ビタシグは1本で何日吸える?吸い方・味・評判をまとめてみた

電子タバコ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ビタミンフレーバーの使い捨てタイプの電子タバコといえば、

【ビタフル】【ビタボン】【ビタシグ】が三大ブランドとなりますが、今回はビタシグの吸い方や味・評判についてまとめていきたいと思います。

せっかくなので、上記3つを比較しながらのほうがわかりやすいと思うので合わせてビタフル・ビタボンも紹介していきたいと思います。

※適宜最新の情報に更新しています。

今一番人気はこれだってよ!

ジュール公式ページ

電子タバコシェア率No1のJUUL(ジュール)、メンジムでは一番おすすめのデバイスです!

ビタミンタバコや電子タバコを購入する人って、タバコの臭いを減らしたい・部屋や車の中でも吸えるようにしたいなど、紙巻きタバコや加熱式タバコでは叶わない利点を求めて購入するのではないでしょうか?

電子タバコのJUULは、普通の電子タバコにはないニコチン入りリキッドが入っているのがポイントです!

フレーバーの風味も他のタバコと比べたらしっかりしているので、飽きずに最後まで楽しむことが出来ます。

毎日のタバコタイムをより楽しみたいのであれば、絶対にJUULを使ってみることをおすすめしますよ!

電子タバコのジュール(JUUL)とは?日本で通販や個人輸入は可能?
今アメリカを中心に人気になっているタバコ『JUUL』ってご存知ですか?電子タバコのようでニコチンの入っている新しいタバコジュールは日本では個人輸入の通販でしか買う事が出来ませんが、世界中で人気になってきているようです。
JUULの通販方法まとめ!日本国内から通販はできないって本当?
電子タバコのJUUL(ジュール)は、アメリカを中心に人気になり日本でもジワジワと知名度を上げています。が、この電子タバコは国内での通販は禁止!と言うのもニコチンが入っているから。個人輸入でのみ通販が可能になっています。

まずはビタシグの評判から

まずはビタシグの評判を見ていきましょう。

そこまで悪いって評判はないですけど、あんまりっていう感じでしょうか。味が薄いって評判が目立ちますね。。。

ビタボンとはビタフルと何が違う?害や副作用は発がん率が上がる?
ビタボンとは、今人気のビタミン電子タバコなのですが、実は副作用があり有害性発がん物質があるとかないとか…?ビタミン電子タバコを買うならビタフルがおすすめ!有害性の真実や商品についてご紹介していきます。
ビタボン(VITABON)の味はマズい?口コミや評判まとめ
ニコチンゼロの使い捨てフレーバータバコビタボンやビタフルが人気ですが、ビタボンが不味いという口コミの評判が拡散中のようです。なぜ不味いと思うのか?を個人目線ですが色々と評価してみました。あなたならどっちを買いますか?

続いてビタボンの評判はどう?

なんか色々とビタシグと比較しているみたいですね。金額的にもビタボンとビタシグは同じくらいですので、どちらが美味しいのか色々と評価しあっているみたいですね。

最後にビタフルの評判はどう?

なぜだか知らないがビタフルの評判ではあまり悪い評判は見つかりませんでした。金額的にもビタボンやビタシグより安いから納得感があるのでしょうか?

日本では禁煙アイテムとしての括りはできずあくまで嗜好品としてのものですが、禁煙に上手く使っている方も多いようですね。

試しに買うには丁度いい金額

使い捨てのフレーバー電子タバコが流行りだから試しにちょっと購入してみたい♪と思う方も多いはず。そんなとき、ビタフルなら試しに買うには丁度いい金額です。

約1,000円という金額はビタシグやビタボンの半額以下。複数購入で割引もあるので、ちょっと試したいフレーバーを何本か購入するにはおすすめです。

どれも1本で約500回吸引できる使い捨てですので、禁煙アイテムではないけど禁煙できるか試してみたい!という方や、タバコを吸いたいけど害がないものが吸いたい!と思っている方、受動喫煙が気になる場所でリフレッシュしたい方にはなど、色々と試して購入してみてはどうでしょうか?

充電式なら断然JUULがおすすめ!

電子タバコJUUL通販

充電式なら断然JUUL(ジュール)がおすすめです。カートリッジ交換と充電以外にメンテナンスが必要ないって、すごく魅力だと思いませんか?

カートリッジ1個でタバコ1箱分吸うことが出来るのでコスパが良くなりますし、なんといってもフレーバーの味がいい上にキック力もある!手軽に使えてこの吸い応えはなかなか無いですよ!

ニコチン入りの電子タバコが手軽に使えるのを知ってしまったら、他のデバイスなんて使えないですよ、本当にw

JUULを個人輸入で通販するなら販売店はどこで購入すればお得?
VAPE好きなら一度は耳にしたであろうJUUL(ジュール)!実は国内では販売店が無く、個人輸入でしか購入することが出来ないんです。「個人輸入って色々面倒なんじゃない?」という人の為に、おすすめサイトをご紹介します!
JUULのSNSレビューまとめ!アメリカの次は日本で大流行する?
アメリカで絶大な人気を誇る電子タバコ『JUUL(ジュール)』は日本でもジワジワと人気になり始めています。とは言え、個人輸入で通販しないと手に入らない代物…そこまでする価値はあるのか、SNSなどのレビューを徹底解析!

金額と吸う回数を比較してみる

商品名 金額 吸える回数
ビタシグ 2,500円/1本(税別) 約500回
ビタボン 2,200円/1本(税別) 約500回
ビタフル 980円/1本 約500回
セブンスター 460円/20本 約200~250回(1本あたり12回ほど)

使い捨てフレーバータバコのビタシグ、ビタボン、ビタフルはどれも1本で約500回吸引することが可能です。ここで吸引1回に対する金額がいくらになるのか?見てみると、

商品名 1吸いの金額
ビタシグ 5円
ビタボン 4.4円
ビタフル 1.96円
セブンスター 1.91円

となります。1吸いでどれだけお金を落としていくのか。タバコでも結構お金が掛かると言われているのに、ビタシグとビタボンは2倍以上の金額になってしまうのです!

例えば禁煙に上記3つのフレーバー電子タバコを使用してみようと考えている方もいるとは思います。しかし、そこで考えて欲しいのが金額です。果たしてタバコより2倍以上の金額になるアイテムを禁煙アイテムとして使用しようと考えるでしょうか?

また、とりあえず試しに購入してみる非喫煙ユーザーであればタバコと比較しても意味はないのでしょうが、これだけ1吸いの違いを目の当たりにするといくら嗜好品だからといってもとりあえず購入するなら安いほうがいいのでは?と個人的に思ってしまいます。(使い捨てですしね。。。)

約500回は何日吸える?

パー

3つのフレーバー電子タバコは全て約500回吸引することが可能ですが、500回で何日吸えることができるのでしょうか?

使い方によりますが、喫煙者が1日1箱タバコを吸っていたとしてその変わりとして考えると、約2日で500回は吸引してしまうことになります。つまり、ビタシグやビタフルでは2日しかもたないということです。

因みに喫煙者の私の場合はビタフルを購入して1週間ほど吸えました。

どんな吸い方だったかというと、タバコの合間に使用する感じです。タバコといっても私は紙タバコからアイコス&プルームテックユーザーに変更したので厳密に言えばタバコではないですが、アイコスの吸い方は1本ごとに充電が必要なので連続吸いができません。

1回の充電には5分弱掛かるため、その充電の合間にビタフルを吸うという吸い方をメインにしていました。それで約1週間ほど持つことができました。

1日しか持たないこともある!?

驚く

ビタシグは約500回吸えるため、1日1箱タバコ吸う方が禁煙のために代わりにビタシグを使った場合、何日吸えるかといえば約2日になります。しかし吸い方次第ではもっと短い場合もあります。

フレーバー電子タバコ全てに言えることですが、1本の終わりが約500回なので500回吸い終えるまでずっと吸うことができてしまうのです。

タバコやアイコスの吸い方ならば約12回の吸引で1本終わりという区切りがあるのですが、フレーバータバコの区切りは500回。

車の運転中や飲み会のときなどはずっと持ちっぱなし(火も使ってないですしね。)できるので、そういった吸い方をしてしまうと何日吸えるどころか1日持たずして吸えなくなってしまうこともありますよ。

こんな吸い方がおすすめ

電子タバコ

フレーバー電子タバコを吸う場合、1本しか購入しない方も多いでしょうが、できれば何本かまとめて購入することをおすすめします。

ビタシグやビタフル、ビタボンなどの使い捨てフレーバー電子タバコは何種類もフレーバー(味)があるのですが、それぞれ味の特徴があるので、フレーバーの違いを楽しむことができるのも面白いですよ。

味の変化で区切りをつける

繰り返す

先に述べたように、区切りがないフレーバータバコはずっと吸い続けられるため、吸い方次第では何日吸えるかと考えている間に無くなってしまいます。そんなときは味の変化で区切りをつけてもいいかもしれません。

3本ほど違うフレーバーのものを購入し、場面ごとにローテーションで使用する。フレーバーを変えるという意識付けだけでも区切りを作ることができるでしょうし、車ではバニラ、会社ではミントなど分けておくのもいいですね。

何本も購入するには値段が・・・

金なし

そう、何本も味の違いを楽しみたい!と思っても例えばビタシグやビタボンの場合、4本購入で1万円です。使い捨てにはちょっと高いですよね。

そう考えるとビタフルの場合は半額以下で購入できるので、様々なフレーバーを楽しむこともできます。ビタフルには充電式もあるのでコスパを抑えたいときはもっと抑えることも可能ですよ。

ビタフルの充電式フレーバースティック発売!使い方、口コミは?

電子タバコvitaful(ビタフル)とは?吸い方、使い方まとめ
電子タバコvitaful(ビタフル)とは、SNSなどの口コミを中心に広まった電子タバコです。今回は、今更聞けない電子タバコビタフルの吸い方や使い方を詳しくご紹介!ドンキに売ってる?ケースはあるの?なんて細かな疑問にもお答えしていきます!
加熱式タバコvitaful(ビタフル)の口コミや評判まとめ
加熱式タバコや電子タバコが人気になっている今話題の、健康的にリフレッシュタイムを過ごせるとvitaful(ビタフル)!実際に使ってみた人の口コミ評判って気になりますよね。今回はビタフルの口コミや評判をまとめてみました!

ビタシグは何日吸える?吸い方や評判まとめ!

電子タバコJUUL通販

今回はフレーバータバコの一つ、ビタシグについて何日吸えるかや吸い方、評判などをまとめました。

ビタシグだけではなく他有名なフレーバー電子タバコであるビタボンやビタフルも合わせて比較することでより違いなどもわかったのではないでしょうか?

ビタシグ自体はビタボンと価格が近いためよく比較されており、味が薄いとの評判が多く挙がっていました。

そんな中ビタフルは価格の安さから十分満足という評判が多く、禁煙アイテムとして使う吸い方をしている方もちらほらいました。

どれも1本で約500回の吸引ですので変わりありません。タバコの代わりにした場合、1日1箱タバコを吸う方であれば2日、吸い方次第では1日持たないこともあります。

フレーバーを何種類か用意し味の変化で止め時の区切りをつけることや、タバコの合間にちょっと使用するという使い方であれば1週間ほど持つこともできるので色々と楽しんでみてください。

アメリカで電子タバコのシェア7割を獲得した最新トレンド『JUUL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*