タトゥー除去のレーザー治療方法が最もおすすめな理由とは?

アイキャッチ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タトゥー除去と言えば、どんな治療方法を思いつきますか?

外科手術でタトゥー除去する治療方法もありますが、今タトゥー除去を考えている人におすすめなのはズバリ、

【ピコレーザーを使った治療方法】です。

今回は、タトゥー除去の治療方法のメリットとデメリット、そして、なぜピコレーザーでのタトゥー除去がおすすめの理由を詳しくご紹介していきたいと思います。

※2018/06/08最新の情報に更新

タトゥー除去のリスクとは?

まずは、タトゥー除去を考えている人に知ってもらいたいタトゥー除去のリスクについてご紹介します。

タトゥー除去をしたいと思っている方のほとんどは、結婚のために、就職・仕事のためにと急いで治療しなくてはならず、焦っている場合が非常に多いです。

しかし、それが落とし穴。

タトゥー除去は、じっくりと考えて、時間をかけて自分に合った治療方法を探し、信頼できる医師を見つける事がとても大切です。

【ランキング】タトゥー除去に最適!人気のクリニックベスト3
刺青・タトゥー除去に最適のクリニックをランキング形式でご紹介!全国各地にあるクリニックからオススメのクリニックBEST3をまとめています。カウンセリング・アフターケア、最新の医療技術を備えた店舗を厳選しています。
タトゥーを入れる心理・意味とは?男女300人に聞いてみた!
タトゥーを入れる心理を知るためにはいっそアンケートを取って確認してみることが一番!ってことで男性・女性300人にタトゥーを入れる心理や意味、入れて後悔したことや痛みについてなども合わせて聞くことができました。

とにかく高い

高額

タトゥー除去はどの治療方法でもとにかく高いです。

医療行為なので病院で治療を受ける必要がありますが、保険適用外のため、全額自腹です。

どんなに安くても10万円以上。大きなタトゥーなら50万円以上することもザラです。

また、保険適用外ということは病院によって治療費は変わってきますし、安さで病院を選ぶとタトゥー除去に失敗してしまうこともあります。

PR

完全に消し去ることはできない。

タトゥー女性

外科手術であっても、レーザーでの治療方法であっても、タトゥー除去を完全に行うことはほぼ不可能と言われています。

ネットの記事を見て

『お金をかければタトゥー除去は簡単に綺麗に消せる』

と思い込んでいる人は少なくありません。

しかし、外科手術での治療方法を行えば手術の傷跡は残りますし、
レーザー治療方法だとタトゥーを完全に消すことはできないのです。

また、色素破壊が成功したとしても、タトゥーを入れたときの傷痕は残ってしまいます。

実は一番リスクがない方法が・・・

高い金額を払って意を決してタトゥー除去に踏み出したのに、思い通りに消えないことはよくあること。

それだけでなくタトゥー除去の手術により、幹部がケロイド状になり、激痛や、ひどい痒み、皮膚がつっぱたり痺れるという後遺症に悩まされることも少なくありません。

タトゥー除去治療で最も良い方法は、そもそも タトゥーを入れないこと、そしてタトゥーを取らずそのままにしておくことです。
外科医師のブログより抜粋

まずタトゥーを入れないことが第一ですが、タトゥーを入れたら消さないのが一番おすすめなのです。

PR

外科手術とレーザー治療方法の違い

治療方法

それでも、タトゥー除去を行いたい。と考えている人にには、レーザー治療方法がおすすめです。

タトゥー除去の治療方法は主に

icon-cut外科手術切開手術・剥除手術・植皮手術

icon-magicレーザー治療方法

の4種類があります。

どの治療方法にも、メリットとデメリットがあるので、一度じっくり調べてみて、自分に合った治療方法を選ぶことをおすすめします。

タトゥー(入れ墨)があると生命保険入れない?医療保険も?
生命保険に加入しようと思い始める世代は20代・30代だと思います。生命保険・医療保険加入には審査がありますが、タトゥー入れ墨があると審査が通らないのはご存知でしょうか?入れる保険会社はあるものなんでしょうか?
タトゥー除去クリームは効果なし!通販の口コミと評判まとめ
タトゥー除去は痛みも値段も入れる時より大きいものとされていますが、カナダで販売されていタトゥー除去クリームは簡単にタトゥー除去できるそうです。通販で購入できるそうですが、口コミでは効果なしとの声も詳しく調べてみました。

外科手術のメリット・デメリット

手術中

外科手術は、基本的には1回の手術で終了すると言われていますが、それはタトゥーを取り除く手術に限った話です。

どの手術方法も自然治癒に時間がかかり、その間に感染症・治癒熱など様々な病気になる恐れがあります。

また、手術ということは皮膚を切開するということになりますので、必ず傷跡が残ることになります。

タトゥー自体が小さければ傷跡も目立たないですが、大きいタトゥーとなると皮膚移植をすることもあります。皮膚移植の場合はタトゥーがあった周囲に癒着させるための傷跡が残ることになり広範囲に傷がつくことになります。

メリット

・1回の手術で終わる
・1回で済むため手術費が明確
・タトゥー自体は消える

デメリット

・手術費が10万円以上と高価
・手術の傷が残る
・治癒中に感染症になる恐れがある
・今後の生活に支障が出る場合がある

外科手術は、タトゥー除去治療の終わりが明確です。
しかし、感染症や、後遺症が出てしまうと、別途治療が必要になってしまいます。

そのため、確実に信頼できる病院を探しだしてからの治療をおすすめします。

レーザー治療のメリット・デメリット

レーザー治療

レーザーでの治療方法は、傷痕が残らず、回数を重ねることでタトゥー除去するというものです。

レーザー治療の場合重要になってくるのが、そのクリニックではどの種類のレーザー機を使用しているかです。

レーザー機の殆どは、黒色の刺青には強いですが、多色のカラータトゥーには対応できないのです。

レーザーによって皮膚の中の刺青の色素を破壊することで効果を発揮するのですが、レーザーの威力が不十分だと色素が薄まるだけでうっすらと残る事が多いです。

メリット

・1回の治療費が比較的安い
・レーザーによる傷は残らない
・大がかりな手術を必要としない
・黒や紺のタトゥーには効果的

デメリット

・何度も治療を受ける必要がある
・いつ終わるかは個人差がある
・刺青を入れたときの傷が出てくる
・機器によっては消せないタトゥーもある

レーザーでの治療方法は終わりが明確でなく、何度も治療を受ける必要があるため気がついたら高額になっていることも少なくありません。

また、一回の治療ごとに3か月ほどの期間を開ける必要があるため、1年~2年はかかると考えましょう。

過去に若気の至りで入れた刺青・タトゥーを簡単に消す方法5選!
若い頃って、後先考えずにやっちゃうんですよね…若気の至りで入れたタトゥーや、刺青を後悔している方必見!過去の過ちを簡単に消す方法は無いのか探ってみました!明日だけどうにか、今だけでも、そんな時におすすめです。
タトゥー除去の費用相場は治療方法によって金額が全然違う?
タトゥー除去にはどんな治療方法があるのでしょうか?実際の費用相場はどのくらい?まとめてドドンとご紹介します!タトゥー除去はタトゥーよりも痛くつらいものですが、タトゥー除去ができれば、隠すことなく堂々とプールや温泉に行くことができます。

デメリットが少ないタトゥー除去とは?

タトゥーを入れた時は、消すときのことなんて考えてないんです。

それでも、消さなければいけなくなってしまった時、出来ることなら傷跡などを残さずに綺麗に消してしまいたいですよね

ピコレーザーであれば、従来のタトゥー除去よりは肌へのダメージも少なく済みます!

通院の回数も少ないので、忙しい方でも安心して受けることが出来ます。

除去方法についても事前に相談が出来るので、わからないことや不安なことも気軽に聞けるので安心ですね!

タトゥー除去のピコレーザーに痛みはある?切除費用は安い?
タトゥー除去を考えている人の間で話題の『ピコレーザー』は、従来のレーザーに比べてタトゥー除去の速さや綺麗さ、痛みまでもが改善された最強のレーザーです。登場したばかりのピコレーザーは除去手術よりも値段が安いそうですが…
入れ墨の消し方でおすすめなのはファンデ?シール?クリーム?
入れ墨の消し方には様々な方法がありますが一番おすすめなのはどんな消し方でしょうか?ファンデーションを使って隠したり、シールやクリームで見えなくする消し方もあります。今回は入れ墨の消し方をそれぞれ詳しくご紹介していきます。

レーザー治療にも種類がある

レーザー治療

一括りにレーザー治療といっても使用されるレーザーによって得意不得意なタトゥーが除去が存在します。

過去タトゥー除去で一番利用されてきたレーザー機が「YAGレーザー」と呼ばれるものです。レーザーでタトゥー除去を行うクリニックには代替備えられている機器となります。

製造メーカーによって特徴が異なっていたりもするのですが、一般的な機能としては、黒の色素にはよく反応し除去しやすいのですが、カラータトゥーには対応することが難しく何回通院しても消えないこともよくあります。また、黒のタトゥーだからといって直ぐに消せることはなく通院する回数も多いです。前述した特徴はまさにこのYAGレーザーについていえることとなります。

YAGレーザーは痛い!

痛い

そして、YAGレーザーは痛いです。とても痛いです。男性にはよくわからない表現かもしれませんが、お産を経験した女性は『出産時の次に痛い』とよく表現されるそうです。因みに麻酔をしても痛いそうですよ。

その他、浅いタトゥーが得意なのが炭酸レーザーです。YAGなどの他のレーザーと違い色素を抜いていくのではなく、皮膚をレーザーで削り取っていく方法になります。カラータトゥーにも対応できますが、彫り後が深い場合はそれだけ皮膚を削ることになってしまうため、回復までの治療期間が長くなってしまいます。

また、深い傷ほどヤケドのような後が残ることになるため、傷跡が残ってしまうことになります。

そんなときに登場したのがピコレーザー

ピコレーザー

このレーザー機のデメリットである、【カラータトゥーに弱い】【治療期間が長い】【傷跡が残ることがある】などをより最小限に抑えたレーザー機が最新の【ピコレーザー】となります。

ピコレーザーはカラータトゥーの反応もよく、また、皮膚への刺激が弱いため、施術までの期間を短くすることができ、またトータルの治療回数も抑えることができます。刺激が弱いということは傷跡が残りにくいともいえますので、より綺麗にタトゥー除去をすることが可能となったのです。

では、今までのレーザー機より凄い【ピコレーザー】の特徴とおすすめする理由をみていきましょう!

【ピコレーザー】がおすすめな理由

どの治療方法にもデメリットが付きまといますが、最近日本での使用が開始されたピコレーザーという機会を使ったレーザー治療方法では、レーザー治療のデメリットを格段に減らしています。

ピコレーザーはどの治療方法よりもデメリットが少なく、今一番おすすめできる治療方法です。ではそのおすすめできる理由を挙げていきましょう。

ピコレーザーとは?

ピコレーザー

ピコレーザーはその名の通り、ピコ=1兆分の1秒でレーザーを照射します。

前述したYAGレーザーなどの旧型のレーザー機は、ナノ=10億分の1秒でレーザーを照射しますので、ピコレーザーのほうがより短いパルス幅で出力することができます。

このパルス幅が短いほど、タトゥーの色素をより細かく分解することができるようになるため、皮膚のダメージを抑制するだけでなく、カラータトゥーなどの色素を分解することが可能となるのです。

カラフルなカラータトゥーも消すピコレーザー

ピコレーザーの威力は従来のレーザーと比べて格段に向上しており、多色のタトゥーも消すことができるのが最大の特徴です。

赤や、緑、青や黄色など、どの色にも対応しているため、ピコレーザーで治療を行えば、どんなタトゥーも消すことができます。

治療期間が短い

ピコレーザーでの治療は平均で6回ほどで終了すると言われており、ダラダラと時間がかかりいつ終わるかわからない従来のレーザーより終わりが明確です。

威力が上がっていても、肌を傷つけないピコレーザーは色素を狙ってピコ単位で照射されるので、周りの肌に熱が伝わらず今まで以上に肌に負担をかけずに治療を行うことができます。

色素沈着が起こりにくい

傷口の治りが遅くなるほど、傷跡が色素沈着しやすく傷跡が目立ってしまいます。ピコレーザーは皮膚に負担を掛けずにタトゥー除去するため、レーザーで照射した傷口の治りが従来のレーザー機に比べとても早いです。その分色素沈着しにくいということになるため、タトゥー除去後がとても綺麗に仕上がります。

痛みが少ない

YAGレーザーなど従来のレーザー機は麻酔をしてても痛いくらいですが、ピコレーザーは麻酔なしでも耐えられるほどの痛みに軽減されております。麻酔をすることがなくなれば、その分医療費も安くなるので、余計な出費を抑えられることができます。

タトゥー除去のピコレーザーに痛みはある?切除費用は安い?
タトゥー除去を考えている人の間で話題の『ピコレーザー』は、従来のレーザーに比べてタトゥー除去の速さや綺麗さ、痛みまでもが改善された最強のレーザーです。登場したばかりのピコレーザーは除去手術よりも値段が安いそうですが…
タトゥー除去手術はタトゥーを入れるよりも10倍痛いって本当?
一度彫って後悔することも多いタトゥー。若気の至りや流行で入れてしまうと彫るときより痛いタトゥー除去が待っていることに。。。そんなタトゥー除去の痛みや手術方法、レーザーが人気のわけ、除去クリームについてなどまとめました。

ピコレーザーがおすすめな理由まとめ

今回はタトゥー除去手術の定番であるレーザー治療の中でも「ピコレーザー」がおすすめな理由をまとめました。

従来のレーザー機に比べ、カラータトゥーを消すことに優れながらも肌へのダメージは少ないため、治療回数や期間が驚くほど短くなっております。また、治療中の痛みも軽減しているので、治療の恐怖はほとんどありません。

刺青を入れたときについた傷痕は、消すことができませんが、短期間で治療が終わるピコレーザーでのタトゥー除去は、1回の値段が多少高くとも、トータルでは従来のレーザー治療方法より安く済みます。

レーザー治療でのタトゥー除去を考えている方は、ぜひピコレーザーでの治療も視野に入れて考えてみてください。

タトゥーや入れ墨って簡単に消せる事はご存じですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分で入れた入れ墨、もう消してしまいたいタトゥー。様々な想いで入れた刺青は簡単に消せる時代です。

中央クリニックは主要都市にあるので通いやすく、3種類のピコレーザーで痛みの緩和や治療回数の軽減に成功している最先端のタトゥー除去クリニックです。

先ずはあなたに合った治療方法をカウンセリングで提案してもらいましょう。治療期間やご予算も考慮して貰えるので何度も通院したくない方にはおすすめです。

※中央クリニックはあらゆるタイプの入れ墨・タトゥーに対応しています。先ずは公式サイトで詳細を確認してみましょう。


少しでも悩んだら相談

あなたへのオススメ

コメントを残す

*