効果が出やすいスクワットをご紹介!種類別に細かいやり方を教えます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スクワットの代表的なやり方と言えばノーマルスクワットです。

しかし、ノーマルスクワットに物足りなさを感じている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回は、ノーマルスクワット以外の効果的なスクワットに関する情報を紹介したいと思います。

「ワンランク上のスクワットに挑戦したい」
「スクワットでの負荷を増やしたい」

こんな方にピッタリの内容となっていますので、ぜひご覧ください!

スクワットのココが大事!

スクワット ポイント

スクワットの効果的なやり方を紹介する前に、まずはスクワットで大事なポイントをお伝えしたいと思います。

普通にスクワットを難なくこなしていても筋トレにはなりませんし、ダイエット目的だとしてもあまり効き目を実感できないと思います。

これからお伝えするポイントを把握すれば、仮にノーマルスクワットだとしてもある程度の効果を実感する事ができるはずです。

やり方も大事ですが、スクワットの要点を理解する事も忘れないようにしましょう!

PR

①呼吸法

1つ目は、呼吸法です。

スクワットに限ったことではありませんが、体を鍛える時には呼吸法が重要視されています。

呼吸の仕方1つでも、トレーニング後の効果に影響が出てきますので、まずは呼吸法をしっかりと理解する事から始めましょう。

スクワットの場合には、

「腰を下ろす時に息を息を吸う」
「腰を上げる時に息を吐く」

これが鉄則です!

②姿勢やフォーム

姿勢やフォーム

2つ目は、姿勢やフォームについてです。

スクワットと言えば、膝を曲げて屈伸するのが普通のやり方ですが、その時のフォームも重要なポイントとなります。

・足の幅
・膝の角度
・手の位置
・頭の位置

など、気を付けるべき細かい要点がいくつかありますので、その辺りも意識するように心がけてみましょう。

悪い姿勢のままスクワットで筋トレしても、スクワット本来の効果を引き出すことはできませんので、覚えておいてください。


スクワットで効果が出やすいやり方まとめ。回数やメニューをご紹介
スクワットはやり方1つで効果にも大きな違いが出てきます。このページでは、スクワットを利用した効果的なトレーニング方法や、回数・呼吸法などの意識、体全体のバランスを効率良く鍛える方法などについてまとめています。
スクワットでお腹もスッキリ!効果絶大なトレーニング方法まとめ
ここでは、お腹周りをスッキリさせる為に必要なトレーニング方法や自宅でも簡単に出来るスクワットのコツやポイントをご紹介。意識するポイントややり方1つでも効果に違いが出ますので、本格的なダイエットを実施したい方は必見です。

③回数や頻度

3つ目は、回数や頻度です。

「とにかく回数をこなせば良い」
「1日に10セットくらいやればOK」

など、回数や頻度を気にする方も多いですが、筋トレは数をこなせば良いというわけでもありません。

上記でお伝えした、「呼吸法」「姿勢・フォーム」を意識して1回1回をしっかりと行う事の方が遥かに大切です。

もちろん、回数をこなす事も必要ではありますが、特にダイエット目的の場合には回数はあまり気にしなくて良いでしょう。

回数よりもやり方を意識してください。

④効率良く負荷をかける

負荷をかける

4つ目は、負荷のかけ方です。

スクワット1つでもいろんな種類のやり方があり、それぞれ負荷のかかり方も変わってきます。

これは、腕立て伏せや懸垂、腹筋などにも言える事です。

どんな方法でトレーニングをすれば一番負荷がかかるのか?

身体を鍛えるのであれば、負荷のかけ方は重要な部分となるので、どうやったら負荷がかかるか、をしっかりと意識してみると良いです。


⑤鍛える部位を意識する

5つ目は、鍛える部位を意識する事。

「意識なんて関係ない」という方もいますが、私の経験上では意識は非常に重要なポイントとなります。

・どこを鍛えたいのか
・どの部位を強化したいのか
・なにを目的としているのか

など、同じスクワットをやるにしても意識するだけでトレーニングの効果は変わってくると思います。

下半身を鍛えたいのであれば、どこの筋肉を鍛えたいのかを意識しながらトレーニングに励みましょう。

スクワットで得られる効果について

スクワット 効果

スクワットでは、以下の部位を鍛える事ができます。

  • ・大腿四頭筋
  • ・ハムストリング
  • ・脊柱起立筋
  • ・大臀筋
  • ・ヒラメ筋
  • ・腓腹筋
  • ・腹筋

もちろん、これらも上記で説明したポイントをしっかりと意識してトレーニングした上で鍛えられる部位です。

正しく鍛えれば、こんなにいろんな種類の筋肉を鍛える事ができますので、今後は、効率化を図って筋トレするようにする事が大切です。

PR

【種類別】スクワットの効果的なやり方5選

さて、ここからが本題とも言えますが、スクワットにはいろんな種類のやり方があります。

今回は、数あるスクワットのやり方の中でも特に体に負荷をかけやすい方法を紹介したいと思います。

以下5つのトレーニングメニューをしっかりと理解して、今の自分に必要なトレーニングを取り入れてみましょう。

自宅でやる筋トレ・スクワットの目安は?回数・平均・セット数まとめ
このページでは、スクワットに関する基本的な情報をご紹介。スクワットの平均的な回数・セット数や、家で筋トレする時の目安など、細かいやり方の部分に注目してまとめています。効率良く体を鍛える方法も紹介しています。
【期間と目標】スクワットでの筋トレ&ダイエット効果はいつから?
ここでは、スクワットで得られる効果やダイエット&筋トレに要する期間についてまとめています。いつから効果が出始めるのか、ざっくり理解するだけでも目標設定しやすくなりますので、本格的にトレーニングを実施たい方は必見です!

ワイドスクワット

ワイドスクワットは内ももを引き締めるのにベストなスクワットです。

スクワットの中でも比較的簡単に実施できる方法の1つで、男性の筋トレだけでなく女性のダイエットや美脚効果も期待できます。

スクワットの数ある種類の中でもハードルの低いやり方なのでオススメです。

ジャンピングスクワット

ジャンピングスクワットも簡単です。

ただ、普通のスクワットに加えてジャンプするという動作が増え、更に足への負荷も一気に高くなります。

1~5回程度であれば簡単に実施できますが、10回、20回となると足への疲労も蓄積されてきますので、適度な回数を設定して実践してみましょう。

ダンベルスクワット

ダンベルスクワットは、単純にダンベルを両手で持ってスクワットする方法です。

ダンベルの種類はなんでもOK。

まずは軽めのダンベルを使用して、少しずつ重さを調節していきましょう。

負荷の強さが変わるので、正しい姿勢でやらないと腰を痛める事もあります。

バーベルスクワット

バーベルスクワットはスクワット上級者向けのトレーニング方法です。

ダンベル同様にバーベルの種類に特に決まりはありません。

通っているジムにあるもので全然OKです。

初心者の場合には、1人でやると危険なのでインストラクターさんに手伝ってもらうなどして安全性を確認しつつ挑戦してみましょう。

シシースクワット

シシースクワットは、バランス感覚や体幹が問われるスクワットの1つです。

ハッキリ言って、初心者には難しいかもしれません。

ただ、これをマスターすれば、かなり負荷をかけたスクワットを実践する事ができるので、筋力アップしたい方にはおすすめです。

膝が痛い時はスクワットで治す?痛みの改善方法と効果的なストレッチ
膝が痛い時にはスクワットやストレッチで下半身を鍛える方法が効果的です。このページでは膝の痛みを効率良く治す方法や、自分で直ぐに実施できる改善方法などについてまとめています。膝に負担なくできるトレーニングもご紹介。
スクワットで腹筋が割れるやり方をご紹介!効かない時はこれを試せ!
自重トレーニングの1つとして筋トレやダイエットに効果のあるスクワットに関する情報をご紹介。スクワットで腹筋が割れる事はあるのか?効かない時はどうすれば良いのか?など、トレーニングのやり方や意識的な改善ポイントもご紹介。

スクワットでの目標の大切さ

このように、いろんな種類のスクワットがありますが、他にもまだまだたくさんのパターンがあります。

まず、自分は筋トレが目的なのか、ダイエットが目的なのかでスクワットのやり方も変わってくると思いますので、目標を明確にしておきましょう。

目標を決めず、適当にスクワットを始める方もいますが、だいたいは途中でリタイアします。

目標があるからこそ頑張る事ができますし、自分のモチベーションを維持する事にも繋がっていきますので、目標設定とそれに適した種類のスクワットに挑戦しましょう。

正しいスクワットのおさらい

こちらの動画では、スクワットの正しいやり方やスクワットのよくある間違いについて説明しています。

主にノーマルスクワットに関する内容となっていますので、改めてスクワットの基礎知識を学びたい方におすすめです。

基本が出来た上で、いろんな種類のスクワットに挑戦する事が大事なポイントとなりますので、「基本」は忘れないようにしてくださいね。

この記事のまとめ

スクワット 種類

という事で、スクワットの種類はさまざまです。

要点をまとめると、

・スクワットには大事なポイントが5つある
・スクワットの種類によって鍛えられる部位も変わる

最低限、この2つのポイントは把握しておいてください。

また、更にスクワットでの負荷を高めたいのであれば自宅では難しくなってきますので、ジムに通う事を検討したり、スクワット以外の自重トレーニングなどを取り入れて新しい筋トレにもチャレンジしてみましょう!

最強のHMBサプリで簡単に筋肉を付けられるって知ってた?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HMBサプリを飲んでいないメンズも飲んでいるメンズも、HMBの配合量が最も高い鍛神をご存じですか?

プロテインを飲んでいるだけでは筋肉は効率良く付けられませんし、最短で筋肉を付けたいなら絶対にHMBサプリを飲むべきです!

楽天ランキングで1位を獲得した鍛神(きたしん)なら驚くほどの効果をあなたの身体にもたらしてくれるでしょう。

※皆さん「返金保証」の制度を上手く利用してお得に使用しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


最強のHMBサプリを見る

あなたへのオススメ

コメントを残す

*