程大きなボディなのはこのためです。

燃焼させない構造なので、煙が出ることはなく、一酸化炭素を含む副流煙は出ません。
煙として出てくるのは、ニコチンを含んだミストつまり、水蒸気です。

出ているのはミストだからと言って安全なのでしょうか…?

発がん性物質が出たという情報は今のところ見つかってませんが、アイコスと同じならば噂がたってもおかしくありません。

【iQOS最新】アイコス民驚愕の発がん性10倍ニュースはデマ!?
新型を発表した電子タバコアイコス(iQOS)ですが6月に入って『アイコス発がん性10倍』の最新ニュースが舞い込んできました。このニュースにアイコス民も驚きを隠せない様子でネットを中心に拡散されました。デマの噂もあり、最新をまとめてみました。
アイコス・グロー・プルームテック等の加熱式タバコが増税決定!
副流煙や環境に考慮して作られたアイコスやグロー、プルームテックといった『加熱式タバコ』が増税され値上がりするという噂が…!日本の加熱式タバコ増税の話題が海外で波紋を呼んでいます。税率がいくらあがるのか等詳しく調査してみました。
 

グローやアイコスなどの加熱式タバコは危険?安全?

タバコ

グローやアイコスといった、加熱式タバコを使用するメリットはあるのでしょうか?

最近流行っているし、なんだか危険が少なそう。

なんて気軽に使用している方も少なくないですよね。

グローやアイコスなどの加熱式タバコは、火を使用しないという部分が今までのタバコとタバコの大きな違いです。

今までのタバコは燃焼部分が400℃以上とも言われており、不注意や不始末で火事になってしまったり、タバコの葉が燃えることで発がん性のある有害な副流煙が発生していました。

ですが、グローやアイコスは火を使わずに使用するため火事が起こる心配も、発がん性のある有害な副流煙が発生しにくいようになりました。

今までのタバコに比べると、アイコスやグローなどの加熱式タバコには危険が少なく、安全に使用することができるといえます。

紙巻きタバコと比べたら、周りに危険が少なく安全性が強いというだけで、吸っている本人に発がん性物質などの有害性があるのではないかと心配になってきますよね。

グローは危険?発がん性物質や有害性が本当にあるの?

肺炎

glo(グロー)は、火を使わないため一酸化炭素を含む副流煙は出ず、ニコチンを含んだ水蒸気(ミスト)がでます。

そのため、一見すると発がん性物質や、有害性などの危険がないように思えますが果たしてどうなのでしょうか?

このミスト『たばこベイパー』の有害性について発がん性物質があるのかどうか詳しく調べていきたいと思います。

Sponsored Link

グローには発がん性物質などの害や危険性はない?

禁煙を考える

グローのキャッチコピーに有害物質約90%オフというものがあります。

世界保健機関WHOが軽減を推奨している9つの有害物質を、今までの紙タバコに比べて大幅に削減した。

という発がん性物質・害がないことを示したものです。

発がん性物質などの可能性がある有害物質が軽減されているのであれば、危険性はかなり少ないのでは?と思いたいのですが、グローの公式サイトでは 第三者機関(独立検査機関)による有害性低減の評価が行われたことや、軽減が実証されたことについては詳しく書かれていないのです。

これでは発がん性物質や、有害性が本当にないとは思い難いですね…。

ちなみに、iQOSでは、科学的根拠の裏付けを特集したページが別に用意されているようです。

グロー・アイコスは発がん性物質・害が無いとは言い切れない?

悩む

グローやアイコスなどの加熱式タバコに有害性がないと言い切れないのはニコチンが含まれているからです。

依存度が高く、タバコをやめられない原因にもなっている有害物質です。

ニコチンは血管を収縮させる作用があり、血圧が上昇してしまう有害性を持っています。

『タールが入ってないから発がん性もないし、有害物質はない!』というのは大きな間違いです。

ただ、発がん性物質である【タール】は含まれていないので、発がん性という害はないと言えるでしょう。

ニコチンに比べてはるかに危険性の高い有害物質タールが含まれていないだけでも危険性は紙巻きたばこと比べてかなり低くなっていると思います。

全く体に害がないとなると、タール・ニコチンともに0の【電子タバコ】があります。

おすすめの電子タバコ3選集!体に害が全く無いリキッドタイプとは?
2016年から爆発的な人気となっている電子タバコといえばアイコスですが、故障が多かったり充電問題などで新しい電子タバコに移行が進んでいるようです。そこで、今現在おすすめの電子タバコ3選集として、リキッドタイプや健康被害についても紹介します!
電子タバコグローの使い方とは?種類やニコチンの有無、口コミは?
加熱式電子タバコグローにはどれほどニコチンが入っているのでしょうか?いまさら聞けない電子タバコグローの詳しい使い方と、種類がどんどん増えていくグローのネオスティックについてご紹介していきたいと思います。
 

煙草と比べ発がん性物質・有害性が軽減されたグロー

たばこ

タールが入っておらず、有害物質を大きく減少させたことで発がん性を抑えたglo(グロー)

たばこは止めたくないけど、健康のために少しでも気を使いたいという方にはオススメかもしれません!

たばこから加熱式タバコglo(グロー)に、その後電子タバコに移り替え禁煙を目指している方もいるそうです。

発がん性物質や害が軽減された危険の少ないグローの使い方

glo(グロー)は、iQOS(アイコス)同様、充電→ネオスティック(ヒートスティック)挿入→電源を入れて加熱→吸うという一連の流れです。

glo(グロー)は、iQOS(アイコス)と違い、バッテリーと本体が一体化しているので直接ネオスティックを挿入します。

電源を入れてネオスティックが加熱するまでは約40秒、加熱は3分ほど続きます。

発がん性物質や害が軽減された危険の少ないグローの味は?

発がん性が無くて安全とはいえ、美味しくなかったら吸う気も失せてしまいますよね。

glo(グロー)は当初3銘柄しかなく、iQOS(アイコス)よりも、プルームティックよりも銘柄が少なかったですが、10月に既存の3銘柄に加えて5銘柄全国で新発売されました!

全8銘柄のうち、2銘柄はメンソールの入っていないレギュラータイプ、他6銘柄はメンソールタイプと、メンソールタバコ好きさんにはたまらない品揃えで展開されています。

現在8銘柄あるglo(グロー)は、iQOS(アイコス)・プルームティックを抑え、銘柄数が一番多い加熱式タバコです。

6種類のメンソールを吸い比べてみるのも楽しそうです。

コンビニで買えるメンソールが一番強いタバコランキングTOP5
メンソールが一番強いタバコの銘柄には何があるのか?これはメンソール愛煙家にとって気になるところでしょう。そこでコンビニで買うことができるメンソールが一番強いタバコの銘柄をランキングし同種のタールのmgも表示しました。
プルームテックに害はある?副流煙で周りや子供に影響はない?
着々と使用ユーザーを増やしている加熱式タバコ”プルームテック”ですが、有害性が少ないといわれている加熱式たばこの中でも特に臭いや煙がないタバコとして人気を博しています。しかし、その噂は本当なのでしょうか?紙巻きたばこと比べて、プルームテックの害が周りの人や子供に与える害を詳しく調べてみました。
 
あなたへのオススメ

コメントを残す

*