周りにスメルハラスメントしてない?口臭・体臭対策してる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スメルハラスメントという言葉をご存知ですか?

セクハラやパワハラなど様々なハラスメントがある中、このスメラルハラスメントが今社会的問題になっています。

スメルハラスメントは、『匂いによる被害』の事を指します。

スメルハラスメントの多くは、口臭や、体臭によるものとされていますが、対策を取ることはできるのでしょうか?

もしかしたら、自分自身誰かにスメルハラスメントをしているかもしれない。と不安な方はぜひ、対策を取るように気を付けてみましょう。

スメルハラスメントとは?

上司よける

今、会社や企業で、問題になっているというスメルハラスメント

スメル    →   匂い、香り
ハラスメント → いやがらせ、苦しめる

この二つの意味が重なってできた言葉であり、臭いによって相手に不快感を与えたり苦しめたりすることがスメルハラスメントに当たります。

嫌な体臭や口臭はもちろん、香水などの過度な香り付けで相手を不快にさせるとスメハラになってしまいます。

自分自身がいい匂いと思っていても、相手が不快に感じればスメハラになってしまうので、明確な定義は人それぞれ。
自分が感じている匂いと、周りの人達が感じている匂いは大きな差があるので、注意が必要な今問題となっているハラスメントです。

PR

臭覚疲労で自分が気づきにくい

嗅覚疲労

スメルハラスメントには定義がなく、その匂いに慣れてしまえば自分で気づくことは難しいです。

嗅覚は、人間の五感の機能の中でも特段疲れやすく、嗅覚疲労を起こしやすいといわれています。

同じ匂いをかぎ続けていると、その匂いに対しての感度が低下。匂いを感じにくくなるのが嗅覚疲労です。

嗅覚疲労の厄介なところは、全ての臭いに対して低下するのではなく“特定の匂いのみ”しなくなるという点です。

香水をつけていくうちに、いつもの量では香りが足りないと思い多めに吹きかけてしまっている時には嗅覚疲労を疑いましょう。

相手に言いにくい

職場

職場などで問題になっているのにもかかわらず、あまり話に出てこないスメラハラスメントは、その自身の匂いに関係するハラスメントと同時に、部下や、実際にハラスメントを受けている相手が言いにくく、周りの人が伝えにくいというのもこのスメルハラスメントの厄介なところです。

しかし、SNSなどではスメハラを訴える人が多いのも事実…。

とはいえ、同じ職場の人に『○○さん、臭いです。』なんて言えないですよね…。

スメルハラスメントはまず、匂いを発している本人に気づいてもらうことが重要です。
その相手に不快感を与えないように…というのが重要ですが…。

「あれ、最近人が避けていく…。」
「人と話していると顔を顰められている気がする…。」

など、心あたりがある方は、改善していく必要があります。

スメルハラスメントの主な原因とは

匂う

実際にどんなものがスメルハラスメントになってしまうのでしょうか。

ワザと匂いを発しているわけではなくても、匂いがキツい相手と社内で席が近かったり、長時間同じ空間にいるのはかなりしんどいものです。

気づかぬうちに加害者になってしまうことの多いスメハラは、スメルハラスメントをしているかも?と、自分の体臭や口臭を気にするのも大切ですが、周囲に指摘される前に匂いの対策を取るのが重要になってきます。

体臭

スメルハラスメントで最も多く、また、本人が気づきにくいのが体臭や口臭の匂いです。

中年の男性なら加齢臭、体格が大きな人なら汗の匂いなど、原因となる体臭は様々です。

また、最近では男女関係なく、ワキガの匂いや足の匂いなどもスメルハラスメントで多く見られる悪臭です。

香水や柔軟剤

香水

女性や、若い男性に多いのが香水や柔軟剤の匂いによるスメルハラスメントです。

本人的には、周りに気を使い匂い対策として行っているかもしれませんが、気づかぬうちに嗅覚疲労していて、強い匂いを発してしまっている可能性があります。

甘い匂いや、独特の香りがする香水などは、周りの人に一度『この匂い大丈夫?』と確認してみましょう。

また、嗅覚疲労が起こっていて匂いを感じなくなっていて香水をつけすぎてしまう人は、プッシュする回数を決めておくなど、自分で対策を取ることが重要です。

PR

自分の発する臭いを自覚して対策を打つ

匂い 自覚

スメルハラスメントは、本当に不快です。

脳を突き抜けるようなあの、匂い…。息ができなくなります。そんな中で仕事なんて、本当に嫌です。

スメルハラスメントを防ぐためにまずは、自覚しましょう。

同期や、仲のいい後輩、先輩などに『もしかして、自分ヤバい匂い発してました?』など、声をかけると臭くなければ即答してくれるでしょうし、「実は、不快に感じていた。」という人なら、口ごもりつつもオブラートに包んで応えてくれるはずです。

『○○さん臭い!』というよりかは、尋ねられて応える方がお互い気が楽です。

では、実際に自分が悪臭を発していたらどんな対策を取ればいいのでしょうか?
スメルハラスメントになりやすい体臭や口臭などの原因と対策を詳しくご紹介していきます。

モテない男あるあるランキング!当てはまったらすぐに改善すべき?
目指せハーレム!そんな志のもと、モテたい男性は数多くいることでしょう。しかし、同性からみても「あいつモテないなっ」っていう改善が必要な男性は多くおられます。今回はモテない男あるあるランキングとして特徴ある男性のアンケートを行いました。
 

口臭によるスメルハラスメント

口臭

喋る仕事をしていたり、教える側の立場の人間が特に注意したいのが口臭です。

喋るたびに変な匂いがするというのは、営業関係の仕事なら致命的ですし、社会的利益の損失にもなりかねません。
しかし、スメルハラスメントの主な原因は口臭であるという調査結果もあります。

原因

口臭の原因は、唾液の分泌不足が原因となり、口の中にいる細菌が食べカスを分解し、腐敗させたときに発生するガスが悪臭であると言われており、これを生理的口臭と言います。

また、歯周病や虫歯が原因で発生する匂いを病的口臭と呼び、胃や腸・肝臓・肺・鼻や喉などの不調や病気からも病的口臭として、悪臭が発生します。

対策方法

生理的口臭であれば、自分で対策を取ることができます。

生理的口臭の主な原因は唾液不足です。
歯磨きをして口の中を清潔にするのはもちろんですが、唾液の量を増やすことが大切になってきます。

・1口に30回以上噛む
食事の際に、一口で噛む回数を増やしてみましょう。唾液の分泌量を増やすことができますし、たくさん噛むことで満腹中枢を刺激し、ダイエットにも効果的です。

・お風呂の中で歯を磨く
時間がないからと言って、歯磨きが疎かになっていませんか?
お風呂でゆっくりしながら歯を磨くことでいつもより自然と長い時間歯を磨くことができます。
さらに、人はストレスを感じると唾液の分泌量が減ってしまいます。そのため、リラックスできる環境で歯を磨くのは実に効果的です。

病的口臭であれば、病院に行く必要があります。
口臭が気になるな…。と思ったらまず病院に行くのもアリです。

気になる男性の体臭を改善する方法!簡単に臭いを消す方法3選
もう「スメルハラスメント」なんて言わせない。男性の体臭や口臭の原因を探り、簡単にできる改善方法を紹介。サプリや制汗剤で臭いを抑え、ボディソープや歯磨きで身体を清潔に保ち、臭いに打ち勝ちましょう。臭いが消えれば悩みも消えるかもしれません。
 

ワキガによるスメルハラスメント

ワキガ体臭

悪臭の原因と言えばが上げられることが多いですよね。

ツンとした悪臭は自分でも気になるし、他人からする匂いであれば尚更です。

日本人はもともと、ワキガに悩まされることが少なかったのですが、食生活が欧米化していったことが原因で近年では増加の傾向がある嫌な体臭です。

原因

嫌な体臭の原因であるワキガは、脇からかく汗のうち、アポクリン汗腺という汗腺から出てくる汗が原因とされています。

普段分泌している汗は水と少量の塩が成分なのに対し、アポクリン汗腺から出る汗には、白っぽく粘りがあり、糖質や糖分、鉄分やアンモニアなど様々な成分を含んでいます

この様々な成分を持っている汗自体に臭いはなく無臭なのですが、細菌によって分解されることで、ワキガ特有のニオイ成分が作られてしまいます

アポクリン汗腺は誰しもが持っていますが、ワキガの匂いがする人と、しない人がいます。
ワキガは主に遺伝や食生活が原因となっており、汗腺の数が多かったり、大きさが人がより匂いを発してしまいます。

対策方法

ワキガは遺伝や食生活が影響しています。

一度、食生活を見直してみて、それでも改善することができなければ美容整形外科などでの手術でワキガを治療することもできます。

ワキガを対策するサプリなども販売されているので、専門医などに相談してみるのも手です。

関連記事

足のニオイによるスメルハラスメント

足のニオイ

男女問わずニオイやすいのが足のニオイです。

足の裏は体の中でも特に汗腺が多く、一日のうちにコップ1杯分汗をかくといわれています。

原因

足の悪臭の主な原因は汗と細菌です。

ただでさえ汗をかきやすいのに、長時間通気性の悪い靴を履いていることで湿気が発生し、アンモニアや足の裏の角質、皮脂を餌に皮膚常在菌が増殖し、足の裏の独特なにおいを発生させます。

対策方法

汗や湿気をそのままにしない。という対策方法がありますが、仕事柄難しい方が多いと思うので他の対策方法をご紹介。

・毎日違う靴を履く
毎日同じ靴を履いていると、汗で靴が蒸れてしまい、日に日に細菌が繁殖してしまいます。
細菌が増殖してしまえば足の匂いはますますキツくなってしまうので、なるべく毎日違う靴を履くよう心がけましょう
履かない靴には乾燥剤を入れておくと細菌も繁殖できなくなるのでより効果的です。

・足をきれいに洗う
足のニオイが気になるなら、一番やらなければいけないのが足を洗うことです。
皮脂や角質、雑菌が足の裏に残っていれば、ニオイのもとになる皮脂常在菌が増殖します。
指の間までしっかり洗浄したり、匂い消し効果の高い”お酢”などを使って洗うのもおすすめです。
普段は、通気性のいい靴下を履くなど対策してみましょう。

洗っても匂いが…簡単に臭い匂いが消える足のにおい対策グッズ5選
一年中臭い匂いが気になる部分といえば、足ですよね。飲み会などが座敷だった場合は、ちょっと脱ぐことに抵抗を感じる方も多いのでは?そんな足のにおいが気になる方におすすめの対策グッズを紹介!臭い匂いを消すには3つの要点を解消することが必要です!
 

加齢臭によるスメルハラスメント

加齢臭

40代から気になってくる加齢臭は年を取ると、匂いが発生する。ということが分かっているので、対策を取りやすいといわれています。

加齢が進み、体内の活性酵素が増えていくことで、体の中が酸化していく臭いが皮膚を通して発生することで、加齢臭などの体臭の匂いが発生します。

原因

加齢臭の原因となっているのはノネナールと言われている物質です。

40歳を過ぎると、脂肪酸・過酸化物質の分泌が増えることによって匂いの元であるノネナールが急増するのです。

また、過酸化物質はストレスを感じると分泌量が急増するため、体臭がきつくなる傾向があり若い世代の人でも加齢臭がすることがあるので注意が必要です。

対策方法

加齢臭は認知度が高いため、その分研究が進んでおり、改善や対策する方法が明確です。

1.食生活を改善
脂肪分の多い食生活を贈っていると、ノネナールの元になる皮脂分泌量が多くなってしまいます。
加齢種対策を行うためには、脂肪分の少ない和食をメインの食生活に改善してみましょう。

2.ストレスをためない
ストレスをため込むことで、過酸化物質の分泌が増加してしまいます。
ストレスを溜めこまないようにし、ゆっくりと湯船につかったり、アロマをたいたりと、自分に合ったリフレッシュ方法を探しましょう。

3.吹き出た汗をこまめにふき取る
加齢臭などの体臭が匂う原因は汗です。
顔や衣類に付着した汗を長時間放置しておくと、過酸化脂質が参加し、よりニオイがきつくなってしまいます。
汗が噴き出たらこまめにハンカチやタオルでふき取るなど、普段から癖づけておくと対策になります。

ミドル脂臭によるスメルハラスメント

ミドル脂臭

加齢臭は40代後半から気になる匂いですが、実は20代後半ごろから気になる体臭があり、それをミドル脂臭といいます。

加齢臭とはまた違う種類の体臭で、30代~50代半ばの男性が最も匂いが強くなると言われています。

ミドル脂臭は、自分の鼻から最も遠い、後頭部から主に発生します。そのため、本人が気づきにくく他人にはニオイやすい厄介な体臭です。

原因

ミドル脂臭の悪臭の原因は、ジアセチルと言われる成分で、ジアセチルは汗に含まれる乳酸が皮脂常在菌によって分解されることで発生します。

さらに、分解された成分と皮脂が混ざり合うことで、ミドル脂臭の独特な匂いがします。

対策方法

ミドル脂臭の対策方法は、加齢臭対策と同じく、生活習慣の改善で対策することができます。

夜更かし気味だったり、脂モノや、カロリーの高い食事をとっている方は注意が必要です。

体臭や口臭はほとんど、ストレスの改善・食生活・睡眠などの、生活習慣の改善を行うことで気になる体臭や口臭を抑えたり、対策をすることができます。

一度、自信の体臭や口臭が人に不快感を与えていないか確認をしつつ、改善や対策方法を取るようにしましょう。

あなたへのオススメ

コメントを残す

*