【タバコ税】値上げの歴史を紐解く!今まで幾ら値上げされた?

タバコの値上げ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JTのタバコの値上げが申請され、ますます居心地の悪くなってきた昨今。

喫煙者の皆様いかがお過ごしでしょうか。

スモーカーとして過ごしている今だからこそ、増税・値上げで一喜一憂している筆者ですが、そういえばもっと昔はタバコの価格がもっと安かった。なんて話も聞きますよね。

わかばとか昔190円で買えた時代ありましたよね?

ということで!今回は、今までタバコがどんな増税や値上げを辿ってきたのか、タバコの価格の歴史に迫ってみようと思います!

懐かしさに…打ちひしがれてください…。

有害性の少ないタバコをご紹介!

電子タバコJUUL通販

値上がりが止まらないですね?

タバコの値上がりが決まる度に気になるのが紙巻きタバコの有害性です。
最近では加熱式タバコなど火を使わないからタールが発生しないタバコが人気になってきていますが、加熱式タバコにも欠点があります。

わかば喫煙者の筆者もタールが気になるけど、アイコスやグローの臭いの方が気になる…。ということで移行出来てないですし、プルームテックもタバコ感が無さ過ぎてちょっと…

何よりどの加熱式タバコも煙が少ないのでタバコを吸っているとは言い難いです。

そんな迷走の中出会ったのがこのJUUL(ジュール)という電子タバコ!

タールも発生せず、ニコチンだけを喫煙することができるんですが満足感が違いますよこれ…!
筆者のように加熱式タバコに中々移行できないという方は絶対にチェックです!

JUULの通販方法まとめ!日本国内から通販はできないって本当?
電子タバコのJUUL(ジュール)は、アメリカを中心に人気になり日本でもジワジワと知名度を上げています。が、この電子タバコは国内での通販は禁止!と言うのもニコチンが入っているから。個人輸入でのみ通販が可能になっています。
JUULリキッドの味は不味い?美味しい?吸い心地も調査してみた!
電子タバコ界の新星ともいえるJUUL、今回はリキッドについて大特集しました!リキッドの吸い心地は良いのか、味は美味しいのか不味いか、JUULの純正PODで吸い心地がいいのはどれなのかもまとめてみましたよ!

2018年10月1日に増税決定

タバコの値上げ10月

加熱式タバコが主流となりつつある2018年、ついに、タバコの増税に合わせて加熱式タバコも値上がりします。

今現在、フィリップモリス・JTといった有名ブランドが1箱につき20円~60円程度の値上げを財務省に提出しており、タバコ増税日である2018年10月から増税と共にタバコ自体の価格も大幅に値上げすることとなります。

アイコスのヒートスティックやプルームテックのカートリッジも同様に値上げの申請がなされているので、これを機に禁煙するか値上がりについていくか悩みどころですね。

今までもタバコの値上げは増税と共に

これから、価格の上がり方を詳しくご紹介していきますが、基本的にタバコの価格変更は、タバコ税の引き上げと共に行われていることが分かりました。

2018年のタバコの値上げもやはり、タバコ税の増税に合わせてですし、タバコ税が増税する年はタバコ自体の価格も値上がりすると考えてよさそうです。

タバコの製造会社的にもタイミングがいいのかもしれませんね。

【2018年10月】銘柄別タバコ値上げ価格一覧まとめ!
2018年の10月にタバコ税が改定。増税に合わせてタバコ事態の価格も銘柄によっては変わってくるそうです。さらに!加熱式タバコの筆頭アイコスまでもが値上がり決定!?2018年のタバコ値上げの銘柄一覧をまとめてみました。
セブンスターの値段と種類(メンソール)、パッケージまとめ
セブンスターと言えば、日本を代表するタバコです。レギュラー味・メンソール味を含むと10種類もあり、それぞれパッケージも違います。今回は、セブンスターの種類別タール数や、値段、ソフトボックスどちらか等まとめてみました。

タバコの値上がり歴史を年表でまとめてみた

タバコ値上げ

では、本題です。

日本で最も売れていると言われているタバコセブンスターの値上がりを販売当初から並べてみました!歴史年表。

また、いくら価格が変動したのかもまとめていきます。

セブンスターの値上がり価格歴史

年代 価格 増加の推移
1969年2月 100円 (発売年)
1975年12月 150円 +50円
1980年4月 180円 +30円
1983年5月 200円 +20円
1986年5月 220円 +20円
1997年4月 230円 +10円
1998年12月 250円 +10円
2003年7月 280円 +30円
2006年7月 300円 +20円
2010年10月 440円 +140円
2014年4月 460円 +20円
2018年10月 500円 +40円

セブンスターは2018年8月現在460円、そして今年の10月に500円の大台に乗ることがほぼ確定していますが、約50年前から400円も値上げしているという事が分かりますね。

50年前の物価が今とは違い、大体8倍くらいなんていわれているので、物価としては今より高かったのでしょうか…?

バブルの時期である1986年は今と物価が大差ないので、半額くらいの値段でセブンスターを購入できた。と言った感じですかね。

バブル時期までは、物価の上昇による値上げそして、4月に値上げされたときは消費税の増加、その他はタバコ税の増加で値上げが行われています。

アメリカの電子タバコシェア7割越え!

ジュール公式ページ

加熱式タバコよりも使い勝手が良く、アメリカでは電子タバコ市場のシェア数が7割を超えた!というJUUL(ジュール)

JUULが何故そこまで人気なのか、ザっと出してみるとこんな感じ

・タールが発生しない
・一酸化炭素が発生しない
・ニコチンは多く発生する
・手入れが不要
・掃除も不要
・不快な加熱臭がしない
・エグみのある味がしない
・手のひらサイズ
・かっこいい
・フレーバー数は50種類越え

などなど…
あ、JUULいいかも…ってちょっとでも思ったあなたには!JUULを買う権利がありますw

紙巻きタバコや加熱式タバコに不満が少しでもあるんだよなぁ…と感じている人は絶対にJUULに移行しましょう。

2010年にタバコの価格が大幅値上げ

タバコの大幅な値上げ

セブンスターの値上げ年表を見てもわかる通り、2010年に前年度から140円もの値上げが行われています。

他の年は10円から多くて50円の増加だったのに対して2010年には何があったのでしょうか…

実は、セブンスターだけでなく他のタバコもこの年に1箱辺り100円前後の値上がりが行われていました。

2010年に値上がりしたタバコと価格差

銘柄 値上げ前 値上げ後 価格変化
マイルドセブン 300円 410円 +110円
キャスター 290円 410円 +120円
キャビン 300円 410円 +110円
ピアニッシモ 320円 440円 +120円
キャメル 320円 440円 +120円
ウィンストン 290円 400円 +110円
ピース 300円 440円 +140円
セーラム 320円 440円 +120円
ハイライト 290円 410円 +120円
わかば 190円 250円 +60円

2010年のタバコ値上げの理由

2010年にはこのように挙って歴史的なタバコの大幅値上げがされていました。

大体100円以上の値上げわかばだけなぜか60円ですが…w

この大幅な値上げの原因はやはり、タバコ税の増税です。

1本辺りのタバコ税が3.5円になり、同時にメーカー値上げがされこのような結果になりました。

タバコ税は増税すべき!と言う考えよりは、『国民の命を大切にしよう!健康の為に!』と言う理由での増税だったらしいです…。

値上げという精神的負荷を負った!!!!!

タバコの値上がりは歴史で見ると10円単位が多い

10円単位

セブンスターの価格歴史と、2010年の歴史的増加率を見て思ったのですが、2010年以外は数十円単位の増加ということが分かります。

タバコにかけられる税金の単価が1本あたりのことが多いので10円や20円の増税。

また、増税に合わせてタバコ自体の価格を上げた年が30円、40円と言う数値に現れています。

2010年を踏まえると2018年の増税は優しめ?

2010年にはほとんどのタバコが100円近く値上がりしたことを考えると、2018年での値上がりは優しめなのかな?と思ってしまいます。

今後2010年のような歴史的な大幅増税・メーカー価格増加が無い事を祈るばかりです…。

今までちょこちょこ値段が上がっていたためダラダラと喫煙を続けていて、500円を超えそうな今禁煙を考えていましたが…。

タバコの価格歴史を見るとこの程度の値上がりなら!とか思ってしまう自分がいます。

タバコは百害あって一利なし!身体への危険な害一覧まとめ
タバコは危険で身体に悪いもの!というのは多くの方の共通認識です。しかし具体的に危険な点を挙げるとすると、ニコチンが何とか…という様に、ちょっと漠然としていますよね。今回は煙草が身体に与える害やデメリットをご紹介します。
禁煙の禁断症状と離脱症状って期間はいつまで続く?対処法は?
喫煙者なら誰しもが一度は考える『禁煙』ですが、いざ禁煙してみると離脱症状や、禁断症状でどうしても続けることができなかったり…。禁煙期間中に起こるこの症状はいつまで続くのでしょうか?禁断症状を抑える対処法など大調査!

タバコの増税による価格値上げの歴史まとめ

電子タバコJUUL通販

いよいよ目前に迫ってきた2018年のタバコ増税によるメーカーの値上げ合戦。

旧3級品タバコも別のルートで着々と値上げが行われていますし、もう諦めて禁煙したいと思いつつも、コンビニに行ったら買ってるぅぅ…。

2010年のタバコ価格値上げをみたらそれほど影響のない値上げとは言え、500円って…

昔は100円台で購入できていたと思うと、何とも言えない気持ちになります。
でもね!日本って比較的タバコの価格安いんですよ!海外に行くと1箱1,000円とか余裕ですし。

筆者はとりあえず娯楽にかけられる費用がある限りはタバコを購入し続けるつもりです。800円くらいが限界かな…。

皆さんはこの値上げで禁煙しますか?それとも…1000円になっても肺を黒くし続けますか?

アメリカで電子タバコのシェア7割を獲得した最新トレンド『JUUL』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アメリカで爆発的な人気で今や米国の電子タバコシェアの半数以上を占める、日本でもこれから確実に流行る『JUUL(ジュール)』という電子タバコをあなたはご存知ですか?

ジュールの一番の特徴は電子タバコなのにニコチンが入っており、火を一切使用しないのでタールも無く、コンパクトでスタイリッシュなデザインにあります。

え?「どうせプルームテックと同じ煙量?」いや、マジでビビりますよw信じられなければYOUTUBEを今すぐ開いて『JUUL』で検索してみて下さいw

強いニコチン感と煙草と同様のキック感を得られる『JUUL(ジュール)』は通販で誰でも簡単に購入する事ができ、POD(リキッド)のカートリッジを入れ替えるだけで簡単に交換が完了してしまいます。勿論、液漏れも一切しない凄いヤツですw


JUULを購入する

あなたへのオススメ

コメントを残す

*