ニコチンなしの電子タバコで害の無いおすすめの電子タバコとは?

あいきゃっち
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

禁煙ブームの加速に伴い、加熱式タバコや電子タバコに移行する喫煙者が増えていますよね。

紙巻きタバコからタールなしになったのが【加熱式タバコ】であり、加熱式タバコからニコチンなしになったのが【電子タバコ】です。

タバコは有害性が減るにつれて名前が変わっていくと思うとちょっと面白いですよねw

今回は、紙巻きタバコよりも有害性が減らされた加熱式タバコ・電子タバコをご紹介しつつ、おすすめ商品をご紹介しちゃいます!

※2018/06/04最新の情報に更新

ニコチンなしといえば、お手軽なC-tecでしょ!

健康志向が進む昨今、タバコから電子タバコへとシフトチェンジする方が増えていますが、そんな中、『C-tec』手ごろな価格から人気急上昇中です。

タール・ニコチンフリーで、ビタミンを水蒸気として吸うことができる『C-tec』。

フレーバーも7種類あり、好みの味を選んで楽しむこともできます。

今流行っていますよ。

シーテック(C-Tec)の販売店で一番安く購入出来るのは公式?
話題の電子タバコ、シーテック(C-tec)。今回の記事では、シーテック(C-tec)に今まで触れた事がない、詳しくないという方の為に、シーテック(C-tec)の魅力をご紹介します!販売店の中で一番安く購入できるのはどこ?
シーテック(C-Tec)の味でおすすめなのは?一覧でまとめてみた
電子タバコのシーテック(C-Tec)には魅力的なフレーバーが7種類もあるんです!充電式電子タバコなのにこのラインナップの多さは嬉しい所。そこでこの記事ではシーテック(C-Tec)のおすすめの味について一覧でご紹介します!

タールあり・ニコチンありは【紙巻きタバコ】

紙巻きたばこ

今更説明いるか?って感じですが、紙巻きタバコは今あるタバコの種類の中で最も有害性が高いタバコです。

タール・ニコチン共に入っており、自分だけでなく副流煙によって周りの人も被害を受ける為、今日本中で禁煙化が進んでいます。

主にタール・ニコチンがタバコの有害性物質と言われていますが、タバコの煙には4,000種類の化学物質が含まれているのです。

紙巻きタバコの健康被害

紙巻きたばこの健康被害と言えばもう…ね?w
燃やすことで発生する一酸化炭素やタール、タバコ葉から発生するニコチンなど様々です。

日本人の死因で上位の肺癌やそのほかのガンの原因になったり、体に被害を与えるものしか入っていません。

4,000種類の化学物質の中の約200種類は有害性物質であり、発癌性物質は50種類以上とも言われ、本来人体が吸ってはいけないものだと改めて感じますね。

吸っている本人だけならつゆ知らず、副流煙によって周りの人間にもその被害を及ぼし、更には火で燃しているため赤の他人が火傷をするというケースも少なくありません。

【2018年10月】銘柄別タバコ値上げ価格一覧まとめ!
2018年の10月にタバコ税が改定。増税に合わせてタバコ事態の価格も銘柄によっては変わってくるそうです。さらに!加熱式タバコの筆頭アイコスまでもが値上がり決定!?2018年のタバコ値上げの銘柄一覧をまとめてみました。
タバコは百害あって一利なし!身体への危険な害一覧まとめ
タバコは危険で身体に悪いもの!というのは多くの方の共通認識です。しかし具体的に危険な点を挙げるとすると、ニコチンが何とか…という様に、ちょっと漠然としていますよね。今回は煙草が身体に与える害やデメリットをご紹介します。

タールなし・ニコチンあり【加熱式タバコ】

加熱式タバコ

紙巻きタバコからタールを無くしたのが、アイコスやグローと言った加熱式タバコです。

タールは、タバコ葉やそれを巻いている紙が火で燃されることによって発生します。

火を使わない=タールなしと言うことで、ニコチンの成分のみを吸引できます。

加熱式タバコの健康被害

加熱式タバコによる健康被害は主にニコチンによる依存性が考えられます。

タールなしなので、発癌性リスクは大きく軽減されていますが、脳に影響し快楽物質を発生させるニコチンは紙巻きタバコと比べると少量と言えど入っています。

タバコの有害性物質を90%以上カットできているとはいえ、加熱式タバコを吸っている限り禁煙できたとは言えないです。

加熱式タバコとされる商品

今現在、日本で販売されている加熱式タバコはアイコス・グロー・プルームテックの三種類です。

アイコスやグローはタバコ葉を直接加熱し、ニコチンの成分を発生させており、プルームテックは内部のリキッドを加熱させタバコ葉に通すことでニコチンの成分を摂取できるようになっています。

どの商品もニコチンが入っているためタバコ税がかかります。

加熱式タバコよりおすすめ!JUUL

ジュール公式ページ

加熱式タバコは、ニコチンがあるけどタールが無い。だからいままでよりも健康被害のリスクが少ない!

とは言え、まだまだタバコの葉を加熱しているものを使用している時点で禁煙への道のりは長いです。

JUUL(ジュール)は、リキッドにニコチンを入れた電子タバコ。

JUULのカートリッジの種類を変えればニコチンの量も増減できるので、禁煙につなげやすいんです!

しかも、JUULはニコチンソルトという物質を使用しているので、紙巻きタバコ並みにキック力があり満足感を得ることが出来ます!

電子タバコを使って禁煙したいのであれば、JUULを1つ持っておくだけでだいぶ変わりますよ!

全電子タバコの頂点に立つ『JUUL』を今絶対に買うべき理由
今話題の電子タバコJUUL(ジュール)と、主要のタバコ製品を徹底比較してみたら圧倒的な結果に!アイコスやグロー・プルームテックとJUULの違いはいったい何なのか、またJUULがどんな商品なのかについても徹底解説します。
電子タバコのジュール(JUUL)とは?日本で通販や個人輸入は可能?
今アメリカを中心に人気になっているタバコ『JUUL』ってご存知ですか?電子タバコのようでニコチンの入っている新しいタバコジュールは日本では個人輸入の通販でしか買う事が出来ませんが、世界中で人気になってきているようです。

タールなし・ニコチンなし【電子タバコ】

電子タバコ

加熱式タバコにはニコチンが入っている為、加熱式タバコを吸っていても禁煙できたとは言えません。

しかし、電子タバコならタールなしは勿論、ニコチンもなしという商品なので、喫煙の手助けにもなるし非喫煙者にも人気が出始めています。

電子タバコにはタバコ葉などのニコチン成分は一切使用せず、香料とプロピレングリコールなどを混ぜたリキッドを使用するのでニコチンなしの基本的に人体に影響がないものとされています。

紙巻きタバコから電子タバコに切り替えたのであればある意味では禁煙できたといえるでしょう。

電子タバコの健康被害

日本で電子タバコを販売するときにはタールなし・ニコチンなしでないといけないという規則があり、日本製品のほとんどは有害性の無い安全を保障された商品と言っていいでしょう。

ニコチンありの電子タバコ用リキッドが欲しいという場合には、海外製品のリキッドを直接個人輸入しなくてはいけません。

タールなし・ニコチンなしのタバコなのでVAPEの使い方を間違えない限りは健康被害の無いタバコと考えていいと思います。

電子タバコの特徴

タールなし・ニコチンなしの電子タバコVAPEと言われ親しまれていたり、最近では使い捨てタイプなども販売されています。

電子タバコにはタバコ葉は一切入っておらず、人体に影響の無い成分を掛け合わた液体(リキッド)を使用し、リキッドを加熱して出てきた水蒸気を吸い込みます。

フレーバーや吸いごたえを楽しむことができる電子タバコは、ジュースともよばれており、まさに味を楽しむだけのものと言っても過言ではありません。

電子タバコのおすすめ商品『JUUL』

電子タバコJUUL通販

電子タバコでおすすめの商品と言えばやはりJUUL(ジュール)です。

JUULは、ニコチン入りのリキッドを楽しめる電子タバコ!

簡単な充電式なので、VAPEや加熱式タバコのようなめんどうな手入れも不要で誰でも気軽に使うことができるという点からも人気を博しています!

現在50種類を超える味の展開をしており、販売から怒涛の人気を誇っている電子タバコです。

電子タバコで禁煙したい・少しでも臭いを抑えたい・フレーバーの種類を楽しみたいという方なら持っていないと損ですよ!

JUULリキッドの味は不味い?美味しい?吸い心地も調査してみた!
電子タバコ界の新星ともいえるJUUL、今回はリキッドについて大特集しました!リキッドの吸い心地は良いのか、味は美味しいのか不味いか、JUULの純正PODで吸い心地がいいのはどれなのかもまとめてみましたよ!
JUULのニコチンソルトの成分とは?ニコチン含有率はどれくらい?
JUULなどの電子タバコに使用される『ニコチンソルト』っていったい何?ニコチンと何が違うのか成分に違いはあるのか、またJUULpodへの含有率や成分のメリットデメリットなどを詳しくご紹介していきたいと思います。

ニコチンなしのおすすめ電子タバコのまとめ

まとめ

折角紙巻きタバコをやめて加熱式タバコや、電子タバコにするなら、少しでも有害性のリスクを減らしていきたいですよね。

タールなし、ニコチンなしの有害性が最も少ないタバコは今のところ電子タバコですが、その実紙巻きタバコのように研究が進められていないこともあり長年使い続けるとどんな人体影響を与えるのか判明していません。

一応、日本の製品規定をクリアした安全なものとされていますが、いつか紙巻きタバコのように有害性商品とされる日が来るかもしれませんね…。

それまでの間にめいっぱいタバコを楽しもうと思います!!

アメリカで電子タバコのシェア7割を獲得した最新トレンド『JUUL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*