新車や中古車を購入する時の金利の違いや金利をお得にする方法について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自動車を購入する際に、ローンを組む方も多いと思います。

高級車の場合は、新車では一括で払えるほど甘いものではなく、ほとんどのケースでローンを利用して購入することになるでしょう。

そこで最も気になるのが金利であり、金利次第で総額も大きく変動します!

今回は、新車と中古車でローン金利の違いやディーラーローンと銀行マイカーローンにおける金利の違いについてまとめてみました。

PR

そもそも金利とは?

金利とは

まずはじめに、基礎的な知識として金利とは一体どのようなものであるかについて解説します。

金利の違いを把握する事も大切ですが、金利の意味を理解する事も重要なのでこれを機に覚えておきましょう。

借りたお金に対して払う利息の割合の事

利息の割合

お金をただで借りるということは、身内や友人ならまだしも見ず知らずの方に貸すのはリスクがあります。

また、お金を貸しても何もメリットが無いのは意味がなく、貸す側からすれば利益を得る必要があります。

そこで、貸す側は利息という形で利益を得ています。

利息とは、元本に追加して受け取るお金のことであり、その利息が決まるのが金利となります。

新車も中古車もローン購入がお得?審査の仕組みやメリットについて
新車や中古車はローンを組むのが正解か?このページでは、自動車を新しく購入する際のローンにおけるメリット・デメリットを紹介しています。どっちが得かはその人の判断次第なので、本記事の参考情報をチェックして検討してみよう!
新車と中古車には価格差がある!お得に乗りだす為のコツを伝授します
新車と中古車の購入で迷っている方の為に乗り出し時の価格差や保証サービスの違いなどについてまとめています。新車と中古車ではどういった点を比較して検討するのが良いのか?車を買う前に知っておきたい情報が満載です。

年利という形で表現されるのが一般的

自動車ローンにおける金利は、よく「〇〇%」という表現をしています。

この〇〇%というのは、年利とも呼ばれていて、一言で言えば元金に対して年どれだけの利息がかかるかを示すものです。

簡単に説明すると、100万円借りていたとして年利2.0%であれば、年間100万円の2%である2万円が金利として元金の返済以外で支払う必要が生じます。

ただ、実際には返済方法によって返済金額が異なります

元利均等返済について

元利均等返済

金利を含めて返済する方法の一つに、元利均等返済があります。

元利均等返済とは、毎月の返済額を設定する際に、元金にプラスして利息額を加味して返済を行います

これによって、毎月返済する額はほぼ一定ですので、返済計画を立てやすいという特徴があります。

これなら、家計簿をやりくりしやすいというのが魅力的ですね。

一方で、返済開始した段階では利息の方が元金の返済額に対して割合が高いこともあり、返済がなかなか進まない点やトータルして返済期間が長くなるというデメリットがあります。

元金均等返済について

元金均等返済は元利均等返済とは異なり、毎月返済する元金を一定額にして、それに加えて利息を返済する方法です。

最初の段階では返済額が増えて負担が大きいというデメリットはありますが、返済が進めば返済額自体も減少しますし、より早く返済することが可能となります。

しっかりと返済計画を立てて、それに対応することができれば有効な返済方法と言えますね。

ディーラーローンとマイカーローンを比較

ディーラーローンとマイカーローン

ここからは、ディーラーローン銀行マイカーローンでどちらが金利として高いのかについて解説します。

車を購入する時の一般的なローンの組み方なので、金利の仕組みについても理解しておきましょう!

新車派と中古車派の意見を比較!参考になる情報を厳選してご紹介
新車に乗っている方と中古車に乗っている方の意見をそれぞれ比較しつつ、車を購入する際の重要なポイントや車種を選ぶ基準などについてまとめています。車を購入する前情報を紹介していますので、ぜひご参照ください。
新車と中古車の諸費用を全部紹介!購入前に知るべき車事情まとめ。
新車の購入と中古車の購入では初期費用にどのような違いがあるのか?法定費用やその他の費用など、乗り出しまでに知っておきたい情報をまとめています。車を安く抑えたい方や削れる諸費用を知りたい方は必見の情報です!

ディーラーローン金利は?

ディーラーローンの金利としては、銀行マイカーローンと比較すると高めに設定されている傾向があります。

主なディーラーローンの種類と、金利は以下のようになっています。

ディーラーローン 金利の違い
ホンダ
「四輪新車クレジット」
3.50%
マツダ
「マツダスカイプラン」
2.99%
トヨタ
「トヨタクレジット」
6~7%
日産 5.80%

ディーラーローンの場合は本体価格から値引きしてもらえる要素がありますし、金利自体も値引きしてもらえる余地があります

確かに金利が高い傾向がありますが、一概に語ることはできません。

PR

マイカーローンの金利は?

マイカーローンの金利としては、ディーラーローンより低めに設定されている事が多いです。

主なマイカーローンの種類と、金利は以下のようになっています。

マイカーローン 金利の違い
横浜銀行
「横浜銀行マイカーローン」
1.70%~2.70%
三菱UFJ銀行
「ネットDEマイカーローン」
1.70%~2.45%
朝日信用金庫
「朝日マイカーローン」
1.30~2.90%
損保ジャパン日本興亜
「ジャパンダ・ネットマイカーローン」
1.90~2.85%

中古車と新車で金利の違いは?

中古車と新車で金利の違い

ディーラーローンとマイカーローンにおいて金利差があるのか?という点について解説しましたが、新車と中古車における金利差も実は存在しています。

一般的に、借入額が高ければ高いほど金利が安く設定される傾向があります。

よって、中古車よりも高価になる新車の場合はそれだけで金利が低く設定されるケースが高まります。

また、ディーラーローンの場合は、新車ディーラーと中古車ディーラーで利益を得る方法が異なるという点もあります。

新車ディーラーは車を売ってなんぼの世界なので新車を売って利益を得ることを目的としていますが、中古車ディーラーの場合は手数料で利益を得ることをメインとしています。

手数料には自動車ローンも含まれており、新規契約を結ぶとマージンが発生してそれが利益となります。

つまり、中古車における金利は、新車よりも高めに設定されていてその上乗せ分がマージンとなっているというわけです。

銀行マイカーローンの場合は借入額によって変動しますが、中古車でも新車でも基本的に金利は一定であるケースがほとんどです。

各ローンの上限額は?

ローンの上限額

ディーラーローンと銀行マイカーローンには上限額があって、それぞれに額が異なっています。

ディーラーローンの場合、10~400万円以内に設定されているケースが大半ですが、借入期間は短めで5年以内に返済が必要です。

保証人が不要な点は魅力的ですが、車の名義は本人名義ではありませんので、駐車場を借りる場合などに不利になる可能性があります。

一方で、銀行マイカーローンの場合は10~300万円以内に設定されているケースが大半であり、借入期間は10年と長く借りることが可能です。

保証人は原則不要ですが、場合によっては必要となる可能性があります。

また、契約までの手続きが少々面倒で、時間がかかり審査も厳しいというデメリットも存在しています。

金利をお得にする方法は?

金利をお得にする方法

「新車にしろ中古車にしろ金利はできるだけ安く抑えたい!」

って事で、なるべく金利をお得にする方法としてはどのような方法があるのかを調べてみました。

新車&中古車のメリット・デメリットをとことん追求してみた結果…
車を購入する際に、新車と中古車で悩む方が多いと思います。本記事では、新車と中古車のメリット・デメリットをいろんな視点からピックアップしてご紹介。どっちが得か?コスパはどうか?など購入時の気になる疑問をまとめています。
新車と中古車の維持費を分析。コスト削減できるポイントも紹介します
新車を購入した場合と中古車を購入した場合の維持費についてまとめています。どっちが得か?どれくらいの違いがあるのか?など車の購入を検討している方の為になる情報をご紹介。その他、維持費の節約できる部分をまとめてみました。

キャンペーンを狙って利用する

金利をよりお得にする方法として、ディーラーローンのキャンペーン時期を狙うという方法があります。

ディーラー側からすれば、確実に返済してもらえる方法としてローンを重宝しているという傾向があり、またモデルチェンジなどで新車が多く出回る時期は金利をお得にしてより多くの車を販売しています。

他にも、新車ではなくても新古車やワンオーナー車などの場合も、金利を低く設定するキャンペーンを実施することがあります。

これによって、銀行マイカーローンに近い金利となることもあります!

頭金を払うことで優遇されるケースもある

車を購入する場合、全額をローンで分割して支払う事もできますが、頭金を支払うことで金利を低く設定するという商品も存在しています。

一般的に、頭金は借入額の10~30%に設定されている事がほとんどです。

単純に借入額が減りますし金利も低くすることができるのであれば、お金に余裕がある場合は積極的に利用することもおすすめできます。

【まとめ】ローンの時は金利の違いを把握しよう

金利の違い

自動車をローンで購入する場合は絶対に金利がつくもので、金利を理解しないままローンを組むと場合によっては大きく損してしまうものです。

また、単にローンを組むだけでなく、

・ローンをしっかりと選定する
・返済方法などを工夫する

これらのポイントを抑える事で、よりお得にローンを利用することができます。

金利の違いがあるのはもちろんですが、いかに金利を下げてローンを組むかが重要なので、今後車を購入する時には新車でも中古車でもローンをしっかりと考えて購入するようにしましょう!

あなたへのオススメ

コメントを残す

*