電子タバコのジェイピーvapor(ベポ)は危険って本当なの?

ジェイピーvapor(ベポ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タールやニコチンなどの有害物質を含んでいて危険性があると分かっていても、どうしてもやめられないたばこ。

どんどん値上げされ、都内では喫煙できるスペースがどんどん減ってしまい、こんなことならいっそ、
禁煙ブームに乗っかりたい!

タバコを止めることができない原因はニコチンの有害な依存性はもちろんですが、手持ち無沙汰・口寂しいからという理由もあるそうです。

ニコチンの依存性が薄く、ただ手持ち無沙汰や口寂しさでタバコを吸っている人は電子タバコにすることで禁煙をすることができるかもしれません。

とはいえ禁煙ブームのさなか、色々な電子タバコが販売されていて、結局どの電子タバコがおすすめなのかよくわからないですよね…。

今回は、海外で大人気の未来型電子タバコ ジェイピーvapor(ベポ)について紹介します!

ジェイピーvapor(ベポ)には危険がないのか、使い方や次世代電子タバコの使い方や使用感などまとめてみました。

電子タバコジェイピーvaporは危険なの?使用感は?

ベポ

次世代の未来型電子タバコとして話題の『ジェイピーvapor(ベポ)』は、従来のタバコのように紙やタバコの葉を燃やして煙を出すものではなく、味のついた様々なフレーバーのリキッドを水蒸気化して香りを楽しむ次世代の電子タバコです。

ジェイピーvapor(ベポ)は、日本とアメリカに両拠点を持つ日本企業がアメリカで製造販売をしている次世代型の電子タバコで、使用感がよく、ニコチン・タールが入っていなくても、満足のできる煙の量が話題になっています。

欧米を中心に世界で広がっている VAPEカルチャーや日本でのVAPE製品を普及させるためプロモーション活動にも積極的な企業です。

本当は危険?電子タバコジェイピーvaporはフレーバーを楽しむ

電子タバコ

ジェイピーvapor(ベポ)は、様々なフレーバーや香料を楽しむための電子タバコです。

味のついたリキッドをベポライザー本体に入れ、加熱・気化させた水蒸気を吸い香りや味を楽しむためのもので、タバコというよりは嗜好品です。

ニコチン中毒の方は物足りないかもしれませんが、もともとタバコを嗜む程度だった人にはおすすめできます。

吸い口は電子タバコには珍しい金属製ですが、唇にしっかりフィットする使用感と、少々重めな作りの本体の使用感がちょうどいいそうです。

とはいえ、タバコと言われているのであれば、少なからず危険性はあるのでは?と心配になりますよね。

有害な物質が入っていないと言われたアイコスでさえ、【アイコスの発がん率は10倍】なんてネットニュースが出回ったくらいですし、その辺りはどうなのでしょう?

人気の電子タバコ『ビタフル』はどこで購入するのが一番安い?
今話題の電子タバコ『ビタフル(VITAFUL)』は、ニコチン・タールの代わりにビタミンが入っているリフレッシュできる水蒸気スティックです。美味しくて匂いも良い人気のビタフルを購入したい!という訳でどこの販売店が一番安いのか大調査してみました!
【iQOS最新】アイコス民驚愕の発がん性10倍ニュースはデマ!?
新型を発表した電子タバコアイコス(iQOS)ですが6月に入って『アイコス発がん性10倍』の最新ニュースが舞い込んできました。このニュースにアイコス民も驚きを隠せない様子でネットを中心に拡散されました。デマの噂もあり、最新をまとめてみました。

電子タバコジェイピーvaporの危険性は使い方次第?

電子タバコ

電子タバコは有害物質などの危険がないとして販売されていますが、ネット上では何かと

危険だ!発がん性物質が入ってる!身体に害がある!

と言われることもしばしば…。使用感が良くても危険な物質が入っていたらタバコから切り替える意味もないですし、実際のところどうなのでしょうか?

第三者機関で検査されてから販売されることの多い電子タバコ。
一見危険が無いように見えますが、使い方を誤ったり、使用感にこだわって使うあまりに危険なものになる場合も…?

電子タバコジェイピーvapor(ベポ)の本体は危険?

ジェイピー

ジェイピーvapor(ベポ)は、
安全性の高い本体を使用している
と銘打って製造販売されています。

それなのに、
【ジェイピーvapor(ベポ)の本体が発火した。】
【電子タバコジェイピーvapor(ベポ)から発がん性物質・有害な危険物質が発見された】

といった嘘か本当かわからないインターネット記事を見かけることがあります。
ジェイピーvapor(ベポ)も本当は危険なのでしょうか?

電子タバコは、リチウムイオンバッテリーが搭載されることがほとんどです。
リチウムイオンバッテリーは、エネルギー密度が高いため、簡単に高電圧にすることができます。

海外の電子タバコは水蒸気の量を増やすために通常より高い電圧でリキッドを加熱させ水蒸気を出させている危険な本体が出まわっていることは確かです。
ですが、ジェイピーvapor(ベポ)は日本との共同開発で製造されているため通常量より高い電圧だったりという危険性は一切排除されています。

もちろん、使用用途や使い方を誤ると発火する可能性があるという危険性はありますが、ジェイピーvapor(ベポ)に限ったことではなく、スマホやPCでも危険性は同じです。

使用している途中でバッテリーが高温になった場合には即座に使用を中止したり、高温になりやすい車内や火気の近くに置いたり、水に濡らしてショートさせない限りは危険性はないです。

電子タバコジェイピーvapor(ベポ)のコイルは危険?

電子タバココイル

ジェイピーvapor(ベポ)や、その他の電子タバコで発がん性や有害性のある危険物質が発見されたときに一番多いのが使い始めて1回目の時です。

1回目以降は有害物質が発見できなかったという検査結果から、有害性物質が発見された理由は
本体から焦げ出たものが水蒸気として出てきたから。

焦げたものや炭になったものは発がん性があり、体内に取り入れるのは害のある危険なものです。

リキッドを加熱する部分のコイルにしっかりとリキッドがしみ込んでいない状態で加熱をしたことで、コイルが焦げて害になる物質が水蒸気として発生したのが原因です。

ジェイピーvapor(ベポ)であっても、リキッドが十分しみ込んでない状態での連続稼働や、空焚きの状態が続くとそういった害のある危険物質が出てくるので、使用する際に注意が必要になってきます。

本体やリキッドによる危険性ではなく使用方法の理解不足から生じる危険性です。

電子タバコジェイピーvapor(ベポ)の危険性はリキッド次第?

電子タバコリキッド

リキッドと呼ばれる風味のついた液体次第では有害物質を含んだ危険なものになることがジェイピーvapor(ベポ)を含む電子タバコの危険性です。

何も知らずに、吸った時の使用感がいいからとニコチンやタールの入った電子タバコ用リキッドを使用してしまうと、有害物質を体に取り入れてしまう危険性があります。

元々、海外で販売されていた電子タバコのリキッドにはニコチン等の有害物質が含まれていました。

ニコチンは中毒性があるだけでなく、高血圧などの危険な病気を引き起こす有害物質です。
リキッドに含まれているニコチンの量を少しずつ減らすことで禁煙の効果があるとも言われていましたが、現在日本では、ニコチンやタール等の有害物質を含んだリキッドの販売は禁止されています。

個人輸入で購入している人もいるそうですが、特別な許可が必要になってきますし、何かあった時に対処のしようがないのでやめておいた方が賢明でしょう。

日本ではこのようにリキッドの規制があるため、危険性のあるリキッドはほぼ無いです!

日本で購入する場合には危険がないと言えるでしょう。

電子タバコは何歳からOK?中学生・高校生の未成年は吸えない?
一般常識として普通のタバコは20歳以上からですが、電子タバコは何歳から吸う事ができるのか?ここでは、中学生・高校生など未成年者に関して、電子タバコが吸えるのか?吸えないのか?という情報をまとめています。
電子タバコVapePower正規代理店の口コミや評判は?
Vapeを嗜む人なら一度は行ってみてほしいVape本体やリキッドを購入できるお店『電子タバコベイプpower正規代理店』とは一体?このお店一番人気のリキッドの口コミや評価などまとめてみました。ネットでの評判は如何に?Vapeユーザー必見!

危険性のない電子タバコJPvapor

ジェイピーvaporに危険性がないことが分かりましたでしょうか?

それでも心配だという方は、公式サイトから購入するのがおすすめです

心配事があったら直接聞くことができるので、安心して購入することができるはずです。

電子タバコジェイピーvaporの危険性は使い方によるもの

電子タバコ

電子タバコの使用感にこだわるあまりに、自信で改造する方もいますが、改造した後に発がん性物質が検出されてもジェイピーvapor(ベポ)の管轄外です。

ジェイピーvapor(ベポ)の使い方をしっかり理解し、日常の嗜好品としての使用範囲内であれば、ジェイピーvapor(ベポ)は危険のない安全な電子タバコと言えます。

アイコス離れが止まらない!?アイコスを止めたその理由とは?
【アイコス離れが加速中】紙タバコ⇒電子タバコへのブームの火付け役だったアイコスでしたが、アイコス(iQOS)を止めたというユーザーを最近よく聞きます。アイコス離れの原因、アイコスを止めた理由は何なのか?アイコスユーザーの筆者が調査しました。
電子タバコのVAPEの種類は?おすすめのベープリキッドも大公開!
今注目されている電子タバコVAPEは、どんなタバコのなのでしょうか?リキッドを加熱して発生する蒸気を楽しむ嗜好品電子タバコベープの種類をご紹介!VAPEを購入する前に、ベープについて詳しく理解しましょう。おすすめのリキッドも大公開します!

電子タバコジェイピーvaporの危険のない使い方

電子タバコ

ジェイピーvaporを含む電子タバコはしっかりとした使い方で危険を排除することができますので、使用方法をよく理解したうえで使用するようにしましょう。

使用感にこだわって改造を施したり、別の電子タバコのパーツを使って個人的に使用感を求めたた結果、有害物質が発生しても自己責任です。

電子タバコジェイピーvapor(ベポ)の使い方

ベポ

ジェイピーvapor(ベポ)を使用する前に、本体のバッテリーを充電します。
機種によりますが2時間~5時間程で充電が終わります。

本体からリキッドを入れるタンク・アトマイザーを取り外し、規定量まで入れます。
規定量より多いと液漏れの原因に、少ないと空焚きの原因になるので気を付けましょう。

コイルのコットンにリキッドがしみ込むまで3分ほど待ちます。ここでしみ込む前に使用すると発がん性などの有害物質が発生してしまいます。

リキッドがしみ込んだことを確認してから、ジェイピーvapor(ベポ)本体の吸引ボタンを押し水蒸気を吸引します。
吸引ボタンを長く押し続けるとコイル焼けの原因になったり、バッテリーの消耗に繋がるので、吸っている間のみ押すようにしましょう。

ジェイピーvapor(ベポ)は決して危険な電子タバコではありません。
基本的な使い方を守って危険がなく、使用感のいいおすすめの電子タバコジェイピーvapor(ベポ)を楽しみましょう!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*