スクワットで鍛えられる筋肉の部位や効果を高める為の筋トレ術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このページでは、

・スクワットで鍛えられる筋肉
・効果を高める為の筋トレ術

上記2点をメインに内容をまとめています。

スクワットはどこでも簡単に実施できるトレーニングなので、極めれば効率良く体を鍛える事ができます。

ちょっとしたアドバイスがあるだけでも、効果を高める事ができますので、スクワットについて詳しく知りたい方はぜひご参照下さい。

スクワットで鍛えられる部位

鍛えられる部位

スクワットは主に下半身を鍛える為のトレーニングです。

鍛えられる代表的な部位としては、

・大腿四頭筋
・ハムストリング
・大臀筋(大殿筋)
・腹筋
・内転筋
・下腿三頭筋
・中臀筋

などが挙げられます。

これらの部位に関して、具体的に身体のどの部分になるのか?

また、スクワットによってどのような効果が得られるのか?

少し詳しく紹介したいと思います。

PR

大腿四頭筋

大腿四頭筋は、「外側広筋」「内側広筋」「大腿直筋」「中間広筋」の4つの筋肉で構成されているのが特徴です。

太ももの前側に位置している筋肉で、スクワットで最も鍛えられる部位の1つにも挙げる事ができます。

この筋肉は、ジャンプしたり歩く為にも欠かせない筋肉であり、下半身全体の筋力をアップさせるのであれば鍛えなければならない部位と言えます。

他にも、基礎代謝の向上や脂肪を燃焼する効果などが期待できるので筋トレだけでなくダイエットを目的としている方にも重要な筋肉となります。

ハムストリング

ハムストリング

大腿四頭筋に対して、ハムストリングは太ももの裏側に位置する筋肉の部位です。

ハムストリングは、「大腿二頭筋」「半膜様筋」「半腱様筋」の3つの筋肉で構成されていて、走ったり歩くときにも欠かせない役割を担っています。

太ももの裏側にあるという事で、お尻の筋肉にも直結し、ここを鍛えればヒップアップ効果も期待できると言われています。

魅力的な下半身を作り上げるのには欠かせない筋肉の部位です。

生活する上でも必要な筋肉であり、スクワットで鍛える事によって安定感のある下半身を手に入れる事ができます。

大臀筋(大殿筋)

大臀筋は、簡単に言えばお尻の筋肉です。

人の体にある筋肉の中でも、かなり大きい筋肉の部位なので、これも人には欠かせない重要な筋肉の1つです。

また、足を動かす為には大臀筋は無くてはならない筋肉であり、日常生活のいろんな場面で役に立っています。

もちろん、ヒップアップにも効果的です!

たるんだお尻を持ち上げる為にはこの大臀筋を鍛えればOKといっても過言ではありません。

それくらい重要な筋肉の部位であり、人にとって必要な役割を果たしています。

腹筋

腹筋

意外かもしれませんが、スクワットでも腹筋を鍛える事ができます。

ただし、やり方を1つ間違ってしまうと腹筋は鍛えられません。

スクワット1つでも効果的なやり方があり、負荷のかけ具合やトレーニング方法によっていろんな筋肉の部位を鍛える事ができるんです。

その中の1つが腹筋というわけです。

また、腹筋はスクワットを正しい姿勢で行う為のサポート的な役割もあり、特に意識しなくとも自然と腹筋が鍛えられるという事もあります。

意識してやる事で、腹筋も効率良く鍛える事ができるという事を覚えておきましょう。

スクワットは呼吸とやり方が大事!効果を最大限に高める方法をご紹介
このページでは、スクワットの呼吸法や効果的なトレーニングのやり方についてまとめています。スクワットで下半身の強化やダイエット効果を期待するのであれば、正しい知識と正しいフォームが大切なポイントとなります。
バーベルやダンベルを使った効果的なスクワットのやり方まとめ
このページでは、ダンベルを使ったスクワットやバーベルを使ったスクワットに関する情報をお届けします。スクワット1つでもやり方を変えるだけで効果的・効率的に筋力をアップする事が可能。下半身の筋力を向上させたい方は必見。

内転筋

内転筋は、太ももの内側にある筋肉の部位です。

太ももにありますが、筋肉の大きさはそこまで割合を占めていないので、意外と放置しがちな筋肉でもあります。

なので、内転筋に関してはたるんでいる方が多いです。

セルライトなどもこの内転筋の部位に集中しやすい傾向もあるので、美脚を目標としているなら鍛えなければならない筋肉の1つです。

スクワットで鍛えられる部位の1つなので、太ももの内側も意識してトレーニングすると良いです。

下腿三頭筋

下腿三頭筋

下腿三頭筋は、ふくらはぎの筋肉の事を言います。

「腓腹筋内側頭」「腓腹筋外側頭」「ヒラメ筋」の3つの筋肉の総称です。

スクワットでは太ももが重要なポイントだと言われがちですが、ふくらはぎも十分に鍛える事ができます。

そして、スクワットをする上では欠かせない筋肉の部位です。

姿勢の維持やランニング、ジャンプなど、いろんなスポーツで必要な筋肉となるので、アスリートはもちろんの事、普段から身体を動かしている方であれば絶対に鍛えておくべき筋肉の部位だと言えます。

中臀筋

中臀筋は、先ほど紹介したお尻の筋肉「大臀筋」の上にある筋肉の部位です。

もちろんヒップアップにも一役貢献している筋肉です!

小さい筋肉ではありますが、腰痛などにも関わってくる筋肉なので、ある程度の筋力が必要な部位でもあります。

あまり使う事はないと思いますが、サイドステップを行う際に欠かせない筋肉となります。

効果を高める時にやるべき事

スクワット やる事

スクワットで鍛えられる部位に関しては、上記の内容で概ねご理解頂けたかと思います。

後は、スクワットを実際に行う時に、いくつかのポイントを把握しておく事で、もっと効率良く下半身を鍛える事ができます。

ここからは、ワンポイントアドバイスとしてスクワットの効果を上げるコツを簡単に紹介します。

PR

回数・頻度よりもやり方重要

スクワットは、ある程度回数をこなす事も大切ですが、何よりも大事なのが“やり方”です。

間違ったスクワットを継続しても下半身を効果的に鍛える事ができませんし、逆に足腰を痛めてしまう可能性もあります。

回数や頻度を意識する事も大切ですが、1回1回のトレーニング方法にも意識を向けて考えてみましょう。

スクワットでお腹もスッキリ!効果絶大なトレーニング方法まとめ
ここでは、お腹周りをスッキリさせる為に必要なトレーニング方法や自宅でも簡単に出来るスクワットのコツやポイントをご紹介。意識するポイントややり方1つでも効果に違いが出ますので、本格的なダイエットを実施したい方は必見です。
【期間と目標】スクワットでの筋トレ&ダイエット効果はいつから?
ここでは、スクワットで得られる効果やダイエット&筋トレに要する期間についてまとめています。いつから効果が出始めるのか、ざっくり理解するだけでも目標設定しやすくなりますので、本格的にトレーニングを実施たい方は必見です!

生活習慣を正す

筋トレは適度な休息も大切です。

また、体を鍛えるにはタンパク質を補給するなど栄養面も気にする必要があります。

アスリートも食生活などを気にしていると思いますが、それと同じイメージです。

・睡眠
・食事
・ストレス

など、できる限り体に負荷のかからない健康的な生活習慣を意識して、体が万全の状態でトレーニングを実施する事が重要です。

部位だけにこだわらない

この記事の前半ではスクワットで鍛えられる部位に関する内容をメインで紹介させて頂きましたが、部位だけに固執せずに体を鍛える時にはいろんなバランスを考えるのも1つの方法です。

スクワットだけに偏らずに、腕立て伏せ・腹筋・背筋・有酸素運動など、いろんなトレーニングメニューをこなして、体全体の筋肉をバランスよく鍛えるのがポイント。

各部位の筋肉量がアンバランスになってしまうと、どこかしら体に異常が発生する可能性もありますので、スクワットや部位に固執しない事も覚えておこう。

筋トレ効果的なトレーニング方法

上記の動画は、スクワットの正しいやり方を紹介しています。

スクワットで下半身を効率良く鍛えるには、まずはやり方が大事!

動画でわかりやすく解説されているので、こちらを参考にして今日からでもフォームを見直して実践してみましょう。

ダイエットに良いトレーニング方法

こちらの動画は、筋トレではなくダイエット向きのトレーニング方法を紹介しています。

スクワットの目的は、筋トレorダイエットに分かれると思うので、単純に下半身を細くしたい方はこの動画をご参照下さい。

筋トレ毎日はダメ?毎日やるべき?一日おきの方が効果あるの?
美しい筋肉を作りたい…運動不足だから…いろいろな理由で筋トレに挑戦する人がいますね。筋トレを毎日やるべき?毎日はダメ?色々な意見があります。効果があるのは毎日やったとき?一日おき?何日あければいいでしょう?
効果ない…。スクワットで鍛えられない原因や対策を教えます!
ここでは、スクワットでトレーニングしても「効果ない」という人に向けた情報をお届けします。スクワットで効果の出ない原因を理解し、正しいフォームで鍛えれば必ず効き目を実感できるはずなので、こちらの情報をぜひご覧下さい。

この記事のまとめ

スクワット 部位

いかがでしたか?

スクワット1つでも考え方ややり方1つで結果にも違いが出てきます。

また、鍛えたいのか痩せたいのか、目的をしっかりさせる事も大切です。

自分の中でも目標を設定してから、どのようにやるか?どれくらいやるか?を考えて日々のトレーニングをこなすようにしましょう。

上記で紹介した通り、スクワットだけでも下半身を含むいろんな部位を鍛える事ができます。

更には、バーベルやダンベルを持ちながらスクワットを行えば上半身も同時に鍛える事ができるので、一石二鳥です。

もちろん、トレーニングはハードになりますが、体全体のバランスを考えれば効率の良いやり方でもあるので、下半身にある程度の筋力が付いたら変わったメニューも試してみましょう!!

最強のHMBサプリで簡単に筋肉を付けられるって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HMBサプリを飲んでいないメンズも飲んでいるメンズも、HMBの配合量が最も高い鍛神をご存じですか?

プロテインを飲んでいるだけでは筋肉は効率良く付けられませんし、最短で筋肉を付けたいなら絶対にHMBサプリを飲むべきです!

楽天ランキングで1位を獲得した鍛神(きたしん)なら驚くほどの効果をあなたの身体にもたらしてくれるでしょう。

※皆さん「返金保証」の制度を上手く利用してお得に使用しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


最強のHMBサプリを見る

あなたへのオススメ

コメントを残す

*