加齢臭って何歳から出るの?そもそも加齢臭の原因って何?治るの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体臭は人それぞれ持っていると思います。

甘いニオイや酸っぱいニオイ、油っぽいニオイなど感じるニオイはさまざまで、同じニオイでも不快に感じる方もいれば、好きという方もおられます。

女性のニオイってどんなニオイ?って問われた場合、私の場合、「お花のニオイ」と答えるでしょう。あくまでそうであって欲しい願望もありますが、実際は全ての女性が願望通りのニオイかといったら違います。

このように、人には体臭がありそして年齢によってその体臭は変化していきます。

憧れのあの子もいつまでもお花のニオイではありません。

そして、あなたも・・・

人は加齢により見た目だけでなく体臭も変化します。一般的には「加齢臭」と呼ばれ、ある一定の年齢から徐々に発生し始め、ニオイのもとを作りだします。

年齢とともにニオイも増加しているのが加齢臭ですが、実際何歳頃から発生し始めるのでしょうか?

調べていくうちに一番ニオイが強烈になる年代もわかっていきました。

「なんか・・・くさい・・・」

と言われる前に早めに対処しておきましょうね。

体臭の種類や原因を知る

バスケットボール

加齢臭を知るためには、まず体臭の原因を知らなければなりません。

体臭の原因となるのは「汗」「皮脂」「常在細菌」の3つが原因となります。

汗

みなさんも汗が体臭の原因であることはわかっているでしょう。

そんな汗を抑えるための制汗剤などは多数販売されていますね。

汗はエクリン腺アポクリン腺の2種類の汗腺から分泌され、成分のほとんどは水ですが、エクリン腺から分泌される汗にはミネラルや尿素を含み、アポクリン腺から分泌される汗にはタンパク質や脂質を多く含みやすい成分となっております。

全身に分布されるエクリン腺は汗を放出することで全身の体温調節などを行います。ワキの下や耳の穴、鼻や瞼などの部分的な場所の毛穴にアポクリン腺は分布しております。

皮脂

マッスルテカリ

皮脂も2種類の皮脂からなり、皮脂腺から分泌される皮脂と角質された細胞間にある脂質とに分かれ、どちらも肌や髪の毛の保湿を行うための機能を果たしています。

脂質を含む液体であるため、粘り気があり皮膚や体毛の表面に薄く膜を貼ります。

皮脂が残り過ぎてしまうと常在菌が発生しやすい環境を作ってしまうことになり、逆に皮脂を取り過ぎると皮膚が乾燥してしまったり、皮膚の乾燥を防ごうと過剰に皮脂が分泌してしまうことにもなります。

常在菌

菌

人の体に存在する細菌で病原性を示さない常在菌ですが、汗や皮脂と混ざり合うことで病原菌を防ぐ弱酸性の膜を形成しますが、時間が経過することにより酸化されてニオイが発生してしまいます。

エサとなる汗や皮脂が多いとより活動量を増すことになります。どれだけ洗っても常在菌がなくなることはありませんが、洗い過ぎによって減少してしまうと、病原菌を受け付けてしまい免疫が落ちてしまうこともあります。

それぞれ単体ではそれほどニオイを発生するものではありませんが、3つの原因物質が混ざり合うことでニオイが発生してしまいます。

混ざり合う成分が異なることでニオイの種類も異なるため、アポクリン腺が多いワキなどでは異なるニオイを発生したります。

また、年齢によっても分泌される割合が異なるため、ニオイの種類が変わり、これが加齢臭の原因にもなります。

年齢による違い

3つの物質が混ざり合うことでニオイを発生することが分かりましたが、年齢によって発生する物質の量が異なり、ニオイが変わっていきます。

年代ごとにニオイを分類すると、思春期から30代半ばまではワキから発生する汗がメインの「汗臭」

30代後半から50代半ばまでは後頭部から発生する皮脂が原因となる「ミドル脂臭」

「加齢臭」とはそれ以降の50代からがメインとなり、胸や背中の皮脂成分が原因となりニオイを発生します。

汗臭

両脇

汗臭は新陳代謝が活発な思春期から20代半ばに多く発生しその後加齢とともに徐々に減少していきます。

エクリン腺やアポクリン腺から分泌された汗と皮脂が混ざり、常在菌と結びつくことでニオイを発生します。特に汗をかきやすいワキを中心にニオイを発生し、酸っぱいニオイなどが特徴となります。

ワキは汗をかきやすいだけでなく、アポクリン腺の汗も多く分泌されます。アポクリン腺からの汗はエクリン腺からの汗とは混ざる分泌物質が異なるので、ニオイも異なります。

ミドル脂臭

中年男性

20代後半から増加し40歳前後でピークを迎える体臭が、ミドル脂臭です。50代半ばまで続き油臭いのが特徴です。

皮脂腺から分泌された皮脂が常在細菌と結びついて「中鎖脂肪酸」つくり出します。一方、エクリン腺から分泌された汗は常在菌であるブドウ球菌と汗の乳酸が結びつくことで「ジアセチル」というニオイを発生する物質がを作りだします。

ジアセチルはバターやチーズなど発酵製品のニオイのもとにもなる物質です。この汗からのジアセチルが皮脂からの中鎖脂肪酸と結びつくことでより強い油っぽいニオイを発生します。

発生場所は主に後頭部近辺からとなります。2013年にマンダムが世間に発表した比較的新しく、近年、中年世代で多く発売されている中年のニオイ対策の製品はこの発表があったことでリリースされることになりました。

加齢臭

背中汗

50代半ばから体臭のほとんどを占めることになるのが加齢臭です。以前まではミドル脂臭が確立されていなかったため、ミドル脂臭も含めて加齢臭と呼ばれておりましたが、原因物質が異なることが分かったため、今では分けて分類されております。

加齢に伴い、汗はあまりかかなくなっていきますが、男性の皮脂の分泌量は加齢によってほとんど変化はありません。そのため、加齢臭の原因は皮脂が原因となります。

加齢が進むと皮脂に含まれる脂肪酸の物質割合が変化し「パルミトレイン酸」が増加します。パルミトレイン酸が多く含む皮脂が分泌され酸化されると「2-ノネナール」という物質に変化します。これが加齢臭となります。

2-ノネナールはソバやビールの芳香成分ではありますが、油臭く青臭いニオイを発生します。主に背中など体幹部分からニオイを発生しやすくなります。

このように、年齢によって体臭が異なるのは、汗の分泌量の変化と皮脂の分泌する成分の変化、ニオイの発生場所の変化3つの変化によって起こります。特に30代後半から40代にかけては、汗臭、ミドル脂臭、加齢臭の全てが発生する可能性のある年齢となります。

つまり、一番体臭がきつくなるのが30代後半から40代にかけての年代でもあります。女性からも「おっさん臭」と言われることにもなりますので、毎日の対策が重要となってくるでしょう。

体臭の対策を行う

ガスマスク

3つの変化を行う体臭ですが、それぞれに応じてしっかりと対策する必要があります。

汗臭の場合は多量の汗を抑えるために制汗剤を使用したり、小まめに汗を拭くことが基本となります。アポクリン腺から分泌される汗は体温調整を行うエクリン腺からの汗とは違い、常に分泌されております。また、ストレスを受けるとアポクリン腺からは多く分泌されます。「緊張すると脇汗が・・・」などと言われるのもそのためです。

自身がアポクリン腺の分泌が盛んかどうか調べるには、

耳垢が湿っている

わき毛が多い

衣類の黄色いシミ

常に多汗

などが挙げられます。耳の穴にはエクリン腺はなく、アポクリン腺のみなので、湿っぽい耳垢はアポクリン腺の影響と考えられます。

ミドル脂臭にはしっかりと頭を洗うことが重要です。特に後頭部や耳の後ろを中心に洗うことを心がけましょう。男性のハゲの原因でもあるAGA(男性型脱毛症)は生え際から頭頂部にかけて薄毛を進行させますが、髪の毛が残った側頭部や後頭部からはニオイを発生してしまうので、髪の薄い箇所ばかりケアを行うのではなく、全体的にヘアケアを行うようにしましょう。

加齢臭は背中や胸など体幹部分でニオイを発生しやすいです。背中は洗いにくい場所でもありますが、洗い残しが無いようにしっかりと洗いましょう。ボディペーパーなどで皮脂をふき取ることもよいでしょう。

ニオイは夏だけでなく、冬も発生します。特に冬は洗えない衣類が多くニオイが残りやすくなります。衣類用の消臭スプレーを使用し、できるだけ連続に多用しないようにすることがニオイが残らないようになります。

加齢臭についてまとめてみた

スメハラ

体臭の原因は「汗」「皮脂」「常在菌」の3つ

この3つが年齢により変化し体臭が変化していく

以前は30代後半からの体臭の変化全てが加齢臭と呼ばれていたが、加齢臭とは異なるニオイ成分が発見されたことでミドル脂臭が新たに分類された

汗臭は10代後半から、ミドル脂臭は20代後半から、加齢臭は40代から発生をしやすいので、全てのニオイを持つアラフォー世代は注意が必要

自身の体臭は気づきにくいもの。

「スメルハラスメント」などの言葉もありますのでお互いに気を付けていきたいですね。

Sponsored Link

関連記事

コメントを残す

*